ちょいとしたコメントはこちらへ!

こんちゃ!
この挨拶も最後になるんだろうか……
IMG_3730
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

2023年7月19日18時45分
プロ野球オールスターを
チラッとみて
チャンネルを変え
クレジットの本人確認し
足りないポイントを課金し
U-NEXTにチェックイン

今夜日向坂卒業する影山優佳
影ちゃんの卒セレを見るのだ
ちゃん影のセレ卒
せっかくなので
ちゃっぱやな感想を記しておこう

たっぷりと3時間で幕を閉じた
・クイズ女王のクイズコーナー
・ローソン presents ほっとひといき!ラジオ公開収録
・質問コーナー
・幕間VTR
・ライブコーナー
・卒業スピーチ

ラジオのなりきりコールセンターでは

知性と早口で古舘伊知郎芸の片鱗が

垣間見えて

TFMのパーソナリティは

これでお決まりでしょうかねー


脳内は意外と食食食で

「メンバーとご飯行ってるのは1番かも」

だったり

「えくぼは恋の落とし穴」だったり

「自分で共感性羞恥」になったり


真の影サポになりました(幕Vの2問正解)


ライブコーナー

誰跳べの影&ささくの「跳べーー!」

オーディション〜けやき回顧

「金村を守らなきゃ」

東京ドーム決定と活動再開

「アイドルを楽しむ」

「その一瞬が当たり前じゃない」

ワールドカップ時は心配され

「加藤から栄養ドリンクをボンっと」

「行動原理は日向坂」

このへんは全部グッとくる


そして真っ赤なドレスで登場

感動が波のように押し寄せてくる

エモーショナルすぎるわ!

「完璧と思われるけど完璧じゃない

だから完璧になろうと」

完璧主義な影山優佳

許せない自分と反省と本音と笑顔の

感動のスピーチゾーン突入

金村「これからも推しメンです」

河田陽菜、大泣き ピュアですなー

影山「日向坂46をよろしくお願いします」


泣いちゃうから、ダメなやつだこれ


卒業のステージで

涙ながらに言葉を紡いでるとき

(いつもの「がんばれー」の声のアレ)

客席からの

「パニャニャンダー」(ラジオのネタ)に

冷静なツッコミをする影山優佳、さすがだ


正直他のメンバーは

ハードなアイドル活動で精一杯だから

意識だったりや活動以外の勉強もしてる

影山は一目置かれているかと思う

誰かに応援されるアイドルの立場から

応援されながらも

もう誰かを応援する立場へと


ひとまずゆっくり休んで

アイドル活動7年間お疲れさまでした

それこそこの先の人生は

「笑ってりゃなんとかなるさ」だ

(リピート配信見ながら書いてみた)

ひとつひとつのボケ
薄気味悪い川北の世界
脳みそを覗き込むかのような
真空ジェシカの漫才、最高でしたね
「シルバー人材センター」書き起こし
川北の脳みそを解剖、脳裏に焼きつけちゃえ

キャッチコピーは
「屈折のエリート」→「アンコントロール」→いまや「大喜利漫才のトップランナー」(博多大吉評)

ネタ合わせはほとんどせず
川北はぷよぷよの連鎖を重ねる
ネタ順は2番手に
せり上がり中に川北は「終わったな」と
相方のガクの士気を絶妙に下げ漫才披露
(12/24ラジオ父ちゃんより)

TIMEは4分44秒、笑いの数は28個、平均10秒に1ボケ
ボケの系統分けは以下です(イカちゃんです)
系統が2つ3つ含まれてるものもある
ボケ川北&ガクのツッコミゼリフで笑いを補完するワンセットを主な軸とし
3種類のボケを満遍なく
ワンポイントで小ボケや引用も放りつつ
ボケを連打しひたすら積み上げる
先述の通り順番が2番手となった為優勝はないと踏み
間たっぷりにホラーなオチを付け足しやり遂げる

・ガク外見ツカミ ①→1個
・言い間違い・ダジャレ系 ②④㉑㉒→4個
・不気味・ホラー系 ③⑦⑨⑪㉖㉗→6個
・シルバーボケ ⑩⑬⑲㉓㉕→5個
・ツッコミ理解ボケ ⑥⑧⑫⑬⑭⑮⑳㉑㉔→9個
・小ボケ ⑯⑰→2個
・引用 ⑤⑱→2個 
・回収 ㉘→1個
FullSizeRender
川北 ①どーも見つけたら嬉しいどんぐりでーす

 ガク いうとしたらボクー
 帽子の付いたラッキーどんぐりに似てるのは
 ボクだから 気をつけて
 どーも真空ジェシカです
 よろしくお願いしまーす

川北 ガク ありがとうございまーす

 ガク いやーありがたいことに
 ちょっとずつお仕事もらえるようになってき
 たけど
 もうちょっと共演者の信頼を得たいなー
 と思ってんのよ

川北 ②それならお前はシルバー人材センター行くといいよ

 ガク あ?

川北 そこでは素敵な出会いがお前を待ってるから

 ガク ボク②“共演者の信頼”が得たいのに
 “高齢者の人材”いらないから
 持て余す高齢者の方来られても
 シルバー人材の“シ”のポーズ考えたからー
 じゃなくて
 いつ使うのこれ

川北 ようこそシルバー人材センター③「ヘブンズゲート」へ

 ガク 嫌な名前 ヘブンズゲート?

川北 ④受付の人材智則です

 ガク ⑤派遣のニューウェーブ

川北 よろしくお願いします ありがとうございます

 ガク えー人材さん

川北 どうも⑥本日はパトカーでお越しですか

 ガク ⑥ボク韓国の受験生じゃないんで
 パトカーそんな使い方しないんですよ

川北 あ、失礼しました
それでは順番にご案内しますんで
こちらの番号でお待ちください
⑦「ジューー」

 ガク⑦熱い熱い熱い

川北 ⑦こちら番号札になります

 ガク ⑦いまのはなに
 焼印つけられたかと思った

川北 お待ちの間案内の映像をご覧ください

 ガク 映像があるですね

川北 ⑧タカシくんとユミちゃんはシルバー人材センターにデートに行きました

 ガク ⑧前提が入ってこないな
 デートで行く場所じゃないから

川北 ⑨設備が充実していてノルウェーの刑務所みたいね

 ガク 言葉選べよ
 ⑨快適な刑務所みたいなのあるけどね

川北 ⑩ここのAEDはどれも使われた形跡があるね

 ガク⑩言うないほうがいいな
 どの人材もギリギリの状態でやってると
 思われるから

川北 ふふーん
ブブブー⑪「政府は真実を報道していません」

 ガク ⑪ハッカーに乗っ取られた
 人材センターだよー

川北 ⑪「政府は真実をしていないという……それぐらいのことなんですけど」

 ガク ⑪せっかくハッキングしたのに情報がない

川北 それぐらいです

 ガク なんでもいいから情報出せよ
 なんでもいいから

川北 ⑫来年の恵方は「北北南」です

 ガク ⑫ない恵方言った
 北北南?恵方巻き“こうやって食うのかー”
 タテで

川北 すみません映像に乱れが

 ガク え?おう

川北 私におまかせください

 ガク パソコンに強い人材

川北 ⑬こんなのはすぐですよ
カチ カチカチ 
カチ カチカチ

 ガク そんなマウスばっかり使われたら不安になるなー
 ⑬上手い人はキーボードのイメージだからー

川北 ⑭はい年賀状

 ガク ⑭マウスでは年賀状しかつくれなーい

川北 ⑮シルバー川柳?

 ガク⑮あ、あ違います
 たまたま575になっただけです
 
川北 いまの

 ガク ⑮マウスではー、じゃないんですよー

川北 素晴らしいよねーいまの

 ガク 違いますー

川北 ⑯えーお待たせしましたー 番号札1枚でお待ちのお客様

 ガク ⑯枚数で管理してるんだココ

川北 8枚 7枚

 ガクあ、1枚です

川北 かしこまりました
⑰ウチにはいろんな人材がいてますよ

 ガク ⑰あーちっちゃい関西弁だ
 ⑱俺でなきゃ見逃しちゃうねー

川北 ⑲私は道に詳しいです
天気を予測できます
計算が得意です

 ガク ⑲AIに仕事を奪われた人たちー

川北 すぐに行けますんで

 ガク スマホ1台で十分だ

川北 ⑳八法全書を書いております

 ガク ⑳六法全書の同人誌書いてる

川北 書いておりますんで

 ガク ㉑えー著作権の著作権侵害してる

川北 ㉑戒名の歌をつくります

 ガク㉑かいみょんだー

川北 (ギター弾く)

 ガク かいみょん
 ㉒シルバーソングライターの

川北 ㉓どの人材も目は死んでいませんよ

 ガク ㉓体はダメみたいな言い方

川北 どうですか

 ガク 嘘でも元気って言ってください

川北 ㉔御歳210歳の山下さんです

 ガク ㉔210歳、グリム童話と同い年だ

川北 ㉕払い損のところすみません

 ガク ㉕年金もらいすぎて卑屈になってるー

川北 すみません

 ガク ㉕僕ら世代が文句を言いすぎたー
 腰もこんなに曲がってー

川北 ヘッヘッヘ

 ガク えっ?

川北 ㉖もし私の腰が曲がっいるのではなく あまりの力の差によって お前の視界が恐怖で歪んでいたのだとしたら

 ガク (は、は、は)

川北 (指パチン)

 ガク へ、あ、え、ハ!ハ!ハ!ハァ!ハァ!

川北 (引っ掻き)

 ガク アアアアァァァァァァ

川北 ㉗ヘブンズゲーーーート(㉘“シ”のポーズ)

 ガク いやーもう滅茶苦茶だー

川ガ ありがとうございました

THE END

いつも心に真空ジェシカを
IMG_3427












M-1グランプリ2022を敗者復活から決勝を見て
ロングコートダディの1本目2本目
ときめきバッチグー優勝!だったので書いていこうと思う
FullSizeRender
・1本目「マラソン世界大会」
交互に大喜利的にみせる「笑い飯的何か」のロコディ版
ツッコミはなく明確なボケでもない堂前と兎、それだけで堂々と走り切る
国籍や言語も関係ないあまりみえてこない
ふたりの外見はどことなくメガネと太った人の欧米人にみえてくるような
味噌汁持って「楽しみぃ」というナンセンスさだったり
シンプルに「太ってる人に抜かされた」での爆ウケ
これは兎だから面白い!兎がやると面白い!
(~足をくじいて本日のオールスター登場~万国共通?いっしょに走ろうあるある)
審査員の「ひとつも外さなかった」というフレーズを聞くと
伝説の!04年山里亮太ツッコミラサール審査員を思い出してしまう
きのうの細かすぎて伝わらいモノマネ
パニーニとオキシジェンの大奥を見て
あぁ!とさらに笑いが倍になるような「大奥の走り」
細かすぎて~とM-1を2日続けて茶の間で見てるそこのあなた!
そんなお笑い好きは「だいたい友だち」てなわけでね!
「濃密な4分間」にたいしての「残秒数指摘」があった
(超過ではないからよくないか、と思うが、そこは競技漫才だから仕方なし)
残秒数指摘→「速く走っちゃって」の切り返しはさすがの座王・堂前であります
漫才において「縦の使い方」は19年和牛の「内見」同様に審査員評価はアップアップ↑
M-1でジャルジャルが取って付けたような(裏返せばそれをすればM-1漫才になるのだ)
「漫才としてみせる為の導入とケツ」の同じ問いがロングコートダディにも感じた
ケツの〆方への指摘について→堂前「兎がもうええわっていうの好きなんですよ」
その「ゴールテープの切り方」には最終決戦でいい遊び心を兎がするのであった
FullSizeRender
・2本目「タイムスリップ」
センターマイクを中心の線とし上手の兎側が「現在」
センターマイクを中心の線とし下手の堂前側が「過去(去年と江戸)」
現在と過去を「センターマイク」を線とし行き来往来する美しいつくりの見せ方
現代へのトリップ先が鳥貴族とコロナワクチン会場という
ありふれてしまった日常を兎が拳を突き上げ楽しくツッコむことで笑いに
「ムズすぎるやろ もうえ江戸」の〆で
僕の心の最終決戦のボタンはポンと押されたのであった
(最後の最後の印象度って大事やね 素敵やん)
実際は…
「M-1でM-1を斬る鬱屈した者」「熱量ほどばしりしゃべくる者」
泥水すすってきた芸人に「優勝させてあげたい」と審査員はボタンを押すのである
そしてそれがM-1のドラマとなってゆくのである
FullSizeRender
・ロングコートダディの漫才の〆
「海老の天ぷら」もなかなかすごい漫才である
堂前がべースを弾くフリで〆るのも好きである
M-1の煽りであった「オレたちの漫才は自由だー」とはまさにである

・推しがいればより楽しいM-1
推しは真空ジェシカ、その薄気味悪い川北の脳みそをのぞけてまんまん満足
今大会ロングコートダディ、真空ジェシカ、男性ブランコがベスト3でした

・生放送の意外性(ネタ以外でのおもしろ)
大会の重石である紳助審査委員長席に座って感慨深いという松本審査員
松本審査員の「紳助さんは友だち多すぎておかしくなった」に
すぐさま「おかしくなってない」という上戸彩のツッコミ
その後山田審査員のポロっと出た「今朝メールした 宮崎で見てる」に
MC今田「あまり言わなくていいです」
という何かタブーのような紳助情報のくだりがヒヤっとして面白かった

