2007年03月11日

天草サイクルマラソン '07

written by 越智 雅史
3月4日、私にとって2度目の天草サイクルマラソンに参加しました。

天草2007-1前回は隊長の引率でなんとかゴールまでたどりつくという感じでもっと速く走れるようになりたい!!とその後からは積極的に練習会やヒルクラ等に参加し、週一ライダーなりに努力してきました。今年はその成果を確かめるべくなにがなんでもOh’sun'sにくらいついて行く!!という目標をひそかに立てての参加です。

朝からとても暖かく、着替えの時は迷わず半そでジャージをチョイス。 私のスタートは3組目で、廻りにはたくさんのパラボラ同士がいてとても心強く緊張せずにすみました。 スタート後すぐにOh’sun’s十数名で列車を形成しひた走ります。

前週の練習会(ファンランド)の時にEDDYさんの提案で、安全かつスムーズなローテ−ションを練習しておいたおかげで、良いペースを保ったまま、しばらくすると先頭集団が見える位置まできました。しばらくその位置をキープしているとUP/DOWNのある区間へ。上りに強いRyuji君がするすると先行して行きます。

しかし下りのカーブで集団落車が発生!!運悪くRyuji君がまき込まれています。さいわい身体、バイクともに軽症のようです。気を落ち着け、列車を組み直し再スタートです。

天草2007-2すると今度はEDDYさんのチェーンにトラブルです。昼食会場で工具を探すも無いようで仕方なくそのまま走りだしました。さらにアクシデントは続き、今度はRudyさんがパンク!!修理の間にEDDYさんは工具の借りれる場所を探すため先行します。

パンク修理を終えて走り出し数キロ走るとEDDYさんと合流。こちらもトラブルを解消している模様。経験のあるライダーと一緒に走るのは走る技術の他にもこういったアクシデントの対処の方法を学べるのでありがたいです。

後はひたすらゴールを目指すのみですが、脚はしだいに疲労で回らなくなってきます。おまけに向かい風がきつく、ペースが上がりません。それでもなんとかラスト数キロまで列車を維持し走ります。

しかし、最後はやはり勝負の血がさわぐのか数名がそのなかからアタック。 私はわずかに反応できず、少し離されてしまいました。それでも中学校の坂をなんとか上りやっとゴール!!今日の天気のように、すがすがしい気持ちです。

締めのぜんざいもおいしく自分なりに大満足の一日でした。ロードバイクでゆったり サイクリングも大好きですが、速く走る為に生まれてきたバイクを少しでもそれらしく走らせてあげる為に自分なりのペースでも努力して練習し、それをイベントで試してみる。そういう楽しみ方もスゴク楽しいなと改めて思いました。

まだ練習会やイベントに参加した事のない方もぜひ参加してみて色々な自転車の楽しみ方を満喫しましょう!!
天草2007-3  

Posted by iwaisport at 09:30

2007年03月06日

ゆみどん練習会

written by 山村 龍史
2月27日(火) 天気 びみょ〜
2月24日のtokunagaさんのBBSの書き込みでゆみどん練習会の参加者が集り始めました。

私は、夜勤明けですが多分大丈夫とtokunagaさんに参加表明しました。26日のBBS書き込みによると、参加表明者は、ゆみどん・tokunagaさん・店長の公一さん・当日の花粉次第と言うwarabeさん、私を含む5人の様だ!公一さんの言う上陽サーキットも何だか気になります。当日、残業で遅れない様にと頑張って仕事をしました。6時40分にイワイスポーツサイクルの駐車場に到着、一応BBSにも書き込んだが誰か起こしてくれる事を信じて車の中で眠りに付きました。

ザァ〜と言う音で目が覚めると、雨が降っていた。時計を見ると8時00分 あと1時間は有るが雨は止んでくれるであろうか?と心配しながら、またウトウトと眠ってしまった。本来9時30分出発の予定でしたが私の待ち時間が長くなる事と早く終わらせて家で睡眠を取りたいが為のワガママで9時出発に変更しました。ゴメンナサイ!!

