April 04, 2011

The Music解散・・・

SINGLES&EPS:2001-2005(最強盤)(DVD付)

もうこのBlogを更新することは暫く無いだろうなと思っていたのですが、
まさかこんな形で更新することになってしまったことがショックでなりません。


ずっと苦悩し続けていたThe Musicが、
とうとう解散することになってしまいました。


恐らく、自分達が求めていた音楽と、
求められていた結果とのギャップに悩み、
身動きが取れなくなったのではないのでしょうか。


まだ具体的な彼らの言葉を確認できていないので
明確なことは分かりませんが、
7月末の最後のLIVEで彼らの雄姿を見納めしたいと思います。

そして彼らは恐らくそのままその足で、
大好きな苗場のFuji Rock Festivalの会場に向かい、
日本の夏を満喫して活動に終止符を打つことになるのでしょう。


苗場の会場で彼らに会えるかな。


August 17, 2009

Fuji Rock Festival 2009 / live@Naeba Ski Resort - 2009.07.26(Sun)

3年ぶりとなるFuji Rock Festivalに参加してきました。
3日目のみだったのだけど、ホント・・・楽しかった!
移動手段は無計画だったので体力的にちょっと厳しかったけれども、やっぱりあの苗場のあの雰囲気は最高だったし一人でも十分楽しめました。既に3週間近くたっていますがちょっと振り返ってみます。

frf2009_001









到着後はRED〜GREEN〜WHITE〜HEAVEN〜ORANGE〜と一通り歩いて会場の雰囲気を楽しみつつ、Cafe de Parisも何となく覗いてみる。でも朝イチなので当然何もやっていないし人もいない。ま、こういうものが出来たんだ位に。Cafe de Parisの隣にあったStone Circleでの親子の楽しげな様子に心が洗われ、HEAVENまで戻りました。

frf2009_002

続きを読むにはこのアイコンをクリック!続きを読む

July 16, 2009

1年ぶり&3年ぶり

1年ぶりの更新です。

この1年、というかここ1〜2年はちょっと思うところがあって
音楽とちょっと距離を置いていたのだけれど、どうしてもFujiに
行きたいという想いを捨てきれず、、。土壇場ではありますが、
我が家の大蔵大臣にも応援をしてもらい、実に3年ぶりとなる
Fuji参加が実現することになりました!!祝☆!!

と言っても、1日だけではありますが。でも兎にも角にも、
またナエバに行ける!!思いっきり音楽と自然を満喫できる!!
さぁ、持ち物リストを確認しつつ準備万端で臨まねば!
嬉しいことこの上ありません。本当に感謝×∞。。

部署異動したタイミングで接点を持った後輩のNくん。
大のFuji好きらしく現地で祝杯を挙げようなどと盛り上がりつつ
彼是と妄想行動計画も立てないと。

3年ぶりだから「右も左も分からず状態」かもしれないけれども、
はぁー、ホント楽しみです。

皆さん、後発組な私ではありますがFujiを楽しみましょう〜。


June 26, 2008

The Mars Volta / live@Studio Coast - 2008.06.13(Fri)

The Mars Volta_001

The Mars VoltaのLIVEに行ってきました。

想像していたのは緩い空気の中、ただただまどろむかのごときLIVE。でも、実際はそんなんじゃなく、かなり激しくMCも一切無しの「戦」状態。妥協も一切無しの壮絶なLIVEだった。

音にやられるLIVEってそうそうあるもんじゃないと思うけど、この日のLIVEは会場全体がそんな感じで、近くにいた若いカポーなんて、彼女がやられてしまったのか目が完全にいってしまって彼氏に抱きかかえられたまま後方へ。音と空間に引きずり込まれて無に近い状態になることは他のアーティストのLIVEで何度か瞬間てきにはあったけど、あそこまでの状態ってのは流石になかった。こりゃやばい。

エモ、パンク、メタル、ファンク、ロック、なんだか分からんけど兎に角ありとあらゆるジャンルが消化され彼らの音として展開されていく。当然のことながらリズムを取りながら踊ることなんてできないし、展開と繰り出される音に酔って揺らめくだけ。まともなことは書けません。でもただただ壮絶。すごかった。凄かったとしか書けない。


■The Mars Volta / live@Studio Coast - 2008.06.13(Fri)
-------------------------------------------------------------------
1.SE (Morricone / Per un Pugno di Dollari) - Jam 1
2.Viscera Eyes (Amputechture)
3.Jam 2 - Wax Simulacra (The Bedlam in Goliath)
4.Goliath (The Bedlam in Goliath) (incl. Free Impro.)
5.g. Impro. - Ouroborous (The Bedlam in Goliath)
6.Impro. - Tetragrammaton (Amputechture)
7.Jam 3 - Aberinkula (The Bedlam in Goliath)

