2016年07月27日

一人で思い詰める癖

今日は、アバターコースで学んだ目標実現ツールを使って、赤ちゃんを妊娠する!という目標を立てていました。

途中で、「でも、仕事とどうやって両立しよう」という不安が。向き合う内にどんどん大きくなって、そしてひらめきました。

「あ、だんなさんに力を貸してもらったらいいんだ」「赤ちゃんにも力を貸してもらったらいいんだ」

夫の貴大さんはとっても子どもが好きで、めちゃめちゃ面倒見がいいのです。きっと大丈夫。そして私なんかの子どもになってくれる赤ちゃんもまた、きっと私よりずっとしっかりしていて、大丈夫な赤ちゃんなのです。

張り詰めていた気持ちがふわーっと、緩んで、「あー私、信頼してなかったなー、自分で何とかしなくちゃと思い詰めてんだなー」と、泣き。

私の周りには、力強い応援団がいっぱいいるよー。あーありがたいなー。

最近は、泣いてばっかりですね。不安だったのが、楽しくなってきましたよ。

iwasakiyasuko at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月26日

急遽 沖縄へ撮影&上映会に行くことになりました

先日から書いております、“ミツバチ”の危機。ハニーファームの船橋康貴さんが、沖縄の養蜂家たちとイベントをするというので、急遽沖縄に飛ぶことになりました。

そして、せっかく沖縄に行くなら、映画を応援下さっている方に会いたいし、新作の「大地の花咲き」も観てもらいたいと、いつも主催下さっている鋒山謙一さんにわがままを言いましたら、急遽上映会をして下さることになりました。沖縄のみなさま、ぜひ会いに来て下さいね。

29日に北海道を離れて、夕方に那覇へ。8月4日に北海道に戻る予定。北海道は、夕方になると寒くて窓を開けていられないくらい寒いのですが、那覇はとーーーっても暑いそうです。

急遽沖縄なんて、色々な面で無謀なのです。でも心の声に耳を傾けると、何だかワクワクしてしまって、止まらないのです。声にも色々あります。不安の声、自分を安全な場所に居とどまらせようとする声、色々ある。その中で、冷静に考えると無茶だけど、でも、どうしてもワクワクする、やってみたいという声がある。最近は、その声を聴くようになりました。

そういうものから生まれてくる行動や結果は、自然で、自分にとっても周りの人にとってもいい結果のような気がしています。考えてやった事は、案外うまくいかない事が多くて。

無理やり形にするものと、湧き出て来て自然に形になるもの。その違いを探究中です。

さぁ、沖縄、どんな事に出会うんだろう。それまでに、やることを終わらせないと!(^_-)-☆

−沖縄「大地の花咲き」上映会−

【限定30名】

ドキュメンタリー映画
大地の花咲き〜洞爺・佐々木ファーム"喜び"ですべてを繋ぐ〜

雑草も虫も、仲間達。
命とともに歩む農業を通して、新たな地球の未来を模索する農家があった。

北海道・洞爺湖畔の佐々木ファーム。毎朝「愛と喜びを循環するぞ!」と宣言して畑に入る。 野菜は自分たちの言葉を全部聴いている。「元気か?」「ありがとう」と声をかける。 農薬も肥料も使わない。虫も雑草も仲間たち。
その想いの裏には、大切な我が子 大地君の存在があった。 農場の運営で家族で意見が対立。 すべてを投げ出して、この地を去ろうとしたその時、大地君は突然天国へお引っ越しした。 「僕が家族を守るからね」という言葉を残して。
生きるって?命って?命が織りなす喜びのタペストリーが今、現れる。

映画について詳しくは下のホームページをご覧下さい↓。
http://heartofmiracle.net/movie/index.html#s7

上映会の後に岩崎監督のトークもあります。

日時: 7月30日(土) 10時〜13時 (開場9時半)

