ITライフハック
ITライフハック

長期連載、知らない人は損している!何でもできる魔法の箱「QNAP」活用術第二回



QNAPのNAS「Turbo NAS TS-231+」を様々に活用することで、NASを利用していない人たちより何倍も得しちゃおうというこの連載も、ようやく二度目。今回はHDDを接続し、NASを使えるようにPCを使わずにセットアップする方法を紹介しよう。そう、PCを持っていないからNASが使えないというわけではないのだ。スマホやタブレットを複数持っているなら、それだけでNASを導入する価値は十分にあると言える。その理由やスマホやタブレットでNASをどう活用していくのかは、連載の別の回で紹介しよう。

ということで今回は、Turbo NAS TS-231+(以下、NAS)にHDDを取り付け、それからインターネットに接続し、スマホを利用してNASの初期設定まで行うところまでを紹介する。



なお、今回インターネット回線としてはUQ WiMAXのWiMAX 2+対応モバイルルーター「Wi-Fi WALKER Nad 11」(以下、Nad 11)を筆者は使用している。独身男性などは、自宅にネット回線を引かず、外出時はWi-Fiルーターとして、帰宅後の自宅でクレードルにセットしブロードバンドルーターとしてWiMAX 2+を使っているという想定にしてセットアップを行っている。

もちろんフレッツ光やCATVインターネット等のブロードバンドルーターを使っている環境では、Nad 11を自宅で使っているブロードバンドルーターに置き換えていただければOKだ。

よほどの古いブロードバンドルーターでもない限りUPnP(※)に対応しているので、QNAPを接続しても自動的にインターネットへ接続できるはずだ。なお、少々古いブロードバンドルーターの場合、UPnPには対応しているものの、有効になっていないケースがあるため、そうした場合では、使っているブロードバンドルーターの説明書などを確認しUPnPを有効にしておこう。
※UPnP=ユニバーサル・プラグ・アンド・プレイの略、難しい設定を行わずにネットワークポートの開閉を自動で行ってくれる機能

■まずはHDDを装着しよう
初心者の方がよく間違えるのだが、NAS製品にHDDは同梱されていない。使いたいNASを選んだら、別途HDDを購入する必要がある。前回紹介したようにHDDはウエスタンデジタルのNAS専用HDDであるWD Redの2TBモデル「WD20EFRX」を使っている。このHDDをNASに装着する。

QNAPのNASの特徴とも言えるのがHDDトレーによってHDDを簡単に脱着することができる構造だ。この仕組みによってNAS本体を分解する必要がない。HDDトレーにHDDをネジで固定したら、あとはワンタッチで装着することができる。当然、取り外す際もワンタッチで取り外せる。

image002左がHDDトレー、右はWD Redの2TBモデル「WD20EFRX」


購入直後は、HDDトレーにはなにも装着されていないので、これにHDDをセットするために本体から取り外す必要がある。HDDトレーのレバーに指をひっかけたら、それを手前側に起こし、トレーを引き出すという3ステップでHDDトレーを取り出すことができる。装着時はこれと逆の手順を行えばいい。
      
image004HDDトレーのレバー部分に指をひっかける


image006レバーを手前側に引き上げるとカチっと音がしてロックが外れる

      
image008HDDトレーのロックが外れたら、手前側に引き出す。


■HDDトレーにHDDをネジで固定する
HDDトレーを引き出したら、NASに搭載する「WD20EFRX」をHDDトレーにネジで固定する。ネジで止めるのは4か所ほど、ネジ穴の場所をきちんと合わせる必要がある。写真では、HDDトレーの固定用レバーを下にした場合、ラベルの文字が上下逆になるようにセットする。するとネジ穴の部分、4か所がちょうど合うようになっているので、そこをネジで止めればOKだ。

image010下がHDDトレー固定用レバー、ラベルの文字が上下逆になるようにセット。

    
image012正しくHDDがセットできていれば、赤く囲んだネジ穴4つが合致している。


image014ネジ穴4か所を付属の固定用ネジを使ってしっかりとネジ止めする。


image016取り外したときとは逆の手順でHDDトレーを装着する。


■NASをWi-Fiルーターに接続する
NASにHDDが装着できたら、ハードウェアの準備はこれで整ったことになる。次はブロードバンドルーターにLANケーブルを使って接続する。前述したように今回はWiMAX 2+のモバイルルーターNad 11のクレードルに接続するので、Nad 11のクレードルに1個しかないLANポートにNASを接続した。ブロードバンドルーターの場合、LANポートは5個用意されているものがほとんどだ。空いているLANポートに接続するといいだろう。
    
