◆このブログは、ゲイ・ホモに関する記述があります。興味のないかたは、ドアをとじていただいて結構でございます。
トップページ » 回送された手紙の相手たち

回送された手紙の相手たち


 久し振りっ子だよ。

 今日のネット情報では、東スポ新聞の記事に 『銭湯がゲイの入り口?』 とかのタイトルが有ったようですなー。 
 今頃、〝2ちやん〟にスレ立っていますかなー。
 ノンケが銭湯でゲイに誘われて、ゲイに目ざめてしまうケースも有るようです。
 僕も、そういうことをしたいけど、自分が大事だから、そこまでは食指を伸ばしません。
 「見てるだけー」で、充分に目の保養になります。一度とてもカッコイイ短髪のスポーツマンをスパ銭で見かけて、密着行動をしてしまったこともあります。
 楽しかったけど、通報されないか心配も有りました。
 でも、絶対に触れたりはしていません。熱い視線だけです。
            ●

 ところで、薔薇族で手紙の回送というシステムを知って、薔薇通信に投稿して、何人かのゲイ友から回送の求愛レターをいただきましたが、その後のアクションで、これまでに登場していない何人かのケースを紹介することにします。

体格が良すぎて、一次選考?で断った彼

 イチバン最初の頃の回送で巡り合った彼なのですが、写真が同封されていまして、ワクワクしながらパッと見ますと、顔は優しそうで、仕草もそれなりにゲイ風だと見えますが、体格が新入りの力士に近い圧巻で、思わずウーンと迷いました。
 僕は、どちらかと言うと優男がタイプなので、折角返信をもらいましたけど、丁重にお断りの返事を書きました。
 その後、年賀状をもらいましたけど、住所は書かなかったと思っていましたら、郵便番号の分かる地名までで届いていました。
 僕も、中学生の頃から頻繁に郵便局に協力していましたので、郵便屋さんも気を利かしてくれたのでしょうか。
 写真は、記念に残させていただきました。ゴメンナサイでした。

アパートを訪れたけど、逢えなかった彼

 名古屋市内のアパートに住んでいるっていう男性から手紙をもらい、すぐさま「写真も同封されていないので、一度逢いに行っていいですか?」って返事を出したのですが、なかなか応答が無かったのです。
 それで、痺れをきらして一気にアパート突入を決め込み、電車に乗り込みました。
 目的のアパートを探し当てて、彼の帰りを待っていましたけど、夕方になっても一向に帰ってくる気配がありません。
 何時頃だったか、記憶は定かではありませんが、やっと1人の男性がその部屋の前に立ちましたので、「A君ですか?」って聞きますと、「僕はAではないよ。Aは共同住人だけど、今日は帰ってこないと思うよ。」って言われました。
 ガツーンでしたね。
 「ずっと待ってたの? ご苦労さんだったね。この時間だと、帰りの電車も間に合わないよなー。毛布ぐらい有るから、取り合えずここで寝ていきなよ。」って目当てとは違う男性に励まされ、一見の宿、素泊まりの一夜を過ごしました。
 目当ての彼に、そのような性向が有るのを、その男性は知っていたのかどうか、そこらあたりがハッキリと思い出せないけど、少しはお喋りもしたと思います。
 夜が明けたら、始発に近い電車で帰ったと思います。その男性も出勤しなければなりませんから。
 今でも、その時の服装は覚えています。グリーン系のアーガイルのセーターを着ていました。
 僕も、若い頃は世間知らずで、何も考えないで行動していましたね。その結果の一つです。

顔を見に行っただけの彼は喫茶店のマスター

 家から半時間ぐらいの距離に住む年上の男性から回送の手紙をもらい、写真が同封されていなかったので、ためらいながら返事を出しました。
 その後、しばらくして自宅のポストに名刺が投函してあり、名前を見てビックリ。その彼だったのです。何かのセールスで回っていて、放り込んでいったようです。
 電話番号が書いてありましたので、早速に電話すると「アパートは1人だから、いつでもおいでよ。それから、営業の仕事は近々辞めて、喫茶店を開くかも知れない。」との話しでした。
 当時は、今ほど地図情報も簡単に得られなかったので、住所見てアパート探すのは大変な作業でした。正に、近くて、遠い彼でした。
 しばらく経って年賀状が届き、そこにアパートの場所と、喫茶店の場所が示されていました。
 喫茶店は国道沿いで、分かりやすい場所だったのですけど、1人で行くのも勇気がいるし…で結局なんと「憎めない3枚目の彼」との逢瀬を利用して、2人でお茶をいただきに訪問しました。
 当然ですが、彼とゆっくり会話もできないし、彼も、どこまで男を求めているのか分からない雰囲気が有りましたので、その時1回限りの対面で終わりにしました。
 何箇月か経って近くを走りましたら、喫茶店の看板が無くなっていました。
             ● 

 今回は、ここまでです。次の更新は、全く未定です。毎度すみません。






トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星