ITライフハック

デジ通

注目度は抜群! 日本でもようやくウェアラブルデバイス普及の兆し【デジ通】



身に付けて様々な用途に利用できるウェアラブルデバイスは、製品が登場すると話題に上がるようになってきた。一見するとメガネにしか見えないGoogle Glassは、限定販売ながらアメリカで一般販売が開始された。この手のデバイスは今後、様々な機能を持った製品へと進化していくことになるだろう。

続きを読む

縦長動画増加の理由 デジカメ以上にスマホに食われつつあるビデオカメラ【デジ通】



最近、海外の動画投稿サイトなどを見ていると縦長の動画を見かけるようになった。明らかにiPhoneやAndroid端末のスマートフォンで撮影した動画だ。なぜならビデオカメラで撮影した場合、上下左右は固定されるようになっているからだ。

しかし、スマホで撮影した動画は、スマホを縦にした状態で撮影し、それを再生すると縦長の動画として再生されるようになった。このようにデジカメ代わりというだけでなくスマホで動画を撮影するという人が増えてきている。

続きを読む

スマホよりも高画質!イメージセンサーのサイズが1/1.7インチのコンデジたち【デジ通】



昨日の記事「デジカメの選択ポイント!画素数が同じならセンサーサイズの大きさに注目せよ」で、スマホに搭載されるカメラ機能に使われるイメージセンサー(撮像素子)のサイズが1/2.3インチとコンデジで利用されるサイズと同じサイズが搭載されつつあることを紹介した。

続きを読む

デジカメの選択ポイント!画素数が同じならセンサーサイズの大きさに注目せよ【デジ通】



スマートフォンのカメラ機能が年々向上してきている。特に顕著なのが画質を決める最大の要素である、撮像素子(イメージセンサー)のサイズがコンデジと同レベルになりつつあるようだ。例えばコンデジのセンサーサイズは1/2.3インチが多いが、これと同じサイズのセンサーを搭載するスマートフォンも登場している。


続きを読む

ポケモン新作のおかげでようやく海外でも売れ出したニンテンドー3DS【デジ通】



パズドラ、 魔法使いと黒猫のウィズ、ガールフレンド(仮)といったスマートフォンやタブレットでプレイできるゲームの爆発的ヒットにより携帯ゲーム機を必要とせず手軽にゲームができるようになった。海外では、この傾向が強く携帯ゲーム機全体の市場が不振だった。

続きを読む

ようやく普及に弾みがつくか? 小型・低価格化が進む4Kテレビ【デジ通】



4K解像度を持つディスプレイ関連製品が広がりを見せてきている。特にPC関連では7万円を切るPC用の4K解像度液晶ディスプレイ、4K液晶搭載のノートパソコン、4K出力ができるグラフィックスカードなどの価格が安くなってきている。

対して一般への普及のカギとなる4K解像度を持つテレビは、相変わらず大画面で高価なモデルが主流だった。これが、このところ小型・低価格化の方向に振れ始めているのだ。


続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

編集長・ライター
関口哲司

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.comm 【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

副編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ


>>詳しくはこちらへ
  • ライブドアブログ