2016年06月29日

不完了を完了する日を決める

今日はビューティフルな快晴!朝、自転車で洞爺湖のほとりをお散歩。洞爺は本当に素敵なところです。独特の雰囲気。美しい木々と湖。私はこの土地を愛している!そんな場所に出会えた事は幸せですね。
image

今日はずっと後回しになっていたプライベートでの不完了を完了する日にしました。いただいた葉書のお返事を書けずにいたり、処分しようと思っていたものがそのままになっていたり。

やろうやろうと思ってやっていない事。やめようやめようと思ってやめていない事。そういう小さな不完了が、実は自分の心の中の小さな引っかかりを生んで、意外にエネルギーを奪っていたりする。

これからまた少しづつ、映画の編集にも撮りかかるその前に。自分を整える。走り出したら、全力でそれに向かえるように、引っかかっている事をすべてクリアにするのです。

と言っても、ずいぶん貯めてしまったので1日くらいでは終わらず。でも、いつくかでも完了したら、あぁ心が晴れやか、すっきりです。

何かに追われて生きるのではなくて、その瞬間を味わいながら生きている人生こそが最も豊かな人生じゃないだろうかと思う今日この頃なのです。


iwasakiyasuko at 18:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月28日

見返りを求めない愛 これは本当にすごい力を持っている!

今日は何て風がビューティフルな一日だったのでしょう。思わず、しばらく目を閉じて風に吹かれました・・・。

さて昨日の続きです。前回の記事はこちらです。
見返りを求めない愛 これは本当にすごい力を持っている!
見返りを求めない愛 これは本当にすごい力を持っている!

従業員に見返りを求めず、相手の幸せを考える行動を起こせた社長。“大病”の経験が大きかったと。

「一時はもう一生自力では歩けませんと病院で言われてな。絶望して。でも、どうしてももう一回歩きたい。リハビリを死ぬほどがんばってな。

初めて、50メートル歩けた時の感動を忘れへん」

そして言葉は続きました。

「その時に誓ったんや。残りの人生は、おまけにもらった人生。自分のためじゃなく、周りの人のお役に立つために使おうってな」

じわーんと心揺さぶられました。この社長さん、「日本一幸せな従業員をつくる!」の映画をご覧になって、深く感動して下さって。

東京の知り合いの広告代理店にかけあって、その会社内で映画の試写会を開くように動いてくれたのです。私が京都から出向く往復の交通費まで自腹を払って出してくれました。

どうしてこんなにもやってくれるんだろう、とその時はあまりにもありがたい話過ぎて、どこかで警戒してる自分がいました(><)

「自分とこの商売のことばっかりじゃない着物業界を作りたいねん」

本当に残りの人生を、周りの人のお役に立つために使っておられたんや、疑ってしまってごめんなさいーーーー涙

私もやってみよう、「難しい」じゃなくて、一歩踏み出そう!

<つづく>


iwasakiyasuko at 19:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月27日

見返りを求めない愛 これは本当にすごい力を持っている!

今日は洞爺では、久々に太陽が見れて何だかうれしかったです。

ようやくお昼間は窓を開けていても寒くない季節になりました。家中の空気を入れ替えしましたよ。

さて、先日の続きです。前回の記事はこちらです。
見返りを求めない愛 これは本当にすごい力を持っている!

従業員への見返りを求めない愛。この愛が、従業員を輝かせ、ホテルのピンチを救う訳ですが、

お仕事だけじゃなく、家庭でも、友人関係でもすべて同じことですよね。

優しくすれば優しさが返ってくる。愛すれば愛が返ってくる。ただし、見返りを求めずにただ相手の幸せを願って・・・。

わかっちゃいるけど、でも難しい。どうすればいいんだろう???

ある日、「日本一幸せな従業員をつくる!」をご覧になった京都の着物屋の社長さんが、

「僕もあの映画観てやってみたんや。夢ありがとう賞、従業員のお誕生日会・・・。そしたら、会社が変わってきた。やったらほんまに変わるんやな」。

おおおーーー、ちゃんと行動してる人がいるー!

どうして行動できたんやろ?思わずインタビュー。

「なんで行動できたんやろなー。うーん。もしかしたら大病したからかな。

一時はもう一生自力では歩けませんと病院で言われてな。絶望して。

でも、どうしてももう一回歩きたい。リハビリを死ぬほどがんばってな。

初めて、50メートル歩けた時の感動を忘れへん」

この後に、続いた言葉に、あぁ〜そうだったのか、と納得した私でした。

<つづく>


iwasakiyasuko at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月26日

60歳以上じゃないと働けないお店

今日は掃除洗濯、そして夫の貴大さんと札幌まで買い出しに。

自然食品の「まほろば」で食材を買い出し。

そして札幌に来ると、かなりの確率で寄る店があります。スープカリー奥芝商店「おくしばぁちゃん」です。なーんだか行きたくなっちゃう引力があるのです。
image

引力の元は、スタッフのおばぁちゃん達。おばあちゃん達が活躍する店。それが「おくしばぁちゃん」なのです!

