【永年勤続者に対する旅行券の支給】

 永年勤続者に対して旅行券を支給した場合、旅行券は有効期限もなく、換金性もあり、金銭による支給と同様と考えられるため、原則として給与等として課税されます。
ただし、次の要件を満たしている場合には、課税しなくてよいこととされています。

(1) 旅行券の支給後1年以内に旅行を実施すること。
(2) 旅行の範囲は、支給した旅行券の額からみて相当なもの(海外旅行を含む)であること。
(3) 旅行をしたときは、所定の報告書に必要事項(旅行実施者の所属・氏名・旅行日・旅行先等への支払額等)を記載し、旅行先等を確認できる資料を添付して会社に提出すること。
(4) 旅行券の支給後1年以内に旅行券の全部または一部を使用しなかった場合には、使用しなかった旅行券を会社に返還すること。

税務等に関するご相談は、伊藤会計事務所 または 下記まで

http://www.ito-keiei.jp/

先日、日本学生氷上競技連盟主催の大会(大学生の大会)で西日本インカレが大阪で開催され、娘も出場してきました
西インカレは、西日本方面の大学生が集まり、3級~7級(Aクラス)までのそれぞれのカテゴリーで大学生選手達が競い合う大会です。

昨年、この西インカレ直前に娘が左足首を骨折して、泣く泣く棄権してしまった大会…
あれから一年間、努力を重ね、今年やっと出場することができました。

娘が出場したカテゴリーは6級。ちなみに、上から2番目のクラスです
6級女子は35人の選手が出場。
他県の選手達がどのようなレベルなのかわからないので、娘も少し緊張感がありました。

会場となったリンクは娘が小学生の時に来た以来だったので、8年ぶりで、氷も硬かったため、前日の公式練習では、普段よりジャンプの高さも出てしまい、軸の乱れがあったりして、思うように跳べない部分もありました
でも、先生が娘に軸の位置確認をしてくれたお陰で、当日本番前の6分間練習ではトリプル2種類が安定して跳べるようになっていました。

ただ、今までの疲れも出てしまったのか、直前に少し微熱を出してしまい「だるい…」と言っていたので、正直私も不安でした
でも、娘は「頑張るから!」と言って出場。
リンクサイドにいた娘は不安と緊張から今にも泣き出しそうな顔をしていたので、私が「大丈夫」と頷いてあげたら、余計に泣きそうな顔になってしまって焦りました…

娘の演技が始まり、冒頭のトリプルトウループ(3T)は片手をついて降り、次のトリプルサルコウ(3S)はきっちり着氷。
その後のトリプルサルコウ(3S)はステップアウトしてしまったのでコンビネーション(2T)が付けられずに単発のジャンプになってしまったけど、ステップやスピン、その後のダブルアクセル(2A)とダブルアクセル+ダブルトウループ(2A+2T)を成功させると、後半のジャンプも何とか成功させ、転けることなく無事に演技が終わりました。
沢山の拍手をもらい、ホッとしました

リンクに電光掲示板が無いため、点数と順位の発表も演技後じゃないので、いったい娘が何位なのかわからず、結果が出るまで長時間待ちました。

Aクラス男子の演技後ようやく結果がわかり、娘は優勝することができました
2位の子と約7点差引き離して、優勝することができました

表彰式は8位までの子が表彰され、娘もホッとしたのか、表彰式では笑顔が戻っていました。
8位までの中に娘含めて4人が愛知県の子だったので、皆で記念撮影しました

今年、6級女子の西の枠は9人しかなかったので、9位までの子達が来年1月に軽井沢で開催される全日本インカレに出場します。

今週末からは東京で東日本インカレが開催されます。
同じように3級~7級(Aクラス)までのカテゴリーで競い合い、それぞれのカテゴリーで勝ち進んだ選手達が全日本インカレに出場してきます。
6級女子は今年は東の方が枠が多いので、東からは21人が通過してきます。

そして、全日本インカレでは東西合わせて30人で競い合うので、娘は全日本でも表彰台(できれば優勝)を目指しています。

今回の西インカレもですが、「昨年の忘れ物を取りに行く」つもりで頑張ってきたので、全日本インカレでも良い結果が出せるように頑張ります
私もサポート頑張ります

今回の優勝は、先生達、いつも留守番してくれている家族、そして応援してくれる周りの人達のお陰で娘も頑張れて取れた優勝だと思います。
頑張ります

           M.I