c27348a1.jpg関連記事は『カテゴリー:夢のマイホーム』からご覧ください。

(←写真は夜のイト家です。カーテンがないので眩しいです)

4/11に家の引渡しを細田工務店さんとしました。
営業のIさんと監督のKさん立会いの下です。
家の取扱説明、設備の取扱説明、引渡し関係の書類の説明、捺印など一通りの確認に1時間ほど時間を要しました。
そして驚いた文明が一つ…それは新居の鍵の受け渡しの時にありました。
工事中、細田工務店さんは建物玄関ドアの『工事用キー(コンストラクションキー)』を使用して家の中に入り、作業をしてくれたのですが、これからボクらが使用する『本キー』を鍵穴に入れ、回した瞬間、そのコンストラクションキーが使用できなくなるのです。
これは引渡しの際には必ず行われる儀式らしいのですが、思わず「へぇ〜」と感心してしまいました。

終了後、細田工務店さんのIさん、Kさんの背中を家族で見送りました。
早速、子どもたちは家の中で走り回って大騒ぎです。
ボクと妻は19日に行う引越しの準備と入居前のワックスコーティングの可否、カーテンの選定など…お金と体力を使う事柄に大忙しです。

とりあえず「夢のマイホーム」への道は一段落しました。
16日の床コーティングと18日のカーテン搬入をアート引越センターで行い、19日にサカイ引越センターで引越します。