2007年01月31日

おなかパンパンサイクリング

柴山 知大  
おなかパンパンサイクリング2007年1月27日に明日の天気予報を見ると雨から雪最高気温5℃というものでした。晴れればいいなぁと願いながら迎えた28日は晴れ気温8℃で自転車に乗るには少し寒いけどおいしいパンを食べれるならへっちゃらです。10:00前にiwaiへ行くと役30名くらいの人達がいて楽しいサイクリングになる予感がしました。

岩井店長さんの挨拶があり4班に分かれて時間差で行くことになりました。久留米草野線を一路目指すは「パン工房花留果家」です。久留米市田主丸にあり田主丸町はぶどうや柿、お酒、ギャラリーとお腹と心を満たしてくれる素晴らしい環境の整った所です。水縄(みのう)連山の麓の澄んだ空気を全身に感じながらゆっくりサイクリングをするのが本日の2番目の楽しみでした。(もちろん1地番目の楽しみはパンを食べることですが)

素人自転車乗り(ちなみにMTBに乗ってます)の私は岩井店長さんに集団で走る時に後方者への合図の送り方などを教えてもらいながら楽しく安全に走ることができました。途中ではサッカー少年や野球少年から挨拶をしてもらえるなど直に触れ合えるところが自転車の魅力ではないかと感じました。

おなかパンパンサイクリングそうこうする内に(iwaiから20くらいかな?)到着です。私が一緒に走った6人の人達とテーブルに着きランチをいただきます。エッグサンドには驚きを禁じえませんでした。メープルが卵の上にのっていてほのかに甘い食感は新鮮でおいしかったです。食事をしながらの話題はやはり自転車。皆さん始めたばかりのようで楽しそうなのがとても印象的でした。

お腹も落ち着いて帰路に着きます。「行きはよいよい帰りは?」という歌があるように帰りは向かい風とにわか雨に遭いましたが皆無事に帰還し店内では岩井店長さんから自転車に乗る時の注意点とチョッとしたコツを講義していただき「お疲れさまでした。」40という距離を初めて走った方はきつかったかもしれませんがそれが自転車の醍醐味でこれからどんどん距離が延びていろんなイベント参加されることでしょう。iwaiのこれからのイベントは目白押しなので積極的に参加していきたいと思います。

おなかパンパンサイクリング本日参加された皆様「お疲れさまでした」
パン工房花留果家のスタッフの皆様「ご馳走さまでした」
最後にiwaiの店長さん及びスタッフの皆様「ありがとうございました。これからもよろしくお願いします」  

Posted by iwaisport at 17:54

2007年01月30日

【必勝堂T.T.プレ大会】 Report

古賀 雅己  
必勝堂T.T.プレ大会

☆平成18年12月24(土)この日、私にとても素敵なプレゼントが舞い込みました。
【必勝堂TTプレ大会】概要
・開催場所:通称【北野サーキット】(県道 吹上・北野線を利用)
・距  離:往復2.4kmを10周回 24.0km
・出走者数:6名 ボランティア&応援5名 (別に近くでタイヤ引き練習中の競輪選手1名)

09:30【中千出公園】
10:00【北野サーキット】往復2.4km
10:30【出走】各自10秒おきのスタート
11:30【解散】
今日は、少し薄曇った天候。風もそれほど吹いていなく、北東の風。おそらく風速1〜2mぐらい。【必勝堂TTプレ大会】は開催日が2度も雨で順延になり、今日のクリスマス・イブ開催になりました。

私は、前日の大掃除で身体のあちこちが筋肉痛。少しでもイイTimeが出せるように今日は自走を諦め、車にBikeを積込み集合場所の【中千出公園】までドライブ。道中、『今日は、クリスマス・イブやけん来る人は少なかやろ〜』とか『TTはどげんか走りばするとヨカやか〜?』など思いをはせながら【中千出公園】を目指しました。

集合時間の30分前に到着し、念入りにストレッチング&Bikeの準備。しばらくすると見慣れたメンバーが自走で集まってきました。1人2人と集まり、そのたびに楽しくお喋り。しかし、予感的中!?やっぱり参加人数が少ないようだ。私を入れて公園に集まったのは8名。その中《oh!sun‘s》の2名はボランティアとの事。今のところ出走者数6名みたいだ。もしかしたら直接【北野サーキット】に来る人もいるかも!?と話していたらta-boさん登場。

