岩 崎 建 築 研 究 室 ・ 日 誌

〜京都で数寄屋を学び、建築設計を考える〜

岩崎建築研究室

大阪の家

器具取り付け

大阪の家、現場監理。二日連続ですが、工事終盤はちょっとのことで、こうしておけばよかった、という場面も多いので。職人さんも手直しを言われるなら、できるだけ早い方がよいだろうし。また春休みで子供がうるさい家よりも、電車の中の方が、仕事がはかどったりする。


ベランダの木工事が進行中。図面通り、いっているようで、完成が楽しみ。


松の幹と、掻き落としの外壁に映る松葉の影。掻き落としのテクスチュアがなかなかよい感じ。


玄関の照明器具が取り付られた。


床板張りが進むベランダ。


クロス屋さんの糊付機。


明日には和紙クロス貼りが完了する予定。


二階和室は、大壁の和紙クロス貼りですが、床の間の一面だけは真壁風に納めている。


天井は竿縁天井で、一部萩の落天井。最近の和室と言えば、大壁クロス貼りに琉球畳、というのが定番ですが、もっと新旧織り交ぜた色々な和室があってもよいと思う。


一階和室の天井は無垢の竿縁天井。杢目が浮き上がって綺麗。


京式の葭障子もスタンバイOK。



完成見学会のお知らせ

2017年4月9日(日)13:30〜16:00
場所:大阪市阿倍野区
参加費:無料 予約制

完成見学会開催決定@大阪市阿倍野区
山本博工務店さんのHPはこちら

お申し込みはこちらから



土壁と和紙クロス

大阪の家の現場監理。いよいよ完成までのカウントダウンが始まった感じ。


控えめな起くりの瓦屋根、ベタ万十の軒瓦、掻き落としの外壁。特に目新しいことはありませんが、きちんと丁寧に作る和の住宅がもっと建てられてもよいのでは、と思います。無粋なガラスの入った防火窓のアルミサッシはスダレで隠す予定。


和室の壁が塗られました。まだ乾き切っておらず、斑になっている。


古い床柱、落とし掛け、煤竹の無目が、きちんと再現された。


松と建物。来週から庭づくりが開始。


玄関上の横長窓。ちらりと入母屋の屋根が見える。


玄関入ったところ。トイレの建具も取り付けられた。


宝珠の刳り貫きには、結霜ガラス。


二階の和室には和紙クロスが貼られました。


窓からの光で、白い壁が輝き明るい。


階段の手摺にも透かしの欄間が入れられました。


視点の高さが変わる階段の移動中、目を楽しませる仕掛け。


大工さんがイペ材でベランダを制作中。


完成見学会

もうすぐ完成する大阪の家。工務店さん主催の完成見学会の日程が決まりました。

2017年4月9日(日)13:30〜16:00
場所:大阪市阿倍野区
参加費:無料 予約制

完成見学会開催決定@大阪市阿倍野区
山本博工務店さんのHPはこちら

お申し込みはこちらから




以前の建物に使われていた欄間などを再利用しています。


隅切りの障子に松の影が映る。


古建具も多く使用しています。


床の間も再現。かつての床柱、床框、落とし掛け、天袋などを再利用しています。


見学日には、庭も完成している予定。是非お越し下さい。

足場撤去

大阪の家の現場監理。足場が撤去されました。


玄関前からの見上げ。外壁は掻き落とし。足場とシートが撤去されて、明るめの色の外壁が露になって、周囲も明るくなる。後は、窓に簾や格子を付けます。


ベランダの図面は現在作成中。仮設の電気も、もうしばらくしたら撤去します。


トラックに積まれて返却される足場。前面道路は二項道路。建物を建てる時には、中心線から2mセットバックするよう指導されますが、電柱があったら、意味が無いんだよなあ。


室内では、経師屋さんと打合せ。こちらで用意した古引手も渡して、襖紙なども打合せ。千鳥の引手は釘穴を上下にすると少し下を向いてしまうので、口が横になるように。

松の影

大阪の家の現場監理。午前中は建築主さんと細々とした打合せ、午後からは他のお客さんが見学にきて、その後は造園屋さんと庭外構の打合せ。



二階の隅切の障子には松の影が映っていた。風が吹くと松葉の影がゆらゆらと動く。


障子の桟は竹、障子紙には松の影。


障子を開けるとこんな感じ。造園屋さんに松を手入れしてもらったら、どんなふうになるだろう。楽しみ。


以前の建物でも二階の窓から松が見えていた。


二階の窓から見える松を再現するなら、良い障子がある、と思い出したのは、五年前の解体現場からの引き上げものだった。茶室に使われていた時の障子。


その時、現場から引き上げてくれたのが、造園屋さんだった。石と一緒にトラックに積み込んで。良いかたちで使うことができてよかった。


二階の欄間も入れてみた。こちらは元々この家に使われていたもの。日本人は、こうした意匠を、普段の生活の中に、上手に取り込んで来たんだ、と改めて感じる。


ニッチ、欄間、古材の梁。


階段を降りるときの眺め。


造園屋さんには建物の中にも入ってもらって、部屋から眺める庭について相談する。写真は一階の座敷から。雪見障子越しに眺める庭。松の幹が見え、灯籠が見え、そこへふわっとモミジをかける。出来上がりが楽しみ。


