2017年02月20日

体を温める飲み物

こんにちは!
いわたに時間小児歯科
保育士茶園です(^ ^)

みなさん、まだまだ寒い日が続きますが
体調は崩していませんか??

今日は、体を温める飲み物のお話を
したいと思います

飲み物には
「体を温めるもの」と「冷やす物」があります。

温かい飲み物なら体を温めるはず!!
と思ってしまいがちですが、
実は温かい飲み物でも
体を冷やしてしまうものがあるんです

二つの見分け方として、
温める:赤や黒など色の濃い飲み物

冷やす:白い色など色のうすい飲み物

温める:発酵している飲み物

冷やす:発酵していない飲み物


温める飲み物
しょうが湯、黒豆茶、ほうじ茶
紅茶、ウーロン茶、赤ワイン、日本酒

冷やす飲み物
コーヒー、緑茶、牛乳、豆乳、ジュース
清涼飲料水、水、白ワイン


朝一番に体を温める飲み物を飲むと
その日一日温まりやすくなるそうですよ

体を温めて寒さを乗り切りましょう!!

IMG_1143


iwatanidc at 09:00コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月17日

脳トレ

こんにちは
いわたに歯科小児歯科
歯科技工士 濱脇です

寒い日が続き
お家に引き込もってしまいたくなりますね
春までもう少し‼︎

今日は脳を活性化させて
寒い冬を乗り切りましょう



***

下の画像のような
3切れのバームクーヘンがあります
このバームクーヘンを
4人で不公平なく分けてみましょう

IMG_8420



簡単ですね

脳は少し冴えましたか?



噛むことも
脳を活発にします

良く噛める歯を保ちましょう




iwatanidc at 09:00コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月15日

中心結節

こんにちは 
いわたに歯科小児歯科
歯科衛生士田中です 

臼歯の中心に角のようなおへそのような突起が現れたら、
それは中心結節(ちゅうしんけっせつ)です。
モンゴロイドによくある症状であり、
第二下顎小臼歯でよくみられます。

痛みなどがなく気がつかない場合もありますが、
放置しても改善することはなく、
折れてしまう前に治療が必要です。

先端が咀嚼中に欠けてしまったり、
突起した部分の根本がひょうたんのように
くびれていて折れやすかったりと、
中心結節は破損の危険が高い存在です。

突起した部分にも神経が通っているため、
破損の際は大変な痛みを伴う場合もあります。
最悪の場合として神経が死んでしまうことも考えられるため、
早めの対処が必要です。


中心結節の治療

かみ合わせのためにも、
神経のためにも早めの対処が
望まれる中心結節は厄介な存在です。
1%から4%の割合で出現するといわれています。

長さや形などは個人差があり、
治療法は症状によってさまざまです。

治療としては「補強」と「少しずつ削る」です。
折れてしまうと痛みや神経への影響が
あるためなるべく折れないように、
根本部分を補強します。
噛み合わせにもよるので、
お口の状態をチェックして対応することになります。



20161027_142853
 

iwatanidc at 09:00コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
記事検索