スーパー3助さんとはじめて会ったのは、牛女さんが主催の本当に幸せライブだった。多分2015年の2月17日だろう。

きっかけは意外な繋がりであった。カシスさんがバイトしていた一人カラオケ専門店に、めちゃめちゃ腰の低い新人が入ってきて、その人が当時アンドレというコンビを組んでいた3助さんでめっちゃビックリしたらしい。

それをきっかけとして、アンドレさんが本当に幸せライブに出ることとなった。当時の俺とカシスさんの中では「な、なんと…!?」という状況であった。

2015年の段階では俺とかフカミドリが芸歴5年目、ガクヅケはマセキに入って3年目とかそんなもんで、この時アンドレさんは12年目であった。めちゃくちゃ先輩過ぎてさすがに萎縮していた。

当日アンドレさんが来ると、3助さんはカシスさんの言ってた通り、あり得ないぐらい腰が低かった。先輩の腰が低過ぎて気が引けるぐらいだった。

会場は高円寺の無力無善寺という怖すぎる会場で、キャパが約10という激狭ライブハウスであった。

そこでアンドレさんが勝負ネタ中の勝負ネタをやっていて、これがもうあり得ないぐらい面白かった。ネタバレがどうとかいうネタでは一切無いので、何度も見ていたネタだったがこの時のウケ方はとんでもなかった。あの時の会場にいたごく少数の方なら覚えていると思う。

あらびき団でネタを見てたり、阿佐ヶ谷ロフトの大日本大喜利で見てたりと普通にファンだったしカシスさんも普通にアンドレさんのファンだった。

そこからアンドレさんは大喜利千景に出たりしていたので、少し3助さんと話すようになったり、虹の黄昏さんとアンドレさんがなかの芸能小劇場でツーマンをやるとの事で、こんな見に行くべきライブもなかなか無いのでお笑い好きの男友達数人と見に行って、終わりで近くのベローチェで「面白かった~」とオーレフロートのソフトクリームを食べながら話していた。ここでたまたまバーニーズのロメ細達か誰かと会った気がする。

しかし、アンドレさんは解散する事となり、こういう時に先輩に連絡するのも失礼かなと思ったが、残念ですとDMを送った。周りもアンドレファンが多かったので、仁木恭平以外がショックを受けていた。

一本釣3助という芸名をスーパー3助と変え、アンドレでやるはずだった単独をなかの芸能小劇場でやった。「フカミドリ杉山しか来ないんじゃないか」と言っていたがフカミドリ杉山以外も来ていて良かった。というか杉山いたかな?そこの記憶は曖昧である。

距離が近くなっていったのはわりとライブ被りもそうだけど、客として見に行ってる回数も多かったので割と話せる機会が多かったのかもしれない。

ひみつスナイパー健、ガクヅケ、フカミドリと7人でトークライブをやっていたら、3助さんから「俺の好きなメンバーでやってるじゃん!!俺も混ぜて!!」と言われて嬉しかったので、6人に聞いたら仁木恭平以外快諾したのでゲストに出てもらった。3助さんが来ることにより、お客さんが2人増えたが2人減ったのでプラマイ0であった。

スーパー3助さんには熱狂的なファンがおり、主に若手の男芸人なのだが、ふじこ、杉山、あとは大久保八億とかJCA24期が何人か、と芸人が数名が働いてるバイト先があり、そこに24期の女芸人が3助さんを紹介してそのバイト先に入れたら、別の24期の芸人が怒ったらしい。

「俺の大好きなスーパー3助さんを同じバイト先に呼ぶな!!!」

という事だったらしい。先輩になるとバイトを紹介してもらうのも一苦労である。

ちなみに、ふじこが大久保八億と大鶴肥満と同期ライブをやろう、と紅さそりライブというのをやった時に、俺に相談してきた。

「あの… フカミドリさんとかサスペンダーズさんって… こんなライブでも出ていただけるんですかね…?」

「いや、出ていただけるとかそんな立場じゃないから!!!!!!」

と思ったが、たしかに俺とかフカミドリはふじこ達の5年先輩であった。人力舎の時の5年先輩と言えばS×Lさん(現・リニア)であり、たしかにS×Lさんにはさすがに一回も話しかけられなかった事を考えると、5年先輩というのはかなり上であると実感した。芸歴を重ねるとライブが減っていく事がある、とは聞いていたがこういうカラクリだったとは。先輩になるとライブに出るのも一苦労である。

