2011年10月22日

2011耳納連山ヒルクライム FINAL RANKING

2011 Hillclime FINAL RANKING at October 22 2011
COMPETITION CLASS
RNK NAME BELONG POINT
1 城戸崎光浩   94
2 野口 英智 パラボラ・イワイ・シーガル 92
3 佐藤 信哉 エキップ・パラボラ 75
4 中元寺武尊 クラブ パラボラ 70
4 新田 成剛 ダイジャマン 70
6 山村 龍史 パラボラ・イワイ・シーガル 69
7 高井 達郎 パラボラ・イワイ・シーガル 58
8 井戸川真一 team 24ma 52
9 坂澤 茂樹 パラボラ・イワイ・シーガル 70
10 越智 雅史 パラボラ・イワイ・シーガル 36
11 後藤孝太郎 エキップ・パラボラ 35
12 重松  智 パラボラ・イワイ・シーガル 30
13 大村 泰久 エキップ・パラボラ 26
14 簑原 大介 クラブ パラボラ 19
15 安部 滉大 久留米大学自転車競技班 16
15 大矢健太郎 パラボラ・イワイ・シーガル 16
17 生津 仁啓 三十路の会 12
17 坂澤 茂樹 パラボラ・イワイ・シーガル 12
17 高口 健次 パラボラ・イワイ・シーガル 12
20 陣内 守彦   4
CHALLENGE CLASS
RNK NAME BELONG POINT
1 武下 義則 パラボラ・イワイ・シーガル 10
3 塚本 忠宏 ブリヂストンKC 10
3 村上 智哉 パラボラ・イワイ・シーガル 10
2 蒲原 康裕 パラボラ・イワイ・シーガル 8
3 渡辺 栄治   5
3 早崎 重雄 クラブ パラボラ 5
3 山浦  弘   5
  中村 健二 パラボラ・イワイ・シーガル 5
  稲栄 雄二 エスタ 5
  川口 智成 福岡大学サイクリングクラブ 5
  

Posted by iwaisport at 09:50

2011年10月21日

2011耳納連山ヒルクライム 第6戦[ パラボラ ] Result

Course Record 池本 幸男 0:26:00[May 31 2009]
The RESULT in PARABOLA,at October 16 2011
COMPETITION CLASS
RNK NAME BELONG ODR TIME POINT
1 佐藤 信哉 パラボラ・イワイ・ジル 13 0:27:15 40
2 新田 成剛 ダイジャマン 14 0:28:04 35
3 中元寺武尊 クラブ パラボラ 15 0:28:11 30
4 越智 雅史 パラボラ・イワイ・シーガル 11 0:29:46 26
5 坂澤 茂樹 パラボラ・イワイ・シーガル 10 0:30:27 22
6 大村 泰久 エキップ・パラボラ 9 0:30:56 18
7 山村 龍史 パラボラ・イワイ・シーガル 8 0:33:42 16
8 重松  智 パラボラ・イワイ・シーガル 6 0:34:55 14
9 高口 健次 パラボラ・イワイ・シーガル 7 0:36:17 12
10 簑原 大介 クラブ パラボラ 12 DNF 1


CHALLENGE CLASS
RNK NAME BELONG ODR TIME POINT COMM
1 中村 健二 パラボラ・イワイ・シーガル 4 0:33:23 5 昇格
2 塚本 忠宏 ブリヂストンKC 3 0:35:36 5  
3 稲栄 雄二 エスタ 1 0:35:44 5  
4 川口 智成 福岡大学サイクリングクラブ 2 0:36:49 5  
5 村上 智哉 パラボラ・イワイ・シーガル 5 0:37:57 5  
  
Posted by iwaisport at 00:11

2011年10月20日

2011耳納連山ヒルクライム 第6戦[ パラボラ ] Report

01

02 今シーズンの耳納ヒルクライム最終戦「パラボラ」です。例年、最終戦はエントリーが増える傾向にあるのですが運動会や他のレースなどイベント盛り沢山だったようで エントリーは15名です。

コースは前日が雨だった事もあり木の枝や落葉が多く、さらに、清掃登山やオートバイの催しもあっており事故の無いよう選手にお願いし、いつものように1分置きに スタートを切っていきます。

今回は常連の紹介や大学のサイクリングクラブの爽やかな青年の参加があり、小さな大会ですがレベルは非常に高いと思いますので来年も参加して、それぞれの目標達成に役立ててくれれば嬉しく思います。

03

さて、レース後は恒例の年間表彰です。コンペティションクラスは上位の選手の参加がなく、繰り上げとなり、佐藤選手が75pで1位、中元寺選手70p、新田選手70pと同点ですが1位を一度取っているということで中元寺選手2位、3位新田選手になり、賞品をお渡ししました。

4位の選手は69pと接戦となっておりました。そして、チャレンジクラスのポイントは参加ポイント10pで塚本選手と村上選手が同点です。賞品を分けても良かったのですが・・・ここはジャンケンでということになり塚本選手がGETしました。チャレンジクラスは同点になりやすいので仲間を連れてきて紹介ポイントで加算をお願いします。

まずは参加賞としてスタッフの家で取れた新鮮な農産物とNPO「育てよう未来のオリンピックメダリスト」より頂いた景品を渡します。そしてメイン?のジャンケン大会です。今回は一番持ってる男が微妙なTシャツやサングラスをGETし、大変盛り上がりました。

最後に、このヒルクライムシリーズで知り合い、練習に誘い合って互いに刺激しあってもらえれば嬉しく思います。では、来年も耳納連山を元気に走りましょう!

スタッフ一同   
Posted by iwaisport at 00:07