レッドクロースコーピオン森の妖精

2009年09月15日

ウデムシの雌雄判別法


R0012682
R0012693
  雄               雌

 タンザニアバンデットオオウデムシの雌雄判別は、慣れれば簡単です。左が雄、右が雌です。

 まず、注目するのは腕の長さです。

R0012683R0012689

 雄               雌

 このペアでは、雄が約3.3cm、雌が約2.5cm程度でした。ウデムシの仲間では、多くの場合雄の方が雌よりも長い腕をもちます。ただし、幼体では腕の長さで見分けることは困難です。

 
R0012684R0012695
  雄               雌

 次に腹部の形状を見ます。三角形っぽいのが雄、タワラ型に近いのが雌です。
 慣れてくると一目で雌雄判別が可能です。

 雌雄は同居しても共食いなどは少ないようです。





iwasaki_ah at 22:15│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by HARU   2009年09月16日 07:56
ゴキ以外なら虫大丈夫なんだけど~

と言ったことを

心から

撤回します・・・

orz
2. Posted by Yuke   2009年09月17日 00:33
ウデムシ結構大きいですね。
しかも、見るのに慣れてくるとわりと抵抗なくなりますNe。
八街へ行きウデムシにはもちろんのごとく出会えませんでしたが、たくさんの虫達に出会いました~。
すんごく大きなカマキリやバッタがいて少年は大喜び。
食べるのを忘れて虫ざんまい・・。
帰り際、お肉しか食べてない・・・と現実に戻っていました。ガーん!!

このブログを見せたらまた、くぎづけになりそう~。


3. Posted by 松原   2009年09月19日 00:15
HARUさん

もっとキモい虫がたくさん欲しいですね。
4. Posted by 松原   2009年09月19日 00:16
Yukeさん

ウデムシのなかでも大型の種類です。最大はメキシコに分布する種みたいですけど。

カマキリも繁殖すると面白いですよ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
レッドクロースコーピオン森の妖精