8時40分頃、誰かが車の窓を叩く、目を開けると公一さんだ、公一さんはおNEWのサドルに付け替えて気合十分っ感じです。ゆみどん、tokunagaさんそして謎のマスクマン登場だっ!! そう、その人の正体は、花粉症のwarabeさんでした。一応 参加表明者は、そろいましたが、飛び入りの参加者が来るかも知れないので9時00分ちょうどまで待ってから出発しました。飛び入りは、いませんでした。

まず最初の目的地で有る合瀬耳納を目指します。私が先頭を引く様に言われたのですが方向音痴の私は、はっきりとした道を覚えていない為、途中まで公一さんが先頭を引く事になりました。小雨の中イワイスポーツサイクルから浮羽方面に走り、ざうおという飲食店の所の交差点から右に曲がり、踏切りの先の点滅信号から左折した所で公一さんから私に先頭交替しパンでおなかパンパンサイクリングと同じ道のりで合瀬耳納を目指しました。最初は30km/hで引く様に言われましたがアップ前の体で後続が離れ28km/hに変更しました。少し登りの時は26km/hくらいまで落として走りました。途中のデイリーストアで休憩を入れる予定でしたが、まだウォーミングアップの最中でしたのでそのままT字路の突き当りまで走りました。

さあ、峠道です。上着を1枚脱いで登りに備えます。ここで1つの決まり事、それは、1番早く登頂した人は、最後尾者の所まで下り引っ張る事です。これって指名されてるのと同じだ〜と思いました。登頂順は、もちろん私、warabeさん、公一さん、ゆみどん、tokunagaさんの順でしたが、私が約30分、tokunagaさんで40分くらいでした。マスクをはめたまま登頂したwarabeさん!これは新しいトレーニングの1つなのか?恐るべし・・・峠の登り初めには、雨も上がり陽も射していたのですが、いざ上陽に下ろうかと言う時に又もや雨が降って来ました。下りと言えば、先日落車した私を先頭に2番手の公一さんがチェックしながら下ると言う事になり、気を付けながらゆっくり下りました。

下山した所で一時停車し、次の目的地スーパー久間までハイペース走と言う事になりました。道は一本道と言うことで、千切れても大丈夫と走り出しました。もちろん先頭は私でした。限界まで頑張りましたが、公一さんとwarabeさんを引き離す事は、出来ませんでした。スーパー久間では、それぞれが適当に昼食をとりました。私はチョコがけシュークリームと、とろけるメイプルパン、牛乳プリンに缶コーヒーを食しました。公一さんは安倍川餅が気になっていて、つまみ食いしました。(4つも)

昼食を終えて次は逆パラボラです。皆一斉にスタートしましたが、アレ?背中が軽い。そうです。リュックサックをからって来た私の背中にリュックが有りません スーパー久間に置いて来ました。スタートして10秒後ぐらいで気付いたので良かった。ところで私、逆パラボラは多分初めてで又道が分かりません。分岐路で民家の人に聞いていると、warabeさんも合流、お互いに道を知らずに2人で民家の人と話していると公一さん登場。こっちこっちと先に進む。

すると突然、珍入者が乱入して来た。公一さんの後を追いかけてゆくかの如く走る。その珍入者は、首からロープ(3.5mくらい)を引きずりながら息を荒げて走っている。正体はヤギです。どこぞの家から逃げて来たと思われる。Warabeさんは普通に抜いて行ったが小心者の私は恐くて前に出れません。それにロープを引きずりながら蛇行走行しているのでロープを踏まないか心配でしたが、少し道巾の広くなった所で一気に逃げました。ゆみどんとtokunagaさんはどうしたかな?とにかく追いかけて来るかもしれないとハラハラしながら走りました。

再び前に出て走りましたが又、分岐路で停車、warabeさんも停車、公一さんから教えてもらい再び登り始める。暫く登ると見覚えの有る白いカベが見えてきた。そう、それは、パラボラの駐車場の所だ。すぐにプレハブの工事小屋が見え水飲み場(湧き水)に到着。公一さんの話によると汚水百選に入っているらしい。クスッ  逆パラボラ到着順は、私、warabeさん、公一さん、tokunagaさん、ゆみどんの順でした、もちろん、ゆみどんの所まで戻りましたよ。