image018インターネット回線としてWiMAX 2+のモバイルルーターNad 11を利用した。

    
image020Nad 11のクレードルに用意されているLANポートにLANケーブルを接続。


image022Nad 11につないだLANケーブルをNASのLANポートに接続する。    


Nad 11とNASがLANケーブルで接続されたら、セットアップの準備は完了だ。NASの電源スイッチを押しでNASを起動しよう。

image024LANケーブルの接続まで完了したらNASの電源を押して起動する。


■スマホでQRコードを読み込んでセットアップサイトに接続
PCを使ったセットアップでは、NASを起動し、LAN内を検索して見つかったNASをWebブラウザーで開いてセットアップ用のメニューを呼び出すところだが、今回はPCを使わない。NASが起動した段階でNAS本体の横に用意されているQRコードを、QRコードリーダーを使って読み取る。するとWebブラウザーが立ち上がってセットアップ専用のサイトにアクセスするので、あとは指示に従って設定していくだけでOKだ。
      
image026NAS本体の横に用意されているセットアップサイトアクセス用QRコード。

     
image028QRコードリーダーのアプリで読み取ってサイトにアクセスする。


■アカウント作成からNASの初期化までスマホでOK
スマホのブラウザーでNASのセットアップ専用サイト「myQNAPcloud」にアクセスしたら、このサイトにアクセスするためのmyQNAPcloudアカウントを作成する。このアカウントが今後、NASを設定していく上で重要になってくる。メモや画面ショットを取るなりしつつ進めていくといいだろう。
             
image030専用サイトのアカウントを作成しよう。

            
image032必要な項目を埋めたら「次のステップ」をタップ。


image034デバイス名は、あらかじめ入力されているので「登録」をクリック


■NAS内部のHDDの初期化および初期セットアップ
myQNAPcloudアカウントの作成とデバイス名の登録までが完了すると、ようやくNASを使うための初期設定が開始される。これも特に難しいことはなく、手順に従って行くだけで完了するようになっている。手順としては、まず最新のファームウェアがないかチェックし、あればそれをまず適用、その後、初期設定状態でセットアップが行われる。

セットアップ中は、何度かアラームが鳴ったり、NASが自動的に再起動したりすることがある。慌てて電源を落とすようなことをせずに、しばらく待つことがセットアップ成功のポイントであることに注意しよう。

image036最新ファームがあると、まずそれからインストールされる。


image038最新ファームに更新後にNAS側の設定が開始される。


image040必要な設定をした後、適用のために再起動。

           
image042QNAPをスマホで使い倒すためのアプリたち


セットアップ完了後にNASが自動的に再起動され、初期設定は完了だ。データ保存用のフォルダとして使い始めることができるようになっている。なお、Webブラウザーでのアクセスではなく、スマートフォン向けの便利なアプリが各種用意されているので、それらを使うことで、PCで使う以上にNASを簡単に使うことができるようになっている。

そこで次回は、QNAPを使い倒すことができるスマホアプリを紹介しよう。

QNAP Turbo NAS TS-231+
WD Red「WD20EFRX」
テックウィンド

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ドスパラ、スティックPCの機能をスマートに拡張するドッキングステーション「DG-STKLC」を発売
ドスパラからVRに特化した自作パソコンセット「パーツの犬モデルVR-001」が登場
ドスパラ、人気オンラインRPG「エルダー・スクロールズ・オンライン」推奨パソコンの販売を開始
インテル、インテル Core m3 プロセッサーを搭載したインテル Compute Stickの新モデルを発売開始
ドスパラ、GeForce GTX 10シリーズ発売記念イベントを開催







森美術館、「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」を開催

s-001_『竹取物語絵巻』(第三巻)


森美術館は、2016年7月30日(土)~2017年1月9日(月・祝)の期間、「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」を開催する。



本展覧会では、隕石や化石から、レオナルド・ダ・ヴィンチやガリレオ・ガリレイの天文学手稿、貴重な天文・科学の初版本、曼荼羅や日本最古のSF小説ともいえる「竹取物語」の絵巻、そして現代アーティストによるインスタレーションや宇宙開発の最前線に至るまで、古今東西ジャンルを超えた多様な出展物約200点が一挙公開される。

本展の音声ガイドナビゲーターは、学生時代に天文部に所属し、星や宇宙好きとしても注目を集める篠原ともえさん。またチームラボ新作の音声ガイドは、チームラボの代表取締役である猪子寿之氏が解説する。

また会場では、本展の注目展示物のひとつである、UFOとよく似た「うつろ舟」をデザインしたグッズなど、宇宙や現代美術ファン必携のオリジナルグッズも販売される。

s-012__SEA_and_CAO__Mars_Ice_House__Dusk 01_H

s-008_ビョーン・ダーレム_《ブラックホール(M-領域)》


森美術館

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
新宿「NEWoMan」で人気の“手土産ランキング”
「芸能人とあそべる生放送」視聴者参加型ライブ配信サービス 「AMESTAGE」を提供開始
「GRAVITY DAZE 2」のスペシャルアニメをスタジオカラーが制作
イチロー選手MLB3,000本安打達成記念プレミアムフレーム切手セットが登場
マピオン、「バーベキュー・キャンプ場特集2016」を公開







フォーカルポイント、スマホと連係するワイヤレス魚群探知機「Deeper」を発売

003


フォーカルポイントは、同社が国内総代理店をつとめるDeeper, UABのスマートフォン連動型のワイヤレス魚群探知機「Deeper」の新モデル3機種を8月上旬より発売する。



新たに発売するのは、Bluetooth接続の「Deeper 3.0」、Wi-Fi接続の「DeeperPro」、そしてWi-Fi接続とGPS機能を搭載する「Deeper Pro+」の3モデルで、連続使用時間や最大対応水深も従来モデルより向上しているとのこと。

Deeperシリーズは、iPhoneなどのスマートフォンと連係して動作するワイヤレスの魚群探知機で、スマートフォンの高精細な画面を利用して、水の中の状況を映し出すことができる。2つの周波数に対応しているのでワイドにもナローにも探索可能だ。ボートモードに切り替えると、水深をマッピングしたり、穴釣りで使用することもできる。本体は、アプリ経由のファームウェア更新に対応しており、今後のアップデートで新機能が追加される次世代の魚群探知機となっている。

価格はいずれもオープンプライスで、同社の直販価格は「Deeper 3.0 ワイヤレススマート魚群探知機(Bluetooth)」が2万4,800円、「Deeper Pro ワイヤレススマート魚群探知機(Wi-Fi)」が2万8,800円、「Deeper Pro+ ワイヤレススマート魚群探知機(Wi-Fi+GPS)」が3万2,800円(いずれも税抜)。

002

Deeper 3.0 ワイヤレススマート魚群探知機(Bluetooth)
Deeper Pro ワイヤレススマート魚群探知機(Wi-Fi)
Deeper Pro+ ワイヤレススマート魚群探知機(Wi-Fi+GPS)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ソフトバンク、「ギガカップヌードルプレゼントキャンペーン」を7月29日より開始
フォーカルポイント、プロクオリティの収録を可能にするスマホ用マイクプリアンプ内蔵ビデオグリップを発売
マウスコンピューターより6型でContinuum対応のWindows 10 Mobileスマホ「MADOSMA Q601」登場
「ポケモンGO」専用にiPhone5sをレンタルできるサービスの申込事前登録開始
強力マグネットでスマートフォンをワンタッチ固定。iPhone6s/6splus対応の本革ケース


大漁くんデラックス
サカイトレーディング
2011-06-06





スマホでのカラオケや実況中継に使えるUSB充電式スマホ用マイク

22952_LJhfJTYCWK


上海問屋は、スマホでカラオケや実況中継録音をするのに便利なマイクを販売開始した。価格は1,299円(税込)。



本製品は、ボイスメモの録音、動画撮影での音声入力、実況レポート撮影、カラオケアプリなどに使えるスマホ用のマイク。手軽に持ち運べるコンパクトサイズで、場所を選ばず使える。

付属の接続ケーブル(ステレオミニ3.5mm(マイクに接続))をmicroUSBケーブル(スマホに接続)を使って、マイクとスマホをつなげることで機能する。なお、マイクを使用するには対応したアプリが必要。

音声出力用の3.5mmオーディオジャックを2つ搭載。片方をスマホに接続して、もう片方にイヤホンやヘッドホンをつなげば、自分の耳で確認しながら録音できる。充電にはmicroUSBケーブルを使用。充電中はLEDライトが赤く点灯、フル充電で緑に点灯する。フル充電で約4時間使用可能だ。

