10月23日、アップルは画面サイズが9.7インチで2048×1536ドット(264ppi)の解像度を持つ新型タブレットの「iPad Air」および、既存のiPad miniをRetinaディスプレイ化し7.9インチで2048×1536ドット(326ppi)の解像度へと進化したiPad mini Retinaディスプレイモデルを発表した。発売は11月中。



iPad Air


■薄くて軽量、しかもパワフルなiPad Air
新モデルとなるiPad Airは、9.7インチのRetinaディスプレイ(2048×1536ドット:264ppi)、iPhone 5sで搭載された64ビットアーキテクチャーのA7チップを搭載(前モデルに比べて演算で約2倍、グラフィックスも約2倍)。さらにiPhone 5s同様のM7モーションコプロセッサーと呼ばれるサブチップを搭載することで、それぞれ別の機能を管理することで性能向上と省電力化を実現。OSはiOS7、端子はlightning端子となる。240(高さ)mm×169.5(幅)mm×7.5(厚さ)mmで重量は469g(Wi-Fi+Cellularモデルは478g)と薄型で軽量になっている。

容量は16GB/32GB/64GB/128GBでカラーはスペースグレイ/シルバーの2色構成となる。価格はWi-Fiモデルで16GBが51,800円、32GBが61,800円、64GBが71,800円、128GBが81,800円となっている。また携帯キャリア向けのWi-Fi+Cellularモデルも用意されており、ソフトバンクとauから発売される。現状ではNTTドコモが扱うという情報はなし。

iPad mini Retinaディスプレイモデル


■出る出るといわれていたiPad mini Retinaディスプレイモデルが遂に登場!
もういっぽうの新iPad miniは、iPhone 5s/5cと同時に投入されると見られていたが見送られ今回のiPad Airと同時発表となった。最大の特徴は、従来通りの7.9インチサイズのディスプレイがRetina化し2048×1536ドット:326ppiの解像度へと進化したことだ。

さらに64ビットアーキテクチャーのA7チップを搭載しており大幅なパフォーマンスアップとなっている。もちろんM7モーションコプロセッサーと呼ばれるサブチップも搭載する。OSはiOS7で端子はlightning端子となる。サイズは200(高さ)mm×134.7(幅)mm×7.5(厚さ)mmで重量は331g(Wi-Fi+Cellularモデルは341g)だ。

容量は16GB/32GB/64GB/128GBでカラーはスペースグレイ/シルバーの2色構成となる。価格はWi-Fiモデルで16GBが41,800円、32GBが51,800円、64GBが61,800円、128GBが71,800円となっている。またiPad Air同様、携帯キャリア向けのWi-Fi+Cellularモデルも用意されており、ソフトバンクとauから発売される。こちらも現状ではNTTドコモが扱うという情報はない。なお既存のモデルでiPad 2およびiPad miniの非Retinaモデルは残される。

iPad Air
iPad mini Retinaディスプレイモデル
アップル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook