世界遺産の白川郷へ

【退職金共済 老後の備え】

1.中小企業退職金共済制度
 掛金は全額会社負担ですが、優れた人材の確保や、将来への安心感・より良い雇用の仕組みで従業員の意欲を引き出し、定着率を向上させるために効果的とされています。

2.小規模企業共済制度
 個人事業主や常時使用する従業員の数が20人以下の会社の役員等が、自分のために節税しながら退職金の積み立てができます。
 メリットは、次のとおりです。
①掛金は、全額所得控除で大きな節税ができる。
②共済金の受け取りは、一括・分割・併用の3タイプから選べ、年金の補完としても使えます。
③一括受取りは、退職所得扱いになり、税制上優遇されています。
④災害時や緊急時には、低利な事業資金の借入れも可能です。

1、2とも全額損金算入や所得控除ができ、税制上優遇されています。

税務等のご相談は、伊藤会計事務所 または 下記まで

http://www.ito-keiei.jp/

先週の3日、息子がアイスホッケーの遠征試合に行ってしまい、娘は同じクラブチームの子と遊びに行ってしまい、残された私達夫婦

お天気も良く、暖かな日だったので、「せっかくだから、どこかに行こう」という話になり、私がちょうど今年は紅葉でも見にいきたいなぁと思っていたこともあり、紅葉を見に行くことに決定

たまたま前日の夕方のニュース番組で、地元の紅葉の各名所の情報をやっていたので見ていたところ、10月末のブログで私が行ってみたいと書いた「寂光院(犬山)」は紅葉の見頃がまだ「これから」となっていた為、「今が見頃」と伝えられていた世界遺産でもある白川郷に行くことになりました。

本当は息子の試合を観に行きたかったのですが、息子に「遠いから来なくていいよ~」と言われ、今回は試合観戦に行くことを諦めた私。

その代わりに、一度も行ったことがない白川郷へ紅葉を見に行くことになりました。

高速道路の渋滞もほとんどなくスムーズに行くことができ、白川郷に近付くにつれて道中の山の紅葉が綺麗になっていきました

携帯で「白川郷」のことを検索していたら、「合掌造り民家園」で今月2日~5日までが「紅葉ライトアップ」というイベントが開催されていることを知り、偶然とはいえ、良いタイミングの時に来ることができました

「合掌造り民家園」は岐阜県重要文化財の野外博物館となっており、いくつかの合掌造りの建物内にも入ることができ、ライトアップされた綺麗な紅葉を見ながら、ゆっくり見学(散策)することができました。
おまけにその日は月もほぼ満月に近かった為、綺麗な写真も撮れました

息子が欲しがっていた「さるぼぼ」グッズを息子と娘の分も買い、合掌造りのとても小さな置物もお土産に買ってのんびり帰りました

          M

長い長いトンネルを抜け出せた

【年金 老後の備え】

 老後の備え等に対する自助努力(資産形成)への主な支援措置の現状を各個人が自己チェックしてみることが大切なので、以下、ポイントを整理してみます。

1.公的年金
 年金制度は将来的に不安の声もありますが、次の点から第一に優先するメリットがあることは間違いありません。
① 日本年金機構という公的機関が取り仕切っており、国が破綻しない限り、制度は続きます。
② 民間の個人年金保険は、たとえば10年というように期間限定で受け取るのが原則なのに対し、公的年金は終身年金のため、長生きすればするほど長く受給し続けられます(支払総額に対する返戻率がかなり高くなる)。
③ 公的年金は、半分を国が負担している上、支払った金額を全額所得控除できるので、個人年金保険に比べてかなり得になっています。
④ 公的年金加入時に事故に遭い、一定の障害認定を受けた場合には、障害年金が給付され、障害状態と認められている間は、生涯受給し続けることができます。
⑤ 公的年金に加入している間に自分が亡くなった場合で一定の要件に該当すれば、遺族年金が支給されます。
なお、国民年金(基礎年金)の給付額は、40年支払って満額で年額78万円程度のため、老後資金には不足すると思われますので、別の制度を付加することが重要となってきます。

2.企業年金等

 会社主導で確定給付企業年金、確定拠出年金(DC)に入っているか、個人で国民年金基金に入っていると、老後の年金が厚くなってきます。
なお、平成28年の確定拠出年金法改正により、企業年金加入者、公務員等共済加入者、第三号被保険者については、個人型DCへ加入できることとされました(平成29年1月1日施行)。そして、全額所得控除できます。

