伊藤幸弘 不登校ひきこもり解決DVD wikiの口コミ評価は?

いつまで子供のことで悩み続けるつもりですか?伊藤幸弘さんの不登校ひきこもり解決DVDで楽になりませんか?

ブログネタ
いじめ に参加中!
fi02

子供が無事に元の生活に戻れるように、いろんなことを試してきたけれど効果はいまいちで、余計に引きこもりがちになっていたとしても、
正しい叱り方・甘やかし方を改めて勉強しなおすことができ、問題を抱えていたのがうそみたいに、明るくにぎやかな家族になれる方法がこちら



あなたも、下のような悩みがこのさきもずっとずっと続くと思うと、思わず涙がこぼれてその場から逃げ出したくなる思いに駆られたりしないでしょうか??

depression1

このままひきこもりが続いたらと思うと怖くてたまらない

子供の人生がこのままめちゃくちゃにならないか不安

気が付くと子供の心配ばかりして落ち着かない

ぐっすり眠れた日がしばらくない


自分の子供が不登校になったり、引きこもりがちになってしまうと「なんでうちの子が。。。」とわが身の不幸を呪いたくなる衝動が湧き上がってくるかもしれませんが、実際には、不登校などは「なるべくしてなった結果」だと考えたほうがい、というのが本当のところです。

不登校・引きこもりになってしまう子供というのは結局、自分に自信を持てないことが原因、しいては親の愛情をしっかりと感じられずに育ってきたことが原因なので、もし、社会に出てから自信を粉々に打ち砕かれるような逆境に遭遇した場合、親の力を持ってしても立ち直らせるのが困難になる危険があります。

そう考えると、むしろ社会復帰できるチャンスが残されている今の段階に、不登校や引きこもりを起こしたのは、親にできることが数多く残されていますので、子供が持っている可能性をむげに潰されることなく、本当の魅力を発揮するためのきっかけにすることだってできます。

196

伊藤幸弘さんの不登校ひきこもり解決DVDは、子供に自信を取り戻して上げるためには、親はどんなことができるのか?どんなことをすべきなのか?というのがまとめられているマニュアルで、子供にばかり負担をかけるのではなく、親も不登校克服に向けてそれなりの努力をするように指摘しているが特徴です。

伊藤幸弘さんとはちなみにテレビで子供の不登校問題や引きこもりに関して特集された際には、必ずと言ってよいほどコメントを求められている教育カウンセラーで、これまでに2000人以上の子供とその保護者と、それこそ体を張って真正面から取り組んでいき、不登校や引きこもりを克服させ、社会復帰させてきた実績の持ち主です。

子育て協会代表 杉浦正明さんや児童精神医学の権威である佐々木正美先生さんからも絶大な信頼を寄せているように、国会でも少年問題で意見を求められるほど、彼のアドバイスには定評があるのですが、実はそんな彼自身が、不登校や引きこもりを大きくこじらせ、関東最大規模の暴走族総長になるほどの非行経験を持っています。

刑務所暮らしをするほどどん底の状態にまで追い詰められたものの、周囲の温かい援助のおかげで見事に社会復帰を果たし、その後は、自分と同じように非行に走った少年や、引きこもりがちになった子供に、全身全霊を持って立ち向かっていき、社会復帰できる道を一緒に模索する日々を続けています。

不登校ひきこもり解決DVDでは、伊藤幸弘さんの培ってきたノウハウが注ぎ込まれていて、現在のあなたの状況にもよるのですが最短で1か月くらいで、子供が元気に部屋から出てきて、楽しそうに学校へと向かっていく姿を見せるようになります。

不登校ひきこもり解決DVDがなぜ、これほど高い効果を出しているのかというと、不登校・引きこもりなどの原因を子供にばかり求めるのではなく、親や家族全体の問題としてとらえ、皆で一丸となって問題解決に取り組んでいくからです。
伊藤幸弘さんの話す内容の中には、親の責任を追求するような一面もありますので、聞いていて耳が痛い印象を受けるかもしれませんが、言っていることは決して詭弁ではなく、経験に裏付けされた正論です。

感情的には受け入れがたい部分があるかもしれませんが、気持ちをぐっとこらえて伊藤幸弘さんの言うことに耳を傾け、言われたとおりに実行してみることが、不登校ひきこもり解決DVDの持っている本来の効果を引き出すポイントとなってきます。

→→息が詰まる毎日からあなたとあなたの家族を解放してくれる不登校ひきこもり解決DVDの中で伊藤幸弘さんが指摘する「子供の行動での危険信号」とは??
fi03


木多崇将
メンズボディデザイン

ブログネタ
伊藤幸弘 不登校ひきこもり解決DVD 口コミ評判 に参加中!
fi01

不登校・引きこもり問題に直面した親たちにほぼ共通しているのは「明るく元気で友達の話も良くしていたのに、どうしてわが子が。。。」と驚きも同時に感じている点です。

確かに不登校なんかを起こしてしまう子供というのは、性格的にはどちらかというと優しい子が多く、周囲からも愛されるキャラの場合が多いのですが、それは逆に言うと、自分の中にしっかりとした「自分の軸」「自信」を持つことができず、周囲の期待に答えることや常に周囲の目を気にすることによって、自分を保っていることを意味しています。

そのため、ちょっと期待に応えられなかった場合や周囲からちょっとでも軽くあしらわれてしまうことをきっかけに、それまで築き上げてきた自信に簡単に亀裂が入ってしまい、それが不登校や引きこもりへと発展してしまうわけです。

p10305631

伊藤幸弘さんの不登校ひきこもり解決DVDではそこで、本当の意味で子供に自信を持たせてあげるわけですが、いずれにしても子供の自信というのは、親・家庭でしか養うことができません。
「親は自分のことを信じてくれている」「自分の可能性を認めてくれる」「自分を愛してくれる」といった感覚をしっかり持ってもらうことが子供に自信を持たせるためには不可欠で、こういった気持ちを子供に自発的に持たせるためには、親がそれなりの努力をしていかなければいけません。

だからと言って、いきなり家族で出かけるイベントなんかを増やしたところで子供にとっては「愛情の押し売り」としか映らないので、むしろ逆効果になる危険があります。
子供に自信を持たせるには、親が何をすべきか?というのが不登校ひきこもり解決DVDの中で伊藤幸弘さんが丁寧に解説してくれていますので、その通りに実行するように心がけてくださいね。

不登校を起こしがちな過程に見られる特徴として「愛情」と「干渉」を勘違いしていることがよくあり、あなたは愛情を注いでいるつもりでも、子供にとっては「うざい干渉」と映っている可能性がよく刈ります。
引きこもりを克服するためには、まずはこういった勘違いを解消していくことも重要で、そのためには、正しい知識を持つことが必要不可欠です。

あなたも、伊藤幸弘さんの不登校ひきこもり解決DVDを見て、何をすべきか?何がいけないのか?何を気を付けなければいけないのか?といった知識を身に着けることで、下のような結果を速ければ1か月ほどで実現させることもできますよ。

cimages

昔の写真を一緒に楽しく見れるようになる

以前の平和な我が家がよみがえる

子供と本当の意味で向き合えるようになる

元気に登校するのが当たり前になる


自分は親身になって対応しているつもりでも、実は子供に余計なプレッシャーを不安を与えるやり方は今すぐ終わりにして、
子供の心の刺さったトゲを丁寧に取り除いていき、夜明け前のように暗かった家庭に明るい光を差し込ませていきませんか?


fi06

伊藤幸弘さんの不登校ひきこもり解決DVDで、社会復帰できる可能性がまだ残されているうちに、以前よりもずっと充実した家族の時間を持てるようになるにはこちら



金本博明
回復食

↑このページのトップヘ