浜松の家、今年最後の現場監理。


現場では大工さんが書院障子を建て込むところ。


玄関土間の三和土に差し込む陽射し。


玄関の大戸。江戸時代の民家に使われていたものを再利用。真鍮の角レールでスムーズに動く。


玄関戸を開けたところ。下足入の建具は、ここにあった古民家に使われていた古建具の腰板部分を使って作り直したもの。


濡れ縁の突き当たり、長い藁の入った土壁に冬の陽が差し込む。


茶の間の梁。以前と同じ梁。


鉄砲梁も以前と同様に入った。


大黒柱は場所が変わったが、存在感はそのままに。


ロフトからみる梁組。早く養生を外したい。


書院の天板。欅の古材の杢目。


お昼はなんと味噌煮込みうどん!建築主様が用意してくださって、座敷初使い。建築主様ご夫妻と大工さんと四人で、名古屋人のソウルフード、おいしくいただきました!


ご飯をおいしくいただいたら、建築主ご夫妻の前で、縁側の柱の養生を外す除幕式。ついにファサードの完成の姿が整った。


土壁に映る影も絵画的。


玄関と濡れ縁と。


鬼瓦と青空。


土間の下に入る雨樋。接続部分のカバーはタニタのシリーズ製品かと思いきや、工事をしてくれた板金屋さんのお手製、オリジナル!


書院の障子が入った。紙を張る前の今だけの眺め。


西日が差し込み土壁に映る影も今だけの景色。


濡れ縁。スリムな柱は以前と同じ太さ。敷地にあった石を厳選した束石にきちんとひかりつけ。


焼杉の外壁と、鎧張りの腰壁。


西日が床の間まで差し込む。


東側の鬼瓦。


下屋の様子。