2007年01月15日

不二家の社長さんて良い人なんでしょうね

不二家不二家が食品の安全面で大分叩かれています。ペコちゃん・ポコちゃんで規模の割には有名な同族企業です。
ですから、藤井社長も自動的に社長になって心の広い経営をやってたのでしょう。
ネームバリューも有りますし、それなりに経営していればそれなりの利益が出て、一族が優雅な生活を送れると思っていたんでしょう。
ところが、少子化でお菓子が売れなくなり、近年赤字経営が続いていて相当焦っていて、品質管理まで目が回らずと云うより御曹司としてそんなこと考えたことも無かったのでしょうね。
赤字の上に今回の問題で赤字が上積すると、解決策も無いだろうし、雪印のように解体は無いにしても、株を持っている森永あたりが吸収するのですかね?
西武や飛島建設や前田建設など二代目、三代目の経営者は脇がどうしても甘くなるので、経営と所有は分けたほうが良いのかも?
余計なお世話か!


iturou_kochiya at 17:17コメント(0) 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
Recent TrackBacks
Recent Comments
  • ライブドアブログ