威徳寺 電信雲書

銚子にある真言宗智山派威徳寺の寺便り、住職の雑感などをお気楽に書き綴ってます。

0CA234C5-CD81-4B72-AF43-DC4A48EE7950
本堂の片隅に安置されていた阿弥陀如来像です。
経年劣化はもとより欠損箇所損傷が激しかった仏像です。

FC5B8790-F19D-419F-9097-80CEEA2782BC
令和元年9月京都田中伊雅仏具店へ修復依頼していた阿弥陀如来立像の修復が終わり、戻って参りました。令和3年7月1日綺麗に修復され本堂へ搬入されました。


5074032B-0B9C-4278-8517-99735C26B001



5A74D25F-C083-47EE-A84E-1C7474575394




2F7698D1-DB29-40B3-B821-214AAA3FFB82
京都の伝統工芸を受け継ぐ仏師塗師職人さんの手によって見事に修復されました。
本堂内陣右側に安置させて頂きました。

9C845CC0-AE59-4C10-9017-AE60DD81960E
画像は智積院の名称庭園です。
鬱陶しい梅雨空が続き、コロナ禍で気持ちも沈みがちです。
外出して気晴らししたい気分になりますが、
天候も悪く自粛生活で家の中に引きこもる時間が増えました。
仏教の修行で雨季に外へ出られない時、室内に籠って修行することを雨安吾(うあんご)といいます。
ぼーっと雨音を聞きながら心静に過ごしてみることも時には心の休養になります。
雨は必ず止みます。コロナ禍も収束する時が必ずやってくると思います。
今は辛抱の時です。
どうぞ皆さんご自愛ください。




9B593546-2B7F-4CA3-8FBD-EFCFA3BB7A80
6月15日総本山智積院にて青葉まつりが勤修されました。
写真は講堂より柴燈護摩道場へ向かわれる布施浄慧管長猊下。
青葉まつりは真言宗の宗祖弘法大師空海と中興の祖興教大師覚鑁のお誕生をお祝いする行事です。
講堂(例年は金堂で営まれますが金堂修復工事中ですので今年は講堂にて厳修されました。)での法要に引き続き境内に設えられた柴燈護摩道場にて山伏により疫病退散、所願成就のご祈祷が行われました。



EA565BD1-D39D-4AAC-A0F4-F79C3E97C3EA
墓参用お線香、高野槇のお支払いはスマホアプリでお支払い出来ます。
d払い・メルペイに続き、PayPayもご利用いただけるようになりました。

 
99DA8335-525A-4BEA-98E5-81B03056084F
本堂の屋根の修繕工事を行っています。
春の嵐の強風によって傷んだ箇所の修繕です。
修繕工事に伴い本堂正面付近に工事用の足場が組まれています。
工事期間中安全には十分配慮しておりますが本堂ご参拝の際にはお気を付けください。


4D39BC93-642B-464C-B83D-FE90CEFC8DA2
お檀家さんが威徳寺の名入りマスクを作成してくださいました。
有難く使わせて頂きます。

新型コロナウィルス感染が一刻も早く収束致しますようように。
皆様方が息災であられますこと御祈念申し上げます。

一心祈願疫病退散

このページのトップヘ