彼の同僚T氏の話題になった。
仕事で何度かお会いした際、
真面目で誠実なイメージだった。

彼は絶大な信頼をよせていて
何でも話せる同僚だと言う。
人に話せないことも全て、
打ち明けられる唯一の人。

「人に話せないことって?」
と尋ねると、いつも私にしている
ような話と言ったので、少し笑えた。

T氏はどんな風に彼の話を
聞いているのかな?

私がするみたいに感情的に
彼だけの味方をするのでは
無いのだと思う。

身近に頼れる人がいて安心した。

年令を重ねると、
他人を許容することはできるのに
否定されることに臆病になる。
恐れやプライド、偏りが合わさって、
人に素直になれないこともある。

築き上げたものに些細な傷も
負わせたくないからだと思う。