どうして、このお店が誕生したのか。

奥芝商店の代表取締役 奥芝洋介さんは、幼い頃おじいちゃん、おばあちゃんに育ててもらった。おじいちゃんが亡くなり、おばあちゃんに何かできないかなと考えていて、ひらめいた。そうだ、おばあちゃん達が主役の、おばぁちゃん達がキラキラ輝いて働ける場所を作ろう!

という事で、スタッフ採用試験の条件は、60歳「以上」。「以下」じゃなくて「以上」です。もちろん応募は殺到したそうです。

今日は、ちよちゃんが迎えてくれました。「今日は蒸しませんか?」と声をかけてくれて、「うーん、そうかなぁ」と返事したら、「私、忙しいフリをしてバタバタ走り回ってるからですね!」と元気いっぱいの笑顔。
image

image

これが引力だわー。もちろんスープカリーも絶品です。佐々木ファームのお野菜とのコラボも最高。
image

心もお腹もいっぱいになって帰って来ました!

スープカリー奥芝商店 おくしばぁちゃん
http://okushibaachan.wix.com/okushiba-cyan

iwasakiyasuko at 19:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月25日

見返りを求めない愛 これは本当にすごい力を持っている!

今日は洞爺は台風並みの風で、止めた自転車が倒れてびっくり。風ってすごい力を持っていますね。

前に、映画「日本一幸せな従業員をつくる!」をご覧になった20代の女性が、キラキラの笑顔で語りかけてくれたのでした。

「私の使命がわかりました!私の最高の笑顔を周りの人に届けることです!」

しかも映画の後の女子トイレの中で、話しかけて来て下さって(^^♪

ずっと使命を探していたのだそうでした。でも使命ってとても大きな事じゃないとだめだと思っていた。映画を観て考えが変わった。

ホテルの支配人の柴田さんがやったことは、従業員の素敵なところを見つけて表彰する、とか、お誕生日会を開く、とか、地道なことをこつこつ続けた。そして従業員もお客様が失くしたピアスを探して差し上げる、とか、小さな思いやりをたくさん積み上げた。その結果、客室稼働率で名古屋でNO1に輝いてしまった

「笑顔だって、周りの人を幸せにできる。だから私の使命は笑顔を届けることです!」。ホテルアソシア名古屋ターミナルが教えてくれた事は、“働き方”にとどまらず、生き方につながる事だったのですね。自分の周りの人を幸せにしようとする、見返りを求めない愛ですね。そうすれば愛が返ってくる。愛の連鎖が生まれていく。

見返りを求めない愛、この力は本当にすごい。愛が人の底力を引き出すのでしょうね。赤字のどん底の企業だってV字回復、NO1にする力を持っている。

わかってる、わかってるけど、難しいのよねーーーーー。(つづく)

************************************
映画の主演の柴田さんが京都に!上映会&柴田塾 07月02日(土)
上映会はこちら 
http://www.yonbunnoichi.net/kanrenevent/014643.php
柴田塾はこちら
http://www.yonbunnoichi.net/kanrenevent/014644.php

映画「日本一幸せな従業員をつくる!」上映日程
http://heartofmiracle.net/schedule/schedule06.html
2014年07月12日(日) 〜毎週日曜日 定期上映 徳島県・徳島市
2016年05月14日(土)〜8月中旬 大阪府・大阪市
2016年07月01日(金) 大阪府・寝屋川市
2016年07月02日(土) 京都府・京都市
2016年07月09日(土) 愛知県・名古屋市
2016年07月18日(月・祝) 東京都・豊島区
2016年07月30日(土) 東京都・千代田区【柴田秋雄さん】講演あり
2016年08月01日(月) 大阪府・大阪市
2016年08月25日(木) 奈良県・明日香村 【24時間TVチャリティーイベント】

その他の映画はこちら
「1/4の奇跡」「宇宙の約束」「僕のうしろに道はできる」「大地の花咲き」
http://heartofmiracle.net/schedule/index.html
************************************


iwasakiyasuko at 17:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月24日

私にとってのワクワクの瞬間

今日は3時間かけて札幌の酵素ジュース教室へ。もちろん酵素ジュースに興味もあったのだけれど、先日書かせていただいた助産師の岡野眞規代さんのおうちで開かれるというのも大きかった!

