岩 崎 建 築 研 究 室 ・ 日 誌

〜京都で数寄屋を学び、建築設計を考える〜

岩崎建築研究室

フランスのお茶人さん

ブログの写真はflickrという写真共有サイトを使っているのですが、私のアップロードした写真をよく見てくださっている人がいるなあ、と思って、その人の写真を見てみたら、驚いた!

こちら →  

フランスの方のようなのですが、自ら茶室を作っていて、茶室だけでなく、蹲踞も作ったり、茶杓も美しく作っていたり、かわいい香合を作っていたり。障子や下地窓も自作していて、鍵畳の切断している写真も!素晴らしい仕事がしてあって、とってもセンスがよい。どんな方なんだろうと思っていたところ、「kyoto e ikimasu」のコメント。思い切ってメッセージを送ってみて、実際にお会いすることになりました!

場所は水辺の茶室で。建築主さんにご協力いただき、雨の中、二人のフランス人男性をお招きしました。同行してくださったステファンさんは、京都在住の写真家。通訳をしてくださり、とても楽しい時間を過ごさせていただいた。お話を伺ってみると、フランスで茶室を作っているティエリさんはグラフィックデザイナー。どうりでセンスがよいわけです。私のブログを見て茶室作りの参考にしてくださったようです。思わぬ地で、思わぬかたちでお役に立ててとても嬉しい。お茶は宗徧流を習われているとのこと、水辺の茶室の建築主さんに素敵なお道具をご用意いただき、茶室で薄茶一服を差しあげる。薄暗い茶室の中で、一期一会のお茶。遠く離れた地にいる人と、こうして出逢い、お茶を一緒にいただけることの不思議さ。茶の美は世界の美だ、と仰っていたのがとても印象的でした。


写真を撮るティエリさん。初めて会ったのに、なんだか前から友人だったかのように感じるのは、お茶が取り持つ縁だからでしょうか。次は是非フランスに行って、ティエリさんの茶室を見てみたい!


雨の水露地。雨粒が奏でる音楽を聞きながら。

ティエリさん、ステファンさん、Kさん有り難うございました!

虎丘庵

一休寺(酬恩寺)の虎丘庵が特別公開しているというので行ってきました。展覧会が終わったら、是非行こうと楽しみにしていた建築探訪。


総門前。紅葉が色づき始めたところ。


参道にある「諸悪莫作衆善奉行」の石碑。


参道の立派なモミジ。


今回は浴室も特別公開。蟇股の水鳥がカワイイ。


棟木を支える組物にも彫刻。


海老虹梁に弓欄間。


御廟の門。十六弁の菊の透かし。一休さんは後小松天皇の皇子。


文明七年(1475)に一休さん自ら建立した墓所。庭は村田珠光の作。


本堂へ続く参道。


庫裏への階段。ダイナミックな構成。


樹齢4〜500年とも言われる松。もともと枝垂ではなく、高齢化とともに枝垂れてきたとか。


方丈へ続く唐門。


唐門の彫刻。慶安三年(1650)、前田家が再建時に新築したもの。


唐門の鬼瓦。


虎丘庵。残念ながら内部は撮影禁止。一休禅師が京都東山から移築して居住した建物。


入り口から飛び石を渡って蹲踞へ。沓脱石から濡れ縁へ上がる。南側の庭には、ツバキ、マキ、ハクモクレン、モミジ、アセビなど。墓所側、東側には七五三の庭。書院の窓から見える場所には白梅。足元にはセンリョウやマンリョウ。濡れ縁は石口から一尺五寸。沓脱石は白川、高さ九寸、巾一尺三寸、濡れ縁までの高さ六寸、犬走りの高さは一寸五分。

