2014年05月

オスグッド病

おはようございます。
税務等に関するご相談は、伊藤会計事務所 または 下記までお願いします。

http://www.ito-keiei.jp/

中学2年生の息子が、最近、「膝の下の部分の骨が出てきてる」と言い出して…

症状からすると、以前から周りでたまに耳にしていた「オスグッド病:オスグッドシュラッター病」のようです
発育期(10~15歳の成長期)のスポーツ少年に起こりやすいのだそうです。

歩いたり走ったりする分には痛みはまだ無いらしいのですが、その出ている部分を押すと痛いらしくて。

走る、跳ぶ、蹴るなどの動きをする時は、太ももの筋肉(大腿四頭筋)が収縮します。
この筋肉は、お皿(膝蓋骨)を介して、脛骨粗面に付着しているので、繰り返しの動作により付着部分が引っ張られると炎症が起こります。
そしてひどくなると、脛骨粗面の軟骨が隆起や乖離が起こり「オスグッド病」になるのだそうです。

大きな原因の一つに「使いすぎ」があげられるらしく…
対処法として、運動の前後に十分ストレッチ運動をすることと、患部を冷やす(アイシングをする)ことが大事のようなので、まずは病院で検査してみて、その結果次第で、毎日ストレッチ運動をさせていかなくては

武道(空手・剣道・柔道)などをする子は、オスグッド病になる子どもが少ないそうです。
武道は礼儀作法で正座をする習慣があるので、膝の周囲の筋肉や靭帯や軟部組織を常にストレッチを繰り返すからだそうです。

成長期だけに、急激な成長に子ども達の体も敏感になってきているようです。
剥離とかひどくないといいのですが…

                    M.I

LINE

おはようございます。
税務等に関するご相談は、伊藤会計事務所 または 下記までお願いします。

http://www.ito-keiei.jp/

子ども達のスマホの利用制限について、親として悩むところではあります。
今は「LINE」というある意味便利な機能があるため、子ども同士の連絡も昔より随分取りやすくなっています。

例えば部活動の連絡事項。
一応、「部活動緊急連絡網」というものはありますが、そこまでの連絡の必要のない、例えば同級生同士の待ち合わせ時間についてや、朝に雨が降っている場合の朝練に行くか行かないかの連絡など、息子達は「LINE」のグループトークで確認するようになりました。

あと、娘も体調の関係で学校を休んだ場合、授業でやったノートやワークなどを「LINE」で写真を撮り、友達に送ったり送ってもらったりしています。
先生が話した連絡事項を聞きもれてしまっても、お友達同士で連絡を取り合って忘れずに済む…といった事もあります。

私も、娘のやっているフィギュアスケートのママ同士で連絡を取り合うことや、以前息子がやっていたアイスホッケーのママ達からの近況報告など、連絡を取り合うことも多く、「繋がり」が昔に比べ、良くなっています。

「LINE」も悪用することはいけませんが、上手に利用すればとても便利な機能と言えますね。

                       M.I

仲間

こんにちは。
税務等に関するご相談は、伊藤会計事務所 または 下記までお願いします。

http://www.ito-keiei.jp/

中学生の息子が野球部に入部して1年が経ちました。
息子は小学生の時はアイスホッケーのみだったので、野球の経験はまったくなく、中学に入学して部活動で始めた野球が初めてだったのです。

小学校の時の仲良しのお友達に誘われて入部し、暑さが苦手な息子が本当に野球を続けられるのだろうか…と不安だった私達の思いを跳ね除けるかのように、息子はどんどん野球に夢中になっていきました。
何よりも野球部に入った同い年の子達が皆仲良くて、本当の「仲間」を息子は感じたのでしょう。
「野球は、(ホームラン以外は)守りも攻めも皆で繋ぐから」…そう、息子は教えてくれました

そして、息子にとって野球部の練習が毎日新鮮で、楽しくて、いつも笑顔で練習に励めたのだろうと思うのです。
昨年10月に、それまで続けていたホッケーを辞め、部活動だけにした息子は毎日砂まみれになりながら、日々練習をし続けてきました。

その甲斐あってか、先週、息子は野球部の18人メンバーの中の1人に入り、背番号入りのユニフォームをもらってきました。ベンチ入りです。
私達夫婦も、そして娘(姉)もとても驚きましたが、本当に嬉しかったです!

今回、メンバー漏れしてしまった同級生もいますが、その子達とは練習も練習試合も一緒にできます。
これからもお互いを支えあって、頑張っていってほしいなぁと思います

                      M.I

韓国客船沈没事故

こんにちは。
税務等のご相談は、伊藤会計事務所 または 下記までお願いします。

http://www.ito-keiei.jp/

先月、韓国で起きた客船沈没事故の報道は毎日胸を締め付けられる思いがします。
テレビで放映されている映像を見る度、どうしてもっと早く救助できなかったのかと、本当に悔しくも悲しくも感じます。
被害者の多くが修学旅行の高校生で、私の娘と同年代…

楽しいはずの修学旅行が、一変して恐怖の場となるとは、誰もが想像しなかったことでしょう
高校生が残した携帯電話の画像や親や家族に残したメッセージは、毎回見る度に涙が出てきてしまいます。

船を操縦する乗組員たちが先に脱出してしまうなんて、本当に酷い事故、というより事件のような気もしてきます。

青春真っ只中の多くの高校生が犠牲となってしまい、遺族の気持ちを考えると…

少しでも早く見つかって遺族(家族)の元へ帰れますように…と願う毎日です。

                   M.I

プロフィール

itokaikei

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