今年は何も予定が無かったので、敗者復活戦からM-1を拝見。俺の好きなアームストロングや磁石をしっかり見届け、納得のパンクブーブー敗者復活。
決勝が始まり、テレビ画面を凝視していたけれど、どのコンビもいまいちだなと感じる。往年のM-1よりも全然笑えないのであって、今年で終わりというのもおおいに納得した。スリムクラブが出てきた時、どんな漫才をやるのかなあ、恐らく一筋縄ではいかないだろうと思案していた所、予想通りの、ネタがとんだかと思ってしまいそうな間の漫才。しかしそれは会場が湧く程の面白さであり、爆笑。一体あれは漫才ととららえて良いものか解らなかったが、凄く面白かった。
後、ピースや笑い飯が出てきたけれど、ピースはやはりコントのほうが面白く、笑い飯は安定。最後のパンクブーブーは、敗者復活と同じネタをやった事に仰天したが、本選出場者の中ではダントツの面白さだった。

決勝のメンバーは、スリムクラブ、笑い飯、パンクブーブー。個人的な見解では、納得いくメンバーであった。
俺はこの調子だと、パンクブーブー一点だなと考えた。
然し、パンクブーブーは形式に於いて、進行までまるきり、というと語弊があるが、兎に角同じであった。何故あれをやったか考察するに、構成という点で完成されつくしてしまい、あれこそが我が新スタイルと意思を貫き通したか或いは、笑い飯に遠慮したのか。その辺のあれこれは俺には到底理解できないものだが、ネタを見終え、パンクブーブーの優勝は消えたと思った。
一方笑い飯は、お馴染みの形式でネタをやり通した。然し一回戦よりも面白くないなあと感じてしまう様なものだった。
問題児スリムクラブはというと、俺はてっきり、一回戦とは全く違った、これも言い方が難しいのだけど、しっかりした漫才をすると思い込んでいた。然し彼らは一回戦と同じ形式で漫才した。そしてその漫才は、一回戦よりも観客や俺を引きつけ、爆笑。単純に面白さで言うならばスリムクラブ優勝が圧倒的であると思った。
然しあれをM-1という舞台、しかも最終回にて優勝させるかと言ったらまた難しい所であって、ここは笑い飯に獲らせるべきと考えるかもしれぬ、いや、そんな事をしてしまうと笑い飯が胡散臭いものに見えてしまうし、などと推量するに、結果発表が始まった。
優勝は、笑い飯。
これは、スリムクラブが一番面白いと思った人でも、そうでない人でも、そうでもない人と書いたのは、スリムクラブのネタは、はまらない人には到底理解できない物であると考えるからだが、とにかくこの結果は、想像し得る範囲である筈であり、俺も又先述の通り色々な思索をしていたのであって、別段戸惑わなかった。
ただ、俺は往年のブラックマヨネーズやフットボールアワーの様な、奈良のネタを始めて見せてくれた時の笑い飯の様な、腹を抱えて笑わせてくれるものを欲し、優勝者に、文句無し一位と声高々に言いたかったので、今回の功労賞をあげた様な終わり方には、敗者復活選で見た、女二人組みの漫才よりも、つまらねえなと思う他ないのである。
悪口ばかり書いていても仕様ないので、良かった事を書こう。それは大竹さんが居た事だ。俺のさまぁーずびいきは凄まじいものなので、ここには私情が挟まるけれど、周りを窺いながらよく頑張ってくれましたね、お疲れ様!と言いたい。

今年のM-1は、どきどきわくわくがなく、まるで再放送のドラマを見ている様な展開が繰り広げられ、笑い飯優勝はおおいに結構であるし、俺自身も一ファンであるので嬉しい気持ちもあるが、なんだか充足感の無いものだった。終わりで納得。とにかく笑い飯おめでとう。けれども笑い飯、あまり仕事増えなさそうな気がする。これは超一方的主観だが、それが一番かわいそう。よし、皆さんお疲れ様でした。