岡野さんとの出会いの記事はこちら
http://blog.livedoor.jp/iwasakiyasuko/archives/51997751.html

無理を言って、早めにお会いさせていただき色々お話を伺った。

お母さんの産む力を信頼して、出来る限り医療の介入はしない。時間がかかったとしても、時間の経過の中で、ゆっくりとお母さんの体内では、たくさんの愛着に関するホルモンが分泌され、生まれる我が子への愛が限りなく深まってゆくのだという。

アメリカでは、痛みを避けようと無痛分娩で簡単に産む方法が広がったが、幼児虐待が増えたとの指摘もある。愛情ホルモンに関係があるかもしれないとのこと。

出産は、この世に赤ちゃんの人生の始まりの瞬間。その瞬間が変わる事で、その子の一生も変わる。と岡野さんは、講演で伝え続け、母子ともに幸せな自然な出産が出来る助産院建設を鳥取で、と動いておられる。

何だかもうワクワクしてたまらない。今までに、出会って来た方と、繋がっていく。点と点が線となる。何かの形でご紹介できないかなぁ。頭がぐるんぐるん。

命が喜ぶ瞬間です。宇宙が導いてくれると言ったら大げさだけど、私が進みたい方向はこっちだ!その扉が開いた!というワクワク。

帰りの高速バスの中て、沈む夕焼けを見ながら、一生で何作品くらい創れるかなぁ、どんな作品を創っていくのかなぁと、ぼんやり考えていました。まずは今この一瞬一瞬を大切に生きよう!

素敵な週末をお過ごし下さいね♪
image


iwasakiyasuko at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月23日

罪悪感があると相手を攻撃したくなる

みなさん、何だかわからないけど、相手が腹立たしくなる、言動が目につく、批判的な気持ちが次々に湧いてくる、ことないですか?

初めて映像作品を創った時のことです。撮影は順調に終わったものの、いざ編集しようという段階になって、頓挫してしまいました。何しろ、機材も編集技術もなかったのです。自分なりに調べてみたものの、さっぱりわからない。

撮りためたテープは、物置の奥にしまったまま、半年が経ちました。そして、いつしかふつふつと、ある感情が湧いてきている事に気づきました。あろことか、撮影対象者の方に向けて、何だか批判的な気持ちが湧いてくるのです。その方と距離を取りたい気持ち、話したくない気持ち、イライラする感じ。

でもそれは、相手が悪いと思っていました。しかし、よくよく探究していく内に、気づいたのです。私は、映像作品を創り上げる責任を放り出して、逃げ続けていることに、罪悪感を感じていること。そしてその罪悪感を減らしたいがために、相手を悪者にしようとしていたのです、ひぇーーーーー!

その事に気づいた瞬間、批判的な気持ちは跡形もなく消え去り、そこから、仲間の小野さんに助けてもらって、機材と編集技術を提供してもらい、作品を無事、創り上げることができました。

いやー罪悪感のびっくりのカラクリでした((+_+))後ろめたさや、罪悪感って、知らない内にじわじわと人間関係や人生にダメージを与えていくのですねーーーー。

*********************************
【インターナショナルアバターコースのお知らせ】
上記の事に気づけたのは、アバターコースというプログラムで自分を探究したからでした。だからめっちゃめちゃアバターには感謝しています!来月7月2日からフロリダでコースが開催されるそうです。通訳もあるので海外でも安心。ご興味ある方はお気軽に以下のフォームからご一報くださいね。
http://my.formman.com/form/pc/SsDPyFElyxRRGMAq/
*********************************



iwasakiyasuko at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月22日

私に今最も必要なものは・・・

昨日の続きです。

昨日の記事はこちらです。
「私に今最も必要なものは・・・◆


夫の貴大さんに「あなたはだめな人間ですよ」催眠を知らぬ間にかけ続けていた私。 あやうく才能や個性をつぶすところだった?! 自分がやっていることを、やっと理解することができ、悔い改めの決心ができました。

私には批判に聞えてしまう「改善案」のお話も、まずは何も言わず聞くようになりました。

こうしてほしい、と思うことも、それは相手の決断次第で、その人のタイミングがあって、 その人の人生であることを、尊重する努力を始めました。

すると、貴大さんとの時間がとても楽しくなりました。貴大さんがぽつりと言いました。

「僕は、一緒に働いてる人が、僕と一緒に働くと元気になるって言ってもらえるような 人になりたいな」何て素敵な言葉でしょう〜!

貴大さんの夢は、「次世代に残せる財産を創る」事だそうです。

私は何があっても、貴大さんを信頼し続けよう。貴大さんはきっとそれを創り出す。 そして創り出そうが、出さなかろうが、私を孤独の淵から救い、幸せにしてくれた「ヒーロー」である事に変わりはありません。一生、感謝し続けたいと思います。

ということで、私に今最も必要なものは、相手を“信頼”することでした。

今朝ね、面白い事があったんですよ!1か月半前に種まきしたバジル。 すぐに何本か芽が出たけど、あとはさっぱりで、もうだめなのかなと思ってました。

ところが。今朝、いくつもにょきにょきと、一斉に芽が出た!

