2009年11月07日

今週末も来週末も駄目……だと?

明日は朝から出張なのですが、それなのに次の土曜日も出張という話。
いやまあ、三週連続で間をあけたら視聴者の方々がごっそり離れて早々戻っては来てくれなくなるでしょうし、こっちもしょうもないネタばっかり思いついて精神衛生上よろしくないです。

なんとか平日に一本作れればなと思います。

しかし、動画のup間隔が開いてきているのにブログばっかり更新していると、なんだか怒られそうな気分になってきます。

ああ、もしかしたらブログと動画、両方止まってるPの心理はこんな観じなのか? とちょっと実感しました。
視聴者側からすれば、動画の新作が出せないのであれば、せめてブログで報告を、と思うものですが、当のP本人はそう思ってなかったりするわけですね。なかなか、判っているようで判ってないことが多いものです。

***

ウソm@sについて。
「一話だけで続きが出ないなら見る気しないよー」という意見を大百科などで散見します。
その意見は全く率直で、正論だと思います。
お祭り参加作品かどうか、タイトルだけでは判らないのも多いですからね(拙作含め)。
「遊び(趣味)で作ってる動画なんだから文句言うな」というのは、乱暴すぎる反論である気がします。

ただ、その率直さはネガティブな書き方で示すのではなく、「続きが見たい」という気持ちを前に出したコメントで表していただければ、とも考えます。

テレビのアニメや特撮が、一人の視聴者の意見で左右されるなんてことはまずありえませんが、ことニコニコ動画についてはまったく別です。

たった一つのコメントがPの決断を促したり、致命的に萎えさせたりといったことが普通に起こりえます。

動画に付くコメントには、それだけの力があります。
諸刃の剣的な側面もありますが、その力を自覚していないのはもったいないことです。

続きが見たいのなら、その思いを率直にコメントすれば、世界が変わる事だってあるかも知れません。そんなに需要があるのならば、と本人は自信を得るかも知れませんし、他のPが手を挙げてくれることだってあるかも知れません。

もちろん、保証の限りではないですけども、そう言う前向きな形で推し進めて行ければと思います。

***

世界のなんたらについて、各ブログ等でなんとなく状況を把握してきました。
コメントが動画の冒頭にだけ集中していたのは、初っぱなのジャッジで切られてた、という話ですね。
まあ、紳士Pが納得しているのなら、それはそれでアリか、という気にもなってきました。
逆にこういう仕様だと、冒頭部になんかネタを仕込みたいよなぁ、という悪い虫が騒ぎます。むしろこっちから吊ってやる、的な発想ですね。

ウチの動画がターゲットになる可能性に備えて冒頭三十秒間真っ暗とか。

でもそんなことをしたら、日刊ランキングに申し訳ないですよね。

itofuyu_satoru at 23:30コメント(0)トラックバック(0) 
進捗状況 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments