2008年08月21日

ミュージカルエロゲーとか緋色のルシフェラーゼの新刊とか

 伊藤イツキの「緋色のルシフェラーゼ」、新刊出ました。
 雑誌連載分の単行本化です。
 実質的な第1話というか誕生編となる話ですので、
 これから読んでくださる方は、
『今回発売の本 → 1巻 → 2巻』
 の順でお読みいただくと、一番イイ感じになるんじゃないかと。

 あと、ヒロインが縦笛舐める話とか入ってます。
 1話まるまるかけて好きな子のリコーダー舐める『だけ』の話。

緋色のルシフェラーゼ 彼女は恋の魔王!? (富士見ファンタジア文庫 183-3)


 これの雑誌掲載、R.U.R.U.Rと同時進行でしたので、スケジュール的に大変だったようです。
『忙しい』って意味だけでなく、
『Light社さん(R.U.R.U.R出したメーカーさん)にヨソの仕事してるのバレないよう振舞うのが大変』って意味でも。
 ただ、それでも締め切りを守っていたのが偉いところです。R.U.R.U.Rのスケジュールというのは、遅れる理由はいつも決まって……ゴホッゴホッ、この話題はやっぱりナシの方向で。


 さて、それはそれとして、最近なんとなく
「本格ミュージカルエロゲーってどうだろう?」
 とか思いつきました。
 しかも、割とマジで。

 先述のR.U.R.U.Rなんかでは、ゲームの途中で子守歌だの詩だのがあちこちに入るのですが、アレをもっとエスカレートさせたゲーム。
 心情の大きな変化は、常に歌で表現する、とかで。

 もし本当につくれたら、日本で有数の『格調の高いエロゲー』になるかもしれません。
 残念ながら、売れる、とは言いませんが。

 一応企画書も作ってみましたが、
 こんなトンチキ企画、通してくれる会社無いだろうな……。

 もし、この企画に興味があるという奇特なメーカーさんがあれば、
 伊藤までメールください。
 かなり本気で待っています。


 ちなみに、なんでこんな事を言い出すようになったかといえば、
 こないだ風邪で寝込んだ際に『CATS』『プロデューサーズ』『サウスパーク劇場版』とミュージカルもののDVDを3本連続で観たせいです。
 風邪で頭がボーッとしてるところに3本まとめて観たものだから、頭の中、そればっかりになってしまいました。
 どれも面白いのでオススメです。

キャッツ スペシャル・エディション



itouitski002 at 00:35コメント(1)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by saru   2008年08月26日 17:02
それって、Hな表現が使えないから歌っちゃうインド映画みたいなものですね。

わかります。

でも、エロゲーだからHしながらあえぎ声の代わりに歌っちゃうんでしょうか?
おてぃむてぃむ起てますかね?w

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