場所: エッセンス963

住所: 宜野湾市大山2−27−2
    https://goo.gl/P8vTwh

お申込み先
mail : heartofyuimaru@gmail.com
tel : 070−5531−8463

料金
一般 2000円
小中高生、障がい者手帳をお持ちの方 1000円
未就学児無料
お支払は会場にてお願いします。

「大地の花咲き」予告編
https://youtu.be/0C0fM-GygdE

映画の舞台「佐々木ファームのはじまり」
https://youtu.be/j16e45ivupE

*****************************************************************************************
撮影に伺うのは?

各地のまちづくりの実践を参考に、首里ミツバチ・花いっぱいプロジェクトなど
首里のまちづくりを改めて考えてみよう。

・実施概要
日時:8月3日(水)19時30分〜21時30分

会場:新垣養蜂園(30名程度) 駐車場:民芸館跡広場
※定員に達し次第締め切りとさせていただきます。

・プログラム
1.まちづくり座談会
 司会:平良 斗星
 メンバー:伊良波 朝義、小宮 啓明、船橋 康貴
(敬称略)

2.懇親会
 会費:2000円(軽食と飲み物の用意します)

3.ミツバチ幸せ街づくり(名古屋ハニーファーム)チームによる音楽トークライブ

4.Bee Garden お披露目
 ※当日チャリティー募金を募ります。

iwasakiyasuko at 20:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月25日

お花が咲いた、嬉しいなー

勝手にお花畑委員会。住んでいるコーポの駐車場の脇にスペースがあったので、誰にも頼まれていないのに、ここをお花畑にしよう!と委員会を立ち上げ。あ、委員は我が家族だけです。

大家さんに話したら、いいですよーとの事で、春に畑を作って、お花の種を蒔きました。

雑草とも共存しようとそのままにしたら、お花の種が足りなかったのもあって、雑草畑?!でも、アップにして写真を取れば、ほーら、お花畑でしょう?(笑)
image

今日、玄関のドアを開けっ放しにしていたら、「こんにちはー!」とかわいい声が。出てみると、近所の女の子がお花畑からお花を摘んだようで、「はい、あげるー♪」と。

とっても嬉しそうにはしゃぎながら、お花を摘んでいる様子を見て、こんなに喜んでもらえるなら、委員会を立ち上げてよかったです。
image
image

iwasakiyasuko at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月24日

結婚指輪さがし奮闘記

みなさま よい日曜日をお過ごしでしたか?

私は昨日遅くに東京から帰って、寝たのは午前様。今朝はゆっくり寝たいところですが、大事なミッションがありまして、早起きして佐々木ファームへ。

なぜなら、失くした結婚指輪の大捜索の日なのです。そうです、今年1月に不注意から指輪を失くしました。

雪解けを待って探そうという事になり、アレヨアレヨという間にこんな季節に。

妹から金属探知機を使ってみてはと言われて、レンタルしました!

恐る恐る使ってみるも、ピン留めや一円玉などにもちゃんと反応。すごい。

1日、色んな所を探しました。太陽が東から差していたのに、いつの間にか西に沈んでゆく。最後は、携帯のライトで照らしながら探しました。

残念ながら、指輪は出てこず。でも。やれる事、精一杯やって、心がすっきり。もちろん、残念な気持ちなんだけど、探す前と後とで何かが確実に違う。

諦められない事は、とことんやる。それが私流なのであります。心地よい疲労感で、このブログを書いています。

とかっこいい事を書いてたのですが、ここでブログを中断して、佐々木ファームのたかさんとさゆみさんにも報告をメッセージを送りました。

そしたら、二人からお返事が。

さゆみさんからは、
「やるだけはやったねー!やすこ、えらい!」
たかさんからは
「やっちゃーん。なんか良かったわー。これでまた前に進めるねー」

何かですね、心がほろっと緩んで、涙腺もほろっと緩んで、私、気がついた。

本当は指輪が見つからなくて、私がっかりしてたんだーって事。悲しかったんだーって事。

こんな自分でえーやん!と思えました。しばらく、メソメソしよう!