・漫才とコントの線引き センターマイクから飛び出せ!
「センターマイクから離れてる」は
度胸ある行為と思うんだが減点対象なのか

センターマイクの前で漫才が予定調和かもしれない
それはもう固定概念で打破するのがお笑いじゃないか
コントだと思われて排除されてはかなわない
「キングオブコントでもできるじゃん」じゃダメなのか
センターマイクがお飾りでもいいんじゃないか
いってしまえばマイクなんか捨ててもいい
天竺鼠川原は「マイク持ってこようか」だ
そして「やめさせてもらえ やめさせてもらえ」だ
(さすがにメタ度が高すぎるのか)
…と20年のM-1史はもうそこまで来ている
そんなものを見たいとも思ってしまうのである
何でもいいはずだ、M-1は、漫才は
森山直太朗の生きとし生ける物へ(ダンビラムーチョ!)を歌ったっていいのである

いろんなフォーマットでいろんなアプローチがあってこそそれがM-1
レベルが上がり進化し続ける漫才
ワーワーあーだこーだいうて
たかが漫才、されど漫才
今年も、M-1グランプリ、アルティメットありがとう
FullSizeRender

IMG_0627
こんちゃ!
9月になりましたので
6月7月8月
ここ3か月の「ひなあいテロップネタ」
まとめていきたいと思います
厳選したぜい 若林ゲンゼイ 62本!
IMG_1796
IMG_1790
・プロ謝罪師の出番
(オードリーANN 若林トーク ですよ。)
(若林ですよ。ネーム ですけれども。)
IMG_1791
・90年代ハラスメント
(あちこちオードリー 佐久間P)
IMG_1794
・「居酒屋金ちゃん」の画づら
(鬼越トマホーク金ちゃんの実家)
IMG_1786
・やっぱ、島はえぇ
(千鳥)
IMG_1787
・若林の不得意分野
(あちこちオードリー 鬼滅の刃ほか流行りモノ)
IMG_1788
・やってる
(報ステの熱盛)
IMG_1789
・ダディガ困惑
(オードリーANN 春日女児誕生報告)
IMG_0049
・期待しかない自分
(楽曲 期待していない自分)
IMG_0050
・26歳看護師の言い回し
(オードリー若林のニョボ林)
IMG_0054
・急な愛車遍歴感
(若林出演 おぎやはぎの愛車遍歴)
IMG_0059
・佐々木さん ヤバいね
(佐々木美玲出演 日テレクイズ番組)
IMG_0173
・偶然は運命みたいに
(宮田愛萌公式ブログ)
IMG_0179
・リーダーは「待たせたな」の人
(金スマオードリーSP
ラ・ママ新人コント大会 渡辺正行)
IMG_0182
・バッド・ジーニアス 危険な潮
(映画 バッド・ジーニアス)
 IMG_0187
・みんな、青春の炎は燃えているか!!
(日テレ高校生クイズ 福沢朗アナ)
IMG_0194
・優しさを覚えた春日
(あちこちオードリー ダディガ心境の変化)
IMG_0195
・くやしさが邪魔をする
(楽曲 やさしさが邪魔をする)
IMG_0425
・1位じゃなきゃダメなんです
(2位じゃダメなんですかby蓮舫議員)
IMG_0429
・ネタ受取師も絶賛
(あちこちオードリー ハライチ
ネタ書きとネタ受取師)
IMG_0435
・やる気しかねぇので
(ねぇのでby河田陽菜)
IMG_0440
・ブロードアピールのまくり方
(競馬ネタ)
IMG_0607
・チケット不正売売売止法
(フジテレビ ネプリーグ 日向坂回)
IMG_0608
・3年目の真実
(映画 3年目のデビュー)
IMG_0609
・小物MCを挑発
(アメトーーク 小物MC芸人 若林)
IMG_0610
・日向のJ.Y.Park
(NiziUプロデューサー ジェーワイパーク)
「自分のありままの姿が特別だということを
わかる時が来るはずです」
これは日向坂にもいえることだ!
IMG_0821
・行動しなければNoと伝わらない
(欅坂46サイレントマジョリティー)
IMG_0822
・かかり坂46
(芸人用語「かかる」)
IMG_0824
・愛に触れると誰でも詩人になる
スージー富田
(プラトンの格言&コージー富田)
IMG_0834
・オードリー 第2の黄金期真っ只中
(オリコン ネット記事)
IMG_0835
・THEみーぱんプリズン
(オードリー×アンタッチャブル
日テレ THE芸人プリズン)
IMG_1015
・父の発言!THE違和感
(TBS クイズTHE違和感)
IMG_1019
FullSizeRender
・明石町の破天荒親父
(若林の出身地 東京都中央区入船 現 明石町)
IMG_1025
IMG_1020
・母が仕掛けるゲーゲンプレス
(サッカー戦術 ゲーゲンプレス
影山優佳自己紹介 あなたのハートにゲーゲンプレス)
IMG_1033
・トワイライト・ゾーンへようこそ
(映画トワイライト・ゾーン)
IMG_1257
・毎度おさわがせします
(TBSちょっとエッチなドラマ 80年代ネタ)
IMG_1258
・勝手なボケに注意
(予想外にボケまくるモーリー・ロバートソン)
IMG_1262
・お・し・ま・い death!
(半沢直樹 香川照之)
IMG_1267
・中高6年間男性限定ライブの弊害
(オードリーANN若林)
IMG_1495
・地元じゃ笑い知らず
(地元じゃ負け知らず 修二と彰)
IMG_1496
・ぜんぶテンションのせいだ
(JR東日本キャッチコピー ぜんぶ雪のせいだ)
IMG_1497
・興味って捏造できない
(興味と愛だけは捏造できない オードリーANN→あちこちオードリー若林)
IMG_1498
・お化けキテルネ!
(日テレ ZIP 新リポーター 佐々木美玲)
IMG_1499
・ラストだけポカしがち
(コンサートでの影山優佳)
IMG_1500
・芸術は爆発だ
(ご存知岡本太郎 坐ることを拒否する椅子が
のちにオードリーの漫才に影響を与えた)
IMG_1501
・蹴りたい置物
(小説 蹴りたい背中 綿矢りさ)
IMG_1502
・金スマ既出案件
(家の前で剣道の素振りをする若林少年)
IMG_1503
・時代を先取るニューカマー
(「時代を先取るニューパワー」byとんねるず結成前夜の貴明&憲武)
IMG_1649
・暴走副音声コンビ
(日向坂ドラマDASADAの副音声)
IMG_1650
・穿かないでミニコント
→葉っぱ一枚あればいい?
(フジコント番組笑う犬シリーズ)
IMG_1651
・安心してください 穿いてますよ
(裸芸つながり とにかく明るい安村)
IMG_1652
・オーバーオール小僧参戦
(自分で笑ってしまう河田陽菜の怪談を注視する若林)
IMG_1750
・見事な突破劇
(メンバーも出演 日テレ THE突破ファイル)
IMG_1751
・しくじりデザート完成
(しくじり先生出演 高本彩花)
IMG_1752
image
・ブラックコーヒーとセブンスター
→違いのわかる女
(懐かしCMネタ ネスカフェ 違いがわかる男)
IMG_1753
・19 あの紙ヒコーキ くもり空わって
→春日自転車で日本一周に挑戦
(春日 熱海で断念 後日車で自転車を引き取りに 宣材写真はナイスミドル時代)
IMG_1778
・ささやき女将スタイル
(船場吉兆スタイル)
IMG_1779
・新しい風、吹いた
(プラチナフラッシュ新3期生雑誌デビューのキャッチ)
IMG_1780
・これが日向坂の初恋感
(サンデージャパン 佐々木久美出演 日向坂特集での武井壮のコメント)
IMG_1781
・カウンセリングが必要
→ご本、出しときますね?
(テレ東 若林MC ご本、出しときますね?)
IMG_1782
・ももクロと絡んでるみたい
(ゴッドタン照れカワ若林)
image
・意外とこういうの出来ないんだね
(あちこちオードリー
意外とああいうの出来ないんだね)
image
・お笑いに片想いの男
→意外とこういうの出来ないんだね
(あちこちオードリー 向井×若林 お笑い片想い)

それではまた秋にお会いしましょう

少し今さらだけどこれについても
お笑い好き・深夜ラジオ好きなら
書かないといけない!と
「お笑いラジオ史最重要事項」なだけに躊躇っていたら
アンジャッシュ渡部不倫騒動なんて起きてしまって……
アンタッチャブルシカマン最終回を聴いて思ったことなどを書いてゆこう
さあ!どぉもーー!

IMG_2570
・お笑い好き・ラジオリスナーが待っていたこの10年
テキトーキャラのポジティブ野郎で
国民的なボケ芸人となったザキヤマこと山崎弘也
その間女性問題で謹慎生活を送り
ピンとして復帰したツッコミ柴田英嗣
コンビ復帰アンタッチャブルの再始動はテレビでの漫才だった
全力脱力タイムズからENGEIグランドスラムでの2本
くりぃむしゅー有田の付き人同然で親交深かった山崎を
柴田とセンターマイクの前に連れていってそこで即興漫才がおこなわれた
相方柴田にボケまくる山崎そして柴田は上着のジャケットを脱ぎ全力でツッコむ
そんな姿を後ろで眺める漢・有田哲平
お笑い好き誰もが胸を熱くさせた感動的なワンシーンだった
もちろん自分もそのうちのひとりだ
そして有田哲平に、このシカマン最終回をやるよう助言した伊集院光
あちこちオードリーでの
「アンタッチャブル ラジオの最終回やんないとダメだよ」
アンタッチャブルふたりを無名時代からラジオに出したり
野球やったり遊んだり仲良くしていた伊集院
この「師」のふたりの働きかけがあったからこそこの復活劇があった
お世話になった先輩の助言、リスナーとの絆、アンタッチャブルとしての責任
これがシカマン最終回という日曜深夜のお祭りをちゃんと果たすことができたのだ

・10年越しシカマン最終回のスタート
アンタッチャブル完全フリーの素しゃべり
これがまったくブランクを感じさせない
すごいテンポと明るいノリの掛け合いで駆け抜けてゆく
当時よりそれが強くなっているじゃないかというぐらいにすごかった
これが本当に面白くてそれぞれの「圧倒的なお笑いの力」だ
やっぱり山崎弘也の隣には柴田英嗣で
柴田英嗣の隣には山崎弘也しかいないのだ

・「深夜ラジオの特殊性」なんていわれる時代に……と相方の大切さ
岡村おじさんによる失言が大きなきっかけとなり問題視されてきている
そんな岡村隆史が失言してネット世間から批判を浴びまくって
悩み込んで憔悴しきって落ち込んでの岡村隆史ANNで
「どういう放送をすればいいのか」
というときに相方矢部が登場し岡村隆史から何か救うことができた
それでいま岡村隆史ANNはナイナイANNとして復活した
自分が聴いていた当時アンタッチャブルのシカマンとナイナイАNNは裏番組だった

・10年前シカマンが終わり不毛な議論が始まる……山里亮太の運と縁と恩
シカマン最終回の放送からその3日後に不毛な議論があった
その間にテラスハウス出演木村花さん自死の件があり
山里亮太は数日沈黙していた
得意のTwitterでも早見あかりご懐妊の祝福もシカマン最終回についても
一切つぶやくことができなかった
お悔み申し上げますとつぶやいたのち通常運転へ
そして不毛な議論でこう語りはじめる
【SNS・Twitterでどう発信するべきかを悩んでたが「日常」をつぶやくことを選択
SNSとの向き合い方は人それぞれ
自分も攻撃されてきた側の人間としての対処法は親しい人とのLINEや電話
またそんなとき助けられたのはラジオだったシカマン最終回だった、という
アンタッチャブルおふたりのしゃべりとリスナーの待ち遠しさ楽しくて幸せな空間
「耳を強制的に引っ張ってくれて救われた」
シカマンレギュラーを狙われるのは水曜日の自分でも「恩」です
「運命的に傾けた耳が嫌なものから目を背けられたいいな」
「それがここ自分でできる精一杯」
「僕は一生思っていきます
ずっとずっと思いながら考え続けていきます」
「改めて木村花さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます」】

・スマホとradikoとお祭りと
このコロナ禍で町から人が消え会話が消えにぎわいが消えた
そんなひとりでいるとき誰もが手にするこのケータイスマホ
ネットいじめと辛くなるSNSをその目で見てしまうなら
radikoを聴いてほしい耳だけのradikoを聴いてくれ
言葉と言葉と、しゃべりとしゃべりの、共通体験
コミニュケーションの技術がなくても人と人とが関われるラジオ
いじめられた人もいじめた人も
笑わせることも楽しくさせることも癒すこともできる
それがこのラジオだと思ってる
お笑いコンビとしての密、パーソナリティの距離感、それは密な時間空間
パーソナリティからリスナーへ
リスナーからパーソナリティへ
リスナーからリスナーへ
ラジオという人々の交流、お祭りフェスティバルに人々は集うのだ
眠れない夜に耳で聴いて笑いあいましょう!

・くだらなくて楽しいラジオがもしかしたら誰かを救うのかもしれない
傷ついて壊れてしまいそうな人や
目の前で泣いてる人を助けられるか
何も考えずに笑えるか
何も考えずにただただ楽しい
それがなかなかむずかしい
思惑や利害なんてない純粋なお笑い
どうしようもない下ネタや冗談だって必要
ひとりでもいいから笑ってほしい楽しんでほしい
みんな笑ってるほうが絶対にイイ顔なんだよ
笑顔がステキじゃない人なんていないと思うんだ
そんなことがアンタッチャブルとリスナーの
とんでもねえパワーがあの日曜深夜のお祭りにあったと思うんだ
そんな感じでご陽気にあざーっす!

