2010年01月13日

立ち絵素材の限界はまだ先

誰得架空戦記小説紹介は、原稿を書いていてあまりのつまらなさに危うくゴミ箱にデータを放り込むところでした。
かろうじて文書ファイルに保存しましたが、ちょっと自分で萎えてしまいました。

ごくごく当たり前の話ですが、解説者と聞き手に分かれて掛け合いで紹介するような場合、前提となるお互いの知識量の設定がきちんと出来てないといけません。

基本、この手の動画は聞き手にツッコミを入れて貰ってはじめて笑いが成立するように思いますが、わたしはボケっぱなし・投げっぱなししか芸がないので、なかなかツッコミ芸がむずかしい。とてもましんめいかーPのようには出来ません。

あえて霧島那智作品を取り上げる、という部分全体が既にボケだというのが伝わらない気が。題材が悪い、というか題材全体でボケていることに気づいて貰えるか微妙すぎるので、どういうスタンスでいくのか考えあぐねてしまいます。配役も、有名どころとかぶりすぎないように気をつけたいですし。

とはいえ、新たにシリーズを立ち上げる場合に「こんなの受けねぇよな。でも、ちょっとは見て貰えるだろうか」と票読みの皮算用をする時期は一番楽しいかも知れません。P以外の人にも、この感覚はお裾分けしたい。

まあ、こういう形で動画にしないうちからべらべらと話すのは、それだけで動画作成に向かう圧力が抜けることになるので、あまりオススメ出来ない行為ですが。
#架空戦記本スレのアルバニアの中の人は、2ちゃんねるに圧力が抜けないよう蓋をするべきだと思います。

***

そういえば、あんまりにも自然すぎて、ついうっかり触れるのを忘れていたことが一つ。

ニシンPの戦国武将列伝第6回では、美希がジャージ姿です。
なんとなくみんなスルーしてしまってますが、スキー場で普段の私服では寒かろうという配慮ですよね。
かつて自分も似たようなことを作中でやっていたのにも関わらず、見る側にまわると、そこまで注意がなかなか回っていなかったりします。

ジャージ美希(ニシンP)







ジャージ美希(糸冬)








しかし、こうやってあらためて並べてみると、ニシンPの立ち絵のほうが明らかに高画質なわけで。わたしの自前立ち絵抜きの環境(技術)の拙さが目に付きますね。

***

あにゃる干菓子P


よくも悪くもノベマスだなあ、という感じのお約束満載の楽しいお話。
この動画をみていて、ジャージ立ち絵のセットもあればいいのに、と感じてしまうのはごく自然なものではないかと思います。
「この手のネタをやるんなら頑張って立ち絵を抜いて来いよ!」というのは簡単です。が、綺麗な立ち絵を揃えるのは大変なんだろうな、と多くの方が判っているので、あえて口うるさく言う人はいないわけです。

使える立ち絵がないばかりにせっかくのネタを没にされるくらいなら、既存の立ち絵を活用してお話を動画にしてくれるほうがよっぽどいいです。
とはいえ、相応の素材があれば、また架空戦記・ノベマスに新たな切り口も出来てくるのかなとも感じます。
胴体ちょん切れとどっちが気になる人が多いのか、とかも気になります。

みんなで私服以外の立ち絵セットを揃えようぜ祭り」を開催したいぐらいです。
ただ、キャプチャ環境で最初に画質の差がついてしまいますので、ここがネックですね。
ニコニコ動画にupされているコミュ動画からの切り抜きでは、どうしても質の低下は否めないですが、作業分担となれば誰もが手に入れられる画像に基づきたいところでもあります。

というか、最近ろだスレに足を運んでないので、既にいろんな立ち絵が切り抜かれているのかも知れません。捏造立ち絵のほうが話題を集めてる気がしなくもないですが。

あと、ニューイヤー駅伝の本編に関わることなので格納。


「仁義なきクリスマス」の冒頭部でも少し触れられていましたが、今後765プロの立ち位置は、DSの存在を踏まえて「961プロは撃破したが876プロの前に一敗地にまみれた」というのがデフォになっていくのかも知れませんね。

itofuyu_satoru at 23:36コメント(2)トラックバック(0) 
雑談 | 関係各所

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by アルバニアの人   2010年01月14日 00:32
しーませんw
いやアルバニアプレイって波に乗るまで苦行の連続なもんで、ついつい元気を貰いたくなるんです。
でも波に乗ったからもう大丈夫です。
終わりまでやり切りますよ。
2. Posted by 糸冬   2010年01月15日 20:58
アルバニアの中の人、略してアル中、というのを思いついてしまいました。反省しております。

さて、掲示板などで途中で書いてしまうとなかなか動画にならない、というのは多かれ少なかれ経験がありそうな感じなので、自戒を込めて書いた次第です。
全部プレイを終えてから動画を作るというのは、録って出しより性根を据えてかかる必要があるかと思います。
楽しいことを全部先にやってしまうことになるわけですから。

しかし、ツボにはまれば前後関係を見据えた伏線などの演出も出来るかと思いますので、頑張っていただければと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments