2007年02月20日

目標

 中小企業の研究会でのこと

 ある経営者の話に対して、ある診断士『それは結果目標と過程目標を切り分けて、設定をしないと・・・』

そう。目標管理をしていて結果目標と過程目標を理解していないことがよくある。

 結果目標(数値目標)は結果として数値の目標、過程目標(価値目標)は周囲への貢献度・行為の目標。
それを明確にしていき、やるべきことをはっきりさせること。

 そういえば『問題と課題』も明確にすることも大事だ。
報告で『問題・課題』ナシということがある。それならば、現状で十分であり、不満・不安もなく、課題目標も特にないと言うことなのだろうか。
 一般に仕事・収入への不安・不満がある限り、それはないだろう。

 問題とは、現状できていないことあるいは解決できないこと。課題とは、問題を解決することあるいは克服すること。例えば売上利益でていないという問題に対して、課題は売上増加という課題と原価削減という課題見いだす。

さらにそこに結果目標と過程目標を設定することである。

 こういったものを自らに対して明らかにすると、自分の首を絞めることになるのではと考える。とすると、現状できていないことに対して、自らがやることは現状のままで、ほかのメンバーや上司、経営の『問題と課題』、『結果目標と過程目標』としてしまうことになる。
 
 『やれることやる。指示されていることをやる。やりたいことだけやる。』でどれだけ成長があり、できる範囲が広がるのであろうか。

 自らに『問題と課題』、『結果目標と過程目標』を明確にし、公開して、自己の成長を促すこと。これにより、勤続に応じたおもしろいビジネスができ、その収入もそれに応じて安定するのではないだろうか。

itint2007 at 12:45│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