飴色に輝く床柱。


トイレの入り口の古建具も置いてみる。手摺の板、トイレの建具、欄間。組み合わせの作り出す雰囲気。


宝珠の刳り貫きに結霜ガラス。レトロな雰囲気の建具ですが、建築主さんにとっては、ずっと使い慣れた懐かしい建具。


丸桟戸も入れてみた。これを開けると、


右は食堂、左は寝室。引戸なので、開けっ放しにしやすく、建物の中を風が吹き抜ける。今日は春を思わせる良い天気だったので、窓もあけると気持ちがよい。

畳屋さん

大阪の家、現場監理。


大工仕事が一旦終了して、大工さんはもう現場にいなかった。玄関には大工さんが作ってくれた、古材のラワンを使った下足入。仮に古建具を入れてみる、いい感じ。


現場には畳屋さんが採寸に来てくれた。窓からの光を受けて光る天井が、欄間の透かし彫り越しに見える。


畳屋さんと打合せ。畳床(たたみとこ)は藁サンドを想定していましたが、最近はこんなのもあります、と見せていただいたカットサンプル。サンドではなく藁とスタイロの二層構造。こちらのほうがより、畳の感触が本藁床に近い。わらの中にはシリカゲルが入っていて、防カビ、防虫、調湿の効果がある、とのこと。


縁は、純綿の黒で。一応サンプルで本麻のものも持って来てくれましたが、とても高価なので、見るだけ。


階段も出来上がった。建築主さんにも現場に来ていただき手摺の打合せをする。


階段の見下ろし。


二階にも畳の部屋が二室。畳屋さんのレーザー採寸器。昔は採寸ができるようになるまでに三年かかったのが、今では仕事を始めて三ヶ月の子でもこれを使えば採寸が出来てしまうのだとか。技術の進歩はすごいが、それはいいことなのか悪いことなのか。

階段の手摺

大阪の家、現場監理。


現場に到着すると、階段の手摺が完成していた。玄関入って正面なので、古い欄間の透かし彫りの板を使って、意匠的に見応えのあるものにしている。この一面のみ、真壁になるよう納まりを考え、右側の縦長の壁には、掛軸や短冊、絵が掛けられるようにして、天井にはそれを照らすダウンスポットを仕込んでいる。事前に照明器具メーカーのショールームにて照明器具の現物とその照らし具合を確認しているので、完成時にはバシっと決まる予定。

計画中の打合せをしている時、建築主さんの家では、きちんと季節毎に絵が掛け替えられていた。新しい家でも、そうして季節毎の設えを楽しんでもらえれば、と考えている。


親柱は芯去り材。頂部は図面通りに二寸勾配の四角錐に仕上がっている。手摺にも、ちょうどよい面皮が入った。やはり、こだわって図面に描いたものが、大工さんによってビシっと作られるのは嬉しい。


二階の和室六帖の天井も仕上がった。一階の座敷は古色塗りしましたが、こちらは白木のまま。


平天井は中杢の竿縁天井、落天井は萩。茶室ほど手間がかかる工事ではありませんが、こうしたちょっとした工夫をすることで、味わいのある和室にすることができるのでは、と思います。




階段

大阪の家、現場監理。


階段の工事が進行中。親柱の長さや手摺の高さを現場で決定する。


蹴込板とハタガネ(クランプ)。


欄間の透かし彫りの板を、手摺に使う。


階段見下ろし。


廻り階段より上。


廻り階段あたりからの見上げ。ボードの裏が見えている開口には、既存の欄間が入る。


土壁のサンプル。


外壁のサンプル。


現場打合せの後、仮住まいにお邪魔して、食器棚の詳細打合せ。使用する機器類を測って、食器棚を特注する。

竿縁天井

大阪の家、現場監理。


和室六帖の竿縁天井が出来た。


無垢板を羽重ね。最近の建物で正式な竿縁をするものは少ない。新材を古色塗りすることで、古い建物を改修したもののような雰囲気がでる。


桐の透かしの欄間は、以前の建物にあったもの。


玄関から、欄間を透かして竿縁天井を見る。杢目も見えてよい感じ。


大工さんはちょうど階段下のトイレの収納を取り付けるところ。高さを一緒に確認して。


二階、階段ホールにはニッチも出来た。古材の梁と、違い棚だった栃の縞杢の板との呼応。ニッチの上には和風のブラケット照明が付く予定。

栃の縮み杢

大阪の家、現場監理。工務店さんの別現場で家具工事を見学してから、奈良廻りで大阪へ。


階段廻りが出来てきた。


二階の和室六帖の床の間も出来てきた。


天井の一部は落ち天井にして、材は萩。ちょっと茶室っぽい雰囲気に。


以前の建物の床脇の違い棚に使われていた栃材。縮み杢のある部分をニッチの板に使う。縮みと言えば栃、一寸八縮(いっすんはちちぢみ/3センチの間に8本の縞があるもの)が最高、などと言われます。
 日本人は長い歴史の中で、木と親しみ、その杢目を楽しんできた。杉の笹杢、筍杢、欅の玉杢、屋久杉の鶉杢、楢の虎斑、などなど、加工の仕方によって様々に変化する杢目に名前を付け、賞玩してきた。工芸品の世界では、今でもそうした文化は残っていると思いますが、残念ながら住まいの中では、床の間とともにもうなくなりつつある。銘木屋に行って一から探して購入する、というのは大変ですが、こうして以前の建物の古材としてあるので、上手に再利用しておきたい。


ちなみにこちらは私のヴァイオリンの背板。おそらく背板はイタヤカエデの縮み杢。ヴァイオリンの表板はスプルス(ドイツ唐檜)の柾板、背板はボヘミアの楓、指板は黒檀というのが一般的。ヴァイオリンの背板にはこうした縮み杢がよく使われるので、縮み杢はヴァイオリン杢とも言うようだ。ヨーロッパにも同じように杢目を楽しむ文化がある。


地板に使われていたラワンの板。これは玄関の下足入に使う予定。大工さんと納まりを相談する。





古色塗り

大阪の家、現場監理


今日は塗装屋さんが現場に入って古色塗り。一階の和室六帖だけを色付けするので、どこまで塗るのかを現場で確認。敷居、柱、鴨居のそれぞれに、ここまで、という場所を確認してゆく。


使う塗料はニューわびすけ。


トイレの床と腰板は、桧板に柿渋塗装の予定。本実の板を貼る前に塗装をしてもらう。


天井板も現場に搬入された。左は二階の和室に使う張りものの天井板。右は一階の和室に使う無垢の天井板。


無垢の天井板の厚さは二分三(にぶさん二分三厘約7ミリ)


以前の建物から取り外した板類の使い道も決める。左は、もともと天袋の底板に使われていた栃。削り直して、玄関の式台にする予定。右は床脇の地板だったラワン。こちらは玄関下足入れの天板などに再利用する。


一階和室の天袋は、大工さんの道具置き場になっている。


一階のダイニングキッチンでは、床暖房の上にフローリング貼りが進む。


二階の襖と欄間の枠も入った。


外壁はラスが張られたところ。来週後半から左官工事が始まる。

古引手と古色塗り

大阪の家、現場監理。


最近入手した古引手を現場に持参し、建築主さんに見ていただく。


枠は銅で、底板は鉄、瓦の意匠の珍しいもの。気に入っていただけたようなので、二階の襖に使おうと思います。


古色塗りのサンプルを用意してもらって、色決め。


既存の材と色合わせ。


欄間や他の部分との相性も確認して。


フローリング張りが始まっていたが、杉を指定したところに桧が張られようとしていた。大人の寝室には、足触りの柔らかく温かい杉をお薦めしている。


土壁下地のラスボードが張られて、床の間のかたちが見えてきた。


土壁下地のラスボードはビス留めで。現場の大工さんがタッカーで留めていて、あれ、いつもはビス留めなのにな、と念のためいつもの左官屋さんに電話確認してみると、タッカーでは外れてくる恐れがあるので、ビスのほうがいいよ、とのこと。すみませんがビス留めしてくださいとお願いすると、現場の大工さんもOK!と快く応じてくれた。

床の間再現

大阪の家の現場監理。


現場に着くと、床の間が大分出来上がっていた。床柱、落掛、床框、床脇の無目、地板、天袋などは、以前の建物の部材を再利用しています。


間取りの都合上、関東間の中に京間をいれた都合上、床の間の奥行きは以前より少し浅くなったが、それほど違和感なく納まったのでは、と思う。


これから床框を入れるところ。床脇の地板はラワン。


床框は黒柿の張り物。

床脇の地板はラワン。大きな割れがあったが、奥行きが浅くなったことで、割れより前の部分でうまく使うことができた。ラワンは熱帯雨林産のフタバガキ科広葉樹。大径で節がなく安価であることから大正時代から大量に輸入されてきた。


厚さは七分ほど。蟻桟がいれられている。


落掛は杉、床脇の無目は竹。もともと煤竹だったのか、それとも白竹だったのものが時間の経過とともに飴色になったのか。


天袋を納める大工さん。


廻縁は既存より少し下げました。


玄関戸も古い建具を使います。


古い鍵は使えないので、取付可能な新しい鍵を探します。

隅切の障子

大阪の家、現場監理。


二階に上がると隅切の障子が嵌っていた。作業台のモミジの刳り貫きと相まって、雑然とした現場に、急に雰囲気が出た。


真ん中の二枚の障子を引き分けると、、、


松が見える!実際には障子の外にアルミサッシがあるので、それを開けたら、ですが。


お昼前頃から松の影が映る。


風に松葉が揺らめく。障子の桟は節有りの竹。この障子はもともと御影の茶室に嵌っていたものだった。


2013年5月、突然、見知らぬ不動産会社の方から連絡をいただき、取り壊す茶室があるのだが、もったいないので、使えるものを引き上げてもらえませんか、ということだった。写真は八帖の広間から庭越しに四帖半の茶室を見る。奥に少しだけ隅切の障子が見える。


取り壊す時は、お茶道具屋さんの建物だったが、四帖半はもともと某財閥家の邸宅にあった茶室を移築したものだったとか。


天井は籐網代。割った竹が卍に組まれた竿縁。


地板の上がった床の間も少しイレギュラー。どんな意図でこうしたのだろうかと考えるのは楽しい。障子を再利用するのに五年ほどかかってしまったが、よい形で使うことができたのでは、と思っている。出来上がった時には、不動産会社の方にも見ていただければ、と思う。


一階では欄間が入り、和室の造作が進む。


この欄間は、解体した以前のこちらの建物に使われていたもの。ちょっとの期間しか見ていない私ですら、これを見ると前の建物が偲ばれるので、ずっと見て来た建築主さんにとっては、感慨深いものがあるのでは、と思う。


外れて保管されていた床柱も現場に戻って来た。床の間が再現されるのが楽しみ。







枠と壁

大阪の家の現場監理。


今日の現場は大工さん二人。枠取付と壁下地のボード張りが進められている。大分部屋の様子が分かるようになってきた。


建築主さんにも現場に来ていただき、細々としたことを確認。大工さんからもいくつか質問を受けて打合せ。

建具枠と新古品建具

大阪の家、今年最初の現場監理。


現場にも正月飾り。


現場では建具枠の取り付けが進む。掃き出し窓の内障子の枠が取り付けられた。


外部は既製品のアルミサッシ。内側には古建具の紙張障子を入れる。建具枠は杉。今回も京間サイズの古建具を使用しますが、アルミサッシをそれにあわせて特注サイズで作ると割高なので、一番近い寸法の規格品を使用して、枠部分で調整をしている。


障子より少し大きいサッシ、外から見ると枠が見えますが、それほど気にならないし、


締めてしまえば、ほとんど気にならない。


しかも内側から見ると、サッシの建具枠が細く見えて、すっきりした。開閉の使い勝手も問題なし。メーカーの想定した標準納まりより良いかも。
住宅を作るにあたって、出来るだけ作り手の温もりのあるものを使いたいと思いますが、すべてをそうしたものにするのは、なかなか難しい。どうしても少なからずメーカーの既製品、規格品を使用することになりますが、そうした場合でも、どのように使うべきかを、設計者はよくよく考えなければならないと思う。


内側に入れる紙張障子は古建具。といっても、角の延びている建て込み前の「新古品」。


現場で、この延びた角の切り、微調整をする。昔は京間システムで間口が大体決まっていたし、内法も五七で決まっていた。そこで建具屋さんは、注文があってから建具を作るだけではなく、今で言う既製品のようなものを作っていたようだ。京都の古建具屋さんでは、時々そうした新古品を見かける。


大壁の洋間にあうよう、大きめの枡目の障子。下は摺上げになっていて、庭が見える。ここから見える庭をどのようにするか、造園屋さんと一緒に仕事をするのが楽しみ。日常生活の中で、ふと眼をやると、季節の移り変わりや、天気の様、鳥や虫の様子が見える、そんな窓と庭を作っていきたい。


間仕切りの建具枠も進んでいる。こちらも杉。ハウスメーカーや建て売りの住宅に見られるような、建具とセットになった張り物の枠とは、やはり違う。


現場で加工をする大工さん。まだまだ工事は続く。

古建具と鴨居の溝

大阪の家の現場監理。今日が年内最後の工事日。


今日は朝冷え込んだ。出町柳から見る白い法の字。


現場に運び込まれた古建具。


障子なども。普通であれば、大工さんは決められた寸法通りに鴨居等を取り付け、それを採寸して建具屋さんが建具を造りますが、今回は古建具を使用するので、実物を確認しながら。八角形の障子もあるので、詳細を大工さんと打合せする。


現場に運び込まれた杉の枠材。


壁のボード貼りも進む。三八版で床から天井まで一枚で。


現場で詳細を打合せして、すぐにその場で溝加工をする大工さん。

電気打合せ

大阪の家、現場監理。今日は電気関係の打合せ。


今日の現場は電気屋さんだけ。マンツーマンでしっかり打合せが出来た。基本的には図面の通りでよいのですが、現場で考えると、やっぱりこうしたほうがよいかも、ということも出てくる。実際に作業をする電気屋さんと直接話しができると、こちらの意図もよく伝わるし、こちらの考えだけで一方的に決めるよりも、電気屋さんの意見や反応も受け止めながら、よりよい方法を見つけてゆく、というのが、現場での仕事の楽しみでもある。


電気の引き込み位置というのも、いろいろな制約がありますが、できるだけ目立たないところがよいので、位置を替えてもらった。


今日は建築主さんにも現場に来ていただき、各部屋を一緒に廻りながら、照明器具、スイッチ、コンセントの位置を確認する。どこの照明をどこで点けるのか、コンセントはどこにあるのか、テレビはどこで見るのか。そこで行われる日常生活を想像して、相応しい位置を一緒に考え確認してゆく。


外部照明の位置、変更をお願いしたら、すぐに施工してくれた。スムーズで確実な仕事。


二階の見通し。階段室の天井が舟底天井になって、空間に変化ができた。


一階ではユニットバスが設置された。造作の浴室やハーフユニットバスにすることももちろん可能ですが、特にこだわりがない時は、シンプルなユニットバスをお薦めしています。


浴槽の保温材。保温性、快適性、メンテナンス性、施工精度、費用、工期などを総合的に考えると、大手メーカーが研究開発したユニットバスはよく出来た商品だと思う。


天井下地

大阪の家、現場監理。現場では天井の下地の工事が進んでいる。


大工さんは四人。一人が外壁の下地、一人が一階の天井下地、二人が二階の天井下地。あと板金屋さんが庇などの作業を進めている。


今日は会えませんでしたが、電気屋さんも配線工事を始めた。実際に空間に身を置いて動いてみると、スイッチはこっちがよいかな、とか、こことここの照明はいっぺんに点いたほうがよいかな、とか、コンセントはここではダメだな、とか、がよくわかる。


階段室の天井は、予定では単純な平天井でしたが、古材の梁の状態がよいので、せっかくなら見せよう、ということになり、それなら平天井でなく舟底天井にしよう、と現場で思いついた。


廻り階段を上ると徐々に梁と天井の様子が見えてくる。思いがけずよい感じになりそう。音楽で言えばアドリブが決まったような感じ。

入母屋とサッシ取り付け

大阪の家の現場監理。


現場ではサッシの取付が始まっている。特注サイズのものは納期がかかる予定でしたが、もう入っていた。棟梁と監督さんに持ってもらい、位置を決定する。枠で囲われた松は一幅の絵のようだ。


屋根では瓦工事が進む。換気孔は軒天間際にいれたスリットで。


大屋根の瓦は葺き上がった。面取りの優しい印象。


面取りの袖瓦。ツンと上がった箇所に影が出来る。


入母屋部分の見下ろし。ベタ万がスッキリして良い感じ。


隅棟の冠瓦は付丸。のし三段+素丸の滑らかな納まり。


入母屋と冬の空。道路斜線の都合で軒の出は短いですが、かえって下から入母屋がよく見えるようになった。


そうこうしている内にさきほどのサッシが取り付けられた。最終的には、内側に四枚引違の障子が入るので、こうして全体が見えることはないのですが、真ん中二枚の障子を引き分けると絵になる松が現れる予定。



profile
岩崎建築研究室
岩崎 泰

住宅,茶室,店舗の設計等について
ご質問,ご相談がございましたら
まずは、電話やメール にて
お気軽にご連絡ください。
TEL 075-724-2354
iwasaki1201@syd.odn.ne.jp
Archives
  • ライブドアブログ