2008年07月18日

機屋見学〜御寮織

20080701御陵織01
お店の研修に参加してきました。
この日は京都・西陣にある御寮織(ごりょうおり)の工場見学。
「工場」というのは適当ではないかな?
普通のお家の土間に機が置いてあって、そこで職人さんがふたり、機織りをしていました。



続きを読む

itoco at 15:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 勉強も大事。 

2008年07月02日

今年の京裳苑〜夜のお食事編〜

京裳苑・展示会でお買い物&観光のあとはお楽しみのお食事。
今年は京都下鴨・吉泉(きちせん)で会席料理をいただきました。
0806京裳苑吉泉01




続きを読む

itoco at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 展示会 

2008年06月28日

今年の京裳苑〜観光&ランチ

今年の観光は詩仙堂でした。
0806詩仙堂01
梅雨時ながらいいお天気でよかったのですが、ちょっと暑い日もありました。



続きを読む

itoco at 10:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 展示会 

2008年06月27日

今年の京裳苑

山本呉服店最大のイベントともいうべき京裳苑、今年も無事終了しました。
0806京裳苑01
ツアーでお買上げ頂いた商品もすべて届き、伝票処理や加工・仕立ての段取りもほぼ終了。
社員一同、やっと一息つけたところです。

今年は「都をどり」が行われる甲部歌舞練場で開催です。

続きを読む

itoco at 15:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 展示会 

2008年06月10日

京裳苑に行きますっ!

急遽、事務方のわたしも京裳苑に1日だけ行くことになりましたっ!

お客さんとしてではないです。

一応、接客・販売のお手伝いデス

この暑い時期に、早朝からキモノを着て、大型バスで(バス弱いんです〜)終日展示会場でお仕事…

さてさて、耐えられるのでしょうか

日曜日にお供することになりましたので、ご一緒できましたらぜひお声を、励ましのお声をお掛けくださいませ。。。

itoco at 14:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 着物でお出掛け 

2008年05月31日

似顔絵

この頃は京裳苑準備で営業さんは飛び回っています。

事務方のわたしたちも出れる日は土日も出勤して、お店番。

そういえば、山本呉服店が毎月発行しているニュースレター「糸をかし通信」でちょこっと日記デビューを果たしました

内勤のわたしたちも毎月一言日記を書いてください、ということになり、わたし的に最も気をもんだのが“似顔絵”

通信でイラストを担当してるのは営業職の弥生ちゃん。

年齢より若く、かわいく。
本人に似てるんだけど、本人よりはかわいくね!
…といろいろ注文をつけて、わたしの似顔絵だけ完成まで超時間がかかりました^^;

結局、自分でペンを入れたり、似顔絵に合わせて髪型を変えてみたり(笑)


こんなモンです〜(笑)


nigaoe

通信受け取ったお客さんにいきなり「似てない〜」って言われたしっ!




itoco at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月27日

更紗

更紗の元来の定義は「花や人物など自然のの模様を染めつけた木綿の布」。

080527小松屋きもの01
日本で「更紗」というと、絹の着物地を思い浮かべる方も多いかと思います。

シルクロードを通って運ばれてきたこの「更紗」がその異国情緒で人々を魅了し、「和更紗」と呼ばれる日本独自の更紗を発展させ、現代に伝えられています。

インド更紗、インドネシアのバティック、ペルシャ、中国やオランダの更紗もあります。
イギリスのウィリアム・モリスなんかもたぶん更紗模様に影響を受けているのでしょうね。

それほど人々が心惹かれるということなのでしょうね。


080527小松屋生地

今回の京裳苑でも小松屋さんの和更紗が多数展示されます。

ちょっとエキゾチックで、それでいて気軽に着られる色柄です。


080527小松屋概観

こちらは小松屋さんプロデュースの町屋カフェ「蒼(あお)」
結婚式もできるみたいです。

京都に遊びに行かれたときに寄ってみてはいかがでしょうか?

itoco at 14:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 勉強も大事。 

2008年05月19日

京裳苑の下見に行ってきました。

京裳苑ゼミに行ってきました。
例年は営業さんだけで出掛けるのですが、今年は店の定休日だったので事務方のわたしたちもお供しました。

京裳苑での今年の観光スポット・詩仙堂。
080508京裳苑ゼミ01
ダイアナ妃も訪れたことのある詩仙堂の山門前にて記念写真。

元徳川幕府旗本の石川丈山が寛永18年(1641)に造営し90歳で亡くなるまでここに暮らしたそうです。
山の斜面を使った庭園で季節それぞれに小花が多く、特に秋の紅葉も見事な野田オスです。