濡れ縁は、巾六寸八分の板が五枚。鴨居上に扁額、一休さんの字で「虎丘」一尺四寸×七寸。建物は六帖の主室、三帖の次の間、二帖の茶室(向板+丸炉)、水屋で構成されている。柱は三寸八分角、内法は五七、天井高さは七尺二寸ほど。六帖の主室には、東側に床の間、床脇、仏間が並ぶ。床の間は間口五尺ほど、奥行きは二尺。床框は一寸八分×三寸五分。板床で、目の細かい杉の中杢。床脇は高さ八寸に地板(ケヤキ二枚はぎ)、地袋なし、三枚の書院障子。二本溝で、真ん中一枚を開けることを想定しているよう。縦長のフレームに白梅が絵のように納まる。外側には両引分の雨戸。濡縁と六帖の間は一間半四枚引違、三本溝に、板戸二枚、障子一枚×2組。六帖と三帖の間の建具は、腰付障子だが、巾を縮めたもので、組子の桟割りが端だけ短い。一帖台目の茶室のような部屋は、丸畳一枚と、丸炉(径一尺一寸五分)のある向板(奥行一尺五寸五分)+台目畳。三帖との間の建具のみ(片引襖)、五尺と内法が低い。矩形の建物に張り出すようにつけられた水屋は床が七寸下がり。裏にも濡れ縁があり、手水鉢があり、側にはナギの木。


せっかくなので、別料金だったが方丈や宝物殿も見学。方丈から虎丘庵、御廟、右奥には鐘楼を見る。作庭は松花堂昭乗、佐川田喜六、石川丈山による合作。方丈では、一休さんが乗った輿や、遺偈を見る。遠くからみただけだったが、やっぱり一休さんの字は素晴らしい。


東庭。十六羅漢の遊戯を擬えたもの。


四半敷きの瓦と砂利と苔。


北庭は枯滝落水の様子を表現した蓬莱庭園。


どこか真珠庵と共通する空気感。


虎丘庵の屋根。桧皮葺き、照り起りの屋根。


本堂へ通じる門。


本堂への参道。


帰り、タクシーを呼ぼうにも電話が繋がらず、仕方なく駅まで歩く。途中面白いものを発見。


塀の上の七福神。


こちらはえべっさん。


布袋さん。にこやかな顔、デベソもよく出来てる。



















炉開き

お茶のお稽古、炉開き。着物を来てお稽古場へ。昨日まで神戸の展覧会でずっと着物を着ていたので、これで七日連続着物。お稽古場の炉開きは、料理を一品持ち寄り。せっかく神戸にいたので、老舗のデリカテッセンというのも面白いかも、と思っていたのですが、バタバタとして結局いけず、どうしようか考え、朝の錦市場へ行く事にしました。


朝の錦市場。開店準備をする店があったり、まだ締まっている店があったり。


支度中の鮮魚店。


毛を毟られた大量の鶏!!


三木鶏卵でだし巻きを買いました。できたてホヤホヤ。お稽古場についても、まだ温かかった。


こちらにはマツタケ。焼マツタケや土瓶蒸しが食べたいなあ。


ホンモロコも買いました。せっかくなので、天然ものを。


錦天満宮にお参りしたらお稽古場へ。バスでも乗ろうかと思ってスマホで調べると意外と歩いて行ける距離だったので、てくてく歩いてお稽古場へ。

今日は許状を頂かれる方がいたので、床の間には三具足と千利休の座像と遺偈のお軸。初心者のための茶道教室から入られた方が真の行台子の許状をいただかれた。素晴らしい。お家元での炉開きのお軸は「閑適 開門多落葉」が掛けられることが多いようです。炭点前をされたら、お濃茶は重ね茶碗で。先日茶室見学会を開催し、小間で12名に濃茶をお出しする、ということをしたのですが、あの時こそ、重ね茶碗でするべきだった、とお点前を拝見しながら気がついた。お稽古したことはあっても、きちんとしかるべきときにしかるべきことをする、というのは、簡単そうなことで難しい。薄茶は花月で。本来四服点てですが、五人全員にあたるように五服としたら、亭主仕舞いで、座替わりなし、となり、なんだかスッキリ終わった。持ち寄りのお料理を楽しくいただいて終了。こうした節目を無事迎えられることの有り難さ。