June 25, 2008

Brahman / live@Akasaka Blitz - 2008.06.06(Fri)

Brahman_002


ちょっと前ですが、BRAHMANのLIVEに行ってきました。
今回のツアーでは2回目のLIVE参戦。運良くチケットをゲットできたものの、生憎奥さんは体調不良のため不参加。一人で楽しむことに。

会場は新装後初めてのBlitz。かなり綺麗。音も以前と比べ格段に良くなっていて、もうこれでこの会場を敬遠することは無いかも。

で、肝心のLIVEだけど、ツアー後半ということもありアルバム『AUTONOMY』からの楽曲も盛り上がり方は半端なく前半からモッシュ、ダイブの嵐。参戦している客もかなり楽しんでいることがわかるLIVEだった。

でも・・・どうもTOSHI-LOWの声が出ていない。
ツアーの疲れなのか分からないけど、そもそもあの歌い方だからいつか潰すんじゃないかと心配するくらい。いや、もちろんそのテンションや相変わらずのストイックさは凄かったんだけども、どうもこの日は本調子と思えなかったBRAHMANのLIVEに最後まで集中することができず不完全燃焼。大丈夫かな。

■Brahman / live@Akasaka Blitz - 2008.06.06(Fri)
-------------------------------------------------------------------
01.Kamuy-Pirma
02.The Only Way
03.Speculation
04.Epigram
05.You don't live here anymore
06.THE VOID
07.BASIS
08.Handan's pillow
09.逆光
10.Oneness
11.STAND ALOOF
12.CAUSATION
13.BEYOND THE MOUNTAIN
14.DEEP
15.SEE OFF
16.時の鐘
17.SILENT DAY
18.Fibs in the hand
ENCORE1
19.Let's get Another Place
20.FLYING SAUCER
21.ANSWER FOR…
ENCORE2
22.ARTMAN

May 04, 2008

The Music / live@Ebisu Liquid Room - 2008.05.01(Thu)


The Music_001 The Music_002The Music_003


The Musicの復活単独公演に行ってきました。
ホント・・・感慨深いものがあり目頭が熱くなるLIVEだった。最高でした。

開演前にMINさんとも合流できて、奥さんと3人で盛り上がれました。チェックしていなかったけど3日目のWhiteのトリも決まったなんて情報も教えてもらいつつLIVE開始を待つことに。

会場はここ最近のLIVEでは見られなかったくらいの満員御礼。彼らが復活してくれるのを待ちわびていたというのがよくわかるものだったし、そのファンに応えてくれるかのごとく1曲目にはTAKE THE LONG ROAD AND WALK ITが。原点回帰か、一体となって再スタートを決め込んでくれたのか。確かにこういったオープニングを待ち望んでいたかもしれない。メンバー4人は相変わらずのグルーブ感だし、最前列付近の盛り上がり方なんて半端なかった。その盛り上がり方を見てまた改めて目頭が熱くなり、彼是とこみ上げてくるものが。。

今回のLIVEでは自分の心配をよそに2ndからもちゃんと定番の曲をやってくれたし、新曲も6曲あって今後の彼らの方向性みたいなものが垣間見えるものだった。引きこもってから初期に出来上がった「FIRE」はやらなかったけど、3rdでは恐らく中心になると思われるこれら新曲をいい按配に過去の名曲に織り交ぜつつ演奏してくれた。若干エレクトロな感じに戸惑った場面もあったけど、でも曲の随所に彼ららしさが見受けられたし、また戻ってくるときには彼らの曲として皆も待ち侘びるんだろうなと思うものがあった。

おまけにこの日は自分が待ち望んでいたJag Tuneもやってくれて、そりゃ嬉しさダブルポイント。しかも「初めてのFujiでもやった曲」って紹介してくれたし、LIVEの最中にはファンへの感謝の気持ち、Fujiへの思い、日本への思いまでもがひしひしと伝わってくるものがあった。あぁ、ロブ、お前ホントにいいやつだな。。改めて惚れ直したわ。

