2018年02月22日

最近お気に入りのCM・その16・猫のキハチと大杉漣さんと。

今日は猫の日、ということで、
ずっと前から、今日はお気に入りの猫のCM のことを書こうと決めていました。
🐱
ひとつは、YKK の「猫の幼なじみ」のCM 、
そして、
もうひとつは、
大東建託の家族の家のCM 。
俳優大杉漣さんと、猫のキハチのなんとも言えないあたたかい「間」がとっても好きで、
みるたびにほんわかとした気持ちにさせてもらったのでした。
涙なしにはみれないYKK の猫ちゃんの幼なじみのCM も、
私は自分と重ねあわせる部分があって、
何回みても目頭が熱くなってしまう、
本当にたまらなく好きなCMなのですが...
同じくらいに、
大杉漣さんと猫のキハチちゃんのCMも、
とってもとってもほのぼのとしていて、
あったかくて、大好きなのでした。
寡黙でニヒルな役から、あたたかく心やさしい役まで、
様々な役を演じてこられた大杉漣さんの、
優しい人柄がうかがい知れるような作品で、
ほんと、毎回楽しみにしていました。
大杉さんは実生活でも無類の猫好きだったそうで、
だからこそ、
キハチちゃんもあんなにいい表情をしていたんだなぁと、あらためてそう思いました。
寡黙で、でもやさしく、あたたかいものをもった、
唯一無二の俳優さんでした。
ユーモアもあって、どこか笑える、そんな所も好きでした。
弱きを助け、悪しきを挫く、
まさにそんなタイプの俳優だったのではないでしょうか?
どことなく、
どことなくですが、
私の大好きだった俳優原田芳雄さんのシブさと似た所を感じる、
味わいのある、
大好きな俳優さんの一人でした。

お元気だった中での突然の心不全とのことで、
本当に本当に残念でなりません。
ご本人も、ますます味わい深さがます中で、
いろんな作品に出たかっただろうなと思うと、
とても胸がいたみます。
私も、もっといろんな大杉漣さんの作品をみたかったです。
猫のキハチのシリーズも... 。
寡黙で、あまり多くを語らない役者大杉漣さんの、
とても温かくやさしい、大好きな作品のひとつでした。

心よりご冥福をお祈りいたします。







screenshotshare_20180222_135939








screenshotshare_20180222_135719









今日の一曲
「Angie」
THE ROLLING STONES

https://youtu.be/RcZn2-bGXqQ










2018年02月19日

コメント箱

ようこそお越しくださいました


ご訪問ありがとうございます。
クリープの隠れ家ブログにようこそ♪
そして、
いつもブログご覧いただいている皆さま、
本当にありがとうございます。
心から感謝の気持ちでいっぱいです。



以前からあったコメント箱を
またまた、
こちらに移動させていただきました...。

(じつは時々、
ちょっとお休みしたくなったり、
自分のことを少し見つめ直したいなぁなんて思う時、
そんな時に出現する、
そんなコメント箱です...(^^;



いつも見守っていてくれるお友達はもちろん、
ふらりと、
このブログを見つけてくださった方、
こんな小さな私のブログを見つけていただき
本当にありがとうございます♪



もし、何かメッセージ等ありましたら、
こちらの方に、
メッセージを残していただけたら、
とても嬉しく思います




小さな隠れ家見たいなブログですが、
音楽を聴きながら、
どうぞ、
ごゆっくりと
くつろいでいってください





Rock is high magic,
Rock is our dream weapon.
大好きな、ボビー・ギレスピーの言葉。







BGMは、
Teenagefanculbで...


http://www.youtube.com/watch?v=svgdTKzXl8Y&feature=youtube_gdata_player










707fe688.jpg



いつも、
ありがとう♪ヽ(´▽`)/




KIMG2506





















ivyivyivy23 at 17:00|PermalinkComments(114)コメント箱 

2018年02月16日

あったかい気持ちの贈り物♪

私の結婚は、
結婚式もしない、
いわゆる地味婚だ。
結婚式は、もともとするつもりはなかったけれど、
式をしないためか、
あまり人にも言ってないこともあってか、
誰にも祝ってもらえなくて...
実はちょっと、悲しかった...
ツレの実家や御義姉さんからは心のこもったお祝いをいただいたのだけど、
独身時代、病をおして結婚式に出た人や、
同じように式をあげなかったけれど、
自分はお祝いをちゃんと渡した人からも、
おめでとう、よかったねの言葉だけで...
(べつにお返ししてほしかった訳じゃないけれど)
なんだかなぁ、
とちょっと残念な気持ちになっていた😞。