まるで私に教えてくれているようです。

「大丈夫。信頼して待っていてね。ちゃんと自分のタイミングで、自分らしく芽をだすよ」と。

ここまでお読み下さり、ありがとうございました\(^o^)/

バジル

iwasakiyasuko at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月21日

私に今最も必要なものは・・・

昨日の続きです。昨日の記事はこちら。
「私に今最も必要なものは・・・ 

夫の貴大さんの言動一々チェックし、こうした方がいいと思うことは、一々正そうとする。つまりは、貴大さんの事を信頼してないって事じゃないか。でも中々、そんな自分を変えられない。

そんな時、このブログにたまたま出会ったのです。美塾 塾長内田裕士さんのブログ。
大事なのは昇進試験に落ちた後。

Mさんという読者からのお便りを紹介。Mさんのだんな様が昇任試験に落ちた時、Mさんはまったく態度を変えなかった。その事が二人の関係性がが変わったそうです。

内田さんは続けます。
*******************************************
期待通りでなかったとしても、リーダーとして扱い続けている現れだと思います。

いや、おそらくMさんは、元々旦那様にこういう角度の期待をしていなかったのかもしれません。

あるいは、積み重ねた信頼関係が、旦那様の仕事の成績を超えた絆を築いたのかもしれません。

いずれにしましても、こういうピンチの時に全く変わらずに、見守っていてくれる奥様って・・・涙が出るほどありがたいです(T_T)

たとえば、

仕事でミスをして降格になってしまった。
それどころかリストラにあってしまった。
内緒にしていた借金が発覚。
浮気発覚。
ご両親のどちらかがご病気で要介護に。

という、彼にとっての人生最大のピンチにどんなコミュニケーションをするかです。

大概があなたにとってもピンチなので、真価が問われる時かもしれません。

日頃の生き方が出ます。

あなたはパートナーを何かしらの条件付きで愛していませんか?
*******************************************

がーーーーん。

夫の貴大さんは、99%理想通りの人です。食事は全部作ってくれます。洗濯も自分でやる。2週間家を空けても、「やりたいこと、やったらいいよ」といつもニコニコ。「やっちゃんがやっちゃんでいてくれることが、幸せだよ」。おおらかで、ありのままの私を愛してくれる。

なのに私は。残り1%の理想通りでない部分を、事あるごとに指摘し、あげつらい、修正しようとしていた。

つまりは
「あなたは、だめです」のメッセージを送り続けてたんだ。貴大さんが羽ばたける関わりではなくて、せっせと貴大さんの足を引っ張り、「だめな人」にする関わりをしてたんだとと大直面。さすがに、情けなくて涙が出ました。しばらく、オイオイ泣きましたですよ。

〈続く〉


iwasakiyasuko at 18:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月20日

私に今最も必要なものは・・・

昨日は、おのっちこと小野さんを怒らせたお話を書きました。
怒らせた

相手が何かを話してくれた時に、「私は違う意見だな」と思ったら、相手の話を受け取りもせず、ひたすら自分の意見を主張するという私の癖。

これ、夫の貴大さんにもやっていました。貴大さんが何か思いついてそのアイデアを話してくれる。すると「私だったらこうする」というのが浮かんでくると、もう止まらない。相手のアイデアなんて、蹴散らして、「私だったらあーする、こーする」延々・・・。

相手への尊敬。相手のアイデアに敬意を払うこと、まったくしてませんよね。つまりは、相手のアイデアより私の方が上だと思ってる。

それからですね。以前も書きましたが、私は尊敬する守田矩子先生のブログを読んで、貴大さんを「いってらっしゃい世界のヒーロー!」と送り出すことに決めました。
いきさつはこちら
行ってらっしゃい、世界のヒーロー

そうやって声をかけている内に、気づいたんです。私、貴大さんを信頼するんじゃなくて、心配してた。そしてそれは、相手を小さくみてたって事じゃないんだろうか。世界のヒーロー貴大さんが、色々話してくれる。それに対して気になる事があると、一々指摘して、正そうとしていました。

貴大さんは、現状についての課題を見つけるのが上手です。「もっとこうだったらいいのに」と色々話してくれます。

それは私には、文句に聞えてしまう。そんな文句ばかり言っていては、人に受け入れられない、心配だ、文句を言わない人になってもらわなくては、と、お説教みたいな事を言ってしまうのです。

言葉の一つ一つに反応して、心配して、お説教じみたことを言って、何だか気分が晴れない・・・。そんな事を繰り返す日々でした。

<続く>


image


iwasakiyasuko at 19:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)