放送終了後Twitterトレンド
西野七瀬 坂道3番組に食い込むsikaman
IMG_2868

IMG_2811
ぼる塾に続いてGAG福井トーク企画について
これがめちゃくちゃ面白いシリーズ
GAGはGAG少年楽団のとき東京新宿の単独を1度観に行ったことがあって
面白いコント師としての印象でしかなく
こんなダサ坊としての一面は意外だった
東京(というか大宮)に来てヨイショマンなんてやってるときの迷走ぶりは残念な気持ちになった 笑
コント師としてネタ書きもしてる御方で
味のある俳優っぽい顔でこんなキャラをやってる姿に少し悲しくなったわけだけど
それからこの福井トーク企画の語りの上手さとそのダサさとなによりも面白さにハマったし
福井俊太郎という「ひと」を知り好きになった
「大阪NSC27期〜僕のいたCクラス〜」
「辞めんなよ、俺達タモンズの漫才が好きなんだ」
「僕達は大阪でお笑いを教わったんだ」
これがまた副題がイイんですよ
用意した手書きフリップにええ声で当時を語る福井俊太郎
企画者であり対象者であり物語の語り手である
当時のことをエースたちは楽しそうにキャッキャし忘れてて
体育座りの3軍補欠はよく覚えてる
みたいなことは学生時代や実社会にもあることだし
それにしても記憶力がすごいなと思いつつ
根に持つじゃないけどそういった記憶はこびりついて離れない
お笑いを志す者志した者が見ると
しょっぱくてにがい体験
切なくて少し泣きそうになって
でも笑えて本当に面白い
ダサ坊は描いてた好スタートを切れない
でも最終的にお笑いって素晴らしい!と思わせる素晴らしい福井トーク
仮に紳竜の研究の講義を見ていっても
通用せず実際養成所ではうまくいかなかったりするような
伝説の紳助講義と身近でリアルな福井トーク両方見るべし
IMG_2814
こちらの昨夜アップされたのも早速見た
ここまでNSC時代〜デビュー〜base時代へと
base時代に教わり染みついた礼儀や伝統を学んだこと 常に気を張っていた
「“覚えてもらわなアカン”というパワーワード」
坂本の芸人としての覚悟を決めた瞬間
とろサーモン久保田行きつけの飲み屋に張っていたこと
福井「等身大の僕を良し」としていた恩人の勝山梶の梶
「梶さんのこと思い出していま泣きそうやもん」
「(中山)功太さんも優しさかったなぁ」
ガンガンメンバーはお笑いの神様
「(千鳥)大悟さん怖いイメージで止まってる」
社交性ゼロに等しくトイレに隠れる
baseの劇場で出前をとるということ
「深夜のソースカツ丼」事件
「いっぱしのbaseメンバーかー」
「(社員)あんた次からこんなことしたらbaseの敷居またがせへんで」
「慣れたりとか 怠慢な心って 本当にこの世界危ないなって 教わったんですよ 
めちゃくちゃ怖かったんですよ」
「芸人人生16年で一番怒られたのはこのソースカツ丼を洗わずに置いちゃったとき」
……
ダサ坊は振り返ることをやめない
だがそれでいいんだオレ

IMG_2803
連日コロナコロナで
殺伐とした空気感が漂う
2020年の現代日本
ソーシャルディスタンスな
生活様式となり
やれ自粛警察や誹謗中傷ネットイジメ
不倫スキャンダルの芸能ニュース
政治も不正や隠蔽のオンパレード
真夏日かとおもえば梅雨入りかと
もはや無駄に季節は移り変わりゆく
惨憺たる状況に不快指数も加わり
目の前の現実は
もう毎日が悪夢にうなされてるようだ……
でもこの期間中そんなことを忘れるぐらい
薄型液晶画面から笑わせてくれるのは
吉本芸人のYouTubeだ
特にニューヨーク、GAG、ぼる塾がアツいのだ!全部!無料!破格だ!
ラジオ系でいえば鬼越トマホークや
空気階段だって面白い!
毎日毎週更新されこれらを見ることが
「新たな習慣」となってきている
今日はその中から
「ぼる塾」という女性トリオ(カルテット)について少し書こうと思う
このぼる塾という名前を初めて聞いたのは
去年のM-1が終わった頃ぐらいだった
「予選で面白い女性トリオがいた」
「今年や来年決勝あるんじゃないか」
とそんな感じで
もともとは「しんぼる」と「猫塾」という女性コンビ同士で
そこからひとり結婚したとかで休業し
今はトリオとして活動してる
え!?なんだそれ、そんな流れもあるのか?と思った記憶がある
そこからどこかで漫才を見て
あーたしかに面白いな、から、このコロナ禍で家にいることが増え
ぼる塾のYouTubeを見始めようになった、というわけだ
昨夜アップされたぼる塾の餃子パーティー
ただくっちゃべって飯食ってるだけの内容的にはたいしたことのない動画
自粛も明けて自然体な3人が戯れてる
リアル(フェイス)な生活をのぞく
ドキュメンタリーでも見ている感じすらある
洗濯物がかけられ生活感あふれる家
餃子焼いてるときに歌う替え歌
ご飯や食べ物の話に女子らしい恋バナ
3人で餃子を包んで焼いて食って
冗談言って笑いあってる姿
それがサイコー!なんですよ
3密は楽しいー!といわばかりに
(まぁねー)
仲間や友だちや恋人と
人生において生活において
実はそんな時間が一番大事だったりする
見ているこっちの気分が落ち込んでても
何か癒される空気感を持っている
はるちゃんのメイク動画も見たけど
ガールのメイク動画なんて一生見ることないなと思ったけどこうして見るとは!
そのときのあんりの掛け合いもよかった

アメトーークでも男芸人に負けないあたりの強さとツッコミが面白い江戸川区出身のあんり
あんりの同級生でワイプのパッと見とぎとぎ岸井ゆきの似はるちゃん(きりやはるか)
「まぁねー」が口ぐせなのかギャグなのかでおなじみ
ジャニーズ亀梨くん大好きの田辺さんにリモートでぼる塾chレア出演する育休中の酒寄さん
あんりも毒舌といわれるがふたりへの接し方や端々にはるちゃんへの女子らしい友情みたいなものが感じられ
ツッコミのキレとその優しさの加減が絶妙だと思う
もしこの仲間に何かあったら自分がドスンっと盾になり守ろうとするそんな頼もしさも感じる
いまこうしてぼる塾は3人で少しずつ活躍しているが
ぼる塾が面白い!というウワサが広まるきっかけとなったM-1の漫才は
いま育休中の酒寄さん作でネタ書き担当というのだ
この3人は漫才の作り方がわからなかった
自分が演るわけではない漫才のネタを書き3人のぼる塾に貢献していたという
結婚から育休という令和の働き方改革にも
マッチしているといえる人数変動型ユニットはいまっぽくて素晴らしいし 
「いまは3人だけど4人でぼる塾」
これはなんともいい話だ
育休が落ち着いて戻ってくる酒寄さんを迎えいれたぼる塾は
もっと面白くなり楽しくなりそうなワクワク感がある
酒寄さん作の漫才でM-1の決勝に行った日にやぁ
本当にすごいことになるぞ!
(いうなれば受験がひと段落し影山優佳復帰を待っている日向坂メンバーが
ぼる塾3人なのだ いや全然違う例え 笑)

近年、M-1グランプリ前期後期
キングオブコントといった賞レース
そしてYouTube参入時代へ
同期や仲間だったり芸人が勝手に切磋琢磨し
投資金ゼロで毎年東西から逸材がボッコボコと生まれてくる吉本システム
システムといえるものかはわらないがただただ芸人たちがすごい
第7世代のトップスターは霜降り明星だろう
だが同じぐらい無数に輝く芸人たちがたくさんいる
こんな世の中だけどそれは生きる希望といってもいいのかもしれない
「お笑いのある世界に生まれてきてよかった」
と思う今日この頃
かたまりかたまり(めでたしめでたし)
IMG_2797

IMG_2773
こんちゃ!
「おひさまの縁」があって
TBSチャンネル4月頃放送
日向坂の個人個人のメンバーインタビューの第6回目を見ることができたので
追いながら内容をまとめてみる

・河田陽菜
小学校4年生ぐらいのときに
AKB48の握手会にお母さんと参加
握手券1枚ずつを握りしめ広島へ
前田敦子さんのところに並んだそうだ
ふにゃふにゃでしっかりしてない自分が
唯一なりたいと思ったのは
“アイドル”
レッスンに着いて行けず涙涙また涙
2期生の特徴は元気いっぱい
話し合いがおこなわれてるけど
自分は積極的じゃなく
みんが考えてることに何も言えない
それが申し訳ないというのと
自分の意見がないということに悩む
Q.向上心の強い すごいメンバーは
富田鈴花
Q.愛されキャラクターはどう思ってる
嬉しい 
私はみんなが思ってるような人間じゃない
「今日もお弁当悩んでたよね」(丹生)
「内に秘めてる彼女は」(濱岸)
「やさしさの塊」(丹生)
(丹生は剣道 濱岸はバレエだったり)
みんなは一所懸命頑張ってきたことあるけど私は人生の中で一所懸命頑張った
ということがなくて
みんなはいろんなことができたり
人と比べるのはよくないとわかってるけど
1つ1つこと一所懸命やってたら自分にも何かあったのかな頑張ればよかったなと思う
「いま日向坂で活動するって目標っていうかそういうものじゃん
だからそれをやれてることがたぶん今頑張ってることだと思う
私たちからこのグループがなくなったら
本当に何もない人たちになっちゃうから」(丹生)
IMG_2774
IMG_2775


・丹生明里
小学生から始めた剣道は3段の腕前
アイドルになるまで青春のすべてを捧げてきた
高校2年生のときけやき坂46の2期生に加入
自分に自信がなくちっちゃいことでも落ち込むときは落ち込む
ネガティブになることもある
ゾーンに入っちゃうと沈んじゃう
ドレミソラシドのフロントのときは
結構プレッシャーを感じてた
乗り越えられたな強くなれたなと
そこにやりがいを感じる
困ってるときに特に助けてくれるメンバーは
金村美玖
普通に意見を返してくれるのがありがたい 安心させてくれる
好きだよって恥ずかして言えない
素直になりたい
Q.グループで自分はどんな存在?
絶対変だって思われてると思うハハハ
「初めてこんな感じのコに会った」(河田)
もーやだー恥ずかしい
初めての人種ってこと
こんなメンツ集まるの奇跡って思う
「にぶちゃん=太陽」
「気分が落ち込んでても
にぶちゃんのリアクション見たら
絶対笑っちゃう笑顔になれる存在」(濱岸)
自分の出てるテレビを客観的に見て
恥かしくなる
なんでこんな顔してんのって
笑ってもらうのが好きなんだなって思う
Q.人生の挫折は?
剣道で試合に勝てない
チームの公式戦でも負けてばかりで
チームが負けたのも原因は私
私が足を引っ張ってた
自分の意見もなくて辞めたいと思ったり
本当にからっぽだった
辛すぎて周りのそういう目も感じてて
どうみんなに接したらいいかわからなくて
そこでヘラヘラするのもなと
私が落ち込んでたらみんなもよしよしってしなくちゃいけないし
どんどん周りに迷惑かけてるなって思ってた超ネガティブだった
今アイドルという立場は
SNSだったりで自分の知らない人に見られてて
気にすることは気にしてる
前よりは気にしなくなった
“これが私だから”って思っちゃう
Q.2020年の目標は
グループとしては東京ドーム公演
自信を持ってこれが日向坂なんです
って思えようなパフォーマンスをして
会場をハッピーであふれかえるようにしたい
個人としてはこのちゃんとも話してて
ゲームの実況もやりたいし
声を褒めていただいて
それを武器にして声を使って何かしたい
IMG_2777
IMG_2778


・濱岸ひより
特技は姉の影響で3歳から始めた
クラシックバレエ
バレエを辞めたくなかて家出もした
バレエは今でもやりたい
14歳のとき長濱ねるに憧れ
けやき坂46の2期生に
体調がすぐれない日々が続き活動休止
心がコントロールできない時があった
およそ半年のお休みから復帰
復帰するときは不安しかなかった
今も不安しかない
私がいない大事な時期の半年
知名度も上がって体力的にも忙しい時期
もともとみんなより劣ってるのに
休んだせいでもっと劣っていっちゃう
またみんなに迷惑かけちゃう
戻ってきていいのかって何回も思っていた
「誰も思ってないよ」(丹生河田)
「ひよたんおかえり〜だよ」(丹生)
「そこは自信持っていいと思う」(河田)
周りの人たちメンバーがこんなに優しい人たちじゃなかったら絶対できてないなって思っちゃう
活動休止中は日向坂の活動活躍を
気にしないようにしてたけどやっぱり気になってた
すごいなーと思って自分がそこにいたグループと思えなかった何か思えなかった
芸能人で普通にアイドルグループを見ている感じ
「大富豪のときが初めて
あーひよたんってなった嬉しかった」(丹生)
最初は緊張したどうしていいかわからなくて
「遊んだりもできたし嬉しいなーって
番組とかもさまたひよたんが来てくれたらオードリーさんも喜ぶと思うし楽しみだなって思う」(丹生)
Q.自分にとって1期生の人たちは?
全員お姉さん 家族のあ姉さん
頼りすぎちゃってる
母のように愛情注いでたのは佐々木美玲
復帰を誰よりも心待ちにしていた
みーぱんさんとは休業中もLINEや電話をちょくちょくしていてご飯も行ったりしていた
みーぱんさんに戻りますって伝えたときに絶対大丈夫だから一緒にいるからね
そういうニュアンスのこと言っていただいて安心できた
気にかけてくださってたのがすごく嬉しかった
Q.復帰しようと思った最大のきっかけは
休業中に何回も何回も辞めるかなー
って思ってたけど
結局戻ってきたのはたぶん好きだったからかな
向いてないって思ってたけど
なんでだろう?って思っちゃう
自分の中でも明確に
これが好きだからっていうのがわかってなくて
「ありがとう」(丹生)
泣いちゃう〜ムリ〜
休業前にあんなに迷惑をかけたのに
みんながあたたかく迎えてくれた
嬉しいなって思うし
居づらいなっていうのもなくて
陽菜もご飯一緒に行ってくれたりとか
にぶちゃんも漫画の話を沢山してくれたりとか
休業してたからって居場所がなくなっちゃうとかなくって
すごくホッとできる場所だなって思う
Q.どんなアイドルグループにしたいですか?
もっと知名度が上がったとしても
みんなが穏やかで
みんな優しくて
ホッとできる場所
「あったかいね」(丹生)
IMG_2779
IMG_2780


