新潟県糸魚川市果樹栽培勉強会

2015年、会社退職を機に専業でキウイフルーツ等果樹を育てながら、これ以上里山 を鳥獣の楽園・原野にしたくないと、『果樹栽培勉強会』を作り、果樹で「豊かな糸魚川」を目指し、害虫や雑草、くず葉づる等と戦う日々の記録と協力者、顧問、会員募集のPRブログです。

1) 里山保全や果樹栽培について関心のある方は、遠慮なくメールにて連絡ください。ただし農業初心者なので、栽培についての詳細な技術的疑問については、十分にお答え出来ない事が多いかと思いますので、ご容赦願います。
2) 文中、協力者とは、活動遂行や作業等に協力して頂ける方を考えています。
3) 顧問とは、ブログ継続や勉強会遂行に高所より助言を下さいます有識者、又は公職にあり、勉強会活動に有益な相談に預かれる方を想定しています。
4) 会員とは、果樹栽培に関心を持ち、実際に個人的又は共同で作業や研修、勉強会等に参加する人を考えています。又、会員は協力者をも兼ねています。
5) 本勉強会は無害で、参加には金銭の必要はありませんので気軽にご参加下さい。当面は、勉強会や情報共有の相談会の様なものになりそうです。
6) 今後の活動は、協力者、顧問、会員全体で相談、協力しながら、果樹栽培を通して「豊かな糸魚川」を目指したいと考えています。
7) 今後、活動遂行に全力で当たりますが、高齢のために万一、精神的、身体的に活動又は作業等が不可能になった場合には、申し訳有りませんがお許し下さい。又、急に死ぬことも有り得ますので、予め心おきの上ご容赦下さい。

柿を食われ、枝を折られて決断!

 以前から未だ熟している訳ではない、柿の枝を折られたり、食われたりで困っていました。木がまだ大きくなっていない、それでいて甘い実が早くからなる「百目柿」です。未だ青い状態なので、もう少し甘くなるのを待っていましたが、今回行ってみてがっくり!ついに堪忍袋の緒が切れました。

01872百目柿木折れ
 こんな風に枝が折られていました。前回には中心の幹を折りましたが、今回は大きな枝を折りました。

01875半食い捨て柿
 下には半分食べかけの柿が転がっています。未だ青いのでまずかったのでしょう。

01874食い散らし柿
 一匹だけでなくて数匹来たものと思います。イノシシの足跡が有るのでそう思いますが、もしかしたら熊の可能性もあります。

01891青捨て百目柿
 これ以上枝を折られると、木が大きくなれませんので、決断しました。なっている実を全部取って、そのまま捨てることにしました。実がなっていなければ、動物も木を折ることはしません。人間も実をとれませんが、数年間、木の高さが2m以上になるまで毎年実をとって捨てます。防衛対策がこんな方法になることが残念至極です。

栗が採れました。しかしイノシシに食べられた。

 イノシシが栗を食べるとは知りませんでした。通常栗はいがの中で成長して、はじけて落ちてきます。

01870青いがの中の栗
 こんなにきれいにいがで眠っています。成長して落ちても食べるのは小動物か虫たちだと思っていました。だから無理に落とさずに自然に落ちたのを毎日拾えば良いと思いました。14日の午後拾いに行って驚きました。

01878食い散らし栗

01880食い栗
 沢山落ちていましたが、写真の様に中の実を足と口で取り出して食い荒らされていました。イノシシが来ているのはもともと知っていました。しかし栗を食われて大変ショックです。

01888バケツの栗
 防衛のために未だ落ちていないのを落として中の栗を取り出すことにしました。未だ落ちていないものは虫がいないのが多くて沢山採れました。毎日とれませんが、仕方ありません。

古い家の解体は大変!!

 私事ですが、今年の秋に以前住んでいた家を壊すことにしました。もういい年ですので、何時死んでも良いように準備したいと思います。これ以上先延ばししてそのままにしておくと、親の家をそのままにして、子供たちに更に迷惑をかけることになりかねません。何時死ぬかは神様しか知らない事ですが、年齢を考えて準備はしておいた方が安心できると思います。

 さて、その解体ですが、その前に中の片付けが大変です。全てを捨てて良いのであれば、お金だけ沢山用意すれば業者が捨てる仕事からしてくれますが、親の代からの大切な遺品もあります。片付けをする中で、家の中には余りにも沢山の生活用品が存在することにしみじみ気づかされます。片付けるのが嫌になる位、沢山の捨てるものがあります。生前の生業にも依りますが、仕事に必要なものが沢山残されています。振り返って考えてみると、今現在住んでいる家にも何倍もの物があふれています。仕事の都合で必要なものも多くありますが、できるだけ物を少なくしたいと、これからも心掛けたいと思うことしきりです。

01861おわん全体
 これは捨てたもののほんの一例です。漆塗りの立派なおわんが沢山有りましたが、今は使わないので一つを残して全て捨てました。他にもお膳が沢山あるし、漆のお盆や丸い保存用入れ物もありました。大変高価なものと思いますが、時代には合いません。囲炉裏の上にやかんをかけるかぎも、囲炉裏の枠も火鉢も苗のショイコもみんな捨てました。

 未だ費用については分かりませんが、これから1か月後位に解体にかかります。これは人生の中での大きな行事になることと考えます。片付ける前に貴重と思われるものを持ち出したものもかなりあります。詳細はまだ調査してないのでわかりませんので、後に調べて報告したいと思います。戦時中の写真や古い古い雑誌や日の丸、志那の地図など古すぎるものです。時間を見て調べます。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

T

記事検索
ギャラリー
  • 柿を食われ、枝を折られて決断!
  • 柿を食われ、枝を折られて決断!
  • 柿を食われ、枝を折られて決断!
  • 柿を食われ、枝を折られて決断!
  • 栗が採れました。しかしイノシシに食べられた。
  • 栗が採れました。しかしイノシシに食べられた。
  • 栗が採れました。しかしイノシシに食べられた。
  • 栗が採れました。しかしイノシシに食べられた。
  • 古い家の解体は大変!!