でも、
最近嬉しかったのは、
他の、まだ独身の高校時代の友達に、
今年の年賀状で結婚を伝えたところ、
品物や御祝儀みたいなのはなかったけれど、
とても温かい心のこもったお祝いの言葉が書かれた返事をくれたこと。
(字に気持ちが溢れ出てる感じで(笑)なんだか、高校時代から変わらないところが嬉しかった)
あと、年のはなれた、約90歳のお友達、
というか人生の先輩(母の趣味の先生)からいただいた、
とても丁寧にかかれた、あたたかいお祝いの手紙も。いつも、読み返しては元気をいただいています
結婚しても変わらないYちゃんに。
そして今はもう、
ラインやメールでしか話せない、
あの年のはなれた向日葵みたいな友人がくれた温かい言葉も...
ブロ友さんの素敵な記事も。
そして、母の笑顔も...
本当、嬉しかったな。そして、あたたかかった。
友人達からのお祝いの手紙や言葉、
それらは、
式もドレスも着ない結婚で、
誰にも祝ってもらえないとおちこんでいた私にとって、
本当に素敵な宝物で、
あたたかい「お祝い」だったんだ


そして、
ついに(笑) 先日、
ツレががんばってちょっと遅めの結婚指輪を買ってくれた。
ピンクゴールドの(素材はたぶんシルバーだけど)
私がずっとほしいと言ってたあの指輪、
覚えていてくれたんだ...
私は本当に嬉しかった。

そして、
ずっと私のことを心配していてくれた、
親戚の叔父さん、叔母さんからも、お祝いをいただいた 。

ああ、私、ひとりじゃなかったんだ...
みんなと比べたら、少しかもしれないけれど、
わかってくれる人がいる、
応援してくれる人がいたんだ...
そう思うと、
本当に、涙がでそうなくらいに嬉しくて、
たまらなくあたたかい気持ちになれた。

人生、山あり谷あり、
そして、
谷もまた、よし。

今の私は、
山なのか谷なのか、
正直、それすらもわからない時もあるけれど... (^^;
でも、がんばっていれば、
一生懸命生きていれば、
きっと、どこかにわかってくれる人がいる、
遠くても、見守っていてくれる誰かがいる。

遠くはなれていても...

だから、
これからも私、笑顔だけは忘れずにゆっくりでもいいから一歩一歩あるいていこう。
そう思った、
人は人、私は私。
そう、私達は私達。
いつか、お爺ちゃんお婆ちゃんになっても、
お互いに手をそえて、支え合いながら、
苦しい時も笑いあえる、
そんな、オンリーワンの夫婦でいたいよねと、
いつかツレにも話せたらいいなぁと思いながら、
この、
山なのか谷なのか、よくわからない毎日を、
とにかく、
精一杯生きていこうと、
そう思ったのでした。




screenshotshare_20180216_193210









今日の一曲
「 Sweet 16」
GREEN DAY

https://youtu.be/lY-4FHizyrw








ivyivyivy23 at 20:23|PermalinkComments(0)ひとりごと | 小さな宝箱

2018年02月10日

R.I.P ... パット・トーピー

それは、ゆうべ、ニュースで知ったのでした。
MR. BIG のドラマー、パット・トーピーが7日、パーキンソン病の合併症のため亡くなってしまった...。
64歳。
2014年にパーキンソン病を患い闘病中と公表。
昨年秋には、3年ぶりに行われた日本ツアーにも参加していた。
とのこと...

中学のころ、弟がビデオで彼らのライブをみていたのを見て、
私も、好きになったんだった。
プライマルやハイスタ、ニルヴァーナやランシド、ウィーザーとかもそうだけど、
MR. BIG も、私のルーツのロックバンドのなかの一つでした。
普段はハードロックメタル系はちょっと苦手な私だけど、
彼らだけは、ちがった。
とてもいいバンド。
人もよくて、日本が大好きなバンドで、
そんな所も私はとても好きなんだ。
そんな、日本でも30年以上長く愛されているバンドのドラマー、パットの訃報を聞いた時、
はじめ、
信じられないくらい悲しかった。
このブログでも、
何回か彼らのことは取り上げてきたけれど、
(パットの闘病のことも取り上げてきたけれど...)

http://blog.livedoor.jp/ivyivyivy23/archives/8162789.html

64歳だったんだ...
もっと若い感じがしたなぁ。
あの笑顔が大好きでした。
まだ、まだ、本当に、早すぎるよ。
30年来の仲間を失って、メンバーも気をおとしていることでしょう。
ベースのビリー・シーンのフェイスブックから...
「悲しいお知らせがあります。
30年以上にわたる親友が昨日、パーキンソン病の合併症で亡くなりました」
また、ビリーはこうも話してる。
(彼は)「世界最高のロックドラマーの1人でした」
そう、私も同感だよ。

パーキンソン病の彼が、
闘病をしながら、
大好きな仲間とともに、
時にタンバリンを叩きながら、
笑顔でライブに参加している姿は、
きっと、
世界中の多くの同じパーキンソン病で闘病中の人達に、
そして、彼らのファンに勇気や希望を与えたに違いないでしょう。
私も、
闘病中ではありませんが、
彼の笑顔と勇気に心を励まされたよ。
もうだめだ、
ツラい、やめたい、
あきらめたい、
そんな負の気持ちや、
くじけそうな心になるたびに... 。
闘病中で、手も震え、
ドラムスティックを持つことさえも大変だろうのに、
それでも、
変わらぬ笑顔でステージに立つパットの姿を思い浮かべた。
そして、
生きてくつよさと、
勇気をもらったんだ。
パットの姿、
それは、
まるで、彼らの魂のカバー曲
Who のババ オライリーの、
荒野に立つ若者のように...
彼もまた、ロックンロールの戦士だったんだ。
そんな彼がもうこの世にいないと思うと、
とっても、とってもさびしい...
でも、パットは、生き抜いたんだ。
くじけずに、
自分に負けずに、
病にも負けないように、
精一杯に...
そんなパットの生き方に、私は、心からありがとうと拍手を贈りたいよ。

MR. BIG のドラマーは、パット・トーピーだけだよ。

大好きなパットのドラム、
天国でも、どうか笑顔で、大好きなドラムを叩きつづけていてほしいよ。

どうか安らかに...


ありがとう♪
パット。








今夜の一曲
「Baba O'Riley」
The Whoのカバーで、
MR. BIG

http://www.youtube.com/watch?v=n5XgJ7Rv--8&feature=youtube_gdata_player

大好きなライブ映像です。

ありがとう♪パット...





d3ea27cf










2018年02月07日

今日の一枚・The Vaccines「What Did You Expect from The Vaccines?」

復活... !
(いや、まだ本復活とまではいきませんが... (^^;
相変わらず、鼻水はすごいです。じゅるじゅる...
もしや、今年は花粉症デビューか?いや、風邪だ、風邪と信じたい、治るのだ、と自分に言い聞かせている1週間でした。
そんな鼻水を吹っ飛ばすような一枚を今朝は選んでみました。





screenshotshare_20180207_092411






今日の一枚は、
ザ・ヴァクシーンズで、「What Did You Expect from The Vaccines?」
これ、前にもアップしたことあったけど、
好きだから、まぁいいか(笑)
「イフユーウォナカンバック、
ビオーライ、ビオーライ、
イッツオーライ
イフユーウォナカンバック、
イフユーウォナカンバック
イッツオーライ♪オーライ♪
イフユーウォナカンバックトゥミー♪」
きけば、必ずや口ずさんでしまう、
2曲目の「If you wanna 」、
よく読めば、
恋人に戻って来てほしいと願うちょっとめめしい男の人の歌(?)だけども...
やけに耳に響くイッツオーライ♪イッツオーライ♪のフレーズがすごく好きで、
前向きで明るくて大好きな一曲です。
すべてが、イッツオーライ♪イッツオーライ♪
なんてことは、
実際にはないことの方が多いんだろうけれども、
そんな風に明るく生きられたらいいのになぁ、
なんてうらやましくもなる、蒼い一曲♪
めっちゃ好きな一曲です。



