前回は、マイクロソフトの次世代インターネットブラウザ「Internet Explorer 9(IE9)」が、他社のWebブラウザに比べて、いかに使い勝手のよいかを紹介した。

「IE9」は、高速で使いやすいWebブラウザだが、それだけではなかった。IE9を使うだけで、パソコンの消費電力を減らすことができるというのだ。

節電が叫ばれている今夏、少しでも節電したいと願っている人は多いだろう。そこで今回は、節電時代の申し子と言える「IE9」の消費電力にフォーカスしてみた。

IE9は、OSにあわせて用意されている。
Windows7 32ビット版
Windows7 64ビット版
Vista 32ビット版
Vista 64ビット版
Windows Server 2008 32ビット版
Windows Server 2008 64ビット版



■ベンチマークでわかった!圧倒的に低消費電力な「IE9」
米マイクロソフトは、インターネットエキスプローラ(IE)の公式ブログ「ieblog」において、他社のWebブラウザに比べて低消費電力であることを明らかにした。
Browser Power Consumption—Leading the Industry with Internet Explorer 9

インターネット時代と言われる今日では、外出時にノートPCでホームページを見ることも多い。消費電力が少なければ、それだけノートPCの駆動時間を延ばすことができるわけだ。


同社がテストに使用したWebブラウザは、IE9と、そのライバルとなるWebブラウザたちだ。具体的には、IE9、Chrome 10、Firefox 4、Opera 11、Safari 5の5種類での比較となる。

OSはWindows 7 Ultimateを使用し、測定前にすべてのアップデートを適用した。さらにハードディスクは、あらかじめデフラグを実行している。


●空白ページを表示した場合
空白ページを表示した場合の測定結果を見ると、Opera 11とSafari 5が他社のWebブラウザよりも消費電力が圧倒的に大きいが、IE9とChrome 10、Firefox 4の3つは、ほぼ同じ結果となった。

表1.空白ページを表示した場合


●ニュースサイトを表示した場合
ニュースサイトを表示させた場合、空白ページでは消費電力の低かったChrome 10がもっとも電力を消費しているのがわかる。IE9とFirefox 4の消費電力は相変わらず低いままだ。

表2.ニュースサイトを表示した場合


●HTML5アプリケーション「Galactic」を実行した場合
HTML5アプリケーション「Galactic」を実行した場合、IE9の消費電力は他社のWebブラウザに比べて圧倒的に低いことがわかる。Opera 11については、測定できなかった。

表3.HTML5アプリケーション「Galactic」を実行した場合


●HTML5「FishIE Tank」を実行した場合
HTML5「FishIE Tank」を実行した場合、IE9とFirefox 4の2つが、他社よりも消費電力が少なかった。

表4.HTML5「FishIE Tank」を実行した場合


●早い話、ノートPCで何分ちがってくるのか
ベンチマークの結果はわかったが、ノートPCのWebブラウザが「IE9」だった場合、どれくらい駆動時間が変わってくるのだろうか。

米マイクロソフトは、平均的なノートPC(56Wバッテリー)を使用した場合の駆動時間を、4つのベンチマーク結果を基に算出した。

その結果、IE9は消費電力が最も少ないWebブラウザであり、駆動時間は3時間45分。消費電力が最も多いOpera 11と比較した場合、なんと1時間2分もの差が出た。

Webブラウザひとつで、これだけ差が出るのには驚きだ。バッテリー駆動時間を気にするノートPCユーザーにとっては、IE9の低消費電力は大きなアドバンテージと言えるだろう。

表5.ノートPCでの駆動時間


■ライブドアユーザー必須!「livedoor版 IE9」公開
さて、ここでポータルサイト「livedoor」を利用している人に朗報がある。

livedoorのコンテンツをスムーズに見られる「livedoor版 IE9」の提供が開始され、下記の特設サイトにてダウンロードできる。

対応OSは、Windows 7 32bit/64bit、Vista 32bit/64bit、Server 2008 32bit/64bitの計6種類だ。

livedoor版 IE9では、人気のブログメディア「BLOGOS(ブロゴス)」をはじめ、「Anigema(あにげま)」のほかに、livedoorをより便利に快適に使うためのカスタマイズが施されている。

IE9は、OSにあわせて用意されている。
Windows7 32ビット版
Windows7 64ビット版
Vista 32ビット版
Vista 64ビット版
Windows Server 2008 32ビット版
Windows Server 2008 64ビット版



IE9は高速なWebブラウザだが、消費電力は他社の製品に比べて低く抑えられている。節電が叫ばれているこの夏、IE9を使えば、ホームページを高速に表示できるうえに、節電対策にもなるわけだ。

IE9をまだ使っていない人は、単に高速なだけでなく、節電の面からも乗り換える価値は十分にあるだろう。

IE9特集