展覧会を終えて

神戸で開催した茶室建築展「茶室のすすめ」。六日間の会期を無事終了いたしました。


(写真はアート○美空間Sagaのブログより)会期中は、予想以上にたくさんのお客様に来ていただきました。トークイベントの時には、来場者が重なり、ゆっくりご覧いただけない状態になってしまい、ご迷惑をおかけし、大変申し訳ありませんでした。初めての展覧会で不慣れなことでもありましたが、茶室建築の設計を謳う以上、茶室設計者は茶人として見られることも覚悟をしなければならない、ということを改めて痛感し、そうした心構えがまだまだ足りないということを反省。これからの精進につなげてゆきたい、と考えています。


トークイベント&スライドショーの様子。(写真はアート○美空間Sagaのブログより)


芳名録に名前を書いていただいた方の人数で、合計163名になった。点前台では皆様にお茶をお点てし、用意した抹茶(40g×7箱)もすっかり無くなった。茶筅を降り続けて、腱鞘炎になりませんか、と聞かれることも多かったが、意外と大丈夫で、それよりも、お茶を点てながら色々なお話をするのが本当に楽しかった。時には、三人全く面識のない方が並びながらも、それぞれご紹介しながら、色々なお話ができたのは、嬉しいことでした。これこそが私がしたいお茶なのかも、と感じられたのは、ささやかな収穫でした。(写真はアート○美空間Sagaのブログより)


ブログを見て、新聞を見て、と来てくださった方の中には、北海道、福井、埼玉、徳島など、ご遠方からわざわざお越しいただいた方もいらっしゃった。またこれまでにご依頼いただいた建築主様も、岡山、三重、奈良、大阪、京都、静岡から駆けつけていただき、久しぶりにお目にかかれる方もいらっしゃって本当に嬉しいことでした。なお、当日のお手伝いは、私の事務所にはまだスタッフがいないこともあり、無理を言って、これまでの建築主様(と若い大工さんと家内)にお願いした。お客様にお手伝いなど不躾なお願いにも関わらず、快く引き受けてくださり、時には来られたお客様に実体験をお話いただき、本当に助かりました。有り難うございました。


学生時代の友人や高校時代の先生にも来ていただき、こうした仕事を見てもらえたのは、個人的にとても嬉しいことでした。大学時代まではオーケストラ一色で、お茶をするなんて思ってもいませんでしたが、その時の経験は、形をかえて、今に活きているのでは、と考えています。


茶室が欲しい、あるいは、自宅にお茶が出来る場所が欲しい、と思っている方は、やはりたくさんいらっしゃるのでは、と実感できたように思います。点前台を見て、「こうすれば自宅でもお茶ができるんだと、勇気づけられました」という言葉に、私自身も勇気づけられました。今後も職人さん達と切磋琢磨して、ご縁のあった方々のために、少しでも良いものを作っていければ、と思っていますのでも、皆様今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


最終日、終了後はすぐに撤去作業。


点前台については、引き続き美空間sagaで開催される「性の茶」にて展示されていますので、是非ご覧下さい。

性の茶
2017年11月09日(木)〜11月19日(日)
11時〜18時(無休・観覧無料)
アート○美空間Saga
詳しくはこちら → 

今後は実際に茶室を検討されている方を対象に、これまでに設計をさせていただいた茶室を見ていただく「茶室見学会」を開催しようかなとも考えています。茶室について、何かございましたら、いつでもお気軽にご連絡ください。

展覧会中の朝の散歩

神戸で開催中の展覧会には毎日在廊しているのですが、京都から毎日通って。市バスと阪急電車を乗り継いで、ドアツードアで二時間ほど。朝にはいつも通り愛犬と散歩をしてから。