最後にZepp TokyoとFujiで見てから3年。その間の彼らの苦悩っぷりといったら・・・フォーラムやマイスペで見ていた時には、見ているこっちが辛くなるほどのものがあってもどかしいくらいだった。でも、この日のLIVEは乗り越えてきたことが感じられる本当に力強いLIVEだった。もう二度と彼らのLIVEを見ることができないのでは?と思っていたときもあったくらいだし、自分は結局じっと彼らのことを待つしかなかったわけで。戻ってきてくれたことに感謝です。またこれから彼らのLIVEを見ることができるなんてホント幸せ。

■The Music Live / live@Ebisu Liquid Room - 2008.05.01(Thu)
-------------------------------------------------------------------
1.TAKE THE LONG ROAD AND WALK IT
2.THE SPIKE ★
3.DRUGS ★
4.FREEDOM FIGHTERS
5.JAG TUNE
6.STRENGTG IN NUMBERS ★
7.TRUTH IS NO WORDS
8.WELCOME TO THE NORTH
9.THE LEFT SIDE ★
10.THE PEOPLE
11.GET THROUGH IT ★
12.GET AWAY
13.NO WEAPON SHARPER THAN WILL ★
14.BLEED FROM WITHIN

★新曲

April 18, 2008

The Music / MTV LIVEへの出演決定!!

やばい!こんなイベントも決まっていたみたい!!

--------------------------------------------------------
「MTV LIVE 04.28.08」 にTHE MUSIC 追加決定!
--------------------------------------------------------
MTVが自信をもってお届けするライブ・イベント MTV LIVEに
本日追加発表されたアーティストは、イギリス出身4人組バンド
THE MUSICの出演が決定!

4月28日(月) SHIBUYA-AXにて開催
全国のプレイガイドにてチケット好評発売中

【出演アーティスト】
THE MUSIC/9mm Parabellum Bullet
THE SUBWAYS / monobright

【チケット販売概要】
一般発売日 : 4/5(土)〜各プレイガイドにて発売 
チケットぴあ(P-CODE) : 0570-02-9999 (289-102) 
※注意 一部携帯電話・全社PHSからはご利用できません
ローソンチケット(L-CODE) : 0570-084-003 (75004)
※注意 一部携帯電話・全社PHSからはご利用できません
イープラス(プレオーダー) : http://eee.eplus.co.jp

※チケット特別予約受付中!
4/23(水)23:59まで受付中
ローソンチケット 0570-084-670

【イベント概要】
東京 4/28(月) SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00  \5,000 (税込/1Fスタンディング/2F指定/1ドリンク別)

主催 : MTVジャパン株式会社
協力 : UNIVERSAL MUSIC/WARNER MUSIC JAPAN/EMI Music Japan
     DefSTAR Records
運営 : DISK GARAGE
問い合わせ : DISK GARAGE 03-5436-9600 (平日12:00-19:00)

MTV INFORMATION 044-722-6660 / info@mtvjapan.com

イベント出演アーティストを一挙に放送!!
関連番組のオンエアーもチェック!!
MTV LIVE04.28.08 出演者ミュージックビデオ・セレクション
4/20(日)18:00〜18:30(初回放送)
4/21(月)11:00〜11:30
4/22(火)17:00〜17:30
4/23(水)深1:00〜1:30


詳細はコチラから。
ユニバーサルミュージックへの移籍も無事に済ませていたみたいで何より。で、公式HPも用意されています。アルバムは6月とのこと。決まったみたいで良かった!!

公式HPはコチラ。
EMIの残骸・・・はコチラ。

March 26, 2008

The Music来日公演決定!!

The Music


一夜限りですが、決定しました!
これまた興奮しまくりな嬉しいお知らせ。
チケット、、うっかりハズレることがありませんように。。

以下、SMASHのメルマガからの抜粋。
-----------------------------------------------------------
THE MUSIC
今夏に待望の3rdアルバムを発売するTHE MUSIC。
東京一夜限りの超プレミアライブが決定!!
5.1(木)  東京 LIQUIDROOM
18:00/19:00 ¥6,000(スタンディング/ドリンク代別)
優先受付期間
http://smash-jpn.com/band/2008/05_music/index.php
3/28(金)10:00〜3/31(月)18:00まで
お1人様2枚までのお申し込み先着順とさせて頂きます。
(注意:予定枚数に達次第、受付終了とさせて頂きます)
*システムの都合上HPのUPは3/27(木)となります。
-----------------------------------------------------------

March 20, 2008

Brahman / live@ZEPP TOKYO - 2008.03.10(Mon)

BRAHMAN_001


3/10にBRAHMANのLIVEに行ってきました。
この日は"AUTONOMY"ツアーの初日。ニューアルバムリリース後のツアーということもあって、どんな曲展開になるのか想像もつかず。7時を過ぎ、いよいよか?と思ったところ、登場したのは見たことの無い3人組。どうやらMY WAY MY LOVEという前座バンドだったみたい。轟音シャウト系でよくわからず。耳が辛かった。。
続きを読むにはこのアイコンをクリック!続きを読む

March 18, 2008

【FRF'08】第2弾出演アーティスト発表

祝★!!でございます!!
The Musicの出演が決定です!!バンザイ!!!!

