February 22, 2009

[デジタルバトン]私だけのとっておきgmail活用法

はあちゅうの紹介で、digitalfrontierという、デジタルなモノが大好きな人たちが集まって、情報交換や勉強会をしようという趣旨のグループ関係で、デジタルに関するテーマで何かブログ書けというバトンが回ってきたので、書きます。

From;血の騒ぎを聴け by ちゃんす

テーマが「私だけのとっておきgmail活用法」です。
ということで、Gmailの活用法を書きますが、対象をGmailのアカウントを持っているけど、使いこなせていない人向けにします。
Gmailヘビーユーザー向けに書いても、つまんないのでね。。。

「大前提」
Gmailは使用言語を、「English」にして使いましょう。
日本語で使用している人は、設定→言語選択の部分で、変更しましょう。理由は後述します。
英語なんてわかんねーよって人もいるかと思いますが、Gmailで必要になってくる英語力は、義務教育を修了している人には問題ないレベルですよ。

お勧め1:ラベルの使用
Gmailのアカウントを持っているけど、Yahooメールを使っている人の話を聞くと、「Gmailはフォルダ分けができないから不便」という声を聞きます。いいえ、そんなことはありません。フォルダではないけど、ラベルを設定することが出来ます。
メール本文をクリックして、本分の上にあるLabelsというボタンを押して、ラベルを作成しましょう。

お勧め2:フィルタの利用
ラベルと併用すると便利です。フィルタを設定すれば、例えば、ゼミのMLから来たメールに、自動的に「ゼミ」というラベルを設定することができます。

この2つの機能は、昔のGmailには搭載されていなかった気がします。私は、2005年からGmailを(当時は招待性だった)使っていますが、昔は非常に不便でした。Googleの特徴でもある、検索を使って重要なメールを探していました。これは、Yahoo!との会社風土の違いからも現れていると、勝手に分析しています。

Yahoo!っていう会社は、できるだけ自分のサイトに利用者を引き止めたく、細かなディレクトリー(フォルダ)に分けることを好む印象があります。
Googleっていう会社は、利用者にはさっさと他のサイトに行ってほしくて、余計な機能をつけないで、シンプルにサイトを製作している印象があります。Google検索のI'm feeling Luckyなんか良い例だと思いますよ。

お勧め3:スターの利用
重要なメールを一瞬で探し出すことができます。デフォルトでは、黄色い星しか利用できないけど、拡張機能を使えば、赤い星や青い星に設定することも可能です。

その方法としては、Settingsの中のLabsって所のSuperstarsをEnableにすればできますよ。この機能は、英語版でしか提供されていない為、利用したければ、英語にする必要があります。
(設定後、日本語に直しても、その機能は提供されますがね・・・)

この3つを使うだけで、Gmailの使用中毒になると思いますよ。
Mailの本文に広告の入る、どこかの会社とは違いますし、オンラインでもオフラインでも使えるようになります。

おまけ:Mail Gogglesという機能を、一時期使っていました。
どういう機能かというと、公式紹介文には
Google strives to make the world's information useful. Mail you send late night on the weekends may be useful but you may regret it the next morning. Solve some simple math problems and you're good to go. Otherwise, get a good night's sleep and try again in the morning. After enabling this feature, you can adjust the schedule in the "General" settings page.

と書いてあります。

つまり、メールを送る前に、簡単な算数の計算して、心を落ち着かせてからメールを遅れる機能です。
これまでに何度となく、メールで失態を犯した私にとって、非常に有益な機能です。(流石にめんどくさくなって、消したけど)


さて、こんなところで簡単ですが、デジタルバトンを終わります。
次の走者を指定しなければならないんだけど、あんまり知り合いが居ないので(メンバー一覧)若干ひよった挙句、2,3回あったことのある、酒井一樹さんにお願いします!!!
リクナビを使わずに就職活動をしたり、就活生にはカレンダーでお馴染みのダチンコの代表をやっていたりした方です。

お題は、「就職・転職活動時に使えるウェブサービスについて」でどうでしょうか?
リクナビとかみんしゅうとかのサービスの紹介でも良いですが、
自分だったら、こんなサービスを作るとか、そういう視点でも良いです。

よろしくお願いします。

ivan4sei at 00:12│Comments(4)TrackBack(0)生活一般 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by BlogPetの法の下のこう詐欺   February 22, 2009 14:19
交換するの?
2. Posted by さかずき。   February 23, 2009 11:38
バトンどうもー。

http://job.adu.jp/25/「就職活動時に使えるウェブサービスについて」/

に書いときました。

いわゆる普通の「就活サイト」は
あまり紹介してないんですが、
こんなんで大丈夫かな(笑)
3. Posted by Kinoshita   February 23, 2009 20:08
Mail Gogglesって機能おもろーいです。

いたずらで友達のgmailに設定しておいて直せない

みたいなことも出来ますねww
4. Posted by さかずき   March 14, 2009 17:04
こんにちは!
お題の件、ブログURLが変わったため
こちらで書いています。

http://adu.jp/job/9/

一応補足まで。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
未来をひらく福澤諭吉展
推奨環境
○Microsoft Internet Explorer 6.0以上
○Firefox 1.0.4以上
○Sleipnir 2.00以上
○文字サイズ『小』
○解像度1024×768以上
法の下のこう詐欺
アクセスカウンター
since Feb. 16 2005
Social Bookmark
PhotoAlubum
QRコード
QRコード
お勧めの本



欧米の大学生は日本の学生と比べて自立しているのか?今の若者はキレやすいのか?フリーター、NEETはダメなのか?等、マスコミが好んで叩くようなテーマに対して、統計や資料などを使って皮肉を加える書物。メディアを批判的に見るようになれる一冊ですが、人格も変わってしまうか…



上記の本の続編。上記ほどではないが、こちらも面白い本。年よりは賞がすき、シンクタンクは昼に何を食べることしかシンク(think)していないなどを、しっかりとした(?)統計資料を基に検証しています。