... 今でも、
ずっと結婚せずに母の世話をしながら生きていこうと決めていたのに、
自分の気持ちを優先して、すべてをすてて彼との新しい生活を選んでしまった私のこの選択が本当によかったのかどうか悩んでしまうことがある。
母は娘の幸せを喜んでくれたし、
私も、たとえ他の誰に祝ってもらえなくても、
結婚を心から祝ってくれた母の笑顔をみれて本当に本当に嬉しかった。
そのあとで、今の母の境遇を思うと、母に本当に申し訳なくて一人涙を流してしまう自分がいた...その繰り返し。
経済的にも余裕がなく、本当にしてあげたいことができないつらさ。
いろんなことをはきだしたいけれど、ここでは言えない、自分が不甲斐ない。
世の中には、人を踏み台にしても、自分達が幸せな人達だっているのに、(でも、私はそんな人間にだけはなりたくないと思う)
でも、もしかしたら私が母にしていることはそれと似たようなことなのでは、と悩む自分もいて。
遠くにいて何も力になれない自分がつらい。
ただ穏やかに暮らして生きたいだけのに...
せつないな... そんなことをいつも考えてしまう。
どこまでも前向きで、いつも明るくて、
たとえ悩みがあってもそれに負けない強い力をもった人がうらやましい、
私もそんな風に強く生きれたらと思うけど、
がんばってもがんばっても、そんなに強くなれない、私みたいな人も世の中には沢山いる、と思う。
そんな肩幅のせまい、
そんな私達みたいな人への応援歌のような歌だよなぁ、
などとも勝手に思いながら、
この一曲を聴いている自分がいる。
理想と現実。現実はきびしい。
夢見たような人生をおくれるような人はごくわずかなんだろうけれど、
世知辛いこの現実を、一瞬でも忘れさせて、
なんとか前向きな気持ちにもっていかせてくれる、そんな魔法のような力が音楽にはあって、
それは、時々、本当に私にひとかけらの希望を私に与えてくれる。

イフユーウォナカンバック、
イッツオーライ♪
イッツオーライ♪
イッツオーライ♪
イフユーウォナカンバック、トゥミー♪

ロックに出会えたことに心から感謝しながら、
今日もまた、ツレとのこの慎ましくて暖かい小さな生活を守るために、一日一日がんばっている。

また、春になったら、母と弟とミクに会いに行こう♪

イッツオーライ♪オーライ♪






今日の一曲
「If you wanna」
The Vaccines

http://www.youtube.com/watch?v=vPT-KUQqWYg&feature=youtube_gdata_player







2018年02月05日

ガリガリ君、信玄餅味♪

ガリガリ君も、チロルと同じく、
チャレンジャーなお菓子だなと思う。アイスだけど(笑)

コーンポタージュにはじまり、
私も、いろんなのを食べてきたけれど、
(昨今だと、グリーンスムージー味がなかなかお気に入りでした(^^)


ついに出た!

桔梗や信玄餅味♪


KIMG0956




きな粉とお餅だけでなく、
中にはあの黒蜜もしっかり、たっぷり入って、
まるで本当に信玄餅を食べているような気分になれる、
ちょっとプレミアムな美味しさのガリガリ君でした。



KIMG0958



もう一本食べたくなってしまいましたとさ。




今日の一曲
「桃太郎」
水曜日のカンパネラ

https://youtu.be/AVPgxn3xohM




ivyivyivy23 at 17:05|PermalinkComments(0)ひとりごと 

2018年02月01日

雪談義、その後と、大好きな大宮小動物園ふたたびの話⛄

こないだの雪で、
おばさんが無邪気に、わーい、雪だ、楽しいな♪
と、
乙女のようにはしゃぎまわった結果、
案の定、風邪をひいてしまった...
ああ、
鼻水じゅるじゅる、つらいわ。
けど、
玄関の雪かき(正確にはお風呂のお湯で氷を溶かす)しなきゃな。
厚着してマスクしながら、
一人バケツリレーで、
沸かしなおしたお風呂の湯を玄関の厚い氷にかけ続ける私は、
ほぼほぼ不審者(笑)
雪がほぼ降らない静岡にいた私は、
雪というとやっぱりどこか珍しさもあって、
真っ白な銀世界にわくわくしてしまっていたけれど。
あの雪から1週間以上たっても、まだまだ雪は残ってて、
自転車で出かける時も、溶けてると見せかけてカチンコチンに凍った道路では、アイスバーンで見事に転びそうになるし、
雪って、ほんとに、本当に大変なんですね。
と、今更ながらに知ったのだった。
雪国の皆さん、すみません。
やっぱり、何事も、実際に経験してみないとわからないものだよなぁと、つくづく思う。反省しました。


