2014年08月25日

Forza Si(300)に乗ってみた。

暫く放置プレーでしたが、ネタが出来たので更新w

日常の足にPCXを使っていますが、気分転換と乗換検討を目的にForzaをレンタルしてみました。

P_20140823_114354

日本ではForza Siの名前で販売されていますが、タイではただのForza。
初代PCX同様にタイで生産され世界各国に輸出されています。

日本仕様との違いは排気量が279ccってところでしょうか・・・ 
日本のSiとは29ccの差ですが、乗り味に大した差はないでしょう。

走り出しはトルクがあって@言う間に80㎞。
低速ではジャイロ効果のためか?変な挙動があるように感じました。

街中を走った感じでは、取り回しはPCXと殆ど差を感じることはありませんでした。
見た目が大きい割に、すり抜けもPCXと同じ感覚で抜けられます。

街を一回りした後に目指したのは、チェンマイ唯一の楽しいワインディングのドイステープ!!?

チェンマイの町から山を見上げると、常に光っている仏塔が・・・
それを目指してワインディングをひた走ります。

WAT


125㏄ではエンジンが頑張っている感じが伝わってくるのですが、流石279㏄‼
エンジンが唸る事も無くスイスイと登っていきます。

ヘアピンの連続エリアでは少々気になる部分が・・・
80年代のフロント小径タイヤのバイクみたいに切れ込んで乗りにくい。
コンビブレーキの前後バランスの影響???

15分ほどで寺の麓に到着し、駐輪場所を探しウロウロ・・・・
PCXの隣が空いていたので比較のため並べてみましたw

P_20140823_111355

並べてみると着座位置より前の長さは殆ど変らず。
Forzaは後ろに長く、お尻が幅広?
PCXは後ろを持ち上げスライド駐車が出来ますが、流石にForzaは重くて無理でした(^_^;)


暫くお寺をウロウロして下山。
中腹の景色が良いところで記念撮影してみました。レンタルだけど。。。

DSC_0142

絶景ポイントなので他の観光客も立ち止まっていますw

P_20140823_114423


登りの時には気にならなかったのですが、下りだと速度が落とし切れないのか?
車重とコンビブレーキの影響なのか?PCXの様にイメージ通りのライントレース出来ずオーバー気味。

慣れるまで時間が掛かるのかもしれませんが、Forzaは少々テクが必要なのかも!?

下山後、チェンマイの環状線をグルグル回ってみましたが、
スクリーン無しのジェットヘルだったためか?涙リミッターが利いて巡航速度は80㎞が限界。
追い抜き瞬間で100kmちょっと超えくらいでした。

直進安定性があるので、峠よりもツーリングに向いているのかも知れません。

Forzaを1日借り普段PCXで行く場所に乗り付けてみましたが、
駐輪場所を探すのが大変で、大きさと重さにデメリットを感じました。

Forzaを返却し、My PCXに戻ったらブレーキの甘さが気になった次第。

PCXの不満な箇所を強化した快適仕様のPCX250って感じで少々悩みますが、
現行モデルでの乗換はないかな?との結論に・・・

次期ForzaはLEDライトになるでしょうから、それまではPCXに乗り続けると思います。


iwa_pcx at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月10日

燃費について。

更新ご無沙汰です。

メーホンソン方面のツーリング後のネタがありませんでした。
北タイは8月から天候が悪く雨続き。

その後、皆様ご承知の通り、タイは大洪水となりました。

近所の足としてはそれなりに乗っていたので、
燃費記録は定期的に取っていたので燃費ネタを更新します。

購入から最近までの燃費データです。

PCX 燃費

※燃料の平均算出の計算式が間違っていました(^^;

ドノーマルではリッター45km以上!
J-Costa取り付け直後はガクッと落ちましたが、ベルトのアタリが出てからは40km以上!
キタコのimapを付けたら燃費が落ちましたが、その分乗って楽しい仕様となりました。

通常は95ガソホー。(日本で言うハイオク)
時々91レギュラー。
今はテストで91ガソホーを入れてテスト中。

ちなみにガソホーとは、ガソリンにバイオエタノールを混ぜたgasoholのことです。 

以前乗っていたヤマハスクーターNovor(確か115cc)のキャブ仕様は
同じ乗り方でも3・4日に1度給油していたので、PCXが如何に燃費がよいか分かります。
ヤマハでもインジェクション仕様なら同じでしょうけど。

参考情報になるか分かりませんが、自分のPCXはこんな感じです。

iwa_pcx at 20:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月04日

メーホーソン周遊 その5

続き・・・

朝起きて予定を考えるも結局は天気次第。

とりあえず腹ごしらえをするために街に出た。
前回きた時に食べたお粥屋さんを探したが見当たらず・・・

お粥屋の向かいにお粥屋台が出ていましたw

DSC_0267


連休のためか?朝にもかかわらず結構な人で席待ち。

DSC_0268


立ち食いでもイイと思ったら席が空くw
豚のひき肉入で20バーツでした・・・ チェンマイでは25~30Bしますので・・・田舎は安いね。

腹ごしらえも終え、昨日考えていた温泉宿にでも泊まろうかと思い、
宿のある方面まで移動してみました。

その途中・・・・

DSC_0270


DSC_0271


硫黄の匂いがしたのでもしやとおもったら・・・ 道端から温泉が湧いていました!w

DSC_0273


温泉宿はエレファントキャンプ近くに固まっており、昨日携帯で検索した宿へ行ってみましたが
早い時間だったためか?まだ空きがないとのこと。

宿の従業員の態度も悪く、施設も何か小汚感じだったので遠慮することにした。

DSC_0273


景色を眺め1日のんびりしようかと思いましたが、天候が気になるため下山することとしました。

宿に戻り荷物を纏めチェックOUT!
PAIの街を出る前に給油することとしました。

DSC_0274


メーホーソンからPAI+街中走って・・・
走行距離は129km 給油量3.1L 120B也
気になる燃費は・・・42.86Km/L でした。

DSC_0276


給油を終え、バイパスに出てPAIの観光名所の鉄橋前で最後の観光?
名所だけあって観光のミニバンが列をなします。

DSC_0277


第二次大戦中に日本軍がビルマへの補給路の為にチェンマイからの道を開拓し
その時PAIの街にも橋が出来たそうです。

DSC_0288


戦場にかける橋で有名なカンチャナブリーの橋もそうですが、
元々は木製の橋で、後から鉄橋に変わった様です。

ちなみにPAIの橋はチェンマイのナワラット橋にかかっていた鉄橋を移設したものだそうです。

軽く見学した後、130km先のチェンマイを目指し、
PAIから50km続く峠道を下山です。。。


iwa_pcx at 14:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)