8月12日に「生死が表裏一体の猫 Googleロゴがシュレーディンガーの生誕126周年を祝うイラストに」でGoogleロゴがオーストリアの理論物理学者エルヴィン・シュレーディンガーの生誕126年を祝うイラストになっていることをお伝えしてから10日。本日は、フランスの作曲家であるクロード・ドビュッシーの生誕151周年を記念するアニメーションになっている。


彼は長音階・短音階以外の旋法と、機能和声にとらわれない自由な和声法などとを用いて独自の作曲を実行したことで知られる。アニメーションは、再生用のバルーンをクリックするとドビュッシー作曲の中でも有名な「月の光」(clair de lune)が流れ出し、街中を月が照らしていくストーリーが展開される。聴いているだけで気分が落ち着いて来る。朝の仕事始めの前に聴く曲としておススメしたい。

Google

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


Googleの記事をもっと見る
生死が表裏一体の猫 Googleロゴがシュレーディンガーの生誕126周年を祝うイラストに
DNAの二重らせん構造解明に寄与 Googleロゴが女性結晶学者の生誕93年を祝うイラストに
オランダ最大の画家の生誕407周年 Googleロゴがレンブラントの生誕407周年を祝うイラストに
UFOのパーツを回収せよ! Googleロゴがロズウェル事件66周年を記念したRPGに
もう願いは済んだ? 本日は七夕(たなばた)、Googleロゴも七夕仕様に変化