メンバーがメンバーにインタビューする形式なのだが
にぶちゃんの反応がまあにぶちゃんらしくて
3人とも涙ながらに語りながらも
やわらかい空気感だったのが素直によかったです
映画版の日向坂ドキュメンタリーも
映画館でいち早く観たいですね
IMG_2776

IMG_2567
(5月28日たりないふたり2020春と5月31日日向坂で会いましょうより)
こんちゃ!とまた久々に書こうと思う
おとといの日向坂で会いましょういやー面白かった!!
ここ最近ずーっと面白いんだけどね
リモート&総集編でも面白いってすごいよ
欅坂の代表作がサイレントマジョリティー・不協和音ならば
日向坂で会いましょうは単なる自身の番組ではなく日向坂の代表作だ
もう日向坂といえば「ひなあい(呼び方はひなましでもひなましょうでも)」なのだ
みんなオードリーが大好きでみんな日向坂が大好きに
リトルトゥースもおひさまも元々どっちが好きでもうどっちも好き
モテモテお兄ちゃん名MCとゴーイングマイウェイ公式ド変態
おじさんウケの少年心を持った若林春日
企画は野球に大喜利ときどきキン肉マン
それをヤな顔せず引っ込み思案にもならず
全体としてメンバーはお笑いに前向き前のめりなのだ

そこはもう「オードリーさんに笑ってもらおう」というわけだ
普通アイドルグループなら特定のメンバーだけが
バラエティー担当や「お笑いノリ知ってますキャラ」だったりになり
グループ内ではわりかし損な役回りになってしまいがちだが
全員がバラエティーノリを兼ね備えつつ
「待ち」ではなく積極的にチームに参加して
その中で個性を発揮し役割・ポジションを獲得している全員野球スタイルなのだ
なので誰がどのバラエティーや情報番組に呼ばれてもバッチコーイというわけだ
そんな日向坂の雰囲気作りでチームを牽引する佐々木久美加藤史帆コンビ
ストイックな大喜利才女上村ひなの
走攻守揃ったユーティリティー渡邉美穂
富田鈴花のキャラの迷走ぶりもネタになり
帰国子女高瀬まなふぃが「本当に思ってますか?」
「おいしいおいしい」などコメントの鋭さが冴えてきている
各々がスタメンを張れるポテンシャルを持ってきている
またアイドルってムリに頑張ろうとすると
わざとらしさや痛々しさみたいなものを感じてしまうものだけど
そういったものを一切感じない

オードリーとともに培ったもので
オードリーから離れたテレビの世界でも個々に活躍の場をもっと広げていくだろう

IMG_2561
IMG_2562
IMG_2563
(5月26日あちこちオードリーより)
佐久間Pから「(日向坂に)キン肉マンの話してるのハラスメントだよ」
と冗談交じりに言われてたのはメチャメチャ笑った
以前‘’ポンポン‘’プリン(ポムポムプリン)のような
「かわいい企画を」という素直な声がメンバーから上がるのもいいことである

IMG_2568
(一番上の画像)
たりないふたりのMC論で「(自分らは)3軍のエース」
日向坂で会いましょうでのテロップ「吠える3軍のエース」~
そこに「たりないふたり」(Creepy Nutsの楽曲)もかける
(オールナイトニッポンつながりと若林とDJ松永は親交が深い)
(よふかしのうたがむつみ荘でね~とかそんなことも書きたくなっちゃう)
これはリトルトゥースが喜ぶネタ
それはもう「リトルトゥースが過ぎる」ぐらい(ライカだーこの)
テレビ制作会社ケイマックスによる「職人技」
ツッコミテロップ字幕テロップネタ
日々の情報の引用にその量とホットなワードをお届けする芸当
この行き過ぎた愛のネタはこれもひとつの「作品」だ
知らなくても面白い!
知ってれば何倍も面白い!
これがニクイんだよ!!三菱ばりにね
今週も電波少年からオンバトにエンタの神様に
スターウォーズネタとくすぐるネタがいろいろあって
宮崎ロケのオードリーと日向坂の食事会で
春日がしゃべらずメンバーに気を遣わせるというエピソードも微笑ましくて面白かった
火曜にあちこちオードリーを見て
土曜から日曜にオードリーのオールナイトニッポンを聴き
たりないふたりのような特番もチェックする
そして日曜深夜に日向坂で会いましょうを楽しみに待つ
それがおひさま&リトルトゥースの全回収するような1週間なのである
ひながら推しからひなあい全106回を経て
フレンドリーなイジりイジられのいい関係性といい距離感はもう最高の状態だ
とそれなりに書いてきたけど
テメえの好きなメンバーは誰だよとツッコまれれば
丹生明里と松田好花と上村ひなのに
河田陽菜や渡邉美穂も金村美玖もイイし
お帰りなさい影ちゃん!と好きな選手がいっぱいで選びきれない
日向坂というチームがオードリーがケイマックスが好きなのだ

IMG_1854
現場の復活なんていったいいつになるのやら……
ですが音源があるんじゃないか!
イイ曲はどんなときでもイイ曲!
弱ってるときに聴くなんちゃらとも言いますし
どれもメジャーなところで
今年発表された音源で選びました
それではチェ~ケラ

1.私立恵比寿中学 6thアルバム playlist より 『ジャンプ』
去年末発売だったんで今年けっこう聴いてました
M-1 ちがうの
M-2 SHAKE SHAKE
M-3 愛のレンタル
M-4 ジャンプ
ここの流れは何十回もリピートしています
ジャンプの石崎ひゅーいイイ曲書きましたね
安本彩花の歌声の成長そして復帰はめでたい

2.乃木坂46 25thシングル しあわせの保護色 より 4期生楽曲 『I see…』
もはや説明がいらないぐらいの神曲
さらば青春の光との日テレの番組から個々を知って
この曲のMV見て聴いてそりゃあ好きになります
ちなみに清宮レイがイチ推し

3.赤い公園 新体制 初アルバム THE PАRK より 『夜の公園』
元アイドルネッサンスの石野理子を新ボーカルに迎えた赤い公園
去年の新体制でのライブに行ったけどこれがまた超カッコよくてサイコーだった
津野米咲による女のコのゆれる恋心の風景情景を
石野理子がまっすぐに歌うわけですよそんなの絶対好きになるじゃないですか!
公園で会うまえに
「誰にも見せない部屋着からちゃんとした部屋着に着替える」ココですよおおお

4.日向坂46 4thシングル ソンナコトナイヨ より 『青春の馬』
見ましたか?見てるよねそりゃあ見てますよね
日向坂で会いましょう
これについてもいつか書かなきゃいけない
最高にトゥースな番組
この曲の解説回もありましたけどほぼ毎週がホームラン級の面白さ
うーんこれから放送どうなるー

5.リリカルスクール 20thシングル 『OK!』
「マジ悪夢みたい 布マスク2枚」という名パンチラインも生まれた
リリスクリモートフリーライブ
これも1と2は何回も見ましたね
右端のyuuちゃんがかわいいんだけどみんな違ってみんないいんだよな
それぞれのスキルや持ち味が最高の5人のバランスになってきている

いっちょ踏んでみますか んじゃオレも
自粛でも変わらず 在宅の ヲタク
晴れたらあたるよ おひさま サトミツ
ソンナコトナイヨ 避けるよ 3密
夜の公園 で聴くよ アイドル音源
ココに戻ってくるよ back again
(これは勢いのリリック)

IMG_1122
みなさんいかがお過ごしでしょうか
ってこうして世界が変わり始め
新たな日常に変化しているというのに
太古のブログを開いてまた書いてみる
そんなのもいいんじゃないんでしょうか
こうしていま家にいて
テレビでYouTubeやNetflix
動画三昧なわけですが
それはそれで日々楽しく過ごせている
でもやっぱりラジオにradiko
4/30岡村隆史のオールナイトニッポン
待機してリアルタイムで聴いてて すごすぎましたね
「どういう放送をすればいいのか」から相方矢部の登場
サッカー部の先輩後輩 コンビのボケとツッコミ その関係性
ナインティナインという大成功コンビのザ・ノンフィクション
公開説教という岡村隆史へのダメ出しや具体的な指摘
コンプレックスを抱えて風俗嬢にはリスペクト
冴えない風俗野郎(Aチーム)に恋愛と結婚と女性観について
呆れてしまうぐらいの悔しさにこういう状況の情けなさや可笑しさ
デビュー時に岡村から矢部へ「性格変えろ」
そしていま矢部から岡村へ「変われ」
30年を時を経てかえってくる
人間として「何か」欠けているかもしれないが
そこから変わろうとする変われるか
もはやそんな姿も「すべてを笑いに」
激しく胸が熱くなるような放送
自分自身も考えさせられる内容
これについても書きたいぐらいですが
その翌日の5/1古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD
これがなんともすばらしくてめちゃくちゃ面白かったからソレについて
社会へのメッセージ+最高の話芸 古舘伊知郎ここにあり でした
書きながら泣きそうになったり声だして笑ったり
冒頭からそのトーク一部 特にいいなと思ったところ

心から感謝します
異常事態に宅配便やウーバーに頭が下がる
学生や大学ここからみえない9月入学で大混乱 心が痛む
清掃の人もゴミ収集の人も介護や医療従事者
いま絶対に働かなきゃいけない人
みんな頑張ってる
ライブハウスの人やエンターテイメント 不要不急なもの
不要不急なものが文化を作ってる
こういう放送も不必要かもしれない
不要不急なものも含めて文化
ニュースのタイトル「自粛ゆるみ」
みんな頑張ってると思わない?こんなにも頑張ってるのに
8割接触避けられなかったら自己責任って言われちゃうんですか
予算つけるものつけて国も勝負してよ
腹きめてよ政治家さん
こっちも勝負して自粛してるんだから
ここ強く思うんだよ
(そしてタイトルコール)
完全に独断と偏見になるが
英語ばっか使うんじゃねぇ
でもこれは反省もしてる
英語のほうがいい場合もある
子どもを例にして
「世界をわからない子どもが道を走ってる車をブーブー」
→「自動車」を覚える
→車という概念を知り自動車という言葉を知る
→新しい世界を捉える
→新しいことが起きたとき新しい言葉は必要
わかりづらい言葉の効能もあるし
わかりづらい言葉もアリだけど
わからない言葉尽くしにして
格好つけて頭良さそうにし
人を煙に巻くんじゃねぇっていうもある
両方がある
コロナ関連フレーズにつてい
・戦争表現 戦争例え
・クラスター
クラスター爆弾を想起しちゃう
クラスターは束ねる だから花束
集団感染でいいんじゃない
・パンデミック
これはアリ
豚インフルや鳥インフル
馴染みないからそのほうがグッと気が締まる
・オーバーシュート
ダンクシュートがオーバーしたかと思っちゃう
球技じゃないか
かたい言い方だと指数関数
感染爆発でいいなーと思うんだよ
・ロックダウン
これはアリ
・ソーシャルディスタンシング
これは勘弁してもらいたいな
社会的な距離
80年代のポップス歌手が歌ってる歌みたいでよくわかんないよ
・エッセンシャルワーカー
これがオレはシャンプー?リンス?って言いたくなっちゃて
・ステイホーム
週間じゃないだろ月刊だろ
出口なき自粛で大変だよ
春の交通安全週間
ラブ&ピース
・自粛要請のニュアンス
オレは気になる 言葉の理屈が矛盾している
自粛って
生活できない金なくなって死んじゃうという人に
自粛という天下の一大事をやっているのに
それを上から目線でお願いする要請するお願いベースのこの軽さ
こんな重い決断してるのに補償されないお願いベース
・スピード感
スピーディーに 感で聞くと残尿感

