京都観光 京都宇治興聖寺で鹿に会う

今回も宇治に住む娘のご案内です。

興聖寺

…琴坂を上がっていきます。紅葉がとてもきれい。
OTERA







ここの駐車場から林のほうを見ると、鹿の親子に会えるかも?たけのこも出てるので、掘って食べてみると、すごくおいしかったです。お寺の中も、石庭がきれいに手入れされていて、ほっとします。

主人が、仕事で、ここの琴坂と駐車場を舗装したそうです。
いつも思うのですが、主人みたいな人たちが一生けんめいアスファルト舗装してくれるおかげで、わたしたちは安心してその道を自転車で走ったり、歩いたりできるんだなあ。感謝、感謝。

「ここ、僕が舗装してん」
と言いながら、主人が車でつれてきてくれたのが最初。

その時は夕方で、秋でした。
琴坂を車であがっていって、駐車場に車をつけて、散歩しました。
駐車場の周りは、ぐるりを色々な木に囲まれています。その林のほうをながめると、鹿の親子があわてて逃げていきました。

もみじと鹿をナマで見れて、まるで花札の絵のようにきれいでした。

あとで、隣の民宿亀石楼に泊まったとき、そこの従業員の方にそのときの話をすると、
「それはすごい。この辺で、鹿が見れるなんて、ものすごくラッキーですよ。」
と、びっくりしていました。

ここの林を主人が気に入って、どんぐりから育てたクヌギの苗を持ってきて、植えていました。
主人は、カブトムシやクワガタムシが大好きで、クヌギの森を増やしたい、と言っているのです。

前に、フェリシモで「あなたの夢、かなえます。」という企画があり、毎月やってみたいことを書いて応募すると、採用された方に10万円差し上げます、と書いてありました。

そこで、私は、主人の夢を書いたのです。

「みどりの日は結婚記念日で、妹の誕生日でもあります。それで、主人の夢であるくぬぎの森をつくりたいのです。実家の庭に、主人がどんぐりから育てたクヌギの木を植え、木が大きくなったら、主人が飼っているカブトムシやクワガタムシを放して、近所の子供たちが自由に虫取りできるようにしたい」

これが、採用されて、十万円振り込まれました。
天ヶ瀬森林公園にもクヌギの苗を持っていって、植えたことがあります。
主人は、自然をとても愛しているのです。

さて、琴坂のもみじは、とてもきれいです。秋には、大勢の人でにぎわいます。
興聖寺の中は、地味ですが、きれいな石庭で、バックの山の緑もきれいです。
ここは、入場料が要らないので、安心してみることができます。トイレもきれいです。

三室戸寺のすぐ下、府道沿いにお店がありデートスポットでもあっていいお店です。そこの抹茶スイーツは大人気のケーキとお菓子です。辛党の私がお勧めするんですから宇治茶 伊藤久右衛門