必勝堂TTプレ大会が開催される【北野サーキット】の場所がよく解らないので、ta-boさんに教わり、いざ出発。8名で【北野サーキット】まで足慣らしをしました。道中、少し心拍を上げるためにちょっとだけ頑張って走る。【北野サーキット】に到着したが、開催場所に新たに増えたのは2名。しかしながら2名はボランティアをしていただくとの事。結局、出走者数は6名と少ないプレ大会になりました。クリスマス・イブやけんしょうがなかですネ(笑)

【北野サーキット】とはどんな所かな〜と思っていましたが、北野総合支所の北側に広がる、ほ場整備をされた農地に現在整備中の【県道 吹上・北野線】を利用した往復2.4kmのコースでした。

道路勾配の分(おそらく3〜4%ぐらい)を上っては下る平坦で路面もイイ所です。コースコンディションは、上りが向かい風で下りが追い風。『今日の勝負ところは、上りの向かい風攻略かな〜』と思いながら【北野サーキット】を皆で試走しました。 試走中にNさんのBikeと交換し、今日初下ろしの【Zipp808】を体感させていただいた。物凄く軽いのに剛性感抜群!そして、なにより巡航性が凄い!!おまけにお買い得!!!と三拍子揃った恐ろしいホイール。今日の横風がないコースコンディションにはピッタリの装備でした。『これはヤバそう・・・』と少しプレシャーを感じながら出走受付。私は受付が遅かったので、最後の出走になりました。

前を見ると5名。それぞれ私の同志でもあり、よきライバル達。今日は私だけがTTBikeなので負ける訳にはいきませぇん!!出走はRudyさんにBikeを支えていただきながらの本格的なスタート。ライバル達の出走の時『5・4・3・2・1』とta-boさんのカウントが響くと心が躍ります。皆『スコーン♪』と素晴しいスタートを切って行くので、スタートが下手で、Bikeを支えてもらうのは初めての私はさらに高揚。私の出番になり、ヨロヨロしながらもRudyさんに支えていただきカウントを待つ。『5・4・3・2・1』!!!いいスタートが出来ました。(Rudyさんありがとうございます。)

必勝堂T.T.プレ大会スタート後、私の何かに火が付きました。振り返る者がなく、ひたすら前を向いて走るだけ。また、コースが単純な往復走なので、ライバル達の状況が一目で判る。まずは、5番目スタートのライバルを追うのみ。TTポジションを手に取り、獲物に喰らいつく感じで、一生懸命クランクを回す。1周回では、まだまだ差が縮ないが2周・3周と周回を重ねて行くと、先頭との差が見る見るうちに縮まってゆくのが判る。折り返すたびにボランティア皆様の声援を頂き、ますます闘志を燃やすと・・・ その時がきました!!

ケンタの若い背中が!!! トライアスロン・ヒルクラ・ロードレースと全てに負けている私にとって嬉しいやら恥かしいやらの瞬間でした。ケンタを追い抜く時は失礼がないように全身全霊、後に付かれないように抜き去りました。

それが原因なのか、6周回から力が入らなくなってきました。周回のたびに先頭との差が縮まって来たのが、ピタリと縮まなくなり、8周回の時にEddyさんから『Timeが落ちっているゾ!!』と声をかけていただきました。やはり・・・(汗)しかし、渇をいただいたからの9周・10周回は本当に頑張りました。今まで経験していないぐらいに(笑)全身には大量の汗をかき、目からは涙、鼻からは鼻水、口からはヨダレと体液出しまくりで、一生懸命残っていない足を回すのではなく・・・踏み込んだ!!特に最後10周回の帰りは終始ダンシングで!!! そしてゴール。

本当に悔いが残らないように頑張りました。結局、先頭を走ってTopゴールのNさんには追いつかなったが、お互いの健闘を称えBikeの上で、ガッチリ握手をしました。

ゴール後、すぐに私が一番とYANAGIさんに聴いた時は本当に嬉しかったです。1周回クールDownをして、皆の帰りを待ち、いよいよ成績発表の時。

私のTimeは・・・“40:11”でした。まずまずの結果です。その後は、【必勝堂】さんより提供いただきました、【チーズケーキ】を切り分けていただき皆で食べました。優勝者の私には1/4もいただき、そのチーズケーキの味はとっても美味しく、勝利の美酒になりました。

大会終了後まったく力が入らず、1週間は運動が出来ない状態になりましたが、隊長の教えのとおり『後悔しない走り』が出来、非常に満足しました。また、私の目標であった『なんでもイイから一番になる』が思わぬ所で叶い、生涯忘れられない日になりました。出走した有志の皆様・ボランティアの皆様ありがとうございました。また何かの大会で一番に成れますように日々精進いたします。   
Posted by iwaisport at 17:06