ネット暦の長い人なら、ネットサーフィン中に思わず保存したくなるようなセクシー画像を見つけても、写っている人が誰だかわからなかったという経験が一度はあるハズだ。また、かつて自分が保存した画像でも、「アレっ!? このキャラ名前なんだったっけ?」といった具合に、名前をド忘れしてしまうこともあるだろう。
そんなときに便利なのが類似画像検索「TinEye」だ。

これは、自分が保存した画像を指定、または画像のURLを入力すると、類似する画像を検索してくれるサービスだ。
被写体の名前(あるいは作品や絵師の名前)をド忘れしたときでも、類似画像を掲載しているWebサイトに飛べば、関連情報を入手できる可能性が高い。

画像によっては、「類似画像検索」ではなく「同一画像検索」になっているときもあるが、検索の精度はまずまずで、アイコラ画像の元ネタ探しや、同じ元ネタの類似コラージュ画像探しをしたいときには、特に力を発揮してくれる。

一般的な画像検索では、被写体や作品名がわからないと検索のしようがなく、万事休すだったが、「TinEye」ならば求める情報にアクセスできる可能性が高まる。

歳とともに衰える記憶力を補ってくれそうな、頼りなるサービスと言えるだろう。

TinEye

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■インターネット関連の記事をもっと見る
ライブドアが第3の検索サービスへ!独自性とユーザー利便性が高いNAVER検索
フォローしてくれない人を一斉リムーブ!Twitter整理ツール「ManageFlitter」
日本人と外国人の性質や文化の違いを楽しむ!「ここヘンJAPAN」をオープン
お盆休みで大打撃!ユーザーは得してサイトは赤字か


ツイッターで会社をPRする本 Twitter企業の活用例100ツイッターで会社をPRする本 Twitter企業の活用例100
著者:ひらまつ たかお
中経出版(2010-04-09)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る