公一さんは、上陽サーキットへ1人で向かいました。残った4人は、パラボラをゆっくり下りイワイスポーツサイクルに到着、雨が降ったり陽が射したりとびみょ〜な天気での練習会となりましたが走行距離は、84kmでした。tokunagaさん、warabeさん、ゆみどんは、2回目の昼食に向かいましたが、私は睡眠時間が欲しかった為に、帰りました。雨と泥で汚れた自転車の手入れに1時間もかかり結局、今日の睡眠時間は3時間でした。やはり、その日の夜勤では睡魔とだるさに襲われたがコーヒーを飲みながら頑張った。でも楽しい1日でした。有難うございました。そしてお疲れ様でした。また参加させて下さいね♪

追記:翌日28日もこのレポートと長男の自転車の練習で3時間しか眠れなかった。夜が恐い。   
Posted by iwaisport at 06:51

2007年02月17日

Oh!Sun’s 牡蠣食いeventのリポート

リポーター:キュベレイ

牡蛎喰い1初リポートします。

2月4日(日) 絶好の天候にも恵まれたこのイベント。最高でしたね。食いしんぼ10名がイワイに集合(途中でY氏合流にて計11名、現地にてI氏にも遭遇)し、立派なツアーとなりました。

9時にイワイを出発。EDDY班とRUDY班の2つに別れ、LSDモードで3号線を北上。途中通称5号線に折れ、岡本にでY氏と合流し、コンビニで小休息後、福大方面へ。信号停車を繰り返しながら、橋本〜今宿へと向かう。今宿の交差点を海釣り公園へと向かうと、公園を右手に大駐車場を発見。到着時間は11時40分頃。自宅からの片道は62キロほど。駐車場は満車に近い。家族連れ・カップルが多い。焼き牡蠣の匂いがなんともいえず、空腹をさらに助長する。はや興奮モード。

牡蛎喰い2値段は牡蠣1キロ700円、1.5キロ1000円。1.5キロがお得。牡蠣めしは300円、ビールは300円。焼き野菜や干し物などその他あり。隣合わせで2つの座席に分かれ賞味開始。炭火がすでにおこしてあり、速攻でまずは牡蠣から焼く。平たい面をまず下に置き、汁が噴出すまで涎をたらしてひたすら待つ。待つこと5分。汁が噴出し、貝が口を開ける。軍手を左にし、ナイフでこじ開ける。綺麗でぷりぷりとした大きな身。そしてレモン、醤油をたらし、汁とともに一口で食べる。旨い、旨い。最高である。話も弾み、食も進む。牡蠣めしもあっという間に平らげた。さざえも旨い。計1500円程で納得いく食を楽しめました。

その後は時間的にも余裕があったので二見が浦のドライブコース(独身の頃の苦い思い出が胸をさす)から糸島半島をショートカットして帰路につく。帰りは行きよりもさらにゆっくりと久留米に向かう。

5号線では好例の千切り合い。Oh!Sun’sの健脚に舌を巻き巻き、途中久留米大橋で皆さんとお別れし無事自宅着。帰着は17時。自前メーターで132キロ。

牡蛎喰い3福岡市内では十分に走行に注意しなければいけないが、平坦な道ばかりなので時間の余裕をもっていけば初心者のかたでも心配のないコースであるといえます。

食はもちろんですが、季節に恵まれればファンライドも気持ちいいでしょう。是非お試しあれ。  
Posted by iwaisport at 13:18

2007年02月06日

火曜お楽しみ会 パートII 

徳永 範寿

火曜日1先週のチャンポンに続いての楽しい思いを期待して、メンテしたばかりのピカピカ ロードでイワイへ出発。yumiどん、日曜出勤の代休まちゃみ氏、高級バイクのもん吉氏、イワイのお二人それに私の計6名、マピヨンの地図で示しながら矢部谷峠を越えて竈門、道の駅鹿北(昼食)3号線、藤山、イワイの約100km、先頭のまちゃみ氏に「飛ばし過ぎないよう、だからと言ってそう気を使わなくてもいいよ」と公一氏の指示。