一日目。直前まで台風が来たり雨が多かったですが、秋晴れに。


二日目。桜の葉の虫喰い。


蔦のはっぱも真っ赤だな。


朝の霞の賀茂川。


ペロッ。


三日目。高野川の桜並木。


四日目。ブラームスの交響曲二番を聞きながら。秋はブラームス。初秋には初期の作品を、晩秋には後期の作品を。


朝焼けを写す水面。綺麗な色。


ポツンと佇む鴨。ヒドリガモなど渡りの鴨達もやってきた。


展覧会に来てくれた静岡の叔父からいただいた釜揚げしらすを朝ご飯に。


五日目。アオサギ。ボーダーの波模様が面白い。


ヌートリア。害獣として駆除をされているようですが、「別にオレは来たくてココに来たわけじゃないし」と言っているようにも見えたりして。


六日目。昨晩、神戸の街中で見た月が、まだ朝に残っている。


紅葉と朝焼けでより赤い。


犬を連れながらコンデジでもここまで撮れる。


朝日に照らされて。


散歩で出逢った人に「美犬」と言われて、まんざらでもなさそうな顔。




展覧会五日目

展覧会五日目。電車に乗って神戸に通うのもこれで五日目。なんだか通勤しているみたいな感じになってきたけど、展覧会は明日で終了。


今回、薄器には、明主航(みょうしゅわたる)さんのものを使用している。本来黒い棗があるところに、白い陶器があるので、目につくのか、お客様からよく聞かれる。最初はカホギャラリーさんの展覧会で知って、写真のものは高島屋での展覧会の時に求めたもの。亀岡のまだ若い陶芸家で、三十代くらいかと思っていたら、まだ27歳!でした(失礼)。今月後半には、京都東福寺近くのカホギャラリーで、明主航展が行われます。カホギャラリーは、中村外二が手掛けた素晴らしい数寄屋空間。是非。

明主航展
痕跡
会期 2017年11月18日(土)-11月24日(金)12:00−18:00会期中無休
詳しくはコチラ → 



昨日、銘木屋さんが展覧会に来て長居をしてくれて、お客様とも色々お話をしてくれた。そこで銘木の展示もあったほうがよいのでは、という話になり、さっそくサンプルを送ってくださった!


キャプションは、銘木屋さんが文章を考えてメールしてくれたので、すぐにプリントアウトしてパネル製作して持参した。


展示は明日11/6(月)までですが、少しでも多くの方に銘木の素晴らしさ、面白さを感じて貰えれば、と思います。

以前の建築主様、お茶の先生や社中の先輩、ブログを見てくださっている方や、新聞を見て、という方から、学生時代の友人まで、たくさんの方に来ていただき本当に有り難い限り。点前台に用意した3つの椅子には、見ず知らずの人が相席になる場合もありましたが、こちらからご紹介すると和やかな雰囲気で色々とお話ができたのが印象的でした。

展覧会三日目(トークイベント)

展覧会三日目。文化の日で祝日、三連休の初日で、たくさんの方に来ていただいた。


会場の様子。三ノ宮駅からも近く便利なところ。


立て看板に張られたチラシ。


ガラス越しに模型や写真や写真パネルが見える。


軸組模型や外観模型も展示しています。

神戸新聞を見て、という方も何人かいらしゃって、新聞の影響力の大きさを改めて感じました。また新聞に載った「点前台」の写真のインパクトも大きかったようで、あの実物が見たくて、という方が何人かいらっしゃっいました。以前岡本の洋館の見学会でたまたまご一緒してお話したご婦人二人にも再会できた。建築に詳しく、とても素敵な方々だったので、とても嬉しい。建築の師匠が忙しい中来てくださったが、大勢のお客様が来られている時で、ちょっと顔を見ただけで、結局話もできず帰られてしまった。申し訳なく、残念。その他にも、ゆっくりしていただけずに帰られてしまった方もいたようで、大変申し訳なかったです。

