Windows Live Mail の迷惑メールフォルダに貯まったメッセージを削除しようとすると、「不明なエラーが発生しました」といって削除できないメッセージが残ってしまいました。

早速ググって見ましたが、解決策は見つかりません。
仕方ないので自ら調査開始。

まずは実在するファイルを消しちゃえば解決するのでは?と保存先フォルダを調べてみると...なんと実在していないではないですか!
どうやら、ウィルス付きのメールだったので、ウィルスバスターが削除してくれた模様。
つまり、受信した情報だけは残っていて一覧には表示されるけど、実際に表示したり削除したりしようとしてもメッセージファイルが存在しないのでメールがエラーを出してしまうようです。

こりゃダメかな?とあきらめつつも、なんとかならないかと適当に操作。
いろいろ試しているうちに削除できちゃいました。
何をやったかって、何をやったんでしょう?

もう一回いろいろ試してみると、
消せないメッセージを右クリックして「添付ファイルとして転送」をクリック。もちろんエラーが出ますが、あら不思議!なんとメッセージが消せるようになりました。

いやー、やってみるもんですね−。
---------------------------------------------------
2010/10/05 追加

コメントも頂いていますが、一旦開いてから削除でも消せましたね。
(当時は、本当に何をやっても消せなかったんです)

ただ、開いてから削除しないといけないので、いかにもなメールを開かずにまとめて削除しようとしても、不明なエラーになっちゃうんですよ。

仕方がないので、「Delete」ボタン連打でいちいち表示させながら消しています。
(連打が早すぎてもダメなんですよね、これが)