最近走れるようになったつもりなので付いて行けると思っていたのに、出発していき なり付いていけませんとにかく前へ進まない。公一氏に後ろから押してもらう事2回、少し身体がほぐれた感じがして千切れそうに成りながらも何とか藤山線を八女まで。

どこをどう行ったか小井手氏のリードで矢部川岸から北山・・ 「気持ちがいいね」とyumiどんが後ろを振り向いて声を掛けてきますが、肩や腰の硬 さが邪魔になって自転車が進まないアップアップ。

矢部谷峠に入るといよいよダメで落伍寸前、公一氏からこうやって(アップライト) 1,2,1,2とリズムで登るようにとの指導を受けますが、全くできませんでした。

まちゃみ氏が下ってきて「もう少し」といってくれますがアップアップ・・下りのカーブの曲がり方を教えてもらいこれまでに無く気持ちがよく下れました。ビリはビリですがまあまあついていったほうです。

火曜日2水飲み場2箇所で一寸休憩、三加和温泉の先竈門で菊池川にかかる橋を渡り、鹿北道 の駅を目指しました。途中、自動販売機で昼食休憩という話がでましたが、鹿北道の駅の食事が大好きな自分は是非道の駅までと希望しました。

調子も出てきたのですがやっぱり峠では離され、まちゃみ氏が「もう少しです」と声 を掛けにきてくれる始末でした。道の駅で楽しみの食事と思いきや、ロードの練習会ではそんなに食べないのが基本だよとの事、出店でホットドッグなどの軽食とジュース。自分だけ食堂に行ってぜんざいとコーヒーゼリー。

道の駅を出ると如何したことか、今までに経験した事が無い走りになれて、今度は気 持ち良い事それでも、「yumiどんから前に出ていいよ」と言われましたが、とても出来そうに有りません。今日後半の走りが本当の乗り方だなと思ってたところ、帰り着いて、小井手氏がyumiどんに教えているのを聞くと・・・×

火曜日3イワイから家まで教えを思い出しながら走ると走り難い事、とにかく今までと違った 筋肉を使った一日でした。(こんな事があるのでしょうか)天気も景色もよく、なにより車が少なくいいコースでした、ぜんざいも食べたしめでたしめでたし。

100km無いからパラボラへとの話も出ましたが、先週と違ってとてもとてもでした。 「前を引く必要は無いからちぎれて迷惑をかけないように」との話しですが、また連 れって下さい。

  
Posted by iwaisport at 10:38

2007年02月02日

火曜日お楽しみ会

1月30日〜武雄北方井出ちゃんぽんを目指して〜
  岡本 真理  

ちゃんぽん私の好敵手(???)であるゆみどんがいつも火曜日休日の為、中々一緒に練習する機会が無く、たまには皆で走りたい!!という彼女の希望もあり、「じゃ、1月に休み取るからサ、どっかいこうか」という会話で始まったこの話、そこに岩井店長も加わり、武雄のちゃんぽん屋さんに行こう!!ということになったのでした。(だったと思う)案外、平日が休みでイベントに参加できない方も多く、当日はなんと9名のメンバーが集まりました。

私とクロさん以外はみんな夜勤明けや休日の方々で「さぁ今日は皆で楽しくLSD(ロングな距離をゆっくり走ること)だ!」等と思っていたら、そこはやはり強者揃いのチームパラボラ&スクバロ族、速度は30km/h!? 平坦コースと聞いてて内心喜んでいたら、ちょこちょこアップダウンあるしぃ〜。「LSDぢゃないじゃーん!!」ってカンジの往路でした。

このレポートを書くように店長から言われた時、「どーしよう、道が全くわからない方向音痴の私にどこをどう通ったのかなんてレポート出来〜ん。」と言ったくらいなのでルート、その他の細かい説明は省略させて下さいね。ゆめタウンに寄ったのは覚えてますが。(笑)