15:00-16:30のスライドショー&トークイベントは、会場の都合で先着15名とさせていただきましたが、思いの外多くのお問い合わせをいただき、やむを得ずお断りした方が出てしまったのは残念でした。当日は大工さんと造園屋さんにも会場に来ていただき(残念ながら左官屋さんはお休み)、直接皆さんとお話していただけたのもよかったかなと思っています。

スライドショーでは、昨年神奈川県でさせていただいた八帖の部屋を四帖半の茶室にリフォームするという仕事を見ていただきました。


床柱を生産している銘木屋さんのところに見に行ったり、


灯籠などもたくさんあるなかから選んでいただいたり、


私の描いた図面を見てもらったり、


大工さんの作業場での様子、


作業場での仮組の様子や、


現場での組立の様子、


造園屋さんの仕事の様子、


左官屋さんの仕事をしている様子などを見ていただきました。

ゆっくり準備もできず、ぶっつけ本番でしたが、友人Yさんからは思いがけずしゃべりを褒めていただき(笑)、嬉しいような気恥ずかしいような。好きなことや思い入れのあることは、気持ちが乗せやすく、伝わりやすいのかもしれません。


浜松で住宅新築計画中のお客様も遠方のところわざわざ来てくださり、自宅のお庭(とても広い)からお花を摘んで持ってきてくださった。会場にお花を生けたいと思いながら、自宅の椿はまだ蕾が堅いし、頼りの賀茂川にも、今はこれといった花もなく、飾れずにいたので、とても嬉しい。用意しておいた信楽の踞(長男誕生の時に、建築の師匠からいただいたもの)にさっそく生けてみた。


展覧会終了後は、住宅新築の打合せをかねて、浜松のお客様と夕食へ。神戸で食べるなら、と紹介してもらったおでん屋さん「たばる坂」にて。シメのラーメンがおいしい!

展覧会初日

岩崎建築研究室十周年記念茶室建築展「茶室のすゝめ」がいよいよ始まりました。初日の今日は家内に手伝ってもらうので、二人で阪急に乗って神戸へ。


会場の一角には椅子とテーブルを用意して、打合せができるスペースを設けたのですが、結局ここに座ることはほとんどなく、点前台でお茶とお菓子を出してお話する時間が長かった。後ろに置いてあるのは古建具の欄間と葭障子。テーブルクロスは大工さんから譲ってもらった更紗、ぼんぼりは三浦照明さんから貸していただいています。


茶名拝受の茶事の時に、書道の先生に書いていただいた短冊も飾っています。「及時当勉励(+歳月不待人)」先代のお茶の先生の座右の銘です。


点前台はおおむね好評でした。やっぱり写真でみるのと実際体験するのは違うみたいです。お客様は椅子に座ってリラックスするのか、正座してかしこまってするより、話が弾むようです。ご興味のある方は是非お気軽にお越しください。


長文コーナー。「茶室を作る仲間達」「茶道と建築」「オーケストラと建築」「数寄屋の設計」と四つのテーマで熱い想いを語っております。奥の通路にありますので、お時間のある方は是非どうぞ。


同世代の大工さん、左官屋さん、造園屋さんは、明後日のトークイベントに来てくれる予定になっています。


学生時代の懐かしい写真も。あの頃はオーケストラ一色、まさかこんな事をするとも思っていませんでしたが。


展覧会は11/6(月)16:00まで。お茶室にご興味のある方、是非お気軽にお越しください。皆様のお越しをお待ちしております。

岩崎建築研究室開設10周年記念
茶室建築展「茶室のすすめ」
2017年11月1日(水)〜6日(月)
神戸市のギャラリー「アート○美空間Saga」にて
〒650-0011 
神戸市中央区下山手通2−13−18 観音寺ビル1階
TEL&Fax   078−321-3312
profile
岩崎建築研究室
岩崎 泰

住宅,茶室,店舗の設計等について
ご質問,ご相談がございましたら
まずは、電話やメール にて
お気軽にご連絡ください。
TEL 075-724-2354
iwasaki1201@syd.odn.ne.jp
Archives
  • ライブドアブログ