6月に新Mac mini、7月に新Mac Pro、10月に新MacBook Airを投入するなど、アップルはiPhone/iPadの勢いのまま新製品を次々に投入し続けている。アメリカではアップルが、2010年第3四半期にHP、デルに次ぐ3位のPC出荷台数を誇るほどシェアを拡大している。
このMacは、インテル製CPUを搭載しているため、Windows OSとの親和性も高い。そこで、デュアルブートにしてWindowsとMac OSを使い分けているユーザーもいるが、ネットジャパンがダウンロード販売を開始した「CrossOver Games 9」(ダウンロード版5880円)なら、Windows専用のゲームをインテルMac上で遊べるのだ。

通常、Mac上でWindowsアプリケーションを動かす場合、MacにWindowsのOSやドライバーのインストールし、仮想マシンを作らなければいけない。しかし、「CrossOver Games」は、Windows OSのインストール、ドライバーのインストールなどの手間をかけずにWindowsのゲームが楽しめるレイヤーソフトとなっている。MacにWindows用のアプリケーションを動かすためのAPIをインストールすることで、アプリがそのまま動くのだ。

新バージョンの「CrossOver Games 9」では、インストールの手順などを設定するC4Pファイルを使った新しいインストール方法が採用されている。このためC4Pファイルが公開されていれば、CrossOver Games未対応のWindowsアプリケーションであってもインストールできるのだ。「CrossOver Games 9」は体験版を配信中で、8日間、制限なしで利用できる。

その昔、MacとWindowsをつなぐ「ringowin」というソフトがもてはやされた時代があったが、いまだにMacでWindowsを手軽に楽しみたいというニーズは高い。しかもゲームがエミュレーションではなくネイティブで動作するため、「CrossOver Games 9」はMacを所有しているゲーマーにぴったりの製品になっている。

ネットジャパン

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■Mac関連の記事をもっと見る
ジョブズ氏”iPadで学んだ技術を投入したのがMacBook Air”
ノートブックをつぎの時代へ!アップル、新MacBook Airを発表
最強最速のマックだ!アップル、新Mac Proを発表
アップル、まったく新しいMac miniを発表

サンワサプライ MacBookプロテクトスーツ IN-MAC13BKサンワサプライ MacBookプロテクトスーツ IN-MAC13BK
サンワサプライ
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る