税務等に関するご相談は、伊藤会計事務所 または 下記まで

http://www.ito-keiei.jp/

フィギュアスケートは、レベルに応じて進級テスト(バッジテスト)を受けていきます。
初級から7級(正式には8級)まであって、一番下が初級、一番上が7級です。
正式には8級までありますが、まず8級まで取る選手はほとんどいません。
ちなみに、昔、世界選手権などに出場した中野友加里さんが8級を持っていらっしゃるそうです。
7級取得していれば、選手権クラスで出場できるので、ほとんどの選手は7級取得して進級テストを終えます。

娘は、先日の日曜日のバッジテストで、ようやく7級に合格できました

もともと亀のようなタイプの娘なので、他の選手達に比べると長くかかりましたが、諦めることなく努力してきて、そして合格できて、本当に良かったです。

昨年の骨折で昨シーズンは棒に振って、7級取得までに実に4年かかりましたが、長い長いトンネルからようやく抜け出すことができました

娘は、小学生の頃からバッジテストが苦手で、大会よりも緊張してしまう子だったので、練習でできていても、テストとなるとミスを連発して不合格になってしまうことも多かったのです。
テスト前の6分間練習で何度もジャンプを成功させてるのに、いざテストとなると転けたりステップアウトしたり…ステップで思わぬ所でつまづいたり…
とにかくメンタルが弱くて…

先日のバッジテストは7級FS(フリー)を受けたのですが、ジャッジさんから「合格です」と聞くまでは、本当に親子でドキドキでした…

同じクラブチームの後輩ママ達に「おめでとうございます」と声を掛けられた瞬間、私は今までの込み上げてきたものがあって、嬉しくて泣いてしまいました
それにつられて娘も泣いてしまって…
私達は先生にもハグされて、本当に本当に嬉しい瞬間でした
その上、娘が「ママ、長い間、待たせてごめんね」って言ってくれて

この世界に入ってから、辛く厳しいことの方が多いけれど、こうして努力し続けていれば必ず報われる時が来る。
それを一番感じる世界なのかもしれません
今までに何度も親子で辞めようとしたこともあったけれど、続けてきて本当に良かった。

昨シーズンは涙をいっぱい流した分、今シーズンは娘の笑顔を沢山見ることができています。
あとは、全日本インカレでも優勝できるように、これからも努力し続ける娘を、家族で応援(サポート)していきます

         M.I


久しぶりの秋晴れ

【贈与税 債務免除等を受けた場合】

 対価を支払わない、または著しく低い対価で、債務の免除や引受けまたは第三者のためにする債務の弁済による利益を受けた場合には、利益を受けた人が、債務免除等があった時にその債務免除等に係る債務の金額を、その債務免除等をした人から贈与されたものとみなされ、贈与税の課税対象となります。
 しかし、債務免除等による利益を受けた場合であっても債務者が資力を喪失し債務を弁済することが困難である場合に、債務免除を受けた、または債務者の扶養義務者に債務の引受けや弁済をしてもらったときは、その債務の弁済をすることが困難である部分の金額については、贈与により取得したものとはみなされません。

税務等のご相談は、伊藤会計事務所 または 下記まで

http://www.ito-keiei.jp/

今日は久しぶりの秋晴れとなりました

約2週間前の娘が西インカレに行く前からずっと雨の日が続き、西インカレ会場の大阪でもずっと雨に降られ、先週も台風の影響でずっと雨
洗濯物は外になかなか干せず、今日やっと気持ち良く干してくることができました

でも、また新たな台風が近付いてきてて、週末の天気が崩れるかもしれないという予報…

私は自分が秋生まれだからか、季節では秋が一番好き
でも、ここ数年、秋の季節が短くなってる気がします…

台風が多いと、秋特有の青空がほとんど見られなくなるし、綺麗な夕焼けも見られなくなる
11月は少しは秋らしくなるのかな?

この辺りの紅葉の見頃は、11月18日頃からとの予想
紅葉情報でちょっと検索してみた「寂光院」とか行ってみたいな
約1360年の長い歴史をもつパワースポットで、「尾張のもみじ寺」とも呼ばれる紅葉の名所だそうです。

京都とかはなかなか行けないから、愛知県でも綺麗な紅葉をちょっと探しに行ってみたいです

           M.I
プロフィール

itokaikei

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