威徳寺 電信雲書

銚子にある真言宗智山派威徳寺の寺便り、住職の雑感などをお気楽に書き綴ってます。

9月になりました

1535694564381
画像は智積院鐘楼堂付近です。
青々と茂ったモミジの葉、そして木陰、苔、清々しさを感じます。
まだまだ厳しい残暑も続いています。
皆さんくれぐれもご自愛ください。

威徳寺ホームページ更新しました。←こちらクリック



地蔵盆

DSC_0570
地蔵盆法要を8月24日午前10時より威徳寺本堂にて勤修致しました。

1535091431242
当日は、当山什物、地蔵菩薩半跏思惟坐像を正面に安置し、お近くでお地蔵様をお参り頂きました。
普段は内陣須弥壇に安置されていますので、お近くでお地蔵様を拝見できるのは、一年後になります。
法要終了後、ご参列の皆さんにお地蔵様のお話をさせていただき、お近くでお地蔵様を参拝して頂きました。


威徳寺ホームページ←こちら

威徳寺 施餓鬼法要

1533965586957
8月11日 午前11時より威徳寺本堂にて施餓鬼法要を営みました。
近隣寺院のご住職と智山雅楽会の皆さんが読経、奏楽する中厳粛に執り行われました。
法要に先立ち、智山雅楽会による雅楽の紹介、奏楽がなされ、参列者は雅な奏楽に耳を傾け、法要前のひと時、ゆったりと雅楽を堪能された。

施餓鬼法要は、雅楽の調べに合わせ、僧侶たちにより節回しが付いた読経(声明しょうみょう)が唱えられ、続いて住職の施餓鬼法要回向文が読み上げられた。
読経中、参列者ひとりひとりが正面の焼香台にて、焼香し、それぞれ供養する新盆精霊、先祖代々諸精霊の冥福をお祈りした。

1533965642259
参列者は、施餓鬼法要終了後、住職のお話のあと、お塔婆を受け取り、それぞれお墓参りへとむかった。



新盆七日法事

1533073554201

8月1日 午前5時半より威徳寺本堂にて新盆七日法事を営みました。

早朝にも関わらず、新盆を迎えるお檀家さんが大勢参列されました。
初めて迎えるお盆、新盆の供養で、戦前は新盆を迎えるお檀家さんは七日間毎朝、本堂での朝のお勤めに参列していたと先代住職が話しておりました。
戦後は8月1日のみ勤修されています。
参列者は、法要終了後、お墓を綺麗に掃除して、いよいよ迎える新盆の準備に取り掛ます。
お盆の間、亡くなった方や御先祖様、仏さまがお家へ戻っていらっしゃるといわれます。お盆期間中、お傍で仏さまを観じることができます。
過去と現在のご家族を繋ぎます。


威徳寺ホームページ 更新しました。 ← クリック

お盆行事案内

1501537173264
お盆行事が続きます。
各行事に御参列の方は事前に参加人数をお知らせください。

行事当日またお盆期間中、境内は大変混雑いたします。
お車は乗り合って御参拝下さい。
混雑時は、境内駐車場は、体のご不自由な方、ご高齢者を優先してください。
一般の方は、なるべく門前駐車場(33台駐車可)をご利用ください。
猛暑が続いています。お墓参りの際は熱中症にくれぐれもご注意ください。

※「施餓鬼仏餉」受付 8月11日(於:瑠璃光殿)
※「盆供」   受付 8月13日(於:瑠璃光殿)
上記以外は寺務所にて受付けております。 

 

8月1日

新盆七日法事

早朝5時半より威徳寺本堂にて新盆を迎えるお檀家さんのご供養を行います。
お盆中、新盆棚にお祀りする手向け塔婆を授与します。 法要終了後お墓参りをしてお盆を迎えます。服装は平服で御参列ください。

 

8月11日   

「威徳寺施餓鬼会仏餉」受付 

瑠璃光殿にて「仏餉」の受付をしています。

威徳寺 盂蘭盆施餓鬼会 うらぼん せがきえ

11時より威徳寺本堂にて盂蘭盆施餓鬼大法要を営みます。
当日は、近隣寺院ご住職、僧侶が多数参列し、雅楽僧により雅楽が奉納される荘厳な大法要によって 新盆供養、ご先祖様の総供養を営みます。