「言葉」について連発連打
ちょいちょい顔をだすモノマネ
心から笑わせてもらいました
こんなときだからこそ聴けたのかもしれない

71G-PF3LHAL._SL1000_
久しぶりにブログを開いた
もう書くこともあるかないかなんて思ってたら
Twitterではおさまりきらなそうだったので書いてみる
4人になったももクロの5thアルバムのことを
MOMOIRO CLOVER Zというセルフタイトルとなっている今作を聴いてみた
一聴してすこぶる良い!といったぐあいで
M-1 ロードショー
M-2 The Diamond Four
M-3 GOD SPEED
M-4 あんた飛ばしすぎ!!
ここはリピートで聴いてしまうぐらい快調さ
後半にかけて余裕しゃくしゃく堂々たる曲展開
M-7 リバイバル
カラダが自然と踊ってしまう
M-12 天国のでたらめ
これもイイ曲さすがの志磨遼平
最後は4人が万歳!を更新する粋なボーナストラック
笑顔と歌声で変わらずニッポンを元気づける
全体通して「アイドルラップ好き」にはたまらないものもあった
ビジュアルアートワークで興味を失うような作品でもなかった
ツヨクツヨクの音源聴いたらめちゃくちゃグッときたしなぜか笑ってしまった
The Diamond Fourだけでももろもろ散りばめられた10年分の結晶である
なによりも楽曲面の「有安不在の物足りなさ」を微塵も感じさせない
ドキュメンタリックにスキルフルな戦いかたで
人生を駆け抜けるももクロならではの飛ばしすぎな「スピード感」は健在
元号も変えちゃうようなそんな瞬間体感時間月日のスピードは
少女たちを大人へと成長や変化をさせる
アイドルとして「年齢の経過」を楽曲で聴かせて感じさせてくれるももクロ
かわいらしいままに華麗な女性に、これは何ものにも代え難い
この4人が完成されている、とにかくアイドルとしてものすごい領域だネ

yjimage
今週の踊り場、聴いてて泣きそうになるぐらい感動した。
改めて空気階段は心底好きなコンビになった。
だらしない与太郎全開の鈴木もぐら
たまに熱くなるけどどこか冷めた水川かたまり
それぐらいの認識だった。
かたまりが「ひとを好きに」なった。
芸人ルームシェア→彼女と同棲→家を転々
禁煙をしたりじょじょに変わろうとした
言いたくない!つっこんでほしくない!茶化したくない!と拒むのは
めちゃくちゃ好きだから!と。
キングオブコント準決勝敗退でひとりつよい酒を浴びる、飲めやしないのに
バイト中に愛をこめて花束を聴いて、メソメソ泣いてトイレからでれなくなる
「人間と芸人」生活すべてをさらけだしむきだしにする
空気階段は、人間の「どうしようもなさ」のすばらしさ、だ。
それはこの番組に出演する人全体にいえることかもしれない
最高のドキュメンタリー芸人ラジオ
「賞レースの決勝」に行って芸人として売れて活躍する姿をみせられれば
そのうちに家も借りて芸人としてそれなりの生活ができていれば
彼女が戻ってくるんじゃないか、と計画していたのだろう、と思う。
また、キングオブコント決勝に行ってたらこんな放送もなかっただろう。
しょうもないかもしれないけど、かたまりが自分と向き合って変わろうとする姿が美しい。
聴いてるリスナー1分少々のCM間に、「考えをまとめてくる」と言って待った2時間15分
番組最後の5分、この手紙はこの歌のように「笑わないで受けとめて」
鈴木もぐらみたいなああいう風体の芸人は時折見せる格好良さやロマンがある
水川かたまりは男として芸人としての不甲斐なさを捨て変わろうとしている
空気階段は芸人群像、芸人ロマンのかたまりである。

以下、水川かたまりがフラれてた(元)彼女へに書いた手紙の書き起こし
愛をこめて花束を/Superfly とともに

えーお元気ですか 僕はだいぶ元気です
いつもこの番組を聴きながら
あなたは途中で寝ていましたが
きょうはどうか最後まで聴いてください
この一か月ずっと友達の家を転々としながら
あなたと出会ってからのことをずっと思い返していました
最初は全然タイプじゃなかったんですけど
いつのまにか好きになって 好きになればなるほど ほんとに
すごくその あなたの優しい部分に甘えてしまって
僕のすごい弱い部分を受け入れることを許容してしまっていました
あのー前に送った手紙には
今はなんだかあたたかい気持ちでみれています って書いたけど
ロマンスカーをみても フレンチブルドックをみても 渋谷に行っても
毎日渋谷に行ってたのに
一回だけあなたが渋谷のTSUTAYAの前で待っていたときのことを思い出して
胸がギュッとなります
でも胸がギュッとなるたびに
「よし頑張ろう」という気持ちになりました
そうやってこう一か月間 そんな僕の弱い部分を変えるために過ごしてきました
あなたにとっては もう吹っ切るための期間だったのかもしれないですけど
僕にとっては 人生でいちばん長くて 苦しくて すごく成長できた期間でした
信じてもらえないかもしれないですけど 僕は変わったと思います
あなたがずっと僕に伝えようしとしてくれたことがわかる人間になったと思います
だから僕はもうひとりでも大丈夫です
もしこの先 誰か別の人を好きになって 付き合って結婚したとしても
もう不安にさせたりしないし傷つけたりしないし
もう大丈夫だと思います
でもやっぱり僕はあなたのことが大好きで
どうしようもなく大好きで
もう一度大好きになってほしくて
夜中に一緒に散歩したり 朝起きてよくわかんないダンスをみせられたり
朝ご飯を一緒に食べたり 今度は僕が支えたり 笑わせたりします
もう二度と泣かせたりしません
なるべく早くお金の心配もしなくていいようにします
本当に 本当に 世界でいちばん大好きです
だから僕のお嫁さんになってください

DcWlc4oUwAIxG0P
先月は平手友梨奈不在の欅坂46武蔵の森2周年ライブを観に行ったり、
乃木坂46生駒里奈卒コンを近くの映画館でLV観賞したり、
昨日は小沢健二武道館を観に行ったら満島ひかりが歌ったり演奏したりしていた。
ステージに立てない者、多くの人に見送られる者、あっと驚くステージに参加する者。
そんな中であのコは「何者でもない者」になってしまうのか……
ひめたんとともに広島に帰ってしまうんじゃないか(というのは冗談として)、
それはマジでもったいないわけでそんなところに
「赤い公園に石野理子」というびっくりな新展開。
アイドルグループからバンドに。
石野理子の歌声がこれからも聴けるのであればもはやなんだっていい。
売れてなくて才能あるコを見抜いて引き抜いたのか、
売れないアイドルだとしても誰かが見てるってことだ。
「アイドルという仕事が私にあっていたのか最後まで分かりませんでしたが」
というのは「アイドルを卒業」であって歌うことは辞めないということだったのか。

こんなにもいろんなアイドルが卒業していき、
みんなが心のどこかで石野理子の歌う姿を待っていた。
アイドルネッサンスはオリジナル曲をリリースしてそれが評価されだし、
本人たちも成長中だったから解散は本当に悔しかった。
ノスタルジーを感じさせてくれるアイドルはもういない。
これでアイドルネッサンスという「思春期」ははっきりと終わった。
一人前のバンドのボーカルとして新たなステージに立った。
人間成長しなきゃ意味がないんだ。
NOW ON AIRで冴えない今日を吹き飛ばしてほしい。
Funny Bunnyがまた意味を持ち始めた。
いなくなってしまうんじゃないか、なくなってしまうんじゃないか、
津野米咲の「終わらせてたまるものか」
全身が熱くなるようなこの言葉にこうしてあれ以来の更新となった。
真っ白なあのコが赤く染まる、おめでたい!

ルネ
うわーマジかよ……って気分です。
立て続けにこんなことが起きてしまうのが
今のアイドルシーンなんでしょうか。
アイドルネッサンスは何度か現場にも行っていたし音源は一通り聴いてたし、
アイドル楽曲大賞では一昨年推し箱で投票してたし去年だって投票しました。
去年の有明のワンマンライブ行っておけばよかったなぁ。

「2014年5月のお披露目ライブから3年8ヶ月、
メンバーの頑張り、やる気、情熱、制作スタッフ並びに
レーベルスタッフの尽力があったにも関わらず、
それらを活かして状況を大きく打開し、
ブレイクスルーさせることが出来ませんでした。
その結果、アイドルネッサンスのチームは解体することになりました。
最初期からプロジェクトを担当している私としては、
メンバー並びに皆様の期待に応えることが出来ず、
申し訳ない気持ちで一杯です。」

なんだか説明と謝罪は潔いけど、
既存の曲を歌うことではどうにもならなかったということ。
カバー曲でいけるのか、そんなに甘くない。
8人だったけど5人とかになったりテコ入れして新装開店をするのかどうか

アイドルも所詮商品
結果出ないと淘汰されていく
回収できなきゃハイバイバイ
それがアイドル稼業
だからこその輝きや刹那でもある
アイドルシーンといものに需要がないというのか
スタダアイドルだって厳しいんじゃない

石野理子にはエビ中に入ってもらって
廣田あいかパートを歌い継ぐしかありませんね、タイプ違うけど。

SMAの実験台としてこのプロジェクトが頓挫してしまったけど、
それでもアイドルネッサンスの音楽は残り続ける。それは救いです。

maxresdefault (2)
みなさんいかがお過ごしでしょうか。
今月エビ中のぁぃぁぃこと廣田あいかが転校(卒業)して、
今度はももクロの有安杏果が卒業する。
同じく、グループでの活動は8年間だった。

僕は百田夏菜子の恋のえくぼに落っこちてから、「ももクロ」がこの世界の全てだった。
早見あかりが脱退する直前の2011年~2012年の夏過ぎぐらいまで。
夏菜子とあーりん推しだったけど、5人のももクロが大好きだった。
激熱な追っかけ期を経て今は落ち着き温かい目線で5人を見続けていた。
ももクロの楽曲もリリースの度にチェックし聴き続けていた。
半年前、極上空間SPで5人だけの一日旅があり(記事でも書いたけど)
車乗ってゆっくりとその時間を満喫していて、
「来年10周年を迎える」なんて話もしていた。
皆成人をしもう5人は車なんて運転できる大人になっていた。

あのパワフルで小気味良い歌とダンスは、
ももクロのライブパフォーマンスの支柱であった。
有安杏果の武器は抜群の歌唱力だった。
ひとしれずその武器を磨きまくっていったのだろう。
ももクロというチームの外で最近ではソロのシンガー・アーティストとしても
アルバムを作ってひとりで武道館の舞台にも立っていた。
喉の調子が悪いときがあったりしながらも彼女は歌うことで戦い続けてきた。
小さなからだで大きなちからを生んで、
ステージでは実物より大きく見えるっていうのを今でもよく覚えている。

「普通じゃない4人」に対して「普通」だった有安杏果。
ももクロとして生きる道は死ぬほど努力を重ねて
歌とダンスのスキルを上げるしかなかった。
「普通の女の子」はももクロに加入して活動していくうちに
「普通の女の子」じゃなくなっていき
こうして「普通の女の子」に戻ろうとした。
「私がいなくても、ももクロは大丈夫」、と思った。
だって、夏菜子、詩織、彩夏、れには、「普通じゃない4人」だから。

そんな4人にたいしてもファンにたいしても10周年イヤーで
辞めることは裏切ることかもしれないけど、
これから「普通の女の子」としてゆっくりと「普通の生活」を送りたい、
そんな彼女を応援したい、そんな気持ちしかない。
応援といってもできることはないんだけど。
笑顔と元気を届けるももクロ「アイドル」という存在から離れて
「普通の幸せ」をいっぱい味わってほしい。
ここで辞めるんだからぜってー幸せになれよな!
女の子だから結婚もあるだろうし子どもを産んだりもあるだろう。
たくさんの「人並みの幸せ」が待っていることだろう。
アイドルとしての「尊さ」から、これからは人間としての「尊さ」。
乗れるようになった自転車で近所走ってみるだけでも
楽しいと思うぜ、それも旅だから。
この先の人生で苦しいこと辛いことがあったら、
ステージから見えたももクロだけのあの5色の景色、緑の景色を思い出してほしい。
あの5色がいかに素晴らしかったことか。

ももたまいはふたりがデキてるし
佐々木彩夏はあーりんスタイル
高城れには「情」だ、優しさだ。
アイドル好きの扉を開けてくれたももクロ。
「ももクロはおばさんになっても5人で続いていく」なんて願望込みで思ってたけど、
どんなアイドルも定期的に「いい年齢」で卒業していく。
この事実現実が身に沁みている。アイドルの一瞬の輝き切ない刹那。
数々の試練を乗り越え、前人未踏の快挙を成し遂げ、
アイドルとして一時代を築いてきたももクロ。
それはもうももクロとして見ていない景色はないんじゃなかっていうぐらいに。
だから彼女はやり切った、ももクロ道を駆け抜けきった。

ももクロという最高のチームにおいて
有安が辞めることは致命的でこれまで以上の試練が4人には待ち受ける。
この「最大の逆境」がまたももクロを強くする。
きっとあの4人だったら大丈夫なはず、と思いたい。


DH6d7s2VYAEnWYN
夜の風が涼しくなって「毎週の欅」もあっという間に終わりました。
8月後半三週連続で欅坂46アリーナツアーの各地行ってきました。
欅坂のライブを観るのが去年のTIF以来ちょうど1年ぶりでした。
毎週どこかに行ってライブを観る、
ということがなんだか懐かしくもあったり、
貧乏遠征ながら地方で美味しいものを食べたり、
ただ地元の街を歩くだけでも旅気分になったり。
仙台では一泊して翌日に塩釜港の回転寿司を味わったり、
雨の松島を駅のホームからぼーっと眺めたり、
愛知ではすっと気になってた大須に行って商店街を見て回ったり。
幕張では昼間お台場で吉田凜音から夜はメッセ欅坂を回した。現場から現場。
「旅の面」ではひとりで気楽に行動しとても満喫できました。
DSC09450
DSC09452
DSC09455
DSC09459
DSC09464
DSC09465
DSC09466
DSC09470
幕張ファイナルのセットリスト
overture
M-1エキセントリック
M-2月曜日の朝、スカートを切られた
M-3君をもう探さない
ダンストラック
M-4語るなら未来を・・・
MC①
M-5永遠の白線
M-6100年待てば
MC②
M-7AM1:27
M-8バレエと少年
M-9少女には戻れない
M-10ここにない足跡
M-11沈黙した恋人よ
M-12夏の花は向日葵だけじゃない
M-13東京タワーはどこから見える
M-14誰よりも高く跳べ
M-15世界には愛しかない
M-16危なっかしい計画
M-17太陽は見上げる人を選ばない
アンコール
M-18サイレントマジョリティー
MC③
M-19二人セゾン
MC④
M-20W-KEYAKIZAKAの詩
ダブルアンコール
M-21自分の棺 
M-22不協和音
bdfdf74e
8月17日 愛知ガイシホール 2日目
8月23日 仙台ゼビオホール 2日目
8月30日 幕張メッセ 2日目 ファイナル

