2016年01月10日

どうも、あけましておめでとうございます。

正月に風邪をひいてしまったのですが、体調の悪い中、
仕事のスケジュールの都合が合わず、席の予約はできなかったので、
戻りは新幹線の自由席という名の寿司詰め立ちっぱなし席の影響で
更に体調が悪くなり、年明け初出社もできずに内科に駆け込みまして、
投薬しつつ安静にしていたら風邪の症状はよくなったものの、
咳だけが止まらず、しかし前回行った内科は休診日、
なので別の耳鼻咽喉科で診てもらうと気管支が炎症おこしたまま
身体が衰弱しているとの事で、さらに別の薬(咳止め含む)を処方され、
会社を休んで養生していたのですが、
夜寝る際の咳が酷くなり、えずいたり呼吸が困難になる程で
養生どころかかえって睡眠不足と疲労が溜まる一方なので
更に別の内科で診てもらいまして、結果喘息と診断されました。
というわけで、ステロイド吸入器を手放せなくなってしまいました(汗)

去年の健康診断の結果といい、左腎の欠損といい、
最近自身の身体にロクな事が起きてません。 
喘息の件も、尿酸値の高さや腎臓と同じく「体質的な問題」だそうで。
今後は一層体調管理に気をつけなければならなくなりました。

新年早々景気の悪い話でしたが、今年もなるべく頑張ります。もう無理はしない方向です。
 

(21:33)

2015年11月29日

どうも、いとうです。

今日も行って参りました、東京観光。
今回は浅草です。

asks01

ベタですが雷門です。
休日だけあって人が多い・・・。
しかし東京タワーと違って浅草寺、神社へと続く仲見世通りは下町風情というかその土地ならではの文化のようなものが趣深さを感じるようなそうでもないような。
まぁ外国からの観光客も多いので多少和風を大げさに盛ったような違和感はありますけどね(笑)そこはご愛嬌というか。

asks02
雷門をくぐりすぐ先にあるきびだんごの店で 定番のきびだんごと甘酒を頂く。
できたての人形焼とせんべいも食べました。
こういう所で食うモンにケチをつけてはならない、とは某孤独のおっさんの受け売りですが
寒空の下でそこそこあったかくてできたてなら何でも美味く感じるものです。(←フォローになってない)

asks03
浅草寺の五重塔を下からのアングルで一枚。
これでもうちょっと天気がよければなぁ・・・。

浅草は古い街ということもあり言いえぬレトロ感と、間近でどうしてもチラチラと見えてしまうバカみたいに縦長のスカイツリーの近未来感とのギャップにいささか混乱しそうになりますが、合間の隅田川や巨大な黄金のウ○コかジャバザ○ットみたいなオブジェやら隅田公園などの街並みも含めて俯瞰してみると、子供のころからテレビで見てきたいわゆる「東京」って感じの景色がフラッシュバックしてきます。
地下鉄銀座線へつながる地下街の狭くて暗くて天井低いとこに店がギッチギチに並んだ昭和風情漂う雰囲気は酒でも飲めりゃ魅力的に感じるんでしょうかね。

あと余談ですが、自撮り棒使ってスマホで撮影してる人、多くなりましたね。
集団で撮る際、知らない人にシャッターを頼む必要も無いしああいうアイテムは丁度良いんでしょうね。

スカイツリーの方はまた別の機会に。



(21:29)

2015年11月24日

どうも、伊藤です。
東京観光の日記でも書きたいところですが、ここ最近休日で外出予定の日に限って雨天だったり降水確率高めなドンヨリな日和が続いており、なかなか観光出来ません。

それはさておき毎年健康診断行ってるわけですが、今回の結果は例年よりも酷く部分的にE判定が出てしまいました。
 内臓が特に酷くヤラレており、不摂生とかストレスとか運動不足とか色々原因はありますがとにかく再検査と相成りました。あと、左の腎臓がどうにも見つからないのでCT検査もしてきます。

本人が気づかない内に相当体がボロボロになってました。
今年は特に仕事の忙しさとプレッシャーによるストレスが半端なかったのでさもありなんといった感じです。
身体には気をつけろ、とは常々身内にも言われ続けていたものの、やはりこうなってしまいました。
嗚呼なさけなや。 

今後は仕事のやり方も少々変えて、多少早めに帰れるようにしたいですが
体調管理も仕事のウチとは言うものの、一方でこちらの都合が通せる程
世の中甘くもないので胃が痛い所です。 

不景気な話はこれくらいにしておいてツイッターにあっぷした絵など。 
 りゅーじょー
薔薇と龍壌。
なんとなく色的に合うかなと思って描いてみたらくがき。
ツイッター上では意外と薔薇知ってる方多くてびびりました。
渋谷凛
アイマスの渋谷さん。
もうちょい痩せてたほうが似てたかも。

あきつ丸
あきつ丸。
試製甲板カタパルトと聞いて、陸軍で試作止まりに終わったヤツを提督に押し付ける困ったちゃん。
 

(01:15)