スマホ&タブレットの普及では世界的に見るとAndroid陣営が優勢だという。端末単体の売り上げ台数では世界一のiPhoneシリーズもスマートフォン全体のシェアではAndroidの後塵を拝しているということになるようだ。これに対してドコモ、au、ソフトバンクでiPhoneを利用できる日本はかなり特殊な市場らしく、iPhoneのシェアは他を圧倒している。それなりのシェアを獲得しつつあるWindows PhoneやFirefox OSなど、海外向け端末の並行輸入モデルくらいしか見かけないのも日本市場の特殊性を表してると言えるかもしれない。


たとえば国内における端末の売り上げ順位をチェックしても、キャリアは違えどiPhoneシリーズが必ず上位を占めるなど、その人気の高さは衰えることを知らないようだ。そうは言ってもスマホ&携帯ユーザーのおよそ6割がいまだにガラケーユーザーであるという。そして現在販売されている端末の7割がスマホで残りの3割がガラケーとスマホ普及の余地はまだまだありそうだ。2014年はiPhoneがさらに躍進する年になるのだろうか、その辺が興味深いところではある。

余談はここまでにして9月に登場してから、およそ3か月経過したiPhone 5sおよび、ほぼサイズが同じ旧モデルのiPhone 5向けのグッズをまとめてみたので参考にしてもらいたい。

iPhone 5s/5のカメラ機能をさらに強化してくれる三脚つき12倍レンズ
iPhoneシリーズのカメラ機能は、徐々にブラッシュアップを重ねて、スマホ内蔵のカメラ機能とは思えない写真が撮影できるようにまで、その完成度を高めてきた。特にiPhone 5sではレンズが明るくなり、補助光用のストロボ機能なども強化、そしてiOS 7との組み合わせにより、様々な写真が撮影できるようになっている。


5色のカラバリでカラフルなiPhone5s/5に変身できる液晶保護ガラスパネル
iPhoneシリーズで、いちばん遭遇しやすいトラブルが液晶割れだ。ついうっかり落としてしまっただけで、ディスプレイ全面に蜘蛛の巣が張ったようなひび割れができてしまう。以前と比べて丈夫になったとは言っても、同様のトラブルは後を絶たない。


iPhone 5s/5をよりドレスアップする薄く軽く丈夫なカーボン製のiPhone 5s/5用ケース
iPhone 5s/5は、以前のモデルと比べてかなり丈夫になってはいるが、相変わらず落として破損してしまったという話が聞こえてくる。ディスプレイ側に保護フイルムを張ることで割れるのを防ぐことができるが、それ以外にも外側の保護もしておきたいという人にカーボン素材でできたiPhone 5s/5用ケースを紹介しよう。


ワンランク上の男のグッズ!ウッド素材で薄さ0.7mmのiPhone5/5s専用ケースを使ってみた
いよいよ2013年も終わりを迎えようとしているが、今年のスマホ関連ニュースで最も話題となったのが「iPhoneの販売台数が新記録を達成!最初の週末で900万台を突破」で紹介したように、アップルの新しいiPhoneシリーズ「iPhone 5s」「iPhone 5c」の2モデルだろう。発売からわずか3日間で、販売台数が過去最高の900万台を超えるという破竹の勢いで売れまくった。


iPhoneのカメラを使った撮影の幅を広げてくれる充電式コンパクトLEDライト
iPhoneやスマートフォンのカメラ機能がかなり高機能になってきており、特にiPhone 5sでは全モデルと比較して大幅な機能強化がなされている。そういはいっても、撮影専用に作られているデジカメと比べると、どうしても負けてしまう部分がいくつかある。そのひとつがストロボ機能だ。あと少し光量が欲しい、暗いなかでも撮影したいといったニーズに応えることができる小型のカメラ用LEDライトを紹介しよう。



市販品では世界最大かもしれないバナナ型iPhone5/5S用ケース~週末こぼれネタ~
通常の記事更新では扱わないような製品を紹介する週末こぼれネタ。今回は、ありえないほど大きなバナナ型iPhone5/5S用ケースを紹介しよう。


iPad mini RetinaやiPhone 5s/5cに向くスタイリッシュなアルミ製スタンド
11月1日に登場するアップルの最新タブレット「iPad Air」。10インチクラスのタブレットでありながら478gと500gを切る軽さ、厚みもiPad mini Retinaと同じ7.5mmと、薄くて軽いタブレットとなった。そしていまだに人気の高いiPhone 5sと2013年の後半はアップルの端末でで盛り上がりを見せている。


