世界遺産 ペルーの旅概略編

世界遺産ペルーの旅は、義父が晩年、それも80歳を過ぎて一人旅行して、ハプニングや神秘的体験をしたので、この地への旅をなぞってみます。


ペルールート








義父もほとんどこのルートを旅しました。

マチュピチュとナスカの地上絵はそれぞれ「一生に一度は行きたい世界遺産ベスト10!」の第1位と第5位に輝く超ド級世界遺産と言われます。

ペルーはとにかく神秘的な国です。

スペインの侵略に対して、幻の空中都市が造られた

空からしかその絵を見ることができないナスカの地上絵

宇宙人か、神様しか描くことができないとも言われます。

以下ツアーで体験できる遺跡と神秘の旅

1.謎の空中都市『世界遺産マチュピチュ歴史保護地区』!
2.スペインと南米の文化が融合『世界遺産リマ歴史地区』 !
3.インカ時代の栄華を\残す『世界遺産クスコ市街観光』!
4.多く謎を秘めた『世界遺産ナスカの地上絵』!
5.標高4,000mの高地に残る古代遺跡『シルスタニ遺跡』!
6.フォルクローレの音色が響く伝説の湖『チチカカ湖』!

自然の景色は、ナスカが不毛の礫砂漠、アレキパからマチュピチュにかけてが標高2,000〜4,000mのアンデス山岳風景、マヌー国立公園がアマゾンの熱帯雨林と、砂漠と山と熱帯雨林、まったく異なる3つが同居している国は珍しい。

地球の裏側の神秘の国、ペルー

義父が80歳で旅したように、シニアにはすばらしいルートだと思います。
                            
                         続きはこちらから
旅行案内は下のサイトで

[PR]世界遺産めぐり

[PR]一休簡単宿泊予約