みんなでお庭を眺めて一休み。
080508京裳苑ゼミ02

庭のししおどしは丈山が考案したと伝わっているみたいです。

詩仙堂の入り口すぐにある双鳩堂茶店。
080508京裳苑ゼミ03
鳩もちが有名です。

今年の展示会会場は祇園・花見小路の歌舞練場。
080508京裳苑ゼミ04
祇園の真ん中。
クルマの窓から舞妓さんをパチリ。
キレイな舞妓さんも、私服(私着物?)の普段着の舞妓さんも、たくさんすれ違いました。

展示会会場前でパチリ。
080508京裳苑ゼミ06

この日は結構暑かった。

お昼は会場から歩いてすぐの豆寅(まめとら)さん。
080508京裳苑ゼミ05
京の風情の花見小路をちょっとお散歩。

ランチの後、京裳苑の商品説明会とセミナーを受けてきました。

京裳苑、京都で行われる新作着物の展示会です。
和服がご入用な方はぜひこの機会にお申し込みください。

itoco at 16:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 着物でお出掛け 

2008年01月30日

お茶の時間

080125お茶の時間呉服屋の販売形態として展示会販売というスタイルが一般的ですが、ウチの店は大体毎月1回、北方店か池田店で展示会が催されます。
「展示会販売」といっても、巷でよく聞く是が非でも売りつける的なスタイルではなくて、いかに呉服屋の敷居を低くするか、キモノに興味のある初心者のお客様に軽く遊びに来て頂きたい、そういう思いで毎回企画から会場作り、ちょっとしたおもてなしのお料理に至るまで社員のアイデアで手作りしています。



とまあ、それはさておき。


毎月の展示会時は、事務職や裏方のわたしたちも会場設営や調理などのお手伝いで展示会場に行くことも多いのです。
会場に直接出勤して、そのあと本店に戻る、なんてこともしばしば。

先日、朝は北方店に出勤後、すぐに本店に移動しました。

大体いつも開店前にみんなでコーヒーをいただきながら、キモノの話やなんだかんだ談笑する時間があるのですが、お茶の時間の前に移動したのでわたしはその日はコーヒーなし。。。のはずが、2階の事務室でPCに向かっていると階下から「○○さ〜ん」と相談役の声が。

「向こうでお茶してないやろ。」

と、コーヒーとお茶うけのお菓子を持って来てくれました。


相談役というのは、山本呉服店の前社長。
現在の社長のお父様です。

とにかく、いつもにこにこされてて、やさしくて素敵なお爺ちゃま(なんていうと怒られるかな?)
長身で細身、身だしなみもいつもきっちり。
さりげない気遣いと笑顔に、忙しいとき時でもひととき「ほっこり」してしまいます。


若かりし頃はさぞやモテモテだったのだろうな〜などと想いながら、ひとりでお茶した展示会のある日でした。


itoco at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月23日

SEIKO MATSUDA Kimono〜振袖

私はSEIKOに決めました

SEIKO MATSUDA Kimono に大満足のお客様のお写真と一言コメントをご紹介します。

080123SEIKOMさま



本当に「キレイでカッコイイ着物!
いつもの私のイメージに合わせてドレスみたいにしてもらいました。
大スキですよ、振袖★





080123SEIKOYさま




実は普通の黒の振袖と迷ったんです。でもSEIKOにして絶対良かったです。
成人式でも友達がすごく褒めてくれて嬉しかったです。




080123SEIKO佐藤文香





初めからSEIKOにしようと思ってたわけじゃないんです。でもこの色(紺)と花のコントラストがキレイで羽織ってみたら気に入っちゃいました。



080123SEIKO西口紗緒里





東京の大学の友達にも自慢の振袖です。個性的に来たかったからこだわりまくって大満足です。



080123SEIKO武藤麻未





実は母が選んだんです。
「コレ着てみて」って何度も言うから。
着てみてわかりました、確かにキレイ。
母の方が若い感覚みたい(笑)



080123SEIKO纐纈華代





絶対に“完ペキ”にしたかtったんです。
だから、パールの衿やレースの手袋とかに思いっきりこだわりました♪







080123SEIKO細野美彩子080123SEIKO山下美佳



SEIKOの振袖は毎年大人気です。
現代的なかわいらしさがあるからかな〜
ドレス感覚のコーディネートが魅力なのかな。
今どきっぽいけど、きちんとかわいいと、母の目線のわたしも思います。^^

itoco at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 振り袖