そして、周辺は、
まだ、ほぼほぼこんな感じです(^^;


見よ!
なんでも鑑定団にでてくる向井潤吉画伯の絵のような
この田舎の原風景を...。
(でも、この町が好き(^^)



screenshotshare_20180126_192428




そんなわけで、
今年は人生初となる雪かきデビューをし、
風邪をひいてしまった私ですが、
なぜ共有部分の雪かきをしたのか、
それには、きっかけがあったのだ。

それは、
さかのぼること1週間前、
雪が見事に降り積もり、私が一人はしゃいでいた時。
朝から玄関先でなにやら音がしていて、
誰か雪だるまでも作ってるのかなぁ、
なんて思ってたんだけど。
その日の午後、
どうしても買い物をしなくちゃいけなくなった私は、
外に出てようやく、その音が何かを知る。
当時、家の前の道路には30㎝から4.50㎝の雪が積もっていたんだけれど、
その大雪を、同じ棟に住んでいる奥さんが一人で、
雪まみれになりながら、雪かきをしていたのだった。
しかも、自分達の所だけじゃなく、道路の端から端まで。
きけば、ここら辺は、通学路でもあるから、子供達が転んだりすると大変だから、とのこと。
このご夫婦には、たしか子供はいない。
でも、車が滑っても大変だから、と一人でもくもくと雪かきをしていたのだ。
いてもたってもいられなくなり、少しだけお手伝いをしたのだけど、
頭が下がる思いがしました。

誰もみていなくても、
誰にほめられなくても、すること。
そんな行為が本当に清らかで尊いものなんじゃないかな~なんて、
彼女をみて、そう実感したのだったよ。
雪で汚れ、
汗まみれになり、真っ赤っかになったその奥さんの笑顔は、
どんな美人よりも、
明るく輝いていて、きれいだった。

そんな彼女を見習って、
休みの昨日、私も、少しだけ雪かきをがんばったのだった。

あ... でも、
その後風邪ひいた、とか、
私もやりましたって、ブログでこうして書く時点で、アウトか。
つくづく
私という人間の小ささを改めて思い知ったのだった...
精進しますm(__)m!


そして、こちらは、
雪が降る前に、久しぶりにツレと行った、
大好きな大宮小動物園の梅の花



KIMG0802






KIMG0804






そして、こちらは、
お風呂に入るカピバラさん一家。
(このあと、気持ちよくなったのか、
ものすごいウ○コをポコポコして、
その後、
そのおしりを私にフリフリしてきたのだった... (TT)



KIMG0861



この雪で、
小動物園の動物達も寒い思いをしていることでしょう...
最年長の山猫のラズリくん(なんと今年でもう18歳)
元気でいるかな?

screenshotshare_20180122_184840





寒いにもかかわらず、
柵の前を行ったり来たりして愛嬌をふりまいてくれました。

screenshotshare_20180122_184907




大好きなハイエナのホシくんも。
また、会いに行きたいなぁ。





screenshotshare_20180122_185959





無料なのにめっちゃ楽しめる大宮小動物園、
本当最高!マジ最高。
無料とは思えない楽しさがある、
手作り感満載なところも大好きな動物園。
子供から大人まで楽しめる本当に大好きな動物園です♪
なう(笑)



KIMG0809





KIMG0840





暖かい春が待ち遠しい。(まだまだ先だけど)
そんな今日この頃です。








今日の一曲

「墾田永年私財法 feat.田ンボマスター」
レキシ

http://www.youtube.com/watch?v=trAo2mFol68&feature=youtube_gdata_player











ivyivyivy23 at 19:00|PermalinkComments(0)ひとりごと | 小さな宝箱