ちゃんぽん途中、小井手さんから色々教えてもらいながら2時間ちょっと位で武雄井出ちゃんぽんへ到着、店内はお客さんがいっぱいで「人気のあるお店なんだな」と思いました。

それもそのはず、特製ちゃんぽんの量が目を疑う程多い!普通サイズも野菜たっぷりで栄養満点♪それぞれに頼んだちゃんぱんが運ばれてくると、待ってましたとばかり皆でありつきます。(ちゃんと噛んで食べてるかい??)私は辛ウマ風っぽく普通サイズに赤い柚子胡椒のようなものをたくさん入れて食べました。小井手さんの特製ちゃんぽんを横目でチラ見しながら「イイナ〜次はこっちを」と・・・・・

談笑しながらしばらくの間過ごし、楽しいお食事タイムは終了。店を出ると、寒さが襲ってきます。寒い。寒い。ブルブル。早く走らなければ・・・記念撮影をし、ちゃんぽん屋を後にしました。

復路は途中休憩したローソン横の「村岡屋」で試食しまくり。店内の試食入れはあっという間に空っぽに。誰ダ〜つまみ食いが止まらないフトドキ者がいるゾォー(笑) 私は会社をサボって来ているので「さが錦」をお土産に買いました。 また休みを取らせてネ。という願いを込めて・・・

そんなこんなで帰りは結構早く感じまして、往復約100km事故も無く、皆無事にイワイへ帰りつきました。楽しかったですね〜〜また第2弾を計画せやんねぇ・・・・ゆみどん!

たくさん食べて走った1日でしたが、ん?何か足りない。あっ!デザートだ♪デザートは大好きなスウィィィィツではなく、重た〜いステーキかのようなパラボラ登り!!

ささっ 体力余っている人、行こ♪行こ♪   
Posted by iwaisport at 22:37

2007年01月31日

おなかパンパンサイクリング

柴山 知大  
おなかパンパンサイクリング2007年1月27日に明日の天気予報を見ると雨から雪最高気温5℃というものでした。晴れればいいなぁと願いながら迎えた28日は晴れ気温8℃で自転車に乗るには少し寒いけどおいしいパンを食べれるならへっちゃらです。10:00前にiwaiへ行くと役30名くらいの人達がいて楽しいサイクリングになる予感がしました。

岩井店長さんの挨拶があり4班に分かれて時間差で行くことになりました。久留米草野線を一路目指すは「パン工房花留果家」です。久留米市田主丸にあり田主丸町はぶどうや柿、お酒、ギャラリーとお腹と心を満たしてくれる素晴らしい環境の整った所です。水縄(みのう)連山の麓の澄んだ空気を全身に感じながらゆっくりサイクリングをするのが本日の2番目の楽しみでした。(もちろん1地番目の楽しみはパンを食べることですが)

素人自転車乗り(ちなみにMTBに乗ってます)の私は岩井店長さんに集団で走る時に後方者への合図の送り方などを教えてもらいながら楽しく安全に走ることができました。途中ではサッカー少年や野球少年から挨拶をしてもらえるなど直に触れ合えるところが自転車の魅力ではないかと感じました。

おなかパンパンサイクリングそうこうする内に(iwaiから20くらいかな?)到着です。私が一緒に走った6人の人達とテーブルに着きランチをいただきます。エッグサンドには驚きを禁じえませんでした。メープルが卵の上にのっていてほのかに甘い食感は新鮮でおいしかったです。食事をしながらの話題はやはり自転車。皆さん始めたばかりのようで楽しそうなのがとても印象的でした。

お腹も落ち着いて帰路に着きます。「行きはよいよい帰りは?」という歌があるように帰りは向かい風とにわか雨に遭いましたが皆無事に帰還し店内では岩井店長さんから自転車に乗る時の注意点とチョッとしたコツを講義していただき「お疲れさまでした。」40という距離を初めて走った方はきつかったかもしれませんがそれが自転車の醍醐味でこれからどんどん距離が延びていろんなイベント参加されることでしょう。iwaiのこれからのイベントは目白押しなので積極的に参加していきたいと思います。

