秋葉原で開催された週刊アスキーファンや自作PC好きのための祭典「週アスLive! 週刊アスキー800号記念やりすぎましたスペシャル」は大盛況のうちに幕を閉じたが、まだまだ紹介仕切れなかった情報がいくつかある。そこで今回は、そうした情報の中から面白PCにフォーカスしてみた。

週刊アスキーのジサトラ本部ブースでは、週アスコミュニティ「自爆部」メンバーによる自慢のマシンを展示していた。

●超ハイスペックモバイル!旅行カバン型PC「ジオトラHD1号機」
「どこでもパソコンを持ち歩きたい。でも、ハイスペックでなきゃ、イヤだ!」という自作PC派の我がままをそのまま実体化したパソコンが超ハイスペックモバイル「ジオトラHD1号機」だ。旅行カバン型PCなので、このまま旅行すれば、目立つこと請け合いだ。

制作者の藤山哲人氏いわく、「防振対策のためにマザーボードは、ゴムで包んで固定してます。サウンドの良さにも注目です。」との自信のコメント。制作費は9万円前後だが、CPUにAMD Phoenom II X6 1055Tを採用することで、ハイパフォーマンスを実現した。気になるバッテリの駆動時間は30分と、かなり短い点がご愛敬だ。

●ビデオが強力!元PCショップ店員の自作PC
元PCショップ店員の大学生 takeθ@ROOT13氏が作成したパソコンは、CPUにインテル Core i7-920 2.66GHzを採用し、RADEON HD5770×2を搭載した、重装備パソコンだ。バランスがとれたマシンでビデオまわりも強力なので、3Dゲームも快適に動作するだろう。

takeθ@ROOT13氏は、小学生の頃に親に勧められて自作PCの世界に入ったそうだ。自作派には、非常にうらやましい家庭環境と言っても過言ではない。

●牽引力はかなり強い!「ワイヤレス爆走マシン」
「ワイヤレス爆走マシン」は、模型メーカーとしてお馴染みのタミヤの組み立てキット「3633K75」を利用した走るパソコンだ。CPUには、インテル Atom D510を搭載したマザーボード「インテル D510MO」を使うことで、小型化とともに軽量化を図った。

制作者いわく、「PC部と動力部が」分かれているので、メンテナンスしやすい。キーボードでPCを制御。牽引力はかなり強い。」とのこと。制作費は約9万2000円前後と効果だが、来場者の注目の的だった。

週アスPLUS

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■【週アスLive!】関連の記事をもっと見る
自宅が3D映画館だ!迫力の立体映像が楽しめる「NVIDIA 3D VISION」
液体窒素でマイナス190度超の世界へ!伝説のオーバークロッカーduck氏がキングストンの新メモリで奇跡を起こした
万が一のときも安心!10台までのPCのデータをバックアップできる「HP StorageWorks X510 Data Vault」をデモ
世界初の技術で美しさが違う!これがBenQのVA+LED液晶ディスプレイ「VW2420H」だ
iPadやスマートフォンから直接印刷!パソコン要らずの、キヤノンの新PIXUSを披露

パソコン自作超入門2010 (日経BPパソコンベストムック 日経WinPCセレクト)パソコン自作超入門2010 (日経BPパソコンベストムック 日経WinPCセレクト)
著者:日経WinPC編集部
日経BP社(2010-05-17)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る