2007年09月18日

いちばん楽しいこと

 「いちばん楽しいことってなんやろうなあ?」と話しかけてみたら、母親は即座に「おなかが空いてるときにごはんを食べたり、すごく眠いときに寝たりすること!」というようなことを言った。

 とてもシンプルだけど、なるほどなと思う。

 うちの母親が言っていることを私なりに読むと、つまり、「いちばん楽しいこと」というのは、人間(動物)の基本的な欲求と直結していて、なおかつ、その欲求が満たされていないという自覚がある状態でそれを満たすことだ、ということになる。

 この、欲求が満たされてないという自覚が楽しいことの前提条件として挙がっているのが面白いと思う。

 「いちばん楽しいこと」は、ただ「ごはんを食べたり、寝たりすること」ではなく、あくまでも「おなかが空いてるときにごはんを食べたり、すごく眠いときに寝たりすること」なのだ。

 「幸せの第一歩は不幸の自覚」と思ったことがこれまでに何度もあったけど、そういうのとも近そうだな。

 

itsukipan at 23:26│Comments(5)clip!なんか思ったこと 

この記事へのコメント

1. Posted by ふじた   2007年09月18日 23:44
そのように僕も思います。
あと、幸せの経験があると、例えばそれほど空腹じゃなくても、ご飯を食べたときに幸せだなあと思えたりする、理性による幸せみたいなのもある気がします。
2. Posted by いつき   2007年09月19日 09:39
ふじたさま

そうですねー。理性による幸せ。ありますねえ。
理性による幸せ 対 理性によらない幸せ、というのも、これから考えてみたいテーマです。

経験に基づかない理性による幸せっていうのもあるかなあと思います。世間的にはこれが幸せだとされているから、というような感じの。

それが一番くせものかもしれませんね。
3. Posted by ふじた   2007年09月19日 14:19
理性によらない幸せ(生理的幸せ?)→経験に基づく理性による幸せ(連想的幸せ?)→経験に基づかない理性による幸せ(世間的幸せ?)
という感じでだんだん文化的・観念的になるのかな。

世間的幸せになると実は本人は蚊帳の外だったりしてくせものですね。それが幸せに思えるようになると「まっとう」とか「おとな」とかになるんでしょうか。ま、これも「世間的まっとう」「世間的おとな」と言った方がいいか。
4. Posted by おじゃる   2007年09月19日 20:56
お母様に激しく賛成です。

あと、休みの日にお昼寝するのも、すごく幸せです。もったいないっていうひともいるかもしれないけど、わたしは大好き。普段(仕事とか、なんやかやがあるとき)はできないことだからなのかな。

お昼間にお酒飲むのとちょっと似てる。
理性によらない幸せと、経験に基づく理性による幸せがミックスされた感じです。
5. Posted by いつき   2007年09月19日 23:05
ふじたさま

個人的には、「世間的幸せ」を一生懸命アピールする人をみると「ああ、この人はなんか不幸なんだろうなあ」と考えるくせがついています。

本人は「幸せ」の蚊帳の真ん中にでーんと座ってスイカ食べたり昼寝をしたりしているといいと思います。


おじゃるさま

休みの日のお昼寝かあ。最近とんとしないなあ。でもいいね、そういうの。お酒は飲めないのでわからないけど、なんとなく想像はできるよ。

私は、これまで全然料理ができなかったから、今は料理をするのが無性に楽しいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