おなかパンパンサイクリング本日参加された皆様「お疲れさまでした」
パン工房花留果家のスタッフの皆様「ご馳走さまでした」
最後にiwaiの店長さん及びスタッフの皆様「ありがとうございました。これからもよろしくお願いします」  
Posted by iwaisport at 17:54

2006年06月06日

春のゆっくりサイクリング(初めての集団走行in水分峠)

4月9日(日)

僕がロードレーサーに乗り始めたのは、今年の3月の頭です。会社への通勤(片道20)に使用しています。初めてのサイクリングイベントは、3月12日(日)に開催された☆さあ!通ってみよう。福岡と佐賀を結ぶ夢の架け橋「東背振トンネル」!(2006那珂川⇔吉野ヶ里エコツアー大会・サイクリングの部)です。初めての山登りで完走はしたものの自分の非力さに屈辱を感じたイベントでした。自転車の何が楽しいのだろうとさえ思いました。

しかし、イワイスポーツサイクル主催のイベントに参加してみたくて申し込んだイベントが「春のゆっくりサイクリング」でした。今迄は一人でしか走った事が無かったのですが、このイベントでは20人位の参加者が集い自分のペースで水分峠(片道90ぁ砲鯡椹悗靴徳ります。勿論、帰りも有るので往復180い砲覆蠅泙垢里AM 8:00出発で12:00になった時点で折り返して、PM 4:00にはイワイスポーツサイクルに帰り着くようになっています。(途中休憩有り)僕は自分のレベルが分からないのでとりあえず先頭集団に付いて走りましたが、集団で走っていて気付いたのが自分が今楽しんで走っている事と、一人で走っている時と比べて楽だという事です。

それでいていつもよりスピードが出ているのが不思議でなりませんでしたが、答えは他の人が風除けになってくれている事と孤独感との戦いが無い安心感です。これだけの材料が揃えば後は、自分の脚(体力・持久力)のみと頑張りましたが残り30い箸い所で集団から切れて一人になってしまいました。ソフトクリームを食べながら休憩し再スタートと思っていると、一人追いついて来た人がいたので二人で休憩し再スタートしました。この人はこのイベントが初めてでなく、これから先の道のりは登りになっている事や、現在のペースで進めば水分峠に着くのは12:00を少し過ぎるが大丈夫とアドバイスをくれました。結果12:06分に峠に到着し食事を摂って帰路につきました。帰りは追い風の下りでとても楽に走れました。食事休憩を取って16:05分にイワイに着いたので上出来だったと思います。

これからも色々なイベントに参加して行きたいです。そして、このレポートを読んでくれた初心者の人、スポーツサイクルを始めたいなぁ〜と思った人は一緒に頑張りましょうね!

山村 龍史  
Posted by iwaisport at 17:34Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月06日

三社詣りサイクリング追加レポート

あけましておめでとうございます。

1月2日毎年恒例の初詣サイクリング。雨の心配もあったが予定どおり大宰府まで決行。朝9時過ぎからサイクリストが集まりだして10時頃には約60名ほどの人が集まった。いつも一緒に走る人達から年に数回(正月だけ!?)会う人、また初めて顔を合わせる人にしっかり挨拶&おしゃべりしてまわった。いろいろしている間に文化センター前の門松で記念写真を撮って出発。

■ 日吉神社。
明治通りを右折して、すばやく自転車をとめて「事故なく、楽しく自転車生活がおくれますように〜」っとお参りした。派手なジャージのサイクリストがたくさん集まるとと一般の人も驚いているようだったが気にせず先を急いだ。

■ 宮ノ陣将軍梅神社。
櫛原をぬけて橋を渡ってスグ。今度は「レースで成績が残せますように・・・」と参った・・・が、練習しないといけないんですけど。ココから先は各自のペースの集団で向かい風の中大宰府を目指した。

■ 大宰府天満宮。
津古駅の所でいったん集合して天満宮へ。いつもより太鼓橋辺りは混んでなかったが、本殿の前はかなり人が多かった。時間がないので横から参った。昼食を奥の食堂で取った後、各自のペースで久留米まで帰った。昼になるにつれ気温も上がりイイサイクリングになった。

