iPhone5やiPad miniは姿を見せるか?米アップルの発表会を日本語で解説」で紹介したように、米アップルは2012年9月12日(現地時間)、米カリフォルニア州において開催されているイベントにおいて、iPhone 5を発表した。残念ながらiPhone 5と同時に発表されるとされていたiPad miniの発表はなかった。

カラーはブラックとホワイトの2色、7.6mmの薄さを実現し、重さは約112gと、従来機に比べ20%も軽くなった。画面サイズは4インチで、解像度は 1136×640ピクセルとなっている。価格は、16GBモデルが199ドル、32GBモデルが299ドル、64GBモデルが399ドル。

iPhoneユーザーが一番気になっていることは、従来のアプリとの互換性だろう。iPhone 5では、上下に黒い帯がつくものの、基本的に使うことができるそうだ。

一部の開発者は、この事前情報を得て、すでにアプリを開発していたそうで、開発者によると、アプリのアップデートは非常に簡単だったとのことだ。

画面だが、新しいiPhoneはハイビジョンの16:9に近づいたので、画面はより見やすくなっている。

「Ultrafast Wireless」という新しい通信方式をサポートした。802.11a/b/g/nをサポートしており、802.11nは2.5/5GHz対応で、最大150Mbpsまで対応する。新しい通信方式としては、GPRS、EDGE、EV-DO、HSPAに加え、HDPA+、DC-HSPDA、LTEに対応する。日本では、ソフトバンク、KDDI(au)がLTEに対応する模様だ。

A6チップにより、CPUもグラフィックスも2倍、高速化したが、A5チップよりも22%も小型化している。高速なチップの採用となると、バッテリーの持ちが気になるところだろう。iPhone5は、iPhone 4Sに比べてバッテリーの持ちがよくなった。

公式の数値としては、下記の通り。
・3G通話:8時間、
・3Gブラウジング:8時間
・LTEブラウジング:8時間
・Wi-Fiブラウジング:10時間
・ビデオ:10時間
・音楽再生:40時間
・待ち受け:225時間

カメラ機能としては、8メガピクセルのセンサーであり、解像度は3,264×2,448ピクセル。サファイアクリスタルレンズカバーにより、さらに美しく写真が撮れるようになった。

A6チップによって「Smart filter」という新しい機能が備わった。そして、これまで以上に美しい写真を撮ることができる。新機能としては、28メガピクセルのパノラマ写真が撮れるようになった。撮影中に少しくらい揺れても補正が掛かるので、綺麗な写真を撮ることができる。

動画は、1080p HDに対応しており、顔認識ができるうえ、録画中に静止画をとれるようになった。さらに、新しいiPhoneでは、フロント、バック、ボトムに計3つのマイクが備わっている。録音できる音の周波数の範囲が広がっており、人の声がより自然に聞こえるようになっている。

Dockコネクターは「Lightning」と呼ばれる独自のコネクターになり、フラットな端子(8極)の仕様となっている。
これまでのコネクターに比べて80%も小型化され、スマートに使えるうえに、どちらの方向からでも使うことができる。新しいDockを使ったスピーカーについては、BOSEなどがすでに開発を行っている。また、従来のコネクターが指せるアダプターも供給される。

気になる日本での発売だが、9月14日から予約を開始し、出荷および発売は2012年9月21日を予定している。各キャリアごとの詳細については発表待ちだ。

※リアルタイムによる英訳のため、誤訳の場合もある点に注意。

アップル
iPhone

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■アップルに関連した記事を読む
デジタルガジェット新製品は? 6月の大規模展示会複数開催で発表あるか?【デジ通】
Windowsユーザーにはイマイチ? アップルの「iCloud」【デジ通】
一気に4K?それともWQXGA? MacのRetina液晶の解像度はどっち? 【デジ通】
その圧倒的な画面の美しさ!新しいiPadは絶対買い 【デジ通】

Transcend SDHCカード 16GB Class10 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS16GSDHC10ETranscend SDHCカード 16GB Class10 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS16GSDHC10E
トランセンド・ジャパン
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る