「欅の面」まずはライブから振り返ると、『エキセントリック』~ダンストラック
そこは気合いの入ったプロジェクションマッピングとステージマジックで
あのクソダサいラップ調(嫌いではない)もこちらの体を揺らし躍らせる。
幕が落ちる前のあの「真っ暗な幕開け」は最高のライブ体験を予感させてくれる。
不穏な空気が流れつつ、「ねるのバルーン」があり、
そうこうして『バレエと少年』、劇団イチコロ開演。
劇を演じるように、バレエを踊る主役の葵ちゃん。
あんな妹や娘がいたらどうですかみなさん、かわいすぎて放っておけませよね。
石森織田齋藤佐藤土生のユニット「休憩タイム」があり、
『世界には愛しかない』、間近でメンバー20人が走り抜け舞い上がる(仙台で)、
『危なっかしい計画』、タオル振り回し問答無用でブチ上がる、
ノリとテンションと目の前の欅メンにここでは舞い上がってブチ上がって飛びまくったけど、
計画をよくよく見ると振り付けがおもしろい。
サイマジョ、セゾン、不協和音を残してアンコールへ。
仙台で初めて生で二人セゾンを観れたのは単純に嬉しかったですね。

ライブ演出はアイドルのコンサートとしての斬新性を打ち出そうとしていた。
のっけからペンライトを点灯させないでください、というアナウンスがあり、
いわゆるファンサービスのトロッコやボールを投げたりなんてはなく、
長濱ねるがバルーンに乗ってふわふわ回るぐらいと花道があるぐらい。
なんといいましても、今もどっぷり余韻が残っているといいますか、
衝撃的なラストが待ち受けておりましたので……
DDA4xwtVwAIYrO5
DGb8rxsVoAA4LFO
DGbw9wuU0AAfIhC
「てち死んでる」
さあ平手友梨奈の話をしよう。
まずどこから話せばいいのか。
6月24日欅坂46個別握手会幕張メッセにて、
平手友梨奈・柿崎芽実レーンで発煙筒がたかれ、刃物を持った男がスタッフに取り押さえられた。
「握手会での事件」ということで報道もされ、ニュースで見て知ったていう人も多いかと思う。
その少し前には平手友梨奈は喉の治療で声が出なくなっていた(後に回復した模様)。
事件後に開催された握手会も欠席が続いていた。
たださえ一日仕事で疲弊する握手会に夏フェスラッシュにそして今ツアー……
8月5日TIF2017では明らかに元気がなく下を向いてステージに立つ「てちの姿」。
その姿に、嫌悪感を抱く声や批判的なコメントが目立った。
出るんならしっかりやれよ、やる気ないなら出るな、とプロ意識を問う人がいたが、
とりあえず、「何もわかっちゃいない」、と言いたい。
そしてこのツアーでは体調不良での欠席やアンコールで倒れかけて退席をしたりしていた。
僕は「運よく」フル出演する平手友梨奈を3日とも観ることができた。
「てち死んでる」、このツアーを観た人誰しもがクチにしていたし、
他推しの人だったりはてちの姿に不快感をあらわにしている人もいた。

「僕は嫌だ」
サイレントマジョリティーの頃は、右も左もわからなかった
世界には愛しかないでは、だんだん慣れてきてドラマの撮影もした
二人セゾンでは、活動も楽しくなってきた
不協和音では、どんどん疲れていった……
世間や大人たちのてちへの期待値も上がり続け
ここまでの責任と使命を背負わされ
プレッシャーに押し潰されそうになり、
度を越えた仕事量はキャパシティを越え
身も心もすり減り疲れ果てかなりギリギリというかもはやアウトな状態となり、
精神的にも肉体的にも内的にも外的にもやられて声も出なくなり、
取り押さえたからいいようなものの刃物を持った男に刺されかけ、
だんだんと「病み(闇)」を抱えてしまったようになってしまった。
もって生まれた背負う使命と同時に何かの犠牲者ではないか、と思う。

「不敵な笑み」
幕張メッセファイナルでのWアンコール。
真っ黒のパーカーにフード被ってエレキギターをかき鳴らす。
灯火の真ん中に『自分の棺』を歌う。
メンバーが白い布を持って登場し奪ったり破ったりし、
銃で撃たれて血のりで血まみれになり倒れてゾンビになり『不協和音』。
顔面血に染まりながら、僕は嫌だ、と迫真の演技。
こちらも一発で声枯れるぐらい叫んだ。
同会場で発煙筒の事件をありながら、
そういったリアルさと役に入り込んでる憑依なのか何なのか。
最後は闇のオーラを放ち不敵な笑みを浮かべる。
この現実と演出が入り混じる最大級のオチに興奮と絶叫。
規制退場中には見学していたTAKAHIRO先生に歓声と拍手。

「人間もアイドルも蘇らない」
死んでも、演出ではゾンビになり蘇るが、人間は死ぬ。
もう2度命は返ってこない、だからこの一瞬を見逃せない。

「今泉佑唯復帰」

幕張メッセのファイナルで復帰。ソロで歌声を響かせていた。
長らく休んでいてこのタイミング、間に合ったのか間に合わせてきたのか。
聖帝の平手、副将としての今泉、サイレントマジョリティーの最強布陣。コレを観たかった。
平手の永遠の(センターの)ライバルとして、
現実的にいえば平手を降ろさせて、今泉にセンター立ってほしいものだけど、
あのWアンコールを観てしまうと平手友梨奈しかいない。さらにこれからも重圧がのしかかる。
ひらがなの台頭、今泉の復帰でさえも、最後は平手が持っていく。それは予定調和なのか?

「負荷・疲弊賛美の危険性」
過呼吸になったりし休みながらもツアーを完走した平手友梨奈。ありがとう、お疲れさまだ。
ボロボロだからこそこっちの士気が上がり応援声援の熱が入る。
しかしそれが平手友梨奈の首を絞めているのかもしれないし、
こうしてまた評価や熱狂することでセンターとして続投させる結果となり、
ぶっ倒れさせることになってしまう気もする。

このまま続けても厳しいし、間違いなく将来支障が出るんじゃないかと思う。
でもだからこそその光り輝く刹那をまた応援する。

「平手抜き状態」
自分のことで精一杯だろうけど、そういった事態に他のメンバーはどう向き合ったのか。
出させるのか?休ませるのか?代役センターを置くのか?


「担任の先生」
齋藤冬優花のブログ
www.keyakizaka46.com/s/k46o/diary/member/list?ct=08
言ってしまえば「頼りない」メンバーたちが「平手抜き」に対してちゃんとぶつかっていた。
感動的な内容でもありメンバーひとりひとりに言葉を送っている
担任の先生口調が面白い。
特に渡辺梨加ぺーたんのところ
「(高熱を出して)本番はよく頑張りました。
この夏でパフォーマンスがぐんと成長したメンバーの1人だと思います」
3歳年上だろ(笑)いいぞ齋藤、新コーナー齋藤先生始めよう。
メンバーのブログを読むと各地の美味しい物を食べてツアーを謳歌するメンバーもいる。
アイドルとしてそれはそれでいい。

最後に
「てち立つんだ!」
基本的には平手友梨奈は「存在する」だけでいい。
このようなことがありステージに立てていること、居るだけでの存在感があるから。
普通にしゃべれば高校1年生の16歳の女のコだ。
「見てなれないけど、見ていたい」
耐えられないところもあって純粋には見れていない。
嫌がりながらもこの残酷な物語を紡いでしまっている。
だから平手友梨奈は美しくカッコいい。
背負う使命、プレッシャー、実像。
ワントップの危うさや欅坂の脆さも感じた。
ベストコンディションでの完全復活が望ましいが、
前を向いて立ち上がっていてほしい。
活動できるならすればいいし休みたかったら休めばいい。
自由でいいぞ。てちの自由で!
たかひろ

ダイナブック - エビTIF
今年も行ってきました夏の恒例行事TIF。
去年は欅坂観る為にチケット買いましたけど、
今年は初日のみで、無銭エリアで済ませてしまった。
だけど思いっきり楽しめました。
スマイルガーデンと解体途中のガンダム前を
行ったり来たり観て飲んだり食ったりしました。
おなじみのアプガや贔屓のロジャポや観たかった大阪☆春夏秋冬などなど。
なんといってもこの日は5年ぶりのTIFとなるエビ中が
夢大陸のステージでトリを務めていた。
これは観たい!でもリストバンドしてない……
しかし、ガンガン音が漏れてる!
少し高いところ登ってそこに座ってエビ中を聴きました。
そこそこそういう人はいました。
音漏れは昼間の段階で確認していましたので。
1日中アイドルのステージを追っかけて、
夏の夜風を浴びながら聴くエビ中が気持ち良すぎたし、
「頑張ってる途中」ではちょっとうるっときました。
ebiture
M-1ラブリースマイリーベイビー
M-2頑張ってる途中
自己紹介
M-3春の嵐
M-4サドンデス
MC(面白メイクせずに立ったTIF)
M-5仮契約のシンデレラ
MC(ファミえん告知)
アンコール(曲が流せない為、〆の挨拶)
5年前のTIFのエビ中を観ていたしこれまでの歩みを感じつつ。
ベストアクトはエビ中といってもいいんですが、
こうして毎年開催してくれるフジテレビとお台場湾岸地区でしょうか。
来年も絶対行くぞ!

ダイナブック - DSC09434 (2)
ダイナブック - DSC09435 (2)
8月になり本格的なリリースラッシュがやってきました。
毎週買っては聴きの嬉しい悲鳴!
ももいろクローバーZ『BLAST!』
RYUTist『柳都芸妓』
乃木坂46『逃げ水』
アイドルネッサンス『前髪がゆれる』
サ上と百田 スキルフルのももクロ
新潟古町最高級アイドルポップスのRYUTist
与田桃3期生Wセンターの乃木坂
初のオリジナル楽曲のアイドルネッサンスと
1組ずつ聴いた感想を書きたいところだけどそこは年末にでも。
今号のBUBKA、モナ王国、ではなく、南波一海ライブアイドルインタビューが
アイドルネッサンス石野理子でこれがめちゃくちゃ面白かった。
楽曲や活動の話はなく、石野理子の性格に迫った内容。
しかし南波さんは音源まわりだけじゃなくこっちでも最高な仕事ぶり。

気難しさ、小面倒臭さが爆発する石野理子
気難しい人という印象がみんなわかってきてイジられる
→「馬鹿にされてるとしか思えない」
「性格はネガティブ」「私は世間一般がいう根暗とはちょっと違う、根沼」
→ねぬまって初めて聞いた(笑)本当に面白いですね
→「馬鹿にしてるように聞こえます」

悩ましき石野節全開のTwitterがいま一部でプチブレイク中である。
盛られた写真や流行りモノとは異なるツイート、
思わぬかたちでアイドルのTwitterの好例を目の当たりにしている。
「インスタ映え」より「めんどくせえ 石野」だ、無理に頑張ってない感じもいいなと思う。
「イチャつくカップル」や「女子の悪口の輪」や「成人向け雑誌コーナー」にと
多感な16歳の女のコ・石野理子の目に映る人間から「ヒロシマの原爆」について平和も祈る。
この性格が指原あたりのバラエティーでイジられたらどうなるんだろうか。
それをきっかけにアイドルネッサンスが世に出て歌う姿なんかも見られたらいいが。
出たら出たらで売れたら売れたで、また気難しいこと言うんだろうな、そうあってほしい。
気難しさを求められたら急に素直になったりして、そこも面倒臭イイ。
悩み続け歌い続ける石野理子。その成長過程やっぱり見逃せない。

ダイナブック - DSC09394
「アルバムが素晴らしい!」
なんてものは今やアイドルにとって当たり前になりつつある時代
もはやアイドル“だから”素晴らしい!ぐらいだし
シーンを超速で駆け上がる欅坂46の1stアルバムももれなく素晴らしかった。
デビューから1年ちょっとで、「真っ白なものは汚したくなる」大ボリュームの40曲。
overtureからのサイマジョのスタートで震え上がるわけだけど
メインとなる表題曲はすでに聴き倒してるのでスルーして
初回A・Bのディスク2を中心に全曲聴いた。
何周かしなかでもベストワンは初回AのM-7「沈黙した恋人よ」
乃木坂の表題曲で切ってもバカ売れ間違いなしの神曲誕生!
と思ってクレジットを確認したら……杉山勝彦、神様仏様杉様。
最近では関ジャムでミスチル論語ってたけど、
エビ中乃木坂だけじゃなく欅にもいやひらがなけやきにも曲書いてたんかい!っていうか坂道か!
近現代アイドル楽曲史において最重要作家のひとりですね。
曲順も長濱ねるソロ「100年待てば」の次が「沈黙した恋人よ」で
相殺されず引き立てるように曲の個性が存在してるし、
こういう曲をスッとひらがなけやきで歌わせて入れてくるあたり、
アルバムの作りとしても、ソニーの欅班は憎たらしいぐらいに抜かりがない。
全体でいえば漢字欅とひらがなけやきがなんと共存しているのではないか!
おなじみのフォークデュオゆいちゃんずにてちねるゆいちゃんず、
志田軍団中心の青空とMARRYに新ユニット156(イチコロ)だったりもあって。
こういうのはヨンパチ坂道どこもやっておりますけど。
そしてラストはブチアゲ「危なっかしい計画」
欅は夏曲(アゲ曲)どうするのかな?と思ってたら
暴れすぎ注意の機能的なノリノリのナンバーがちゃんとやってきた。
この企てる計画も「渋谷」からで、「エキセントリック」も書いてるナスカ氏による作曲。
乃木坂の夏曲は「ヨンパチヨシマサ系」に近いものがあったけど、
欅は従来の夏曲というよりはフェスを意識した仕様になっているのか、なんて思ったり。
楽曲によるファンサービスや用意周到さも極まってる。
アルバムを聴いただけの「耳での印象」も、
振り付け・パフォーマンスの「目でみる新しさ」で塗り替わったりまた違う印象になったりと、
そこが欅坂の魅力だと思うわけで、ツアーを回るのが今からかなり楽しみだ。
2017年夏数々のロックフェスにTIF(今年も出るんかい!)に全国ワンマンツアーにと、
「欅坂のアイドル最前線の戦い」は、このアルバムからすべてが始まっている。

