皆さんもご存じのように、トランプ米大統領がTPPからの離脱を表明しており、先日の安倍首相の、施政方針演説においても「TPP協定の合意は、そのスタンダードであり」と若干抑えた表現になっており、どう取り組んでいくのかが気になります。

 

一方、日本の農産物の輸出に関してはTPPの如何に関わりなく、順調に伸びており、

平成26年の輸出額は6117億(前年比11.1%増)、27年は7451億(前年比21.8%増)と過去最高を更新しています。この結果として平成28年には7000億という目標を1年前倒しで達成するなど、日本の農産物が徐々に海外に受け入れられてきたことがわかります。関係者の努力はもちろんのこと「和食」ブーム等国内外で日本食、食文化に対する関心が高まったことも大きな要因となっているのしょう。

 

 農業に関しては、とかく高齢化産業とか農業就業者の減少とか暗い話題が多いのですが、

少し観点を変えると、このように成長産業の側面を垣間見ることができます。

 六次産業化、農地利用の効率化、ICTを利用した農業など、農業という枠をひとくくりにするのではなく、見る角度によって十分に成功分野といえる側面を持っています。

 新規参入を考えていこうとするならば、農業の研究を行うのも有効な方法であると考えます。