◆このブログは、ゲイ・ホモに関する記述があります。興味のないかたは、ドアをとじていただいて結構でございます。
トップページ » 自己紹介を少し…

自己紹介を少し…


 そんな感じで足を踏み入れた、それこそ僕の「薔薇色の世界」ですけど、何も考えずに、先ず行動してしまう僕は、フレンド募集・回送コーナーに自らもアッピールするようになり、「県内か近県で、同年代もしくは、兄貴になってくれる人で、体格は僕と同じくらいが理想です。返事待ってます。」てな感じで、昔はだいたいね『愛の狩人』ってペン・ネームで出していたと思います。
 まさか、憶えていてくれる人はいないでしょうねえ。もしも、おみえでしたら、コメントしておいてください。

 だから、雑誌の発行日が待ち遠しくてさあ、さらにそれからの1週間は “ワクワク、ドキドキ” でねえ、毎日、ポスト眺めては溜め息をついちゃうの。
 僕ってね、中学生の頃から、文通とかしていたのね、それで親も僕宛の手紙を、そう怪しむということはなかったのが幸いで、ときには、家の人に「男の子からの手紙って何よ 」って言われるのが恐くて、普通のラブレターらしく、「差出人は女性の名前でお願いします…」ってのも、多少は有ったと思うのよ。
 その点は、特に男の名でも、女の名でも心配なかったけど、かえって男の名前の方が安心だったわねえ。 

  投稿も、毎月出しちゃうと、沢山お返事が届いたときに困るかなと思って、隔月かぐらいにしてたと思うけど、僕もいい子が載っていたら、お手紙書いちゃうし、お返事が待ち遠しいし…。
でも、毎日が楽しくなっちゃったわよね。
 ピークのころはね、輪ゴムでまとめてポストに入ってたりしちゃって、 年老いた親が、さすがにチョッピリ心配顔になっちゃったわねえ。だって、そんなに一度に文通できっこないもん。成人式済んだ、若い男がさあ。

 ……こんな風に、オネエさん言葉って、使ったことないのですけど、昔から僕は、女々しいとか男女とか言われてて、仕草がやさしかったからかな。
 腕は細くて筋肉なんてないし、胸もあばら骨丸見えでペラペラだし、そのくせ足は骨太で走るのが遅く、運動会はいつもビリケツ。逆上がりもできないし、跳び箱も飛べないし、いつも女の子と残されて練習させられました。
 みんなと一緒に三角ベスやソフトボールもできないし、ドッヂも苦手、ボールを掘り投げる力が弱いのです。

 だから、スポーツは大嫌いでした。高校では、選択で剣道にしましたけど、へたくそだし、何せ運動神経ってのが、それこそ《丸出ダメ夫》くんだったんです。だから、体育の通知表はいつも「1」か「2」でした。まあ、中学校と高校では保健体育になりますから、テストで挽回して「2」か「3」かな。
 ということで、頭はそこそこいい方で、特に勉強なんてしてないけど、テストも良い点数で、中学校までは級長とか、生徒会の役員もやってたのですよ。
 
 だから、学校卒業して、体育の授業なくなって、喜んでいましたけど、職場の運動会とか、地域のスポーツ大会とかが有るのです。でも、僕がスポーツ苦手なの知ってる人は、誘ってきませんから、そう苦痛を味わうこともなく、今では、健康のためにウォーキングなどを自発的にするようになりました。

 また一時、残業が続いて夕食を出前ばかり食べていましたら、みるみる太って、股ずれするようになってしまって、これは気持ち悪いって思いましたね。
 今は、平均体重をキープしています。

 出来ることなら、もっと厚い胸板が欲しいし、スリムな脛が欲しいし、なんだなあー。

 でも、結局、僕は「歩くオチ〇チン」だったから、オチ〇チンさえでかかったらいいんだもん!!。
 

 ……なんか、しんみりしちゃったわねえ。ごめんなさいねえ。次回からは、頑張っちゃうから、勘弁してちょうだい。うーーーーん、チュッ゜☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚






トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星