今日もいい一日でした。みなさま、おやすみなさい、よい夢を♪



iwasakiyasuko at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月23日

今日の撮影は真弓先生と麦っ子畑保育園

今日の撮影。麦っ子畑保育園に真弓先生が健診に。終わった後、先生たちが子どもの体温の事で、話しておられました。年々下がっているのですって。
image
体温が下がる程、病気に弱くなる。体温を下げてしまう原因は、砂糖など食事の問題や、冷暖房や厚着など。
昭和30年までの正常体温は0〜6歳は38度台・6〜12歳は37度台だったそうです!
http://www.kodomonoheya.net/?p=687

麦っ子の園長みこべこと大島貴美子園長にもインタビュー。そうです、行政からの補助金が打ち切りとなり、運営のピンチ。認可保育園への移行を決意するも、基準を満たす新しい園舎のために1億円の資金が必要。Ready for?で寄付お願いにも挑戦中。
https://readyfor.jp/projects/mugi7087/contribution
image
夜、はっと目が覚めて眠れなくなる事もあるそうです。園を閉じれば簡単な事。でもやらないのは、「どんな子も受け入れて、心も体も真の意味で元気に育つ」麦っ子流を残したい、苦労かけながらここまで付いて来てくれたスタッフ達を路頭に迷わせたくない。

大島園長は、真弓先生に園へのメッセージをいただきたいとお願いされていました。もちろん先生は快諾です。
今日は真弓先生の娘さんの沙織さんにも、父としての真弓先生について伺いました。対等な人間として向き合ってくれたと。自分がこうしたいと言った事についてはいつも、やってみなさい、と。口や手を出したくなった時もあっただろうにって。いつも思うけど、こーれが何と難しい事かーーー。

昼間の余韻に浸りつつ、今から北海道に帰りまーす!
image

iwasakiyasuko at 20:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月21日

蜂の羽音に包まれて〜みつばちに心動かされた

先日の続きです。

みつばちに心動かされた
http://blog.livedoor.jp/iwasakiyasuko/archives/52000956.html

みつばちに心動かされた
http://livedoor.blogcms.jp/lite/blog/iwasakiyasuko/article/edit?id=52000810

今シーズン最後のはちみつ採取に出かけた日。朝4時に起きて、5時から作業開始。

蜂の箱に近づくと、ブーーーーンと羽音がします。集まった羽音は、川がドウドウと流れるようでした。

撮り直しはききません。いっぱつ勝負です。蜂に思い切り近づいて撮影。もちろん、肌が露出しない、完全防備なので、怖くはありません。

近づいても、逃げる訳でもなく、1センチまで近づいて撮影させてくれました。

次々と採られていくはちみつ。はちみつを巣と分別するドラム缶のような機械から、保存用の缶に移す時に、流れ落ちる黄金のはちみつは、朝日にキラキラ輝いて、あまりの美しさにうっとりとしました。

巣箱の枠にぽとりと落ちたはちみつの雫がありました。蜂たちは、急いでやってきて、すごい勢いで吸い始めました。仲間達がどんどん集まってきて、チカラを合わせて吸っています。

それもそのはず。蜂の一生で集められるはちみつの量は、ティースプーン一杯とも、その半分とも言われています。そして、蜜を集めるために飛び回る花の数は、たった1日だけで、3000個。

蜂たちの地道な地道な作業の結果、集められた貴重なはちみつを私達は、いただいているのです。

蜂たちをひたすら撮っている内に、いつの間にか、私の心の中は空っぽになっていました。

無心とは、あの事を言うのでしょうか。そして撮影が終わる頃、私は不思議な感覚に包まれている事に気づくのでした。

つづく



iwasakiyasuko at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

みつばちに心動かされた最終回

先日の続きです。

みつばちに心動かされた
http://blog.livedoor.jp/iwasakiyasuko/archives/52001242.html

みつばちに心動かされた
http://blog.livedoor.jp/iwasakiyasuko/archives/52000956.html

みつばちに心動かされた
http://livedoor.blogcms.jp/lite/blog/iwasakiyasuko/article/edit?id=52000810

朝4時に起きてはちみつ採取を撮影していた私。何万という蜂のブーーーンという羽音に包まれて、自分の中が空っぽになり、ただ無心に蜂を撮影していました。巣箱の置かれたその空間に自分が溶け込んでしまったような。

