2016年05月27日

食いしばり・歯の接触癖の認知


こんにちは
いわたに歯科小児歯科
歯科衛生士の御厨です






日常の動作で、気づかずに
食いしばっていることはありませんか?






歯の噛みしめや食いしばりは、
歯や顎に非常に大きな負担をかけます






日中の食いしばり対策は
まず自分で気づくこと(認知すること)です。


(例)
・パソコンの操作に集中しているとき
・調理に集中しているとき
・テレビ画面に集中しているとき
・ゲームに夢中になっているとき
・下を向いて携帯をさわっているとき
・イライラしているとき
・考えこんでいるとき





なにげないときでも歯をぐっと
食いしばっていたりします。





食いしばりしてるな、と認知された方は
普段から唇を閉じて、上下の歯を離し、
頬の筋肉の力をぬくことを
心がけてみてください。





日中は意識することができますが、
就寝中は意識することは難しいので、
マウスピースの使用も有効的です
気になる方はぜひご相談ください



image





iwatanidc at 09:00コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年05月25日

平成28年6月の休診日のお知らせ

大野城市上大利 いわたに歯科小児歯科
平成28年6月の休診日のお知らせです

DSC02591


日と2日(木)・11日(土)・16日(木)・23日(木)・30日(木)は休診です。


なお、当院はご予約の方優先となっております。
まずはお電話おねがいいたします。



いわたに歯科小児歯科
大野城市上大利5−3−11
tel 092−595−1381


iwatanidc at 09:00コメント(0)トラックバック(0)休診日のご案内  

お水の大切さ

こんにちは!
いわたに歯科小児歯科
保育士茶園です(^^)


みなさん、毎日水分はどれくらい摂っていますか?
人間の身体の60〜70%は水だそうです!
1日最低でも1リットル、
できれば2リットルの水を摂取すると良いと
いうことはよく耳にしますね


しかし、水分ならなんでもいい!
というわけではありません
緑茶やコーヒーカフェインが入った紅茶などは
利尿作用があるので、かえって水分を
奪ってしまう特性があるそうです。


また、細胞組織に浸透しやすい
お水を摂取することで、
体内の毒素をより効率よく
洗い流すことができるそうですよ

ただ、お水をたくさん飲めばいいというわけではありません。
一気に飲んでもただ排泄されるだけになるので、
1日に何回かに分けて飲みましょう(*^^*)

image


iwatanidc at 09:00コメント(0)トラックバック(0)│ 
livedoor プロフィール
記事検索