今年6月末までに買った、聴いた、アイドルソング・ベストディスク
ダイナブック - 欅てち
ダイナブック - DSC09393 (2)
ダイナブック - ゆめ
ダイナブック - あいど
ダイナブック - スタダ
ダイナブック - DSC09208
第16位 WE ARE TPD/東京パフォーマンスドール
第15位 わたしセゾン/東池袋52
第14位 三番目の風(インフルエンサー)/乃木坂46
第13位 5/夢みるアドレセンス
第12位 BUBBLE/ヤなことそっとミュート
第11位 sora tob sakana/sora tob sakana
第10位 おわりとはじまり/チームしゃちほこ
第9位 ますとばい/ばってん少女隊
第8位 スマイル・アゲイン/校庭カメラギャル
第7位 Avalon/amiinA
第6位 BILLIed IDLE/BILLIE IDLE
第5位 裏原ンウェイ.ep/RINNE HIP
第4位 E TICKET RAP SHOW/E TICKET PRODUCTION
第3位 エキセントリック(不協和音)/欅坂46
第2位 エビクラシー/私立恵比寿中学
第1位 テル・ディスコ/マジぺパ
もうアイドルはアルバムですね。

ダイナブック - 欅
欅のアリーナツアー8月
16日仙台→×
17日仙台→○
23日愛知→○
30日幕張→○
当たった、当たった、当たったあぁぁぁぁ!3/4
転売防止策として電子チケットのみにしたことで
当選確率大幅アップって感じですね。
TIF以来ちょうど1年振りの欅のライブになる。
あの頃はサイマジョと世界には愛しかないしか
リリースしてなかったけどもう1stアルバムですよ。
その間ひらがなけやきは観に行ったけど、
欅のワンマンはチケット取れなくて行けなかった。
遠征したい!
観光したい!
欅のライブが観たい!
てちに会いたい!
この1年欅のライブが待ち遠しくて待ち焦がれて。
また夏に欅で熱狂できそうです。
ちょっくら計画練って行ってきます。仙台愛知幕張!

ダイナブック - DSC09322 (2)
CSテレ朝ももクロの極上空間、SUZUKIがスポンサーで
しおりんに続いてあーりんも運転免許取得して
夏菜子も同乗しての初の5人でのドライブ。
MCもいない台本もない5人だけでドライブしながらの一日旅は、
本人たちも語っていたけど「仕事だけど仕事じゃない」、
プライベート感満載で全然ムリしてない感じ、それが極上の時間空間だった。
これが2時間まるまるで近年稀にみる良質な番組だった。
地上波でのももクロはもうあまりチェックしてないけど。
ダイナブック - DSC09315 (2)
免許所得というのは社会上の大人というわけで、
5人自然体だけど素のテンションや佇まいがもう落ち着いていた。特に百田夏菜子。
ももクロを見始めて6年になるけどこれは結構なおどろきとしあわせ。
「ももクロちゃんこうなったかー」とひとりでうんうん言いながら見てた。
しかしまああーりんはどっしりしてた。貫禄ある。どっしーりん。
それにしてもれにちゃんはツッコまれまくりだった。
「歌詞乗っ取りゲーム」になったらみんなワイワイと盛り上がる。そこは変わらない5人の姿。
夏菜子が「にんげんっていいな」を風景を見ながら口ずさんでたけど、
にんげんっていいなを歌う夏菜子って本当にいいな、って感じで
この童謡が日本一似合うアイドルいやにんげんだと思ったし、夏菜子はこの童謡が好きらしい。ダイナブック - DSC09317 (2)
来年ももクロは節目となる10周年を迎えるという話もしていた。
一般の中高大の学生時代が10年間だよねって。
ダイナブック - DSC09320 (2)
無邪気さも残る素敵な女性になった百田夏菜子。
でも朝ドラ撮影で10ヶ月間の大阪ひとり暮らしで出てくる話が、
電車乗ってニトリとか100均とか、どこまでも飾らないのが最高だ!

ダイナブック - news_xlarge_USQ_1413
ダイナブック - DSC09314 (2)
めでたくオリコンウィークリー1位になったエビ中のエビクラシー。
7人新体制となってから撮り下ろしだけの全11曲。
常連さんから新参者の才気あふれる作家陣による楽曲は、
どこかエビ中の空気感とマッチした文句の付けようがないイイ曲ばかりで、
りななんがいなくてもそれはいつも通りのエビ中のアルバムとなっている。
なので衝撃はないし派手さだったりもないが、
これぞエビ中精神のかたまり、
といったところでさすがは学芸会のキング。

Mステでも歌唱したレキシ池田貴史作のM-7なないろ。
エビ中と池ちゃんが再会し、
りなななの想いも乗せ、
いま必要な「優しさ」や「愛」も詰め、
悲しみを癒し背中を押してくれる楽曲となっている。
そういう見方になってしまうけどフツーにイイ曲。
「見上げれば青い空」というフレーズが見事で、
白い綺麗な肌で笑うりななんの表情が浮かんでグッときてしまう……

エビクラシーの限定盤ディスク2には
松野莉奈のソロ曲も収録されるはずであったであろう、
それぞれのソロ曲が収録されている。
ソロver.M-5君のままで/安本彩花
ストレートな応援ソングなんだけど聴いてて胸を打たれた。
いまの安本彩花が歌うからの良さだしそこに意味がある。
安本彩花の自分自身を歌う歌に聴こえるし、
歌が自分のモノになっていると思うし、
それはもう完全に「安本彩花の歌」だ。
こんな状況でも歌って、歌い続けてきて、
こっちも聴き続けているからこそ打たれる。
「洗練された圧倒的な歌唱力」なんてものには興味なくて、
上手くないけどひたむきに頑張ってきたアイドル、安本彩花の歌が好き。
そのコの「頑張りの限界値」に価値があると思っている。
器用じゃなくても拙くても健気に一所懸命に。
「頑張れーって応援してたらこっちが応援される」感じがある。
あーーやーーかかかかかっとボーカロイドだった女のコも、
歌声の力強さや説得力も増し増しでいまや……

歌唱面の成長だけじゃなく、ビジュアル面も年々かわいくなって、
「あやちゃんの美人化が止まらない!」ともっぱらの評判になっている。
もうそれは全盛期の「エンクミ」なんだけど、
エビ中が紅白出て安本さんは朝ドラのヒロインやっちゃいなよって感じ。
もう売れちゃいなよ、早く撮って出してくださいよ、写真集。

りなななんが亡くなってちょっとだけ休んで、
レコーディングにレッスンにメディアに取材にイベントに全国ツアーにと、
日々東奔西走する彼女たち。
あれから落ち込んでる余裕もないし、落ち込んで暇もない忙しさだろう。
エビ中の活動を継続しない限り、埋もれて見えなくなり消えてしまう。
ももクロをてっぺんとしたスターダスト・アイドルだけでももはや群雄割拠。
実の中学生はもういないこの「永遠に中学生」は「アイドルの業」になりつつある。
りななんの想いを背負って、2017年エビ中の物語性が生まれている。
エビクラシーはひとりでも多くの人の耳に届いてほしい。
天国のりななんにも届いてるかな?
聴けば聴くほど好きになる。
一聴しただけじゃ掴めないモノがある。
だから何度も聴く。ずっとずっと。

ダイナブック - DSC09303 (2)
ダイナブック - DSC09310 (2)
ダイナブック - DSC09311 (2)
ダイナブック - DSC09308 (2)
「ビンゴ」シリーズは非常にヲタ臭いアイドル番組なんですが、
今回のノギビンゴ8は乃木坂3期生メインでやってきて
最終回はみんなでチアダンスを踊るという企画だった。
しかしこれが最高の「応援」のかたちだなと思った。
チアという頑張ってる人を応援する側の人の役割を
デビューしたばかり実力不足の3期生が担うわけで、
応援する方を応援してあげなくちゃとそれをまた3人の先輩が応援する。

半日練習してのぶっつけ本番。
一連のイジリー岡田の仕事ぶり先輩の見守り。
ひとりひとりが自分の振りを相手の振りを見て確認し全員で挑戦する姿勢。
わかりやすいミスも多々あったけど文化祭の出し物のような青春感にやられた。
「このままでイイ」というわけでないけど「これはこれでオッケー」。
あとは乃木坂ブランドでみんな足細くてルックスレベルが高い。
太陽ノックという選曲もよかった。

1回ボロボロに失敗して、もう1回でなんとか踊りきって、
生田絵梨花が大園桃子に駆け寄って言葉をかけにいくシーン、
イジリーさんが締めようとして、
そこでまた「うんうん大丈夫よ」と、
これは見ていて泣きそうになった。
いくちゃんがもういいお姉さんになっていた。
桃ちゃんの「笑顔でいればいいなぁと思った」
いくら必死に頑張ってもこれはもう上手くできないと、
それなら笑っていればグループが前を向いて明るくなる。
知らないことだらけのこの乃木坂の世界で大園桃子の持つ人間性が
3期生全体の空気感を作り出しているのかなと感じた。
乃木坂での生田神推しから大園桃子への推し変の時期を迎えているのか
いやこれは推し変ではない推し増しだ!
鹿児島の田舎の純朴な少女を放り込みやがってチクショー!がんばれ桃ちゃん!
生田絵梨花と大園桃子の関係や物語性が高められた。

ダイナブック - DSC09309 (2)
第1回から毎週見てるフリースタイルダンジョン。
ダンジョン見るようになってここ数年のUMBもDVDで見るようになって知った
晋平太と漢のふたりの間にある「ドス黒い裏の背景や歴史」。
それを踏まえてのこのただごとじゃないバトル、
ラウンド3から漢が退場するまでがヤバかった。

晋平太のフリースタイルのレベルの底上げと尽力に感謝し
自身の9sariからKING OF KINGSという大会が出来たこと
「ブームに乗るより 俺は文化に残す」とラップする漢
「本心で言う 漢くんのこと好きだぜ」
「懺悔はもういらねぇ」「さっさと俺と手を繋げ」
「だけどルールをちゃんと守れよ このクソが」と言いつつも握手する
「アンタの作ったUMB それをもっと有名に KOKとデカくして日本一の大会に」
「それ出来るなら 俺はこの命もいらないぐらいに」
晋平太のターンで終了し「“ぐらいに”なんだよ」と問い詰める漢
フリースタイルやりたいならみんなと枠の中でやろーぜ、と
「楽しい音楽作りたいだけアーイ」とまた固い握手をして
「万券以外でケツ拭けよ今回はちゃんとよ」と晋平太にお金じゃねーよと教え
ジャッジが付いて、ありがとう漢くん、と頭を下げてお辞儀をする晋平太
それに応えて、握手してピースサインして
「みんなが証人 みんなといる為のルールな」わかったな、と和解して
最後審査員に中指立てて帰っていく漢。

この流れ何度見てもすごい。しびれた。
いとうせいこうがラウンド1で評してたけど「複雑なLOVEの現場」。
深い確執のある当事者同士が、皆の前でラップして、目と目を見て、手と手を握る。
ヒップホップを愛してるからお互いを認めつつ感謝もする。
音が止まってるのに漢がぺちゃくちゃ言ってるのが
正直ちょっと面白かったけど、あの握手には強く感動した。
恨みっこなしわだかまりなし関係修復するいいケンカのような。
そこに芽生える熱い友情のような何か。
「これがヒップホップなのか」「漢は漢(おとこ)だな」と思った。
りりぽん見てるかな?ライブラの社長はどんな気持ちでこれを見たのか。
これを地上波で放送しバトルとして見せることにも賞賛の拍手を。
勝ち負けは付いたけど優劣の判定じゃないし、それはこの試合を見た者ならわかる。
おそらく次戦やR-指定戦につなげるジャッジだったとも思うし
晋平太とR-指定のMCバトル最高レベルの戦いを見たい。
ダンジョンモンスターズのMステ出演の流れもあって、
MCバトルにダンジョン、ヒップホップ文化、文化に残すはみんなも同じ。