帰り着いてからイワイスポーツサイクルのお店の1階で新年会。自己紹介から始まり・・・いろんな話で各人が盛り上がっていた。去年の思い出から今年の目標を熱く語った。楽しい時間がたつのは早いもので、アッというまに6時になりお開きとなった。その後、残った数人で3階にあがり2次会で、とことん「ロードレーサー」について話あった。そうこうしているうちに12時になり解散した。

楽しい正月の1日を過ごすことができた。また今年もみんなで色々なところで楽しい自転車生活を送りましょう。

すばらしいい一年でありますように・・・

by@ROMEO  
Posted by iwaisport at 10:22Comments(0)TrackBack(1)

2006年01月04日

新春恒例三社詣りサイクリング

初詣スタート恒例の初詣サイクリングに多数の参加(約60名)ありがとうございました。今年のパラボラ・スーパーマン(スクバロ・ジャイコスター)・久留米サイクリングクラブの活発な活動を見せつけるようなすごい一日でした。

新年会サイクリングが終わればこれまた恒例のドンチャン新年会が始まり色々な意見交換が夜6時過ぎまで続き来ました。そしてそして、二次会がイワイ3階合宿所において夜中の12時まで開催され熱い熱い自転車論議が交わされ、朝起きたら約2名のお泊りさんがいらっしゃいました。

そうこうしてるうちにAM 10時からのMTB組の高良山走行会が始まりました。

今年一年もホントに熱い熱い自転車の一年にしていきたいと思いますので皆さんもご参加・ご協力よろしくお願いします。

レポートはかめさんです。  続きを読む
Posted by iwaisport at 23:04Comments(0)TrackBack(0)

2004年11月28日

11月28日  九千部(くせんぶ)ヒルクライム Report & Result


11月28日  九千部(くせんぶ)ヒルクライム Report & Result
簡単なレポート(^_^; 11月28日 10時05分スタート スタート地点気温12度


The RECORD
1 Mark Perker 0:38:53
2 正代 隆義 0:39:30
3 乙丸 貴司 0:40:13
4 杉田 洋司 0:40:17
5 徳安 達士 0:42:10
6 生垣 真也 0:42:13
7 古賀 丈文 0:43:05
8 榛澤 博之 0:43:12
9 原  康記 0:43:29
10 田中  葉 0:43:45
11 森  純一 0:44:06
12 吉村 知紘 0:44:30
13 辺田 寿俊 0:44:41
14 深江 一王 0:44:58
15 坂本 淳也 0:45:09
16 牛島  英 0:45:37
17 吉井 康介 0:46:04
18 坂澤 茂樹 0:46:24
19 後藤 尚久 0:46:42
20 前田 泰史 0:47:27
21 梶原 茂美 0:49:01
22 松本 和幸 0:49:23
23 柳  忠弘 0:50:23
24 木村 正一 0:50:33
25 高取 勝彦 0:50:40
26 中尾 哲也 0:53:16
27 大槻 雅博 0:53:51
28 森元 亮行 0:54:48
29 山口 美希 0:54:53
30 信国 敦子 0:55:56
31 姫野 博徳 0:56:20
32 鶴田 祥一 0:58:49
33 篠崎 正巳 0:59:03
34 平田雄一郎 1:02:10
35 徳永 恵典 1:06:09
36 大内田憲司 1:11:07

天気晴れ AM9時の集合時間を過ぎたあたりから続々と参加者が集まり始め最終受付者36名でレースは始まった。


ゴール標高847m、距離11.8kmの九千部山頂目指して10時05分に第一走者がスタートし30秒おきに次々と選手がスタートしていく!


コース上には何名ものスタッフが配置され選手の安全確保にたずさわった。

トップ選手は40分を切ってゴールしてくるだろうとの予想どうり最終スタートのマーク・パーカー選手が38分53秒で優勝を飾った。


ゴール後とりごえ荘で表彰式があり、その後温泉につかりレースは終了した。選手のみなさま、スタッフのみなさま大変お疲れ様でした。
  
Posted by iwaisport at 00:01