----------------------------------------------------------------------
今や苗場に欠かせないプライマル・スクリーム、フジロック大好き!なザ・ミュージックが早々に決定!同じくUK からは、セカンドアルバムに期待、お父さんが大人気のミステリー・ジェッツも決定。
アメリカからは、6年ぶりの新作がリリースされたばかりのザ・ブリーダーズ、インディーズシーンの底力を感じさせるスプーン、オレンジカウンティから元気に飛び出て来たメイレイなど初登場のアーティストが続きます。
ジプシーパンクなゴゴール・ボルデロ、ニューカマーの中でも要注目、iPod のCM で火がついたCSS もフジロックに新たな風を吹き込んでくれそう。
The Great Lady of Soul のベティ・ラヴェット、強力なジャズ・ファンクを聴かせてくれるレタス、とブーツィーに続き今年のフジはソウルフルな予感??
ダンスミュージックシーンからもUKの最新DJスイッチ、NY のフィメイルイケイケDJ プリンセス・スーパースターが登場。
すでに様々な色合いを見せ出したラインナップ。まだまだ続く今後の発表もお楽しみに。

BETTYE LAVETTE /THE BREEDERS / CSS / GOGOL BORDELLO /
LETTUCE / MELEE / THE MUSIC / MYSTERY JETS / PRIMAL SCREAM /
PRINCESS SUPERSTAR / SEASICK STEVE / SPOON / SWITCH
…and more artists to be announced
(アルファベット順 13アーティスト)
----------------------------------------------------------------------

この発表をどれだけ待ち望んでいたことか。。
ちなみにThe Musicは今週からシングル用のB面のレコーディングに入ったようですね。どの新曲がB面に入ってくるのか楽しみです。あと、Fujiに来る前にできればアルバム発売してくれ。お願いします。

さぁ、準備開始しようっと。まずは家庭内交渉から。。

詳細はコチラから。
■livedoor Pics
本ブログパーツの提供を終了しました
■Recent Comments
■Amazon Serch
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
■My Favorite Albums
【SIGUR ROS】
Takk… アゲイティス・ビリュン
( )


【RADIOHEAD】
パブロ・ハニー イッチ (ジャパン・ツアー・ミニ・アルバム)
ザ・ベンズ O・K・コンピューター
KID A アムニージアック
ヘイル・トゥ・ザ・シーフ (CCCD)


【ARCTIC MONKYES】
ホワットエヴァー・ピープル・セイ・アイ・アム、ザッツ・ホワット・アイム・ノット
アイ・ベット・ザット・ユー・ルック・グッド・オン・ザ・ダンスフロア ホェン・ザ・サン・ゴーズ・ダウン


【FEEDER】
PUSHING THE SENSES コンフォート・イン・サウンド
FEEL IT AGAIN POLYTHENE


【AQUALUNG】
Still Life Aqualung
Strange and Beautiful Deep Blue


【OASIS】
オアシス ホワットエヴァー
モーニング・グローリー ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース<来日記念限定盤>


【TRAVIS】
ザ・マン・フー The Invisible Band
シングルズ 12 Memories


【THE MUSIC】
ザ・ミュージック WELCOME TO THE NORTH
THE PEOPLE EP THE MUSIC EP(デビュー・ミニ・アルバム)
GETAWAY E.P.


【COLDPLAY】
パラシューツ 静寂の世界
Live 2003 X&Y (CCCD)


【DEATH CAB FOR CUTIE】
プランズ TRANSATLANTICISM
Drive Well Sleep Carefully (Full Dol)


【SMASHING PUMPKINS】
メロンコリーそして終りのない悲しみ サイアミーズ・ドリーム
アドア マシーナ/ザ・マシーン・オブ・ゴッド


【WEEZER】
ウィーザー〈デラックス・エディション〉 ピンカートン
ザ・グリーン・アルバム Make Believe


【BRAHMAN】
THE MIDDLE WAY CAUSATION
A MAN OF THE WORLD A FORLORN HOPE


【ACIDMAN】
創         (CCCD) equal     (CCCD)
Loop          (CCCD) and world(初回生産限定盤)