ダイナブック - DSC09297 (2)
青春100キロ(100キロ×中出し)をようやく見た。
この100キロマラソン、笑いとコーフンと最後はなんだか感極まるものがあった。
平野勝之監督×上原亜衣引退作品。
平野監督のノリや人柄が面白くて上原嬢もかわいくて魅了された。
年末真冬の熱走、並走のアクシデント、忘れさられるあいちゃんハチマキ。
ユーザーを思いやるばかりに衝突するスタッフと上原亜衣。
足を引きずり死力を尽くし上原亜衣のもとに辿り着いたケイ氏。
フルマラソン経験者とはいえその距離は新宿-山中湖間100キロだ。
「あいちゃんとナマでヤレる」その一点一発だけが彼を動かした。
ゴールして上原亜衣がケイ氏のその成し遂げた足をアレする瞬間、
行為自体は汚らわしいものだが不思議と輝かしく美しい光景に見えた。
見ていて体が熱を帯び発汗し気がついたら目やらなにやらこっちが汁にまみれてた。
「抱く」ことがなによりも彼へのお礼であり労いであり癒すこと。
いくつもの坂を登りつめそこでやっと「絶頂」を迎える。
苦労した分だけその性の喜び、快感が待っているのだ、と教えてくれた気さえした。
ダイナブック - C5RlHS2UkAAxw1j
乃木坂46の橋本奈々未が引退直前に、
若者向けのラジオ番組で青春100キロについてふれていた。
しかも「平野T」を着用しながらということでこの作品を支持していて気になっていた。
トップ女優の引退作品は、引退するアイドルにも何か心に響くものがあったのだろうと。
キカタンとノギザカ、世間の見方や体の張り方は違えど。
(他のメンバーに薦めてたりしたらと思うとソワソワする)
走り切ったケイ氏がこの100キロが「生涯で一番ツラかった」と語っていたが、
登りつめ「完走」したのは孕ませ隊のケイ氏だけではなく、
AV界での上原亜衣もそうだし、アイドル界での橋本奈々未もそうだろうな、と思った。
身体と身体がまぐわることが清らかにも見えるキレイな終わり方。
この「セクシー女優とユーザー」の関係は「アイドルとファン」ともいえるわけで、
ただ男の性欲がびんびんにまっすぐな青春映画というだけじゃなく、
「大好きな女優(アイドル)とその一瞬だけの夢の時間」が
「ファンにとって超最高なお別れのカタチである」というのを結果的に描いていることがすばらしい。
なんて、個人的にあの日のSSA、卒業コンサートを思い出してしまったりも……。
ダイナブック - DSC09294 (2)
最近だと人生フルーツだったり良質なドキュメンタリーは
母親に薦めるのだがさすがにこれは薦められない(笑)
こんなご時世だしそういった意味で世間的にはダメかもしれないけど、
不純だが純粋で立派な傑作ドキュメンタリーである。
駅前GEOの奥地の棚棚(AVコーナー)をぐるぐるしてたら、
たまたま(ちんちん)「企画物」のコーナーで青春100キロじゃんか!と見つけたけど、
洋邦新旧問わずの「名作シネマ」コーナーみたいなところにあってもいいんじゃないか。
まだ見てない男子諸君!今すぐレンタルショップに、走れ!

ダイナブック - DSC09208
マジック・ペッパー、マジぺパの1stアルバム『テル・ディスコ』
道産子歌姫イケイケの凜音ちゃん、2017年最高のガール・ポップ!
キュートさ、カッコよさ、センスあふれるキラキラしたポップス。
M-3「なんだかわからんフラッシュモブ」は
なんだかわからんけど聴くたびに涙しそうになる名曲。今年のベストワン候補。
アルバムFantaskie~マジぺパ テル・ディスコへ、
NONA REEVES西寺郷太+口ロロ村田シゲによる共同プロデュース。
りんねラップ~RINNE HIPへ、ディスの極みのDOTAMAとのラップ合戦。こっちも面白い。
りんりん吉田凜音がグングン進化している!これからどうなるや~。
ダイナブック - DSC09234 (2)
吉田凜音以外にも聴いてる2017年上半期アイドル・アルバム
おわりとはじまり/チームしゃちほこ
5/夢みるアドレセンス
WE ARE TPD/東京パフォーマンスドール
sora tob sakana/sora tob sakana
Avalon/amiinA
BUBBLE/ヤなことそっとミュート
スマイル・アゲイン/校庭カメラギャル
今月は乃木坂もエビ中も出るけど、マジぺパがマジイイ!

ダイナブック - DSC09204
久しぶりにQJを買った。
ももクロ無印号以来かと思う。
なんだか少しリニューアルしてる。
とにかくエビ中のインタビューを読みたくて、読まずにはいられなくて。
まず安本彩花を。
かなり心配だった安本さん、ちょっと心配だったひなた、
ぁぃぁぃはどんな気持ちだろう、という感じで。

安本さんだけど、死後の世界から、
「迎えに来ちゃってほしい」には、そこまで考えちゃってたかー、と危うさも。
週刊文春のクドカンのコラムについてもふれてるし、
あともう1回「文春」が出てくるんだけど、それには思わず苦笑い、美怜ちゃんね。
泣いてるとことを隠そうとしてトイレで大泣きしてる姿に泣きそうになるし、
最後に、「売れなきゃダメだ」っていうのは強く思ってて、
校長の「紅白のこと、もう言わなくていいよ」、エビ中だなーって思った(笑)

廣田あいか、「いつか」はないんだと、「私を残す」んだと。
エビ中だけじゃなく、個人として発信していくこと。
「背負う」っていうのはちょっと違うじゃないか、なんても。
岡本太郎の生き方や言葉に感銘を受けていると。

ひなたが家出れなくて元気なかったみたいだけど、
徐々に笑っていって本来の明るさを取り戻してるみたいで、
それだけでグッとくるものがある。
美怜ちゃん、流れ星ちゅうえい「松野の死を無駄にするなよ」って。
かほもりったんも安本さん、あやちゃんが心配だった、と。

りななんの綺麗な顔して寝ている姿を見たら、
また目を開けてむくっと起きてくるんじゃないかって思ってしまう。
美怜ちゃんのところで、
「お葬式でみんな最後に並ぶときも出席番号で並んで、
私とひなたのあいだを空けたり、
何も言わなかったけど自然と自分たちで勝手にそうやって並んだりして」

本人たちにとっては何でもない習慣的なことだろうけど、
アイドルに限らず舞台に立つ者、漫才師の立ち位置、だったりの
そういう長年染みついたもの、そこにりななんがいたんだ、ということにグッときた。

メンバーがブログ上げたときも書いたけど、
「エビ中が前に進む=応援するしかない」。
あれから……どうしてもエビ中に対して「見方」が変わってしまったけど、
ワチャワチャしたエビ中が読める日を、見れる日がくればいい。
(CDジャーナルのももクロみたいに)
僕たちは、「永遠に中学生男子」なんだ。

ダイナブック - DSC09186
このランキングはアイドル楽曲史!
気になったアイドルは聴いてみるべし!

【2008年】
第1位 中川翔子『綺麗ア・ラ・モード』
第2位 Perfume『GAME』
第3位 鈴木亜美『Surpreme Show』
第4位 嵐『Step and Go』
第5位 南波志帆『はじめまして、私』
第6位 AKB48『Baby!Baby!Baby!』
第7位 真野恵里菜『ラッキーオーラ』
第8位 Milky Way含め月島きらり関連曲すべて
第9位 天上智喜『One Mpre Tlme,OK?』
第10位 SBK『bash featuring KATASE NANA』

【2009年】
第1位 バニラビーンズ『LOVE&HATE』
第2位 Perfume『トライアングル』
第3位 真野恵里菜『はじめての経験』
第4位 Saori@destiny 『WOW WAR TECHNO』  
第5位 w-inds『You are…』
第6位 中島愛『天使の絵の具』
第7位 9nine『Happy×2 Eyes』
第8位 Dream『Perfect Girls』
第9位 S/mileage『あすはデートなのに、今すぐ声を聞きたい』
第10位 ℃-ute『One's LIFE』

【2010年】
第1位 ももいろクローバー『行くぜっ!怪盗少女』
第2位 Perfume『ナチュラルに恋して』
第3位 東京女子流『きっと忘れない…』
第4位 KARA『アンブレラ』
第5位 Tomato n' Pine『キャプテンは君だ!』
第6位 杉本有美×矢野博康『Catch You Catch Me』
第7位 真野恵里菜『ダレニモイワナイデ』
第8位 バニラビーンズ『D&D』
第9位 SKE48『1!2!3!4!ヨロシク!』
第10位 Negicco『スウィート・ソウル・ネギィー』
次点 スマイレージ『○○がんばらなくてもええねんで!!』

【2011年】
第1位 AKB48『Everyday、カチューシャ』
第2位 Perfume『JPN』
第3位 東京女子流『Limited addiction』
第4位 Tomato n' Pine『ワナダンス!』
第5位 bump.y『kiss!』
第6位 スマイレージ『ショートカット』
第7位 吉川友『きっかけはYOU!』
第8位 Twinklestars『プリーズ!プリーズ!プリーズ!』
第9位 バニラビーンズ『VANILLA BEANS Ⅱ』
第10位 V.A.『ライブアイドル入門』
次点 綾小路翔×後藤真希『Non stop love 夜露死苦!!』
次点 ももいろクローバー『ミライボウル』
次点 Not Yet『週末Not Yet』
次点 SDN48『MIN・MIN・MIN』

【2012年】
第1位 Tomato n' Pine『PS4U』
第2位 東京女子流『Limited addiction』
第3位 モーニング娘。『One・Two・Three』
第4位 9nine『イーアル!キョンシー Ver.FUNKOT ASLI』
第5位 私立恵比寿中学『ほぼブラジル』
第6位 LinQ『Love in Qushu ~LinQ 第一楽章~』
第7位 アップアップガールズ(仮)『チョッパー☆チョッパー』
第8位 指原莉乃『それでも好きだよ』
第9位 AKB48『真夏のSouns good!』
第10位 Perfume『Spending all my life』
第11位 Negicco『Negicco 2003~2012 -BEST-』
第12位 バニラビーンズ『VANILLA BEANS Ⅲ』
第13位 桃黒亭一門『ニッポン笑顔百景』
第14位 SDN48『NEXT ENCORE』
第15位 hy4_4yh『TAMA FREE!』

【2013年】
第1位 Negicco『ときめきのヘッドライナー』
第2位 Perfume『Clockwork』
第3位 Especia『海辺のサティ』
第4位 コピンク*『カリーナノッテ』
第5位 星野みちる『い・じ・わ・る ダーリン』
第6位 東京女子流『運命 -Royal Mirrorball Mix-』
第7位 モーニング娘。(道重さゆみ&譜久村聖)『哀愁ロマンティック』
第8位 ℃-ute『あったかい腕で包んで』
第9位 スマイレージ『ええか!?』
第10位 TRICK8f『ONE DAY IN SUMMER~君が僕に恋を始めるまで~Feat. FantaRhyme』
第11位 田崎あさひ『Rolling Days』
第12位 AKB48『恋するフォーチュンクッキー』
第13位 ももいろクローバーZ『5 The POWER』
第14位 ライムベリー『SUPERMCZTOKYO』
第15位 hy4_4yh『ティッケー大作戦!~YAVAY』

【2014年】
第1位 Negicco『光のシュプール』
第2位 東京女子流『Partition Love』
第3位 道重さゆみ(モーニング娘。’14)『シャバダバドゥ~』
第4位 Especia『No1 Sweeper』
第5位 寺嶋由芙『猫になりたい!』
第6位 Negipecia『Girl's Life』
第7位 Perfume『いじわるなハロー』
第8位 リンダ3世『どんだばな』
第9位 SKE48『猫の尻尾がピンと立ってるように…』
第10位 星野みちる『星間連絡船~Night Voyage』
第11位 Peach sugar snow『Xmas☆silent(rap version)』
第12位  lyrical school『brand new day』
第13位 Berryz工房『ロマンスを語って』
第14位 GALETTe『じゃじゃ馬と呼ばないで』
第15位 つりビット『踊ろよ、フィッシュ』

【2015年】
第1位 3776『3776を聴かない理由があるとすれば』
第2位 Negicco『Rice&Snow』
第3位 星野みちる『You Love Me』
第4位 lyrical school『SPOT』
第5位 Faint★Star『PL4E』
第6位 校庭カメラガール『Leningrad Loud Girlz』
第7位 Especia『Primera』
第8位 吉田凜音『Fantaskie』 
第9位 バニラビーンズ『バニラビーンズⅣ』
第10位 清竜人25『PROPOSE』
次点 RYUTist 『RYUTist HOME LIVE』

【2016年】
第1位 WHY@DOLL 『菫アイオライト』
第2位 RYUTist『Blue』
第3位 Negicco『RELISH』
第4位 星野みちる『Love Me Again』
第5位 Peach sugar snow『キミと僕の雨の中』
第6位 Perfume『COSMIC EXPLORER』
第7位 夢みるアドレセンス『おしえてシュレディンガー』
第8位 フィロソフィーのダンス『告白はサマー』
第9位 Especia『Sage』
第10位 モーニング娘。’16『泡沫サタデーナイト』
第11位 Hauptharmonie『きらり』
第12位 hy4_4yh『Wanna Be RHYMESTER』
第13位  lyrical school『RUN&RUN』
第14位 校庭カメラガールツヴァイ『Good will Camping』
第15位 AKB48『ハイテンション』
次点 こぶしファクトリー『桜ナイトフィーバー/チョット愚直に!猪突猛進/押忍!こぶし魂』
次点 チャオベッラチンクエッティ『BOOM!×3 ~ジェラしっちゃうぞ!焦らしっちゃうぞ!~』
次点 STEREO JAPAN『Dancing Again』
次点 篠崎愛『TRUE LOVE』
次点 欅坂46『サイレントマジョリティー』
次点 ℃-ute『愛はまるで静電気』
次点 西恵利香『予感(Royal Mirrorball Remix)』
次点 脇田もなり『あのね、、、』
次点 Especia『レイニー・ブルース』

↑このページのトップヘ