22952_svNeVTfhvO


■製品仕様
接続・・・・・・・・ステレオミニ3.5mm(マイク側)→microUSB(機器側)
出力端子・・・・・・3.5mmオーディオジャック×2
出力・・・・・・・・10mW
周波数・・・・・・・28Hz-20kHz
電源・・・・・・・・USB充電式内蔵バッテリー(3.7V/400mAh)
充電時間・・・・・・初回 約8時間(DC5V)、2回目以降 約4~5時間
サイズ・・・・・・・長さ 約118mm×直径 約38mm
重量・・・・・・・・約55g
付属品・・・・・・・ステレオミニ3.5mm→microUSBケーブル、microUSBケーブル(充電用)、マニュアル(中国語)
製品保証・・・・・・購入後 初期不良2週間


DN-913802 上海問屋限定販売ページ
上海問屋

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
ワンタッチで着脱可能なベルト用カメラホルダー
どこでも使えるUSB/microUSB モバイルファン。スマホもOK
夏になると欲しくなるノートPC用熱排出ファン
野球帽などキャップのツバ部分に装着するウェアラブルムービーカム
断線しにくいMfi認証Lightningケーブル







インバースネット、Z170チップセット搭載で液晶背面に取り付け可能なハイスペック小型PCを発売

9a387c3835


インバースネットは、Z170チップセットを搭載し、液晶背面に取り付けが可能なハイスペック小型PC「GQシリーズ」を2016年7月28日(木)より発売する。価格は6万4,800円から(税別)。



GQシリーズは、わずか高さ:237mm、幅:130mm、奥行き:220mmのケースに、Z170のITXマザーボードをベースに最新の機能を凝縮したハイスペック小型PC。本体を支えるスタンドを右側面に取り付けることで横置きが可能だ。また、スタンドを液晶背面に取り付けて本体を装着できるため、置き場所をとらず、さまざまなシーンで活用できるだろう。

基本モデルは、Core i5-6400T、メモリ4GB、500GB HDDの構成となっている。光学ドライブはスリムタイプを搭載可能で、DVDスーパーマルチドライブやBlu-rayドライブを選択できる。さらに、最大32GBの大容量メモリや高速起動を実現するSSDなど、幅広いカスタマイズに対応しているので、好みの構成を取ることが可能だ。

このほかインタフェースとして、USB3.0ポートを左側面と背面に各2つずつ、USB2.0ポートを背面に2つ、さらにUSB3.1 Type-Aポートを背面に2つ装備しているので、多数の周辺機器との接続が可能だ。DVI-D、HDMI、Display Portを装備しており、最大3台までのディスプレイに同時出力できる。OSはWindows 10 Home 64bit版をプリインストール。

GQシリーズ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
COUGARのゲーミングPC向けフルタワーケース「PANZER MAX」が発売に
アスク、Thermaltake製のオープンフレーム型PCケース「Core P3」シリーズを発売
サードウェーブデジノス、「Skylake」Core i3 / i7と液晶解像度で選べる15.6インチサイズノートPC
インバースネット、GeForce GTX 1060搭載のASUSコラボレーションPCを発売
Skylake世代のCore i7、GeForce 940M、フルHD液晶で10万円を切るノートPCがドスパラから






「スポナビライブ」がソフトバンク利用者以外でも視聴可能に

001


ソフトバンクは、人気スポーツが見放題のサービス「スポナビライブ」を2016年7月27日(水)より、ソフトバンク以外を利用中のユーザーでも視聴可能にしたと発表した。利用料金は3,000円/月で、初回1か月は無料。



これにより、誰でもスマートフォンやタブレットから「スポナビライブ」で気になる試合の生中継や見逃した試合を、いつでもどこでも楽しめる。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ソフトバンク、「ギガカップヌードルプレゼントキャンペーン」を7月29日より開始
フォーカルポイント、プロクオリティの収録を可能にするスマホ用マイクプリアンプ内蔵ビデオグリップを発売
マウスコンピューターより6型でContinuum対応のWindows 10 Mobileスマホ「MADOSMA Q601」登場
「ポケモンGO」専用にiPhone5sをレンタルできるサービスの申込事前登録開始
強力マグネットでスマートフォンをワンタッチ固定。iPhone6s/6splus対応の本革ケース





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
記事検索
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

編集長・ライター
関口哲司

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.comm 【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

副編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ


>>詳しくはこちらへ
  • ライブドアブログ