S×Lさんに話しかける事さえ出来なかった俺は反省をし、先輩にも声をかけさせて頂いている。中でもスーパー3助さんと街裏ぴんくさんのお2人には俺のオールナイトライブから毎回のように主催ライブに出て頂いている。ありがたい事である。

このお2人が一番先輩になる事が多いのだが、全くピリつかないので楽屋もライブも和やかな雰囲気でやれている。街裏ぴんくさんはひたすら優しく、スーパー3助さんは知らない間に後輩達からナメ切られていたからである。いつの間にそうなったんだろう?










そんなスーパー3助さんに出てもらうライブです。



シャラ〜ぺpresents

「第二回 賞金争奪!地元のツレに久しぶりに会ったのにそんな話するなグランプリ」

4/2(日)

OPEN 12:00 / START 13:00

前売¥1,800 / 当日¥2,100(共に飲食代別・要1オーダー500円以上)
※前売りはe+(2/16正午12時発売開始)、阿佐ヶ谷ロフトweb予約、各出演者取り置きにて!

【ディフェンディングチャンピオン】
真空ジェシカ・川北


【エントリー者】

Aマッソ・加納(前回ファイナリスト)
フカミドリ・杉山(前回ファイナリスト)
ガクヅケ・船引(前回ファイナリスト)
真空ジェシカ・ガク(前回ファイナリスト)
アンゴラ村長(前回ファイナリスト)
ガクヅケ・木田
サツマカワRPG
牛女・しらす
フカミドリ・矢巻
スーパー3助
浜村凡平
Aマッソ・村上(初出場)
リンゴスター高野(初出場)
ママタルト・大鶴肥満(初出場)
乳桃みゆ(初出場)
生活の知恵・栗原(初出場)
四千頭身・後藤(初出場)


【チャンピオン推薦枠】

高橋ちゃん(初出場)


【社会人エントリー枠】

わんちゃんのカリカリ(初出場)


【当日気が向いたら来てくれる枠】

マジのただの女子(アンゴラ村長の友達)


【芸能界大復帰特別ゲスト枠】

島田珍助


【「地元のツレに久しぶりに会ったのにそんな話するな!」とツッコむ地元のツレ役】

モグライダー・芝


【MC】

シャラ〜ぺ

   

イープラス、web予約はこちらから→http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/59751
各出演者へのお取り置きも承っております。









ちなみに、3助さんとカシスさんと家臣アルティメットヒーローズなどと鳥貴族に行った事がある。その時の事をトークライブで3助さんに言われた。

「シャラ~ぺは酒飲むとヤバい!!!酒飲んだ瞬間に『童貞が好きとか言ってる女は、童貞の中でも女と縁が無い方と遊んで優位に立って良い気になって、実際はハイスペの童貞と付き合う。クソだ。あいつらは人に幸あれと言いながら自分では何もしないしそれどころか不幸にしている。ゴミ。カキタレはカキタレのくせにカキタレという自覚が無い。最悪。口だけが上手いカス芸人に、良いようにカキタレとして使われてるくせに気付かずにそのチンポを舐めた口で応援してますとか言いやがる、マジで死んだ方が良い。お前にだけは応援されたくない。多分何かきっかけがあったら俺は殺す。俺は世の中の女のマンコを全部はんだごてで閉じていく。世界を終わらせる。クソが』みたいなモードに入った!!!」

みたいな事を言われた。もちろんトークライブなのでこんなに長くはないが、大体こんな感じの事だ。

しかしスーパー3助さんは記憶違いをしている。俺は全く酒を飲まない。シラフである。牛女・シラフだけどそういう発言は全部実際にした。

これは結構前の事だが、そんな時代もあったね~と思える高みまで来た。環境が変われば精神も落ち着くものである。非常に精神の安定した毎日を送っている。

スーパー3助さんには、またこういう後輩が出て来た時に「お前ヤバいぞ!!!」とツッコんでくれる存在でいて欲しいと思う。何故なら、本当にヤバい時は誰もツッコまないから。マンコをはんだごてで閉じると宣言して、ツッコまれなくなったら人間終わりである。