ぱっと見スマホに見えないiPhone 5/5s用のリングファイルノート型ケース
相変わらず高い人気のiPhone5/5sだが、人気なだけあって持っている人が多い。ということで、少しでも他人と差をつけたいと思う人にぱっと見スマホに見えないリングファイルノートの形をしたiPhone5/5s用ケースを紹介しよう。


着信するとカッコよく光るiPhone5/5s用ケース「SPARX」をWebで先行発売
株式会社ラナは、米クラウドファンディングの草分け「Kickstarter (キックスターター)」で資金調達を行っていた米「PHAZE5」が企画したiPhone5s /5ケース「SPARX」を発売する。電池いらずでiPhone 5/5sへの着信LEDからの光を流用してカッコよく光るiPhone5s /5ケース「SPARX」を発売する。


到達距離30m! iPhone5s/5/4s用BT対応シャッターボール~週末こぼれネタ~
通常の記事更新では扱わないような製品を紹介する週末こぼれネタ。今回は見た目もかわいく、最大で30m離れた位置からシャッターを切ることができるiPhone5s/5/4s用のBluetooth対応シャッターボールを紹介しよう。


iPhone 5/5sのカメラ機能をさらに強化! 6~18倍レンズ&スーパーフィッシュアイ【イケショップのレア物】
iPhone 5およびiPhone 5sはカメラ機能が使いやすく人気も高い。特にiPhone 5sではレンズが明るくなっており暗い場所での撮影も向上しているだけなく、iOS7の使い勝手のよいカメラアプリとあわせて、いままで以上に簡単に写真撮影ができるようになった。もちろんiPhone 5でもiOS7にアップデートすることで新しいカメラアプリを使うことができる。


イラストが立体的に見える!レンチキュラー印刷ディズニーキャラiPhoneケース発売
株式会社ラナは、ミッキー、ミニー、デイジー、プー、エイリアンといったディズニーキャラクターをレンチキュラー印刷することで特定の角度から見ると立体的に見えるiPhoneケースを販売する。対応するiPhoneは最新のiPhone 5/5sおよびiPhone 5cだ。iPhone5s/5対応が6種類、iPhone5c対応が6種類用意され、価格は各2,480円(税込)で同社が運営するラナタウンを通じ販売される。


従来比2倍の強度で厚さは半分「ナノ粒子配合ガラス製iPhone 5/5S/5C対応フィルム」
今週末はいよいよ新型iPhone 5シリーズの発売が始まる。ITライフハックでも購入予定者が何名かいるようだが、購入した途端に破損などというトラブルには遭いたくないものだ。そこでディスプレイ面の強度を高める液晶保護フィルムなどが販売されている。こうした保護フィルムを貼ることで落下時のディスプレイの破損の危険度がぐっと減る。


iPhone 5シリーズ対応!シガーソケットに取り付けられる簡単設置のカーホルダー【イケショップのレア物】
9月11日にアップルのiPhoneシリーズで最新モデルとなる「iPhone 5s」「iPhone 5c」が発表された。これにより、iPhone 5は消滅しiPhone 5sとiPhone 5cが今後のアップルのメイン機種となる。上位モデルとなるiPhone 5sの本体サイズは58.6(幅)mm×123.8(高さ)mm×7.6(厚さ)mmと、旧iPhone 5とまったく同じで重さも同じ112gとなっている。iPhone 5cのほうは59.2(幅)mm×124.4(高さ)mm×8.97(厚さ)mmで重さ132gと若干だが大きい。


新iPhone 5シリーズ用ケース 新型iPhone 5s/5c対応のディズニーキャラケース新登場
9月11日の新型iPhone 5s/5cの発表を受け株式会社ラナは、ディズニーキャラクターを採用した新型iPhone 5s/5c対応のカスタムカバーを発売した。同社の直販サイト「ラナタウン」で購入が可能で9月下旬より順次出荷予定となっている。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook