◆このブログは、ゲイ・ホモに関する記述があります。興味のないかたは、ドアをとじていただいて結構でございます。
トップページ » コーヒー・タイム 〔何年前の記事だろう?〕

コーヒー・タイム 〔何年前の記事だろう?〕

 更新しなければ…と思いつつ、暇のつぶれる事柄が多くなってきまして、2か月半振りの更新となりました。
 でも毎日ですね、アクセスの確認だけはさせていただいていまして、1日に1人以上のアクセスとPVは有る感じで、「ゼロ」は殆んど無しか全く無しかで、有り難いことでございます。
 こんな怪しげなブログでも、楽しんでいただくことができたでしょうか。
 今日のアクセス状況を見ますと、お1人で全頁をご覧いただいている感じで、新しく来ていただく方も有るのだなーと、どういうルートからたどり着いていただいているのでしょうか。

 書きたい記事も沢山あるのですが、今日のところは「お茶を濁す」感じで、古い雑誌の写真をスキャンしてお届けします。前回の写真と同じグループです。
 ほんと、何年前か分かりませんけど、25年は経っていると思います。
 さて、写っている選手たちは現在、何歳の顔とムケチンデカチンをしているのでしょうか?
 何人が現役の『GAY』に収まっているのか、興味のあるところです。
 1人ぐらいは、居てるでしょうねー、期待してしまいます。

 別の話しになりますけど、先般「毎日新聞」で〝同性愛〟の連載記事が組まれていましたがこれを読むと、同性愛の自分に失望して自殺してしまう人も居るとかで、考えさせられてしまいました。
 僕なんかは、新しい自分発見で、人生が2倍になったような気がしましたのに、全部が全部、そのように受け止められないのですね。
 
 ただ僕は、ブログのタイトルでも示しているように、最初は女性に好意を持って、ラブレターも出したりしましたが、本質的な自分を知ってからは、それも足踏み状態で、これから先、どのように歩むか悩んだことはあります。
 都会で育っていたら、そのままの自分でいたかも知れませんが、田舎で育ちましたから、世間体という枠に嵌められ、自分を隠すしかなかったのです。

 半分は苦痛でもありましたけど、半分は好奇心もありました。
 それも時とともに薄れ、今では根っからの女性ホルモンが多い感じで、主夫業をこなしたりもします。
 ムチムチの男と違うけど、メソメソの女とも違う、かといって両性具有でもない…そんな僕の毎日です。
  それでもって求めるモノは、いきり立つ男根・ペニスだけです。

 それでは、ゆっくりとご覧ください…といっても真っ先に目は、こちらに来ていることでしょうけど。


水泳選手 IMG



水泳選手1 IMG


水泳選手2 IMG


 いかがでございましたか。知ってる男の子はいましたか?
 まさか、「昔のフレンド」或いは「現在のメイト」だったりしたら、超ヤバイでーですね。
 (゚∀゚)アヒャヒャ




 

トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星