撮影が終わった後、お腹の底から、根拠のない感覚がうわーっと湧き上がって来ました。言葉でうまく表せないのですが、命の満ち足りる感じ、といったらいいのでしょうか。

佐々木ファームの畑を撮影していた時にも感じたものと似ていました。

その日、養蜂をしていたミュージシャンが船橋さんを訪ねて来ました。Asumiさんです。音楽作りに悩み、もうやめようかと思っていた時に、船橋さんと出会います。養蜂を手伝ってみないか?そう言われて、蜂に関わり始めたAsumiさん。

関わる内、力が戻ってくるのを感じます。そして、自然との繋がり、自然に生かされている自分を知り始めるのです。

この自然のために、歌いたい。Asumiさんはもう一度、音楽活動を再開します。その後、発表される歌、自然との繋がりに溢れ、好評を博していきます。

Asumiさんはもう一人で歌おうとはしないんだ、と言ったのぇした。舞台上でも、自然と繋がっている自分、そのたくさんの自然からもらっているエネルギーを感じながら歌うと、まったく違うのだ、と言いました。

私はお話を聞きながら、涙が止まらなくなりました。

今朝、私が感じていたのはこれだったんだ。自然と繋がって、自然に生かされて、その一部となって生きている喜び。それを感じていたんだって。

私たちはあまりにも自然と繋がれる機会を失った。どうやってまた繋がりを取り戻せるのか、わからないけど、まずは自分がこの体験が出来た事が幸せ。

これをどう映像で発信していくのか。

やりますよー。今までは自主上映形式だった私達の活動。今回は、ネット配信に挑む。その分、資金もいるかもしれない。資金集めは、最も苦手分野。でも、やりたい事があるから、やるしかない。

進んでいきますね。やるぞー!

Asumiさん公式ページ
http://asumi.hi-five.bz







iwasakiyasuko at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月20日

録画分 ゲスト岩元美智彦さん リサイクルで戦争を止める!


みなさまこんばんはー!
久々に京都へ。夜は何と涼しい風が、吹いているのでしょう。
最高ー♪

さて、今日のミラクルハッピーチャンネル放送分です。ゲストは日本環境設計(株)会長の岩元美智彦さん。

消費者に参加してもらって、必ず循環型社会を創る。笑顔の奥の熱い闘志を感じましたよー!

こちらをご覧下さいね♪♪♪
http://www.ustream.tv/recorded/89789642

iwasakiyasuko at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月19日

ミツバチの羽音に包まれたら恍惚としました

今日は朝4時起きで、ミツバチの蜜の採取の撮影へ。4時間どっぷり蜂の羽音に包まれたら、えもいわれぬ恍惚感を体験したんですよ!

1日どっぷり撮影して、ただいま22時55分。ちかれたーでも気持ちいい疲れです。詳しくはまた明日報告します。

今日も生き切りましたですよ、おやすみなさい!

iwasakiyasuko at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月18日

ゲストは「リサイクルで戦争を止める!」岩元美智彦さん

7月20日21時30分〜放送のミラクルハッピーチャンネル、ゲストは映画に出てくるゴミで走る未来の車、デロリアンを本当に実現した日本環境設計(株)会長 岩元美智彦さんです!
image

地下資源(石油)に頼らず、地上資源(ゴミ)をリサイクルすれば、戦争を止められる可能性があるのです。日本環境設計は、様々なリサイクルの技術を開発。
不要になった衣料品を消費者から回収してエタノールをつくる「FUKU-FUKUプロジェクト」。良品計画、イオン、セブンイレブンなど、大手企業が次々に協力。
何もないところからベンチャーを立ち上げ、リサイクルの分野で、わずか8年で、売り上げ10倍、100か月連続で単月黒字達成。

数々の仕掛けで、消費者参加の循環型社会づくりに挑む岩元さんに色んなお話を伺います。ぜひご覧下さいね(^o^)/

7月20日21時30分〜ミラクルハッピーチャンネル
http://ustre.am/GJC8

22時〜は会員専用スーパーミラクルハッピーチャンネル
http://ustre.am/Kz8S
パスワードが必要です

時間になったら、URLをクリックして下さい。

iwasakiyasuko at 17:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)