付塔婆は3,000円です。事前にお名前をお知らせください。

服装は礼服で御参列ください。

 

8月13日

「盆供」先祖精霊供養 受付 

瑠璃光殿にて「盆供」の受付をしています。

お授けした経木はお盆期間中、仏壇またはお盆精霊棚へ御供物(果物・野菜)といっしょにお供えします。経木はお盆明け16日の送り火としてに燃やしていただくか、御供物と共に始末します。

 

迎え火

お盆には先祖の霊は灯りを頼りに帰ってくると伝えられています。
お迎え火を焚きご先祖さまの霊をお迎えします。

 

13日~15日

棚経 たなぎょう

新盆を迎えるお檀家さんのご自宅へ新盆棚のお参りに伺います。

 

8月16日

送り火

送り火を焚きご先祖様の霊を送り出します。お盆精霊棚を収納し御供物を下げます。
お位牌をお仏壇に戻し今後の精進を誓って祈念します。

盆供の経木は送り火の際に一緒に燃やしていただくか、御供物と共に始末してください。

灯籠流し

毎年、利根川河畔(旧渡船場) にて、銚子仏教会各ご寺院ご住職の読経により 新盆諸精霊、先祖精霊、三界万霊を供養し、灯籠を利根川へ流し諸精霊の冥福を祈ります。       

 

8月24日

威徳寺 地蔵盆

10時より威徳寺本堂にて、慈悲深くやさしいお地蔵様のご縁日に新盆各霊の供養法要を営みます。81日新盆七日法事で授与いたしました「手向塔婆」をご持参ください。

お地蔵さまの有難い御加護により新盆諸精霊のさまざまなお盆行事を滞りなく終了いたします。

服装は平服で御参列ください。




威徳寺ホームページ←クリック

ラジオ体操

DSC_0499
7月1日より毎朝6時半より
威徳寺駐車場にてラジオ体操が行われています。
町内近隣の皆さん30名ほど集まります。
健康増進、町内の結束、懇親、お年寄りの安否確認…
町内役員の皆さんご苦労様です。

威徳寺ホームページ←こちら

大日如来坐像 修復

BlogPaint
本堂の隅に永い間だいぶ酷い状態で祀られていた大日如来坐像の修復を昨年4月、京都の老舗仏具店「田中伊雅」へ依頼しています。
当山は明治時代火災にあっており、現在地へ移転再建されましたが、焼け残った当時の仏像などは現在も本堂にてお祀りしてあります。だいぶ傷みも酷く順次修復作業を行っています。
既に、地蔵菩薩半迦思惟座像、聖観音立像、不動明王座像等の修復を終えています。修復先の京都田中伊雅仏具店は千年以上続く日本屈指の老舗です。

『株式会社田中伊雅仏具店
(たなかいがぶつぐてん)は、京都市に本店を置く仏具店。創業は仁和年間(885年 - 889年)。現存する、業歴千年を超える日本の老舗企業7社のうちのひとつであり[1]京都府内の製造業の中では最古の企業である[2]平安京遷都により数多く建立された寺院に納めるべく、創業以来70代にわたり、真言宗天台宗をはじめ各宗派の仏具の製造を続けている。(Wikipediaより)』


BlogPaint
七月現在、解体、洗浄し補修組立に入っているそうです。

DSC_0494
新たに台座や光背等も作成し、修復作業継続中です。
来年初頭の完成予定です。
修復後は本堂正面、須弥壇に安置させて頂きます。
御本尊(薬師如来)は今まで通り秘仏として宮殿に閉扉して安置されていますので本尊の御前立としてお祀りさせて頂く予定です。

威徳寺ホームページ←クリック

プロフィール

itokuji

ギャラリー
  • 9月になりました
  • 地蔵盆
  • 地蔵盆
  • 威徳寺 施餓鬼法要
  • 威徳寺 施餓鬼法要
  • 新盆七日法事