伏見の離れ新築工事。現場が近いので毎日通ってしまいます。今日は大屋根の荒野地まで仕上げ、庇に取りかかる予定。


よしずが並べられた化粧軒裏。桂離宮の月波楼や雅俗山荘の即庵は「葭詰打ち」。通りの通ったまっすぐの葭を選びぬき、隙間のないようにぴっちりと並べたもので、材料も手間もかかります。四君子苑のつばくろ天井は、ざっくりと竹を並べ、うえから漆喰で押さえたもの。今回の化粧軒裏はその中間のような感じ。よくよくみると葭は曲がりのあるざっくりしたものが多いですし、編んである紐の分の隙があったりしますが、それも味ということで。言うならば「よしずころがし天井」かな。


軒先はこんな感じ。


上では大工さんが荒野地を取付け中。垂木上にはパッキンをかませてあり、、


それに荒野地を打ち付けていきます。


松の梁付近の見上げ。


荒野地がいけたら、ルーフィングを敷いていきます。


大屋根がすんがら、表の庇にとりかかります。


庇を支える面皮の柱にはすでに根石が取付けられています。ボルトが下にも延びていて、高さ調整ができるようになっています。


垂木取付け中。


垂木が並べられたところ。全体のかたちが見えてきました。



住宅/茶室/店舗の設計に関するご